ノースフェイスの人気リュック“テルス”使いやすさのワケと選び方

2019/03/19 更新

シンプルなデザインにノースフェイスのロゴがかっこいいノースフェイスの「テルス」。見た目だけではなく、機能的で使いやすいと評判です。容量がいくつかあって、サイズの違いもあるテルスはどう選べばいい?タウンユースはできるの?レディースモデルもある?疑問にお答えしながら、おすすめポイントや使うシーン別のおすすめモデルをご紹介します!


アイキャッチ画像出典:楽天市場/エレファント靴店

ノースフェイスの「テルス」人気の秘密は?

ノースフェイス テルス
出典:Amazon
「ノースフェイス リュック」と調べてみるとよく目にするリュック。ノースフェイスの定番リュックといえば、この「テルス」です。人気の秘密はどんなところにあるのでしょう?
今回はこの「テルス」について、徹底的に調べてみたいと思います。

人気の秘密は、ズバリ使いやすさ!

ノースフェイステルス テルスはノースフェイスの中でも、多機能で使いやすいと評判のリュック。容量も豊富でシーンによって選ぶことができ、シンプルな見た目で使い勝手もいいんです。ではいったいどんな点が使いやすいのでしょうか?

使いやすさ①:内蔵のレインカバー

ノースフェイス テルス
出典:Amazon(レインカバー装着画像)
テルスにはどの容量のリュックにもレインカバーが内蔵されています。意外に高価なレインカバーを別途購入しなくてもいいのは助かりますね!ザックに内蔵されているので、うっかり忘れることもありません。

使いやすさ②:ポケット付きヒップハーネス

ノースフェイス テルス ヒップハーネスには小さな小物類が入るポケットが付いています。行動食や地図、コンパスやリップなどを入れておくのに便利で、これがあるとないとじゃ使い勝手に差が出るポイント!テルス25は取り外すとこもできるので、普段使いしやすいのも嬉しいですね。

使いやすさ③:大きい雨蓋

ノースフェイス テルス テルス25以外に付いている雨蓋は、以前より大きくなって使いやすくなりました。出し入れしやすい場所に入れておきたいフリースなど、かさばる物も入りますし、一緒にサングラスやヘッドランプなども入れられる大きさです。

まだまだあるよ、便利なポイント→

使いやすさ④:アクセスしやすいドロップポケット

ノースフェイス テルス
フロントのジップポケットもアクセスしやすい場所。ボタンとジップですぐに開けられて、レインカバーもこの場所の収納されているので、レインウェアなどを一緒に入れておくと便利です。

使いやすさ⑤:開閉が簡単なスカート

ノースフェイス テルス 意外に面倒に感じる雨蓋内のスカートを開け閉めする動作。これがテープ部分を引っ張るだけのワンアクションで行えるのも便利ですね。内部へのアクセスが容易になるのでパッキングが楽しくなります。

登山だけじゃなく、街でも使いたい!

ノースフェイス テルス せっかく買うリュック…登山だけではなく普段使いや旅行でも使いたいですよね。タウンユースではあまり必要のない「ヒップハーネス」をテルス25では取り外すことができるため、よりシンプルな見た目になり違和感なく使えます。
テルス30や35もシンプルなデザインだから、普段着にも合わせやすく旅行にもぴったりです!

機内持ち込みはどう?

ノースフェイス テルス 国内線で100席以上ある飛行機の機内持ち込み可能サイズは、「55cm × 40cm × 25cm以内」が一般的。このサイズ満たしているのは、テルス25とテルス20のみ。他は預け入れ荷物となります。

色々あるテルスのサイズ。ぴったりサイズを選ぼう!

テルスは容量が豊富で、さらにそれぞれMサイズ・Lサイズと分かれています。容量・サイズの違いについてみていきましょう。

選べる容量と2種類のサイズ

ノースフェイス テルス テルスは、容量別に25・35・45、レディースモデルの30・42、キッズモデルの20という6種類が出ています。このうち、20と25以外は、Mサイズ・Lサイズの2種類から選ぶことになります。

MとLは背面長の違い

ノースフェイス テルス M、Lのサイズの違いは背面長の違いです。サイズによって大きさが変わるので、同じテルスでも容量や重さが若干違ってきます。

背面長とは?

背面長
作図:nao
背面長は、腰骨の1番上部から第7頸椎の突起(首を倒した時の突起)までの長さのこと。自分で測りにくいときは、アウトドアショップで測ってくれるところもありますよ。

サイズが合わないとどうなる?

サイズが合わないリュックだと、荷重をうまく支えられずに重たく感じたり、ショルダーベルトの一部だけが体にあたって擦れたりすることもあります。快適に背負うためには、サイズ選びは重要です。

▼ザックのサイズ選びについては、こちらの記事もチェック!

使うシーンに合わせて、容量を選ぼう!

容量〇〇Lといっても、どのくらいの大きさなのかなかなか分かりづらいですよね。ここでは使い方のシーンに合わせておすすめの容量を紹介します。あわせて口コミもチェックしましょう!

