【日本アルプスの絶景へ】 日の出&雲海が見られるオススメの「山小屋」総まとめ

「日の出」「雲海」ファンのみなさま、お待たせいたしました! 今日は、圧倒的な美しさを誇る「日の出」と「雲海」を山頂で堪能するなら、ぜひとも泊まるべき山小屋&テント場を大特集。中でも人気の登山エリア、北アルプス・中央アルプス・南アルプスより、山頂近くのおすすめ宿泊地をご紹介します。登山の醍醐味ともいえる絶景に会いに、日本アルプスへ出掛けましょう。


アイキャッチ画像出典: PIXTA(木曽駒ヶ岳から眺める日の出)

「日本アルプス」「日の出」「雲海」どれか1つでも好きな人、集合!

日の出
出典:PIXTA(日の出)
どこまでも続く稜線や高山植物が咲き誇るお花畑、今にも手が届きそうな満天の星空など、登山ではたくさんの美しい景色に出会うことができます。

そんな山の絶景の中でも、多くの人を惹きつけるのは、山頂から眺める「日の出」や「雲海」ではないでしょうか。

西穂高岳から見る雲流れる焼岳・乗鞍岳方面の眺め
出典:PIXTA(西穂高岳から見る雲流れる焼岳・乗鞍岳方面の眺め)
「日の出」や「雲海」は、天候など様々な条件が整わないと見ることができない景色。だからこそ、出会えたときには誰もが高揚し、日常とは一味も二味も違う感動の瞬間に言葉を失うのです。

山頂でキレイな日の出を見るなら、どこの山?

ご来光と富士山
出典:PIXTA(ご来光と富士山)
では、日の出や雲海を思い切り堪能するなら、どこの山頂がよいのでしょうか。山選びのポイントは、大きく2つあります。

【1】東方向に大きな山がないこと
太陽は東から登るので、自分のいる山頂よりも高い山が東側にない方が、地平線から登る朝日を堪能することができるのです。標高の高い山が多い“日本アルプス”には、ベストスポットが多数。運が良ければ、同時に雲海を見られることも。

【2】山頂の近くに山小屋(テント場)があること
日の入り時刻は地域や季節により変わりますが、いずれにしても早起き必須。宿泊地から山頂が近いに越したことはありません。余計な荷物を山小屋(テント場)に置いて、身軽に山頂へ行けるのも嬉しいですね。

甲斐駒ヶ岳から黎明の鳳凰三山と富士山
出典:PIXTA(甲斐駒ヶ岳から黎明の鳳凰三山と富士山)
上記のポイントを踏まえ、日本アルプスの中から美しい日の出&雲海を見ることができる山をピックアップ。山頂までの標準コースタイムが60分以内の山小屋(テント場)と共にご紹介します。

一度は泊まりたい人気の【北アルプス】

北アルプスは、槍ヶ岳、穂高岳、五竜岳など縦走で踏破したくなる険峻で端麗な山がひしめく山域。ベテラン登山者から初心者までを魅了する自然景観は、山好きなら誰もが一度は足を運びたくなります。

【山頂直下】 蝶ヶ岳ヒュッテ×蝶ヶ岳

蝶ヶ岳 ファミリーからご年配の方までが利用する蝶ヶ岳ヒュッテから山頂までは、わずか3分で到着。眼前に広がる槍ヶ岳や穂高連峰など北アルプスの名峰が朝日に染まる姿は、多くの登山者が待ち望む絶景です。安曇野の街並みが暖かな光に包まれる光景には心も和みます。

蝶ヶ岳ヒュッテ(テント場あり)
▼蝶ヶ岳を詳しくみる

【山頂直下】 北穂高小屋×北穂高岳

北穂高岳 北穂高小屋から山頂へは、歩いて10分とすぐ近く。前穂高岳や槍ヶ岳など急峻な山々が望める山頂から一面に広がった雲海の先に、富士山や南アルプスが見えることも。朝日に照らされて浮かび上がる雲海は、早起きして見る価値のある美しさです。

北穂高小屋(テント場あり)
▼北穂高岳を詳しくみる

【山頂まで10分】 大天荘×大天井岳

大天井岳 大天井岳まで10分の距離にある大天荘テント場。山頂からの景色もおすすめですが、テン場から見る日の出もまた美しいものです。朝日が登るとオレンジ色に染まる雲海や周囲の山々は、「来てよかった」と思える素晴らしい光景。槍ヶ岳と常念岳の拠点であるエリアは、多くの登山者から人気です。

大天荘(テント場あり)

