キャンプの必須アイテム「ガストーチ」|タイプ別おすすめと選び方

2022/06/30 更新

ガストーチはバーベキューの炭への着火、たき火の薪への焚き付け、炙り料理にも使え、キャンプでは欠かせないアイテムです。そのガストーチにも様々な種類があり、正しく選ぶ事でキャンプがもっと楽しくなります。本記事では、選び方使用上の注意タイプ別おすすめガストーチを紹介します。

制作者

ライター

黒田猫太郎

近所の山から遠くの山まで、春夏秋冬、毎週のように山で遊んでいたら、いつの間にか25年、山歴だけは長くなってしまいました。山遊び経験を活かした様々なウェアやギアのレビュー、身近な山や自然の魅力を発信していきます。特に「くじゅう連山」や「脊振山地」あたりに出没中。

黒田猫太郎のプロフィール

...続きを読む


キャンプするなら持っておきたいガストーチ

撮影:YAMA HACK編集部
ガストーチ(ガスバーナー)とは、瞬間的に高温の炎を噴出させる装置。バーベキューの火起こしをしたり、料理を炙って焼き色をつけたりできることから、キャンプするならぜひ持っておきたいアイテムです

金属の溶接などに使われるタイプもありますが、今回は主にアウトドアシーンでの着火や料理に使用するタイプを紹介します。
ガストーチのおすすめ商品をすぐにチェックしたい方は、ここをクリック!

ガストーチの選び方|3つのポイント

撮影:YAMA HACK編集部
キャンプで使うガストーチを選ぶなら、押さえておきたいポイントがあります。火と燃料を使う器具なので、選び方を間違えると危険。きちんと選ぶことが大切です。

【その1】燃料のタイプ

ガストーチの燃料のタイプはいくつかあり、代表的なものは以下の通り。メリットデメリットを確認し、シーンで使い分ける事をおすすめします。

ガストーチの燃料 CB缶 OD缶
撮影:YAMA HACK編集部(左:CB缶、右:OD缶)
CB缶タイプOD缶タイプ
特徴カセットコンロでも使われるガスボンベアウトドアや登山でよく使われる燃料
メリットスーパーなどでも購入可能
安価(1本100円~)でコスパがいい
気温に関係なく火力が安定
燃料をガスバーナー兼用にできる
デメリット気温に影響されやすく火力が不安定
OD缶に比べると、火力が劣る
取り扱いがアウトドア用品店などに限られる
CB缶に比べると高価
おすすめシーン冬を除く3シーズンのキャンプや穏やかな天候のアウトドア冬のキャンプや天候が悪い状況のアウトドア
 

撮影:YAMA HACK編集部(左:充填タイプ、右:ライター装着タイプ)
充填タイプライター装着タイプ
特徴ガストーチ自体にガスを充填する一体型使い捨てライターに取り付ける小型トーチ
メリット燃料を別に持ち歩く必要なし軽量コンパクト
使い捨てライターなのでどこでも手に入る
デメリット火力が低く継続時間が短い火力が低く継続時間が短い
すべての使い捨てライターが使えるわけではない
おすすめシーン所要時間が短いデイキャンプやBBQ登山やツーリングなど、軽量コンパクト性を求められるシーン

【その2】点火装置の有無

ガストーチ 点火装置
撮影:YAMA HACK編集部
ガストーチ本体に点火装置が付属しているか確認しておきましょう。本体に備わっていない場合は、別途ライターなどを用意する必要があります。着火するときにやけどの恐れがあるので、慣れない場合は点火装置付きがおすすめ。

点火装置付きでも、水濡れなどで着火装置が作動しない場合があるので、ライターなどを持っておいた方が安心です。

【その3】安全性&便利機能

安全かつ便利に使える機能が備わっているものを選ぶと快適です。

①逆さ使用

撮影:YAMA HACK編集部
ガストーチは逆さ使用できるものと、できないものがあります。逆さにできると、あらゆる方向から炎を当てられるので、火起こしの際に効率的に着火できるというメリットがあります。

なお、対応していないタイプを逆さにして使うと、ガス漏れや不完全燃焼により、火災の危険性もあるので、絶対に使用しないようにしましょう。

②セーフティロック

撮影:YAMA HACK編集部
ガストーチは簡単に着火できるため、誤操作で不意に炎が噴射する事もあります。誤って作動させてしまわないよう、ロック機能が付いていると安心です。

 
選び方まとめ
  1. 【その1】燃料のタイプ|CB缶、OD缶、充填、ライター装着など、シーンで選ぼう
  2. 【その2】点火装置の有無|点火装置があった方が楽
  3. 【その3】安全性&便利機能|逆さ使用可か?セーフティロック機能があるか

守ろう!使用上の注意

ガストーチは便利ですが、使い方を誤ると危険な器具です。以下は使用時の注意点ですが、それぞれの器具の禁止事項や注意点を必ず確認し、安全に使いましょう。
  1. ①.使用する前は、ガス漏れの点検(接続部や調整つまみからの漏れを確認)をする
  2. ②.仕様外の使い方をしない(傾けて使用可能なタイプなのか、予熱が必要かなど)
  3. ③.不測の事態に備え、すぐに消火できるように水を用意しておく

【CB缶タイプ】ガストーチおすすめ5選

CB缶は手に入りやすいため、ガストーチで一番使われている燃料タイプです。その中でもおすすめの製品を紹介します。

Iwatani(イワタニ)|カセットガス トーチバーナー(CB-TC-OD2)

パワフルな炎で薪や木炭への着火が簡単なトーチ。炎調節つまみにより、尖った形の炎から広がった柔らかな炎に変えられるのが特徴。火おこしから料理まで、細かな炎の調整をしたい人に。