迷ったらテルス35!日帰りから1~2泊の小屋泊まで

まずは日帰り登山から始めたいという方はテルス35がおすすめ。富士登山などの日帰り登山から、小屋泊なら1~2泊までの荷物が入ります。大きな雨蓋やレインカバーの入ったフロント部分にはすぐに取り出すものを収納。もちろんチェストストラップにはホイッスル付きで、初心者から経験者まで使い勝手の良いオールラウンドモデルです。
ITEM
ノースフェイス テルス35
サイズ:M、L
重さ:M/1,310g、L/1,330g
カラー:(K)ブラック、(AB)アズテックブルー、(ZI)ジニアオレンジ、(MW)ミリタリーウッドランドカモ
大きさ:M/61×27×22cm、L/66×27×22cm
容量:M/36L、L/38L

ほしかったザックがとても安く購入でき大変満足です。
ポケットの数や各ベルトでの身体とのフィッティングも色々調整でき、長く使えそうです。


日帰り登山やデイリーユースに使いたいならテルス25

ハイキングや、寝袋なしで小屋に宿泊する夏山ならテルス25がおすすめ。パッド付のヒップベルトを取り外すことができるので、普段使いにも違和感なく使えます。このサイズでは珍しく専用のレインカバーが付属しているのもお得感アリ。
ITEM
ノースフェイス テルス25
重さ:1,030g
カラー:(K)ブラック、(AB)アズテックブルー、(ZI)ジニアオレンジ、(MW)ミリタリーウッドランドカモ、(DP)ディープパワーパープル、(NT)ニュートープグリーン
寸法:(H×W×D)50×32×19cm
容量:27L

普段使い用に購入しました。
届いてから、一泊しなければならない時に持って行きましたが、一泊分の荷物も十分入りました!
普段使いにも一泊用にもちょうどいい大きさで買ってよかったです!
お店の対応もよかったです。


テント泊してみたいならテルス45

夏山でのテント泊の荷物が入るテルス45。シュラフやテントを入れても十分な余裕があります。大きさのわりには軽量なので、初めての大きなリュックでも背負いやすいと思います。利便性を追求し続けてきたテルスだから、誰にでも使いやすいのもポイントです。
ITEM
ノースフェイス テルス45
サイズ:M、L
重さ:M/1,490g、L/1,560g
カラー:(K)ブラック、(AB)アズテックブルー、(ZI)ジニアオレンジ、(MW)ミリタリーウッドランドカモ
寸法:(H×W×D)M/64.5×30.5×23cm、L/69.5×30.5×23cm
容量:M/47L、L/48L

以前使っていたSOLA40からが壊れてしまったので、TELLUS30に買い替えしました。まだ使い込んではいませんが、デザイン、収納力、重量等、非常にバランスの取れた良い製品だと思います。


レディースモデルやキッズモデルもあり

ノースフェイス テルス テルスにはレディースモデルやキッズモデルもあります。レディースモデルにもサイズがM・Lとあり、通常のテルスより背面長が短く設定されています。

日帰り登山や小屋泊するならテルス30

日帰り登山にぴったりなサイズがこのモデル。軽量で背負いやすいカタチのザックで、旅行などいつでも一緒に歩きたくなります。最新モデルはシックなカラーなのも魅力。レディースモデルでは見かけないかっこいいカラーがそろっています。
ITEM
ノースフェイス テルス30
サイズ:M、L
重さ:M/1,250g、L/1,270g
カラー:(K)ブラック、(DP)ディープパワーパープル、(NT)ニュートープグリーン
寸法:(H×W×D)M/57.5×27×22cm、L/60×27×22cm
容量:M/35L、L/36L

夏山の1泊程度のテント泊ならテルス42

小屋泊から1泊程度のテント泊まで対応できる女性用のリュック。この容量ではかなり軽いほうなので、初めて大きめのリュックを持つ方にもおすすめ。シンプルで服を選ばないため、長期旅行にもおすすめです。
ITEM
ノースフェイス テルス42
サイズ:M、L
重さ:M/1,450g、L/1,510g
カラー:(K)ブラック、(DP)ディープパワーパープル、(NT)ニュートープグリーン
寸法:(H×W×D)M/62×30.5×23cm、L/64.5×30.5×23cm
容量:M/43L、L/45L

テルス20は機能性抜群のキッズモデル

小学生~中学、高校生の日帰り登山や遠足に使い勝手の良いサイズのリュック。大人向けモデルと同じデザイン、素材で作られた本格的なリュックです。もちろんレインカバーも付属。小柄な方なら大人でも使うことができます。
ITEM
ノースフェイス テルス20
重さ:690g
カラー:(K)ブラック、(AB)アズテックブルー、(DP)ディープパワーパープル
寸法:(H×W×D)43.5×27×17cm
容量:20L

ノースフェイスのテルスを手に入れよう

ノースフェイス テルス 見た目もかっこいいノースフェイスのテルスですが、使いやすさや軽さなど機能的なことも人気の理由なんですね!シンプルだから登山以外でも活躍しそうだし、何よりレインカバーが付属というのがありがたいです。ぜひお気に入りのリュックを見つけてください!


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

ノースフェイス テルス
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
nao
nao

両親の影響で子供の頃から山に登り、大きなザックを背負う人を見て自分には無理だなあと思っていたらいつの間にかそうなっていました。歩き続ける縦走が好き。下山後の温泉とビールも大好きです。どうぞよろしくお願いします。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

OFFICIAL SNS

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!