日本アルプス 日の出

【日本アルプスの絶景へ】 日の出&雲海が見られるオススメの「山小屋」総まとめ

「日の出」「雲海」ファンのみなさま、お待たせいたしました! 今日は、圧倒的な美しさを誇る「日の出」と「雲海」を山頂で堪能するなら、ぜひとも泊まるべき山小屋&テント場を大特集。中でも人気の登山エリア、北アルプス・中央アルプス・南アルプスより、山頂近くのおすすめ宿泊地をご紹介します。登山の醍醐味ともいえる絶景に会いに、日本アルプスへ出掛けましょう。

目次

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、山小屋営業ならびに交通状況などに変更が生じている可能性があります。
山小屋や行政・関連機関が発信する最新情報を入手したうえで登山計画を立て、安全登山をしましょう。
アイキャッチ画像出典:PIXTA(木曽駒ヶ岳から眺める日の出)

「日本アルプス」「日の出」「雲海」どれか1つでも好きな人、集合!

日の出

出典:PIXTA(日の出)

どこまでも続く稜線や高山植物が咲き誇るお花畑、今にも手が届きそうな満天の星空など、登山ではたくさんの美しい景色に出会うことができます。

そんな山の絶景の中でも、多くの人を惹きつけるのは、山頂から眺める「日の出」や「雲海」ではないでしょうか。

西穂高岳から見る雲流れる焼岳・乗鞍岳方面の眺め

出典:PIXTA(西穂高岳から見る雲流れる焼岳・乗鞍岳方面の眺め)

「日の出」や「雲海」は、天候など様々な条件が整わないと見ることができない景色。だからこそ、出会えたときには誰もが高揚し、日常とは一味も二味も違う感動の瞬間に言葉を失うのです。

山頂でキレイな日の出を見るなら、どこの山?

ご来光と富士山

出典:PIXTA(ご来光と富士山)

では、日の出や雲海を思い切り堪能するなら、どこの山頂がよいのでしょうか。山選びのポイントは、大きく2つあります。

【1】東方向に大きな山がないこと
太陽は東から登るので、自分のいる山頂よりも高い山が東側にない方が、地平線から登る朝日を堪能することができるのです。標高の高い山が多い“日本アルプス”には、ベストスポットが多数。運が良ければ、同時に雲海を見られることも。

【2】山頂の近くに山小屋(テント場)があること
日の入り時刻は地域や季節により変わりますが、いずれにしても早起き必須。宿泊地から山頂が近いに越したことはありません。余計な荷物を山小屋(テント場)に置いて、身軽に山頂へ行けるのも嬉しいですね。

甲斐駒ヶ岳から黎明の鳳凰三山と富士山

出典:PIXTA(甲斐駒ヶ岳から黎明の鳳凰三山と富士山)

上記のポイントを踏まえ、日本アルプスの中から美しい日の出&雲海を見ることができる山をピックアップ。山頂までの標準コースタイムが60分以内の山小屋(テント場)と共にご紹介します。

一度は泊まりたい人気の【北アルプス】

北アルプスは、槍ヶ岳、穂高岳、五竜岳など縦走で踏破したくなる険峻で端麗な山がひしめく山域。ベテラン登山者から初心者までを魅了する自然景観は、山好きなら誰もが一度は足を運びたくなります。

1 / 3ページ