カセットガストーチバーナー CB−TC−OD2


サイズ173×39×77mm重量約168g
燃料CB缶点火装置有り(圧電点火方式)
逆さ使用不可セーフティロック無し

SOTO(ソト)|フィールドチャッカー(ST-450)

逆さ使用が可能で、着火直後の炎が安定する「瞬間気化方式」を採用しているため、慣れていない人でも安心。1300℃の強力集中炎から900℃のソフトな炎まで調整可能な「空気調整機能付」なので、薪の火おこしからあぶり料理まで幅広く使いたい人に。

SOTO フィールドチャッカー ST-450


サイズ132×66×34mm重量153g
燃料CB缶点火装置有り(電子着火方式)
逆さ使用可能セーフティロック無し

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)|ハンディガストーチ〈カセットボンベ用〉(M-6325)

焼杉加工などのDIYから、薪や木炭の着火まで使えるトーチ。キャンプをはじめとしてホビーや料理にも使える手軽なトーチが欲しいならこれ。

CAPTAIN STAG ハンディ ガストーチ<カセットボンベ用> M-6325


サイズ38×160×52mm重量110g
燃料CB缶点火装置有り(圧電点火方式)
逆さ使用不可セーフティロック無し

新富士バーナー|パワートーチ(RZ-730)

従来、逆さ使用では必要だった予備加熱が不要で、着火直後からフルタイムで逆さ使用ができるトーチ。逆さ使用が必要で予備加熱の無駄な燃料を抑えたい人におすすめ。

新富士バーナー パワートーチ RZ-730


サイズ132×66×34mm重量153g
燃料CB缶点火装置有り(圧電点火方式)
逆さ使用可能セーフティロック無し

チャッカマン|ガスバーナー

細かい炎の調整が簡単なトーチ。炎が不安定になりがちな点火直後にも、炎が安定するのが特徴です。火おこしおから料理まで、様々なシーンに使えます。

チャッカマン ガスバーナー


サイズ35 x 66 x 238 mm重量250g
燃料CB缶点火装置有り
逆さ使用可能セーフティロック無し

【OD缶タイプ】ガストーチおすすめ2選

火力が安定し強力なOD缶を使用したトーチのおすすめを紹介します。トーチでOD缶使用しているのは少ないため貴重です。

Coleman(コールマン)|コールマン トーチ(170-8075)

強力な火力が特徴。ガスが弱くなりがちな気温が低い時や、雨や強風の時でも安定した火力を維持します。悪天候でもすばやく薪や炭に着火したい人に。

コールマン コールマン トーチ 170-8075


サイズ7×4.5×18cm重量210g
燃料OD缶点火装置有り
逆さ使用可能セーフティロック無し

snow peak(スノーピーク)|フォールディングトーチ(GT-110R)

木製グリップが印象的な、スノーピークらしいデザイン性豊かなトーチ。木製グリップは手が冷えることなく持つことができるので、寒い時期に重宝します。高い火力で評価が高く、焚き付け無しで薪に火をつけることができるほどです。

スノーピーク フォールディングトーチ GT-120


サイズ19.1×7×4.3cm重量250g
燃料OD缶点火装置有り
逆さ使用可能セーフティロック無し

【充填&ライタータイプ】ガストーチおすすめ4選

本体に充填するタイプ、ライター型のコンパクトなタイプなどのおすすめを紹介します。

SOTO|スライドガストーチ

火口がのびる小型耐風バーナー。ライターガスのほか、CB缶でも充填可能なので燃料に困りません。伸びる火口は、届きにくいところに着火するのに便利。荷物を減らしたいミニマムキャンプにおすすめ。

SOTO スライドガストーチ ST-480C


サイズ3.8×1.8×11.5~18.5cm重量52g
燃料充填(CB缶、ライターガス)点火装置有り
逆さ使用可能セーフティロック有り(火口キャップ)

SOTO|マイクロトーチ COMPACT(コンパクト)

手のひらに収まるコンパクトトーチ。使い捨てライターのような見た目ですが、炎温度1300度の高火力、風にも強いのが特徴です。登山など軽量装備を求められるアクティビティに最適。

SOTO マイクロトーチ COMPACT ST-485


サイズ3.5X1.9X8cm重量35g
燃料充填(CB缶、ライターガス)点火装置有り
逆さ使用可能セーフティロック無し

SOTO|マイクロトーチ ACTIVE(アクティブ)

SOTO マイクロトーチの火口がヨコ型のモデルです。性能は前出の火口が上向きのコンパクトと同じですが、こちらは火口が横型なので着火操作に優れます。ツーリングなどでコンパクトなトーチが欲しい人に。

SOTO マイクロトーチ アクティブ ST-486


サイズ5X1.9X9cm重量45g
燃料充填(CB缶、ライターガス)点火装置有り
逆さ使用可能セーフティロック無し

SOTO|ポケトーチ

指定の使い捨てライターに取り付けることができるトーチ。取り付けるだけで炎温度1300℃の高出力にアップし、燃焼時間も60%伸ばすことができます。使い捨てライターを常時持つ喫煙者におすすめです。


サイズ6×2.3×11cm重量50g
燃料指定の使い捨てライター点火装置有り
逆さ使用連続使用できない場合ありセーフティロックライターの仕様による

ガストーチでサクッと着火し最高のキャンプを!

撮影:YAMA HACK編集部
キャンプの楽しみと言えばバーベーキューやたき火。その楽しみで避けて通れないのは、炭への着火と薪の焚き付けです。慣れないうちは、なかなかうまくいかないものですが、そんな時はガストーチの出番。紹介したガストーチを参考に自分に合うものを探し、サクッと火をつけて、気持ちよくキャンプを楽しみましょう!


紹介されたアイテム

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」