登山者男女

こんな人とは山に行きたくない!?同行者のこんな態度にがっかりランキング10!

2021/10/14 更新

一般財団法人日本気象協会が発表した「山の天気と登山に関する調査2017」をもとに、登山同行者のがっかりする行動・態度に関するアンケート結果をランキング形式で発表!思わずあるある、と頷いてしまう内容です。今までの登山で、あなたも思い当たる項目があるかも!

目次

アイキャッチ画像出典:PIXTA

こんな人とは山に行きたくない!?

男女の登山パーティ

出典:PIXTA

登山者向け気象情報アプリ「tenki.jp登山天気」を提供している、一般財団法人日本気象協会が「山の天気と登山に関する調査2017」を発表しました。

その結果をもとに、今回は「登山同行者のどのような行動・態度にガッカリするか」のアンケート結果を、ランキング形式で発表!もしかしたら、思い当たるものがあるかも!?

登山中にガッカリする行動ランキングTOP10

ここではランキング形式に、「登山中にガッカリする態度・行動TOP10」を発表していきます!
※調査対象は男性500、女性500の計1,000人です。

10位「すれ違う相手が挨拶しても返さない」…24.5%

登山 挨拶

出典:PIXTA

すれ違うときの挨拶は山のマナーですが、疲れてくると億劫になってしまいますよね。山での挨拶は相手と自分のコンディションを確認する意味もあるので、億劫になったら休憩を取るなどのバロメーターにするのもいいかも知れません。

第9位「疲れてくると機嫌が悪くなる」…25.1%

辛そうな登山者

出典:PIXTA

疲れるのはみんな同じこと。思うように身体が動かなくなってきたからと言って周りに感情をぶつけていてはパーティ全体の雰囲気が悪くなりますよね。

第8位「危険な場所でふざける」…25.6%

切り立った岩に立つ登山者

出典:PIXTA

お願いだからこれだけはやめて欲しい・・・!登山シーンでは気をつけていても思わぬ事故に遭う可能性も十分にあります。自分だけは大丈夫と思っているなら大間違いですよね。

第7位「行き当たりバッタリで無計画」…27.5%

丹沢の標識

出典:PIXTA

全体の行程を把握せずに山に入るのはとても危険。特にパーティで行動する場合は全員のレベルを把握した上で無理のない計画を立ててから入山したいものです。

第6位「登り始めてすぐに“疲れた”という」…28.5%

疲れている女性登山者

出典:PIXTA

登り始め15分〜20分は身体が温まっていないので疲労を感じて当然です。わざわざ口に出さなくてもわかります。どの程度歩けば自分の身体が慣れてくるのか、だいたいの目安を把握しておきたいですね。

第5位「“もう無理”を連呼する」…28.7%

しんどそうな登山者

出典:PIXTA

ただ「無理」と言われてもどうしようもないですよね・・・。「行程を切り上げたい」「休憩したい」「荷物を少し持ってほしい」など何が無理なのか具体的に伝える方が賢明でしょう。

第4位「遅刻してくる」…30.8%

バスの時刻表を見る人

出典:PIXTA

登山の集合時間は早朝が多いですよね。頑張って間に合わせても平気で遅刻する人がいるとパーティの雰囲気がぐっと悪くなるもの。登山計画にも影響するので、やむを得ない場合でもせめて一報入れるのがベストです。

1 / 2ページ