高尾山薬王院|戦国武将も信仰していた開山1300年の名刹!山に登って天狗パワーをいただこう

2021/10/27 更新

高尾山の中腹にある「高尾山薬王院」は奈良時代から信仰されている歴史ある寺院です。日帰り登山でもご利益のあるパワースポットをお参りし、精進料理を楽しむこともできます。1泊2日の本格的な修行体験も可能。戦国武将も信仰した由緒ある薬王院について紹介します。


アイキャッチ画像出典:PIXTA

高尾山薬王院で祀られているのは「天狗」?!

高尾山薬王院の本堂
出典:PIXTA
都心からのアクセスも良好で、ケーブルカーやリフトを利用して登山ができると人気の高い「高尾山」。その中腹に建つ「高尾山薬王院」は古くから戦国武将や一般の人々に篤く信仰されてきた歴史があります。そして本尊に祀られているのは、赤くて高い鼻で知られる「天狗」。高尾山薬王院の信仰の歴史はどのようなものなのでしょうか?

高尾山薬王院とは?

高尾山薬王院の鳥居と紅葉
出典:PIXTA
高尾山薬王院は正式名称を「高尾山薬王院有喜寺」と言います。元々は薬師如来を本尊としていたので「薬王院」と名が付きますが、現在は薬師如来に加えて「飯縄大権現(いづなだいごんげん)」も本尊としています。飯縄大権現は戦国武将の守護神とされ、安土桃山時代には上杉謙信や武田信玄に、また江戸時代には徳川家に崇敬されてました。

約1300年以上にさかのぼる、高尾山薬王院の歴史

高尾山薬王の天狗
出典:PIXTA
西暦744年、高尾山薬王院は聖武天皇の勅令を受けた行基により東国鎮護の祈願寺として建立されました。行基の開山から600年を経て、俊源大徳という京都の高僧により現在の華やかな寺院へと改修され、その時に薬師信仰とともに飯縄権現信仰が始まったとされています。飯縄権現は剣と縄を持った烏天狗(からすてんぐ)の姿をした神様として表されています。

高尾山薬王院は「天狗」が本尊

高尾山薬王院の飯縄権現像 今でも薬王院は「飯縄大権現=天狗」を本尊として祀っています。天狗には神通力があり、除災開運、災厄消除、招福万来といったご利益をもたらす力があるとされています。境内を巡ると天狗の像を多く見かけることができ、高尾山のイメージキャラクターとしてお土産ものや食べ物にも使われています。

どんなご利益がある?人気のパワースポット

高尾山薬王院の鳥居
出典:PIXTA
高尾山には1300年の歴史があり、昔から霊山として信仰の対象とされてきました。そんな高尾山にはお参りするとご利益があるパワースポットがたくさん!願いや想いを叶えたい人にぜひ周ってほしい、おすすめのお参りスポットを抜粋して紹介します。

必ずお参りしよう!大本堂

高尾山薬王院の本堂
出典:PIXTA
大本堂には高尾山の天狗信仰の始まりとなった、本尊の飯縄権現が祀られています。御護摩祈祷もここで行われており、厄除けをはじめ、病気平癒、開運など多くのご利益があるとされています。高尾山に訪れたらまずは参拝したい場所です。

人気者になりたい人は!ひっぱりだこ

高尾山薬王院のひっぱりだこ
出典:PIXTA
タコ足のように曲がった根っこを持つ樹齢450年の巨杉「タコ杉」のそばにある「ひっぱりだこ」。この像をなでて拝むことで、仕事や恋愛などで引く手あまたのひっぱりだこの人気者になれるというご利益が。混雑時には行列ができるほどの人気スポットです。

六感を研ぎ澄ます!六根清浄石車

六根清浄石車
出典:PIXTA
「六根清浄石車」は執着を断ち、心を清めるスポットとして山内に18ヶ所設置されています。18ヶ所それぞれ6回転させることで108となり、108の煩悩からの解脱を表しています。六根とは、眼・耳・鼻・舌・身の「五感」とそれらを判断する「意識(心)」を指し、六根を清浄化することで日頃酷使している六感をリフレッシュすることができます。

