友達と一緒に山に行こう! 相手の心を揺るがす5つの誘い文句

2018/04/20 更新

登山を始めてしばらくすると、「気心知れた友達と登山に行けたら楽しそうだな~」なんて思ったりしませんか? ただ、相手に登山経験がない場合、誘うかどうか悩んでしまうところ。でも、あきらめないで! 初めてでも楽しめる山がたくさんあります。まずは気軽に登れる山に誘ってみるのが◎。あわよくば山好きになってくれるかも!? そこで、登山未経験の友達の心を揺るがす、登山への誘い文句を考えてみましたよ。


アイキャッチ画像出典:PIXTA

登山未経験の友達を登山に誘いたい!

会話する男女
出典:PIXTA
「仲の良い友達も登山が好きだったらな~」と思ったことはありませんか? 気心知れた友達と一緒に登山を楽しめるなんて、そんな最高なことはありません。「誘ってみようかな~、どうしようかな~」と悩んでいるなら、ぜひ誘ってみるべき! なぜなら、以前にYAMA HACK読者のみなさんにアンケートを行った際、登山を始めたきっかけで1番多かったのが『誘われて』だったんです!

▼みんなが登山を始めた“きっかけ”はこちら

ただ、登山未経験の友達を誘うのは至難の業。登山に全く興味がない場合もあれば、体力や装備が伴っていないこともあります。なにより、「登山ってしんどうそう(なイメージ)で嫌」という人も少なくありません。今回は、登山にあまり乗り気ではない登山未経験の友達を誘うべく、相手の心を揺るがす誘い文句を考えてみました!

相手の心を揺るがす、登山の誘い文句5パターン

『ロープウェイでほぼ山頂まで行けるよ!(使うとは言ってない)』

駒ケ岳ロープウェイ
出典:PIXTA
手軽に登れることをアピールするパターンです。登山をしたことがない人は、つらい思いをして登ることの何が楽しいのかを理解できません。体力的に自信がない人も、ロープウェイやケーブルカーで楽に登れるなら行ってもいいかなと思ってくれる人が多いよう。ロープウェイを使うとは言っていないので、確実に山へ行く約束を取り付けてから、ロープウェイを使わずに登ることを提案するのもありかも!?

▼ロープウェイを利用できる山はこちら

『カップラーメンが地上の100倍うまくなるよ!』

山と日清カップヌードル 山ごはんをアピールするパターンです。登山好きのみなさんは周知の通り、山頂で食べるごはんはいつも以上においしく感じられますよね? それはやはり、しんどい思いをして登ったからこそ味わえるもの。たった数百円のカップラーメンも山頂だと名店のラーメン以上においしいということを、切々と伝えてみましょう。「仕事後のビールを上回る!」などと、相手の好きなものに喩えてあげると分かりやすいのでは。山頂名物がある山なんかは、アピールしやすいですよ。

▼山頂名物グルメがある山はこちら

▼ちょい足しレシピが山でおすすめ

『ムスカの気分が味わえるよ!』

金時山山頂からの絶景
出典:PIXTA
山頂からの爽快な景色をアピールするパターンです。ムスカはスタジオジブリの人気アニメ映画『天空の城ラピュタ』に出てくる名悪役。ラピュタの中心から下にいる人々を見て吐いた台詞、「あっはっは、見ろ、人がゴミのようだ!」がなにかとネタにされるほど有名です。

山頂から富士山がキレイに見えるくらいでは心が揺らがない人も多い現実。そこで趣向を変えて、「下界は全部俺のものだー!」と言いたくなるような、まるでムスカのような気分に浸れることをアピールしてみては。ラピュタを観たことがない人には、残念ながら通じませんのでご注意を。

▼初心者におすすめの山はこちら

『人生観変わるよ?』

出典:PIXTA
物事の見方や価値観が変わるくらい山は偉大であることをアピールするパターンです。山に行くと、日常と切り離されるあの不思議な感覚。日頃の悩みなんてちっぽけに感じる人も多いのでは? 「全身の毛穴から悪いものは全部出る!」それくらいリフレッシュできたり、穏やかな気持ちになれることを力説してみましょう。

▼登山を始めるとどう変わる?

『最近、達成感味わってる?』

人生図
出典:PIXTA
充実した日々を送りたいという潜在意識に訴えかけるパターンです。日常生活ではそう簡単には得られない達成感。それを登山なら短時間で味わえてしまうことをアピールしましょう。「そういえば久しく味わってないかも…」と心が揺らぐかもしれません。しんどい登山は嫌という人こそ、山頂までたどり着くだけでもかなりの達成感を得られるはず。登山で得た達成感は自信へと繋がり、病みつきになること間違いなしです。

▼達成感を3割増しで味わえる!?

1度登ってもらえれば、こっちのもの!?

登山者3人組
出典:PIXTA
“百聞は一見に如かず”などと言われるとおり、1回登山を経験してみると「登山って楽しいかも!」と思ってくれる人が多いようです。そうなれば、もうこっちのもの。別の山にも登ってみたいと言い出す日は近いかも知れません。

とはいえ、登山未経験者と山へ行くときには細心の注意が必要です。まずは無理のない登山計画を立てること。相手の体力を考慮した山選びはもちろん、どんな登山道なのか、どれくらいの時間歩くのか、どんな装備がいるのかなどをきちんと説明し、安心して出かけられるようにする配慮が必要です。また、万一の時に備え、登山経験者が2人以上のグループで行きましょう。ご紹介した誘い文句で、ぜひ友達を誘って安全登山を楽しんでください。断られても責任は負えませんので悪しからず…。

▼登山未経験者と山へ行く前に!
登山用品は買わずに、家にあるもので高尾山に登った体験記&後日談。
初心者と初めて山に行くときにチェックしておきたい、パーティー登山の注意点を解説。

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

友達を登山に誘う人
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
YAMA HACK編集部
YAMA HACK編集部

YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

OFFICIAL SNS

 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!