冬の登山におすすめ! あったか可愛い『耳当て付きキャップ』

2019/12/09 更新

冬になると目にすることの多い“耳当て付き”の帽子。山でかぶっているハイカーを見かけて、「かわいいな~」と思ったことはありませんか? ファーやボアがあしらわれた見た目の愛らしさはもちろん、暖かなかぶり心地は登山でも大人気。 そんな『耳当て付きキャップ』の中から、女性ハイカーにおすすめのモデルをご紹介。定番アウトドアブランドから注目の帽子メーカーまで、冬コーデをオシャレに楽しめるデザインを集めました。


アイキャッチ提供:Instagram/keitans_cabin

山で見かける『耳当て付きキャップ女子』が、とにかく可愛い!

雪化粧が美しい冬の山。ひんやりとした空気もまた心地よかったりするものです。とはいえ、登山での冷えは大敵。あったか小物を取り入れて、冬支度をする季節になりました。

可愛さ3割増し!? 『耳当て付きキャップ』の破壊力がすごい!

耳当て付きキャップ 冬になると現れる『耳当て付きキャップ女子』。山で見かけて「かわいいなぁ」と思ったことはありませんか? イヤーフラップや頭回りにあしらわれたボリューミーなボアやファーは、女性の可愛さをより一層引き立ててくれます。

出典:unsplash.com
その理由は謎に包まれていますが…ふわふわモコモコと丸みのあるフォルムが、赤ちゃんや動物といった愛らしいものを連想させるのかもしれません。

山でも街でも頼れる“デザイン性”と“機能性”

耳当てつきキャップ ちなみに耳当て付きのキャップは、「パイロットキャップ」「シロコ付キャップ」「ケーバ帽子」「中共帽子」など、呼び名や種類も様々。可愛いだけではなく、いつものコーデに取り入れるだけで雰囲気のあるスタイルに決まります。さらに、顔回りをばっちりと防寒できるのも嬉しいところ。ぜひ、自分好みのデザインを見つけてみましょう!

ここからは、おすすめの『耳当て付きキャップ』をご紹介。人気の定番ブランドから、オシャレハイカーが注目しているブランドまで、山に連れていきたい帽子が勢ぞろいです。

ハイカー女子もお気に入り!<THE NORTH FACE>

ノースフェイス
出典:Facebook/DEAR BY ARK
ハイカーの間でも支持率が高いのは、<THE NORTH FACE>の耳当て付きキャップ。タウンユースはもちろん、山でも使いやすいデザインが豊富に揃っています。実際に愛用しているハイカー女子に、コーデやヘアスタイル、お気に入りのポイントを教えてもらいました。

フロンティアキャップ(ユニセックス)

 
View this post on Instagram
 

圭一郎の⛰山小屋【公式】さん(@keitans_cabin)がシェアした投稿


耳のもふもふが可愛いところと、かぶっていてとにかく暖かいところがお気に入り。ボリュームがあるので、服装はシンプルにした方がキャップがより目立っていいと思います。 by mt.nikorusさん

 

 
View this post on Instagram
 

Rei810さん(@reiko_t.yama)がシェアした投稿


冬も山に登りたいから、防寒対策も兼ねたノースの耳当て付きキャップを山道具に仲間入りさせました。登山ファッションはアースカラーが好きなので、合わせやすいブラックに、ファー部分が大好きなブラウンをチョイス。

たくさん歩いてもニット帽よりもムレる心配なし! つばの部分を自由に変形できたり、後ろでサイズを調整できるところが使いやすいポイントです。

髪型を三つ編みにしたりおろしたりすることで、アレンジの幅も広がります。アースカラーの登山コーデに合わせやすく、ボーイッシュになりすぎず、どこか女性らしさもあるところがお気に入り。冬も思い切り山を楽しむぞー♪ by reiko_t.yamaさん

ITEM
<ザ・ノース・フェイス>フロンティアキャップ
価格:8,800円(税抜)
素材: [表地]CEBONNER®OX HYVENT®(2層)、(表)ナイロン100%、(裏)ポリウレタンコーティング 、[フェイクファー部]アクリル70%、ポリエステル30%
サイズ: M、L


表地のハイベント素材と内側のボアフリースにより、しっかり防寒できるフロンティアキャップ。シーンを選ばない優秀アイテムです。

ノベルティフロンティアキャップ(ユニセックス)