【山頂まで15分】 白馬山荘×白馬岳

白馬岳 白馬岳の真下にある白馬山荘は、ゆっくりと北アルプスの景色を堪能できる日本最大の山小屋。景色良好な山荘は、山頂に行かずとも山荘裏からきれいな日の出を眺めることができます。日が昇るにつれ、空が明るくなり、グラデーションが生まれる景色は、雄大な自然の神秘ともいえます。

白馬山荘(テント場なし)
▼白馬岳を詳しくみる

【山頂まで20分】 唐松岳頂上山荘×唐松岳

唐松岳 唐松岳の山頂直下にある山荘は、頂上へのアクセスも抜群。山荘周辺は日の出や雲海が望める好環境です。唐松岳山頂は、剣岳をはじめ北アルプスの名峰が見渡せる絶景スポット。360度どこを見渡してもダイナミックな景色が広がり、運が良ければ、見事な雲海を拝むことができます。

唐松岳頂上山荘(テント場あり)
▼唐松岳を詳しくみる

【山頂まで30分】 燕山荘×燕岳

燕岳 燕山荘から山頂までは30分で到着。優美で凛々しい表情をした燕岳からは、剣岳や穂高岳を望むことができます。稜線は朝日に照らされると一層険しく、美しいものです。地平線の向こうから朝日が昇り、空が色を変えていく光景に思わず見惚れてしまいます。

燕山荘(テント場あり)
▼燕岳を詳しくみる

【山頂まで30分】 槍ヶ岳山荘×槍ヶ岳

槍ヶ岳 天を貫くその風貌から、多くの登山家を魅了して止まない槍ヶ岳。槍ヶ岳山荘から山頂までは連続する鎖やハシゴがあるのものの、憧れの地から朝日を眺めたいという人は少なくありません。

険峻な岩壁は赤く染まり、雲海の中に山脈や登山者のシルエットが浮かび上がります。槍ヶ岳のかっこいいシルエットと日の出を一緒にカメラに収めたい人は、槍ヶ岳山荘から拝みましょう。

槍ヶ岳山荘(テント場あり)
▼槍ヶ岳を詳しくみる

【山頂まで35分】 白馬岳頂上宿舎×白馬岳

白馬岳 白馬岳頂上宿舎から白馬岳までは、歩いて30分ほど。旭岳や北アルプスの山々が見渡せる山頂からの日の出は素晴らしい光景です。朝日に照らされた雲海に浮かぶ山々は美しく、別世界にワープしたような感覚に。幻想的な景色に思わず時間を忘れてしまいます。

白馬岳頂上宿舎(テント場あり)
▼白馬岳を詳しくみる

【山頂まで50分】 穂高岳山荘×奥穂高岳

奥穂高岳 槍ヶ岳からの縦走でも重要な拠点となっている穂高岳山荘。山小屋から奥穂高岳までは50分と少し距離があります。山頂は槍ヶ岳や大キレットが望める360度パノラマで、空がオレンジに染まっていく光景は見事です。運が良ければ、遠くに富士山が見えることもありますよ。

穂高岳山荘(テント場あり)
▼奥穂高岳を詳しくみる

【山頂まで50分】 大天井ヒュッテ×大天井岳

大天井岳 縦走の宿泊地としても人気の大天井ヒュッテから大天井岳までは約50分。早起きして山頂から見る朝日は格別で、槍ヶ岳の鋭い角もはっきりと見ることができます。地平線から昇ってくる朝日だけでも十分美しいですが、白いカーペットのような雲海が重なった景色も最高です。

大天井ヒュッテ(テント場なし)

【山頂まで60分】 針ノ木小屋×針ノ木岳

針ノ木岳 山小屋から針ノ木岳までは1時間ほどの距離。ご来光を拝むためには少し歩きますが、朝日に照らされた剣岳や槍ヶ岳などの素晴らしい景色を見れば、一気に疲れも吹き飛びます。美しい雲海にオレンジカラーが映える、自然の織りなす光景はじつに感慨無量です。

針ノ木小屋(テント場あり)
▼針ノ木岳を詳しくみる

【山頂まで63分】 五竜山荘×五竜岳

五竜岳 五竜岳と白岳の中間にある五竜山荘は、登山者から人気のテント場。五竜岳までは1時間少々と決して近くはありませんが、鹿島槍や安曇野の街が日の出に染まる美しさから、多くの登山者がご来光を求めてやってきます。自然が魅せる美しい景色に、また頑張れる元気をもらえるはずです。