願いがかなう!願叶輪潜

高尾山薬王院の願叶輪潜
出典:PIXTA
本尊である飯縄大権現の智慧の輪です。願いが叶うように祈りながら石の輪をくぐり抜け、名前と住所を唱えながら大錫杖を打ち鳴らします。煩悩を取り去り願望を清らかなものに昇華して、願いを本尊様に届けることができると言われています。

恋愛成就を祈ろう!愛染堂

高尾山薬王院の愛染堂
出典:PIXTA
薬王院本堂の少し奥にある赤いお堂で、全身深紅の愛染明王が祀られています。赤い糸と五円硬貨がひと組になったお守りを固く結ぶことで、恋愛祈願や良縁祈願のご利益があるとされています。男女の縁に限らず、友人や仕事関係などあらゆる縁にも効果があるとのこと。

<高尾山にはほかにもパワースポットがたくさん!>

御朱印やお守りも。参拝後も高尾山のご利益を!

関東屈指の霊山として強力なパワーを受け取れると考えられてきた、高尾山。薬王院では参拝の際に御朱印やお守りをいただくことができます。

高尾山で御朱印をもらおう

高尾山薬王院でもらえる御朱印
出典:PIXTA(画像はイメージです)
御朱印とは、神社や寺院の参拝者に向けて押印される印章のことで、高尾山薬王院でも朱印料300円でいただくことができます。飯縄大権現の分身として大切に持ち歩くと、ご利益をいただけると考えてられています。高尾山薬王院の参拝記念として思い出が形に残るのもうれしいですね。

護摩祈祷は毎日参加可能

高尾山薬王院でできる護摩祈祷
出典:PIXTA(画像はイメージです)
薬王院の大本堂では毎日、御護摩修行を行なっており、御本尊の分身でもある御護摩札を受け取ることができます。人間の煩悩を表わす薪に点火することであらゆる煩悩を焼き清め、諸願が成就するとされています。願いごとがある方は、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。
■時間(毎日厳修)
早朝勤行:(4/15~10/31)5:30、(11/1~4/14)6:00
9:30、11:00、12:30、14:00、15:30

お守りも高尾山薬王院ならではのものがたくさん!

高尾山薬王院で買えるお守り
出典:PIXTA
お札やお守は1年は通じて購入でき、お正月は期間限定で縁起物も揃っています。せっかく高尾山に行ったのなら、高尾山ならではのものがおすすめ。

「もみじ札」は高尾山の紅葉をイメージしたかわいらしいデザインで、交通安全と身上安全を祈願しています。正月には金色の限定札が登場します。また、「天狗守」には開運のうちわで開運招福をもたらす大天狗と、魔を絶ち悪いものを斬るカラス天狗の2種類があります。

滋味あふれる精進料理もいただける!

高尾山薬王院では、野菜・豆類など植物性の食材のみで作られた精進料理を食べることができます。高尾山では「山で採れた山野草を食べることで仏様の恵みをいただく」という考えがあります。精進料理をいただいて、普段忘れがちな「命への感謝」を感じてみてはいかがでしょうか?

予約していただこう!高尾山薬王院の精進料理

高尾山薬王院
出典:PIXTA
予約が必要な精進料理は「高尾膳(3,900円)」と「天狗膳(2,900円)」の2種類。どちらも品数が豊富でたくさんの野菜が使われています。もちろん味付けも好評。普段味わえない滋味あふれる料理をいただきましょう。

予約方法は?

電話にて予約を受け付けています。先着順で予約終了となってしまうので早めに連絡するのがおすすめです。
電話:042-661-1115
予約受付時間:8:30~16:30
提供時間:11:00〜14:00

予約不要の精進料理もあり!