 
View this post on Instagram
 

*yurin*さん(@yurin1020)がシェアした投稿


この日の天候は晴れ! それでも山頂の気温は2℃。動かず絶景の浅間山に見惚れていると、寒くて耳がちぎれそうに痛くなってきました。そんなときは、トップのベルトを外して顎までカバーできる耳当てに。つば裏のリフレクタープリント“NEVER STOP EXPLORING”がお気に入りです。

フロンティアキャップは、もこもこふわふわのファー素材で一気に秋冬コーデになり、小顔効果も期待できます。キャップなので、アウトドアでボーイッシュな感じのコーディネートと相性がいいと思うのですが、女性らしさをだすために、髪は束ねるよりおろすスタイルにしています。 by yurin1020さん

 

 
View this post on Instagram
 

空美さん(@kumiru)がシェアした投稿


今季のニューカラーのチャコールグレーは、タウンユースにもぴったり。どんな私服にも合うので、下山後もオシャレに過ごせておすすめです。

ツイード素材のように見え、柔らかな色味なので、女性に似合いやすいと思います。なにより暖かく、撥水性もあるので冬の強い味方です!

髪型は、帽子とのボリュームと合わせることを意識しています。おろした髪を耳にかけ、あえて耳をだして顔回りをスッキリさせると、耳当て部分のモコモコのボリュームと相性がいいです。

スッキリだした耳に、大ぶりのピアスやイヤリングをつけると◎。もみあげのおくれ毛もだしてあげると、オシャレに決まりやすいです! by  kumiruさん

ITEM
<ザ・ノース・フェイス>ノベルティフロンティアキャップ
価格:9,500円(税抜)
素材: [表地]CEBONNER® OX HYVENT®(2層)、(表)ナイロン100%、(裏)ポリウレタンコーティング 、[裏地]フェイクファー(ポリエステル 100%)
サイズ:M、L


冬のアウトドアシーンをはじめ、タウンユースでも個性を発揮してくれる耳当て付きキャップ。イヤーホールつきなので、周囲の音もしっかり拾います。表地の防水浸透性と裏地のボアフリースによる、抜群の保温性が魅力。

TNFウインタートラッカーキャップ(レディース)

 
View this post on Instagram
 

萌奈美 長井さん(@mona100007)がシェアした投稿


ベースボールキャプでつばが真っすぐなところが気に入っています。なのに、コーデュロイコットン素材で可愛さもあり! 耳当てのボアの部分は薄めですが、十分に暖かいです。

本当は三つ編みかフィッシュボーンにしたいのですが、耳当てキャップをかぶるときは大体寒い時期なので、髪の毛をおろしてしまいますね。それはそれで、女子っぽさがあって可愛いと思います。

個人的には秋頃に、このキャップ×三つ編み×赤チェックの山シャツのコーデをしたかったです! by mona100007さん

View this post on Instagram
 

sukechumさん(@tnskchum)がシェアした投稿


イヤーフラップキャップがほしくて探し回っていたときに、大きくて可愛いノースフェイスのロゴに惹かれて購入しました。3色ありましたが、このアースカラーに。コーデュロイ素材なので、アウトドアだけでなく普段着にも合わせやすくて、本当にお気に入りの帽子です!

登山の時はザックと靴が明るい色なので、全体的に色味を落ち着かせるためのワンポイントとして、この帽子をかぶるようにしています。普段使いのときは、カーキやベージュが好きなので全身アースカラーでまとめたり、暗い色にも明るい色にもポイントとして使えるので重宝しています。

童顔でキャップをかぶると幼く見えてしまうので、大人っぽく見える着こなしを追求中です(笑)。 by tnskchumさん

ITEM
<ザ・ノース・フェイス>TNFウインタートラッカーキャップ
価格:6,800円(税抜)
素材:(本体)綿100%、毛32%、アクリル19%、レーヨン8%、ナイロン8%、(耳あてフリース部)ポリエステル100%
サイズ:ONE SIZE


クラシカルなロゴがポイントのレディースキャップ。コーデュロイコットンのあたたかみある雰囲気が冬のタウンユースにぴったりです。耳あてつきなのでもちろん防寒もバッチリ。好みで選べる3色展開が嬉しいポイントです。

まだまだある! 耳当て付きのキャップが豊作

フロンティアキャップ 耳当てを使っていないときも、ファーがワンポイントに。<THE NORTH FACE>のモデルはどれもスタイリッシュで、1日たりとも手放せません。