五竜山荘(テント場あり)
▼五竜岳を詳しくみる

絶景の穴場なら【中央アルプス】

木曽山脈の別名である中央アルプスは、他の山脈より登山者が少ないことから穏やかな登山が楽しめるエリア。南北に連なる山脈からは美しい絶景が広がります。

【山頂直下】 駒峰ヒュッテ×空木岳

空木岳 駒峰ヒュッテは空木岳の真下にある山小屋。小屋からも空木岳が見えるほど、すぐ近くにあります。日本百名山でもある空木岳の山頂は、宝剣岳や穂高岳が望めるなど抜群の展望。雲海が広がった先に見える富士山のシルエットは、日本人の琴線に触れる美しさを放ちます。

駒峰ヒュッテ(テント場なし) 
▼空木岳を詳しくみる

【山頂まで15分】 頂上木曽小屋×木曽駒ヶ岳

頂上木曽小屋×木曽駒ヶ岳 頂上木曽小屋は山頂直下にあるため、木曽駒ケ岳へのアクセスも比較的簡単。多くの登山者が早起きして山頂へと向かいます。朝日が昇ると御嶽山や周囲の山々が赤く照らされ、色が変わっていく景色は感動的。優しい暖色に山全体が包まれる光景に息を呑みます。

頂上木曽小屋(テント場なし)
▼木曽駒ケ岳を詳しくみる

【山頂まで20分】 駒ケ岳頂上山荘×木曽駒ヶ岳

駒ケ岳頂上山荘×木曽駒ヶ岳 山小屋から木曽駒ケ岳へ行く場合には20分歩くことになりますが、日の出は、木曽駒ケ岳と中岳の鞍部からも十分に美しく見ることができます。邪魔するものが何もない、開放的な空間は、朝日を拝むにはぴったりです。雲海が空に広がると、より景色が美しく彩られます。

駒ケ岳頂上山荘(テント場あり)
▼木曽駒ケ岳を詳しくみる

日の出と富士山のコラボが楽しめる【南アルプス】

静かで奥深い緑が広がる南アルプスは、長野県・山梨県・静岡県にまたがる山域。アルプス帯の中で最も南位置するため、富士山がきれいに望めるスポットも数多く点在しています。

【頂上まで20分】 仙丈小屋×仙丈ヶ岳

仙丈ヶ岳 仙丈小屋から仙丈ケ岳までは20分で到着。早朝の散歩と思えば、ちょうどいい距離といえるかもしれませんね。甲斐駒ヶ岳や中央アルプスが見渡せる山頂からの朝焼けは、幻想的な美しさ。日の出と富士山のコントラストはまさに絶景です。朝の澄んだ空気を感じつつ、気持ちのいい1日をスタートできるのではないでしょうか。

仙丈小屋(テント場なし)
▼仙丈ヶ岳を詳しくみる

【頂上まで23分】 光岳小屋×イザルガ岳

イザルガ岳 山小屋から20分で行ける光岳は山頂の展望がないので、日の出を見るならイザルガ岳がおすすめ。大パノラマの景色を楽しむことができる山頂からは、雲海に浮かぶ富士山が望めます。赤やオレンジに染まった景色に、優雅にそびえたつ山容はとても美しい姿です。

光岳小屋(テント場あり)
▼光岳・イザルガ岳を詳しくみる

【頂上まで50分】 北岳肩ノ小屋×北岳

北岳 北岳肩ノ小屋は、北岳に最も近い山小屋。ただ、近いといっても山頂までは50分かかるので、防寒対策など登山準備はしっかりとしていきましょう。

日の出と富士山のコラボが楽しめる山頂は、南アルプスならでは贅沢なロケーション。富士山は小屋からも見ることができますが、より美しいシルエットや景色を求めるのであれば、山頂からの眺めがおすすめです。

北岳肩ノ小屋(テント場あり)
▼北岳を詳しくみる

感動的な絶景!日の出と雲海が見られる山頂へ

槍沢
出典:PIXTA(槍沢)
美しい景色を見ることは、登山の醍醐味の一つ。日の出や雲海は、毎回確実に見られるわけではありませんが、だからこそ拝めたときには感動は大きいものです。

日本アルプスには、日の出と雲海が美しく見られるスポットが数多くあるので、ぜひ山小屋に泊まったときは早起きして山頂に行ってみてくださいね!

▼モルゲンロートが美しい山は?

▼おすすめの雲海スポットは?

▼絶景のテント場は?

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
松崎 清央

Webライター・自然体験指導者。新潟在住。市役所を退職後、アウトドア専門学校に入学し、登山、キャンプ、カヤック、自然ガイド、農業などを経験。自然を仕事にする生き方を選ぶ。【得意分野】子ども体験活動の企画・運営、青少年教育・野外教育、人前で話すこと。現在フリーランス。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

OFFICIAL SNS

 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!