【25周年】大迫力に息を呑む!立山・雪の大谷を歩こう2018

2018/06/04 更新

巨大な雪壁の間を人々が歩くあの風景、テレビや雑誌で見かけたことはありませんか?10mを優に超える雪壁の迫力を間近で感じてみたいですよね。いったいあの雪壁はいつ、どこで見られるのでしょうか。


アイキャッチ画像出典:PIXTA

今年は25周年!立山・雪の大谷ウォーク

早春の立山
出典:PIXTA
ミシュラン・グリーンガイドで3つ星を獲得している『雪の大谷』をご存知ですか? 名前は知らなくとも、“巨大な雪壁”の間を人々が歩く風景を、テレビなどで見たことがあるのではないでしょうか。あのダイナミックな雪壁は、富山県の立山にあるのです。実際に体感するには、どうしたら良いのでしょうか。

雪の大谷って?

雪の大谷と青い空
出典:PIXTA
世界でも有数の豪雪地帯の立山室堂平付近にある「大谷」は吹き溜まりになっているため積雪が多く、その深さは20mを超えることもあります。雪に埋もれた道を除雪してできる、高さ20mにも迫る大きな雪の壁が『雪の大谷』です。

2018年も「立山・雪の大谷ウォーク」開催!

立山ウォーク
出典:PIXTA
冬の間は雪が深すぎるため閉鎖される立山黒部アルペンルートですが、春~初夏にかけて、ルートの一部で「立山・雪の大谷ウォーク」が開催されます。「雪の大谷ウォーク」は、高いところで20mにも及ぶ雪壁の迫力を間近に体験できるため、国内のみならず海外からの観光客も多く、大変人気のあるイベントです。

また、1971年に立山黒部アルペンルートが全通してから、今年で47年。そして雪の大谷ウォークが開催されるようになって、今年はちょうど25周年にあたります。

雪の大谷ウォーク
出典:PIXTA
【第25回 立山・雪の大谷ウォーク】
期間:2018年4月15日(日)~6月22日(金)
イベント出入口にて、「25周年特別記念 雪の大谷通行証」がもらえるそうです。また、期間中は25周年記念イベントも開催されるので、ぜひ一度足を運んでみたいですね。


ところで立山って山なの?町なの?

立山連峰を望む
出典:PIXTA
立山連峰や黒部川、常願寺川などの雄大な自然に囲まれた立山地方は富山県立山町にあります。富山県側の立山町や長野県側の扇沢から、立山黒部アルペンルートを使えば、立山の様々な観光スポット、黒部ダムや大観峰、美女平や弥陀ヶ原を経て、雪の大谷のある室堂まで誰でも簡単にアクセスできます。

雪の大谷ってどうやって行くの?

黒部ケーブルカー
出典:PIXTA
  • 富山側から
  • JR富山駅ー[徒歩]ー富山地方鉄道 電鉄富山駅ー[富山地方鉄道]ー富山地方鉄道 立山駅ー[立山ケーブルカー]ー美女平ー[立山高原バス]ー室堂
  • (約55.6km/122分)
 
  • 長野側から
  • JR長野駅ー[アルピコ交通バス(特急)]ー扇沢ー[関電トンネルトロリーバス]ー黒部ダムー[徒歩]ー黒部湖ー[黒部ケーブルカー]ー黒部平ー[立山ロープウェイ]ー大観峰ー[立山トンネルトロリーバス]ー室堂
  • (約77.2km/約129分)

雪壁だけじゃない!立山には見所がいっぱい!

新緑のみくりが池
出典:PIXTA
立山の見どころは雪壁だけではありません。立山黒部アルペンルートは一年を通して、その多様で美しく、雄大な自然を楽しめるスポットがたくさんあります。

立山黒部アルペンルートについてはこちら!


雪の大谷ウォークで、雄大な立山の迫力を実感しよう!

雪の大谷ウォーク
出典:PIXTA
立山黒部アルペンルートは四季折々の様々な表情を持ち、豊かな自然環境を楽しめる観光スポットもたくさんあります。そして何といっても、雪壁の迫力を一度は間近で体感してみたい、雪の大谷を自分の足で歩いてみたい、美しい青空とのコントラストを自分の目で楽しみたいですよね!この記念の年に、ぜひ訪れてみてはいかがでしょう。

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

OFFICIAL SNS

 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!