ITEM
<ザ・ノース・フェイス>バッドランドキャップ
価格:7,000円(税抜)
素材:[表地]Nylon Faille weave HYVENT(2層)、[表]ナイロン100%、[裏]ポリウレタンコーティング、[フェイクファー部]アクリル70%、ポリエステル30%
サイズ: M、L


厚く品のある耳当てファーが愛らしいく、大人っぽいファッションにもぴったり。ノースフェイス独自開発のハイベント素材による高い防水浸透性と防風性が魅力です。冬のアクティビティシーンでも大活躍してくれすはず。

ITEM
<ザ・ノース・フェイス>ノベルティバッドランドキャップ
価格:7,500円(税抜)
素材:[表地]CEBONNER OX HYVENT(2層)、[表]ナイロン100%、[裏]ポリウレタンコーティング、[フェイクファー部]アクリル70%、ポリエステル30%
サイズ:M、L


見た目にも暖かみのある生地と毛足の長いフェイクファーがポイント。マイクロフリース裏地のお陰で、保温性も抜群です。フラットなつばが好みの方におすすめ。迷彩柄もありますよ!

ITEM
<ザ・ノース・フェイス>ウールイヤーキャップ
価格:13,000円(税抜)
素材:[表地]PERTEX(R) Quantum PRO(ナイロン100%)、 [中わた]Primaloft(R) Black ECO(ポリエステル100%)、[耳裏]羊革、 [ライニング]WINDSTOPPER(R)、[フリース部]ポリエステル100%、[裏地]ePTFE
サイズ:S、M、L


PERTEXの軽量性とGORE-TEXの防水浸透性が合わさった本格派。プリマリフト素材の中綿により、濡れに強く保温性も安定します。シンプルなデザインに白いボアが程よいアクセントに。

ITEM
<ザ・ノース・フェイス>ウールフロンティアキャップ
価格:18,000円(税抜)
素材:[表地]ナイロンオックス(ナイロン100%)、 [額周り・耳裏]羊革 、[ライニング]WINDSTOPPER(R)、[フリース部]ポリエステル100%、[裏]ePTFE
サイズ :S、M、L


まるでエスキモーの帽子のようなデザイン。見ているだけでもあったかい保温キャップです。防水浸透性が高いGORE-TEX素材が使われているのはもちろん、ボアには凍結しにくい羊毛が用いられています。顎の留め具はマグネットになっており、片手での着脱も可能。

このキャップも気になる!周りと差のつく4ブランド

ノースフェイスだけでなく、様々なブランドから発表されている耳当て付きキャップ。個性ある注目の4ブランドをご紹介します。

アウトドア系ショップでもセレクト!<halo commodity>

出典:Amazon
シンプルで飽きのこない洗練されたデザインが揃う<halo commodity>。登山で欠かせない機能性を備えたモデルも多く、山で見かけることも増えてきました。アウトドア系のセレクトシップでも展開しており、今まさに“旬”なブランドです。

ITEM
<ハロ コモディティー>Piute Cap
価格:9,900円(税抜)
素材: [ネイビー・ブラック]ナイロン100%、[裏地]ポリエステル88%、ナイロン12%、[ファー部分]アクリル100%
サイズ:ONE SIZE

表地にはハリとコシをキープするナイロンリップストリップ生地を、内側には抗菌効果のあるマテリアル生地を採用。かぶり心地がよく、街でも山でも落ち着いた雰囲気で過ごせます。イヤーフラップを取り外せば、ベーシックなキャップに変身!

ITEM
<ハロ コモディティー>Madera Cap
価格: 4,900円(税抜)
素材: [本体・裏地]ポリエステル100%
サイズ:ONE SIZE


フライトキャップのディテールが、コーディネートしやすく落とし込まれたデザイン。サイズ調整ができるドローコードがついているので、風が強い日も安心です。フロントのファーも上品な存在感で暖かさも◎。

アウトドアから普段使いまで大活躍!<Nakota>

Nakotaフライトキャップ 手に取りやすい価格ながらオシャレで計算されたデザインが魅力の<Nakota>。アウトドアから普段使いまで、幅広く大活躍してくれる帽子を多く取り扱っています。カラーバリエーションも豊富なので、お気に入りの一点がきっと見つかるはず。