予約不要で食べられる精進料理は「そば御膳(2〜9月ごろ)」と「もみじ膳(10〜12月)」の2種類。

秋に提供される「もみじ膳」はきのこや自然薯といった食材を用いており、季節を感じられる一品です。高尾名物のそばを堪能したいなら「そば御膳」がおすすめ。特別展示と一緒に季節の味が気軽に味わえます。

予約は不要ですが、食材がなくなり次第終了となるので注意を。また食事の提供のあるなしは前日に確認をするのがおすすめです。
精進料理 詳細はこちら

滝に打たれ、火を渡る。修行体験で身を清める!

高尾山では心身のリラックスや悟りを得ることを目的とした修行体験をすることができます。ここでは高尾山で体験できる代表的な修行を一部ピックアップして紹介します。

1泊2日で高尾山で修行が体験できる!

高尾山の薬王院でできる読経の修行
出典:PIXTA
高尾山では誰もが参加できる修験道の体験修行会「信徒峰中修行会」が開催されています。夏(6月)と秋(10月)の年2回、1泊2日で普段できないさまざまな修行を体験することができます。滝修行や山中を練り歩く回峰行に加えて写経や法話の拝聴といった本格的な修行ができ、多くの希望者が訪れます。

※新型コロナウイルス感染症対策のため、実施内容など異なる可能性があります。

滝に打たれて心身を清める!

びわ滝
出典:PIXTA(琵琶瀧)
高尾山では蛇瀧(じゃたき)と琵琶瀧(びわたき)の二滝を水行道場として一般に開放しています。滝行を通じて、山の自然との一体感や精神統一を感じることができるでしょう。滝行に初めて参加する場合は必ず電話にて予約をした上、入滝前に指導を受ける必要があります。
■蛇瀧
指導日時:毎月第1土曜、17日、27日(12:00より指導開始)
受付時間:9:00~15:00
電話:042-665-7313
入瀧指導料:3,000円(入瀧料含む)

■琵琶瀧
指導日時:毎月第1土曜、18日、28日(11:00より指導開始、但し第1土曜と18日は13:00の場合あり)
時間:9:00~15:00
電話:042-667-9982
入瀧指導料:3,000円(入瀧料含む)

高尾山修行の一大イベント!火渡り祭

高尾山薬王院の火渡り祭
出典:PIXTA
火渡り祭とは、御護摩(浄火により災厄を祓う火の行)を修行することにより息災延命や災厄消除などを祈念するものです。一般の人でも参加することができ、火を渡った人はその身の厄災を避けることができると言われています。
開催日:毎年3月の第2日曜
開催場所:自動車交通安全祈祷殿広場

高尾山薬王院へのアクセス

清滝駅
出典:PIXTA(ケーブルカー清滝駅)
高尾山薬王院は山の中腹に位置し、京王「高尾山口」駅や駐車場から徒歩で登った場合の所要時間は約70分です。徒歩で登る以外には、ケーブルカーかリフトを利用して行くこともできます。

クルマの場合

圏央道「高尾山」IC-国道20号線-「高尾山口」駅(ICより約5分)

公共交通の場合

京王線「新宿」駅−「高尾山口」駅下車
JR中央線「新宿」駅−「高尾」駅にて京王線に乗り換え−「高尾山口」駅下車

歴史文化を感じながら高尾山を登ろう!

高尾山の薬王院の天狗と紅葉
出典:PIXTA
都心からのアクセスもよく、世界一の登山者数を誇る「高尾山」。霊山だと意識せずに登ってしまうとつい見逃してしまうかもしれませんが、高尾山薬王院には長い信仰の歴史があります。御朱印をもらうのも良し、修行体験をしてみるのも良し、高尾山の薬王院で心清らかな登山を体験しましょう!

高尾山薬王院|公式サイト

こちらの記事もどうぞ


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

高尾山薬王院
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
yuji.tuna

学生時代は子どもと自然体験活動をしており、社会人になってから一人登山にはまっています。登山の魅力は何でしょう…?言語化しないと分からないこと、体験しないと分からないこと、何事もバランスよく経験して考えながら生きていきたいと思っています。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」