ITEM
<ナコタ>ナイロンフライトキャップ
価格:3,426円(税抜)
素材:コットン、ポリエステル
サイズ:ONE SIZE


ナイロン素材で程よくスポーティーな印象がありながらも、同色のボアが大人顔に仕上げてくれるフライトキャップ。撥水加工が施されているので、冬のアクティビティにもぴったりです。携行しやすい軽さもポイント。

ITEM
<ナコタ>デニムフライトキャップ
価格:3,519円(税抜)
素材:コットン、ポリエステル
サイズ:ONE SIZE


軽くて驚くほど暖かいデニムフライトキャップ。アウトドアスタイルをとことんカジュアルにまとめたいときにおすすめです。アジャスターがついているので、サイズ調整可能。後ろ姿の可愛さも抜かりなし!

”自分たちのスタイル”でインドア&アウトドアを楽しめ!<ULTRA HEAVY>

出典:楽天/ULBY
雑誌「POPEYE」などのファッション、ライフスタイル誌で活躍するスタイリスト・石川顕氏、人気デザイナー・神山隆二氏、アートディレクター・ジェリー鵜飼氏によるユニット<ULTRA HEAVY>。「”自分たちのスタイル”の重視」をモットーにセレクトブランドや展示会の開催など、大人のこだわりを見せるユニークな活動をしています。

ITEM
<ウルトラヘビー>旭川アトリエどら猫キャップ
価格:9,500円(税抜)
素材:コットン 100%(コーデュロイ)
サイズ: ONE SIZE


知る人ぞ知る噂のハンドメイド工房と人気デザイナーの神山隆二氏がコラボした逸品。コーデュロイ素材が暖かみのある表情に。イヤーフラップにはあご紐がついているので、ファッショナブルなデザインでありながら、しっかり防寒もできます。

パリコレクションで磨かれたハイセンスな山の感覚<and wander.>

出典:Amazon
2011年に誕生した<and wander.>は、シティボーイ・シティガールに人気のアウトドアブランド。山で感じた肌の感覚と、パリコレクションブランドで磨かれたデザイン性で、上品で機能的なギアを発表しています。

ITEM
<アンドワンダー>high loft fleece ear cap
価格:13,000円(税抜)
素材:ポリエステル100%
サイズ:ONE SIZE

まるで北欧の女の子が愛用しているかのような、スタイリッシュで品のあるデザインと、圧倒的な防寒性が魅力。軽量でかぶり心地も抜群です。内側はフリース地になっており、なんと、リバーシブルで使えます!

『耳当て付きキャップ』で冬の寒さをオシャレに乗り切ろう!

冬は山でのコーディネートが難しい季節ですが、機能性を味方につけてしまえばこっちのもの。もこもこがワンポイントになる耳当て付きキャップは、可愛さと防寒性を兼ね備えた冬の必需品です。人気のノースフェイスをはじめ、たくさんのブランドが機能的なモデルを発表していますので、耳当てつきキャップで山でも街でもオシャレに寒さを乗り切りましょう!

▼今シーズンおすすめのダウンは?

▼山でもアクセサリーを楽しもう!

▼アースカラーに注目!

紹介されたアイテム

<ザ・ノース・フェイス>フロンティアキャ…
サイトを見る
<ザ・ノース・フェイス>ノベルティフロン…
サイトを見る
<ザ・ノース・フェイス>TNFウインター…
サイトを見る
<ザ・ノース・フェイス>バッドランドキャ…
サイトを見る
<ザ・ノース・フェイス>ノベルティバッド…
サイトを見る
<ザ・ノース・フェイス>ウールイヤーキャ…
サイトを見る
<ザ・ノース・フェイス>ウールフロンティ…
サイトを見る
<ハロ コモディティー>Piute Ca…
サイトを見る
<ハロ コモディティー>Madera C…
サイトを見る
<ナコタ>ナイロンフライトキャップ
サイトを見る
<ナコタ>デニムフライトキャップ
サイトを見る
<ウルトラヘビー>旭川アトリエどら猫キャ…
サイトを見る
<アンドワンダー>high loft f…
サイトを見る

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

耳当てつきキャップ
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
仙波 佐和子

縁あってモンブランの麓シャモニーのレストランで働いていた際、様々なハイカーやアルピニストたちに山の魅力を叩き込まれ、目覚めてしまった山女。普段は旅行会社勤務の週末ライター。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!