フード付きベースレイヤー

秋冬のベースレイヤーは何を着る? フード付きのメリット&おすすめモデル7選

登山用のベースレイヤーは素材で選ぶという方は多いはず。ですが、今回注目するのは首回りのデザイン。なかでも“フード付き”に着目してベースレイヤーの選び方を考えてみます。“フーディ”とも呼ばれるデザインには一体どんなメリットがあるのか、その特徴をおすすめモデルと一緒に紹介します!

目次

写真撮影:筆者

ベースレイヤーの基本の“キ”

フード付きベースレイヤー

ベースレイヤーは、秋冬シーズンに限らず、登山に欠かすことができない大切なウェアです。そんなベースレイヤーについて詳しい方も、詳しくない方も、まずは基礎知識を簡単におさらいしておきましょう。

レイヤリングの最下層ウェア

登山では、行動中の体温を活動に適した状態に保つために、役割の異なるウェアを重ね着します。ベースレイヤーはその中で直接肌に触れる最下層に着るウェアです。

寒い時期には「吸水性」「蒸散性」に「保温性」をプラス

ベースレイヤーの起毛地

ベースレイヤーの主な役割は、「吸水」と「蒸散」の2つ。肌面にかいた汗を素早く吸収する機能と、吸収した汗を生地の表面で拡散させて蒸発を促す機能が求められます。

ただし、秋冬シーズンは、この2つの機能を備えているだけでは十分と言えません。寒さで体温が低下するのを防ぐために、「吸水性」と「蒸散性」に加えて、肌面の起毛や生地の厚みによる「保温性」も気にしながら選びましょう。

素材は「化学繊維」「ウール」「ハイブリッド」の3つ

ベースレイヤーの素材

ベースレイヤーを選ぶとき、素材はウェアの性能を左右する重要なポイントです。ベースレイヤーに用いられる素材は主に、「化学繊維」「ウール」、化学繊維とウールを混紡した「ハイブリッド」の3つに分かれます。

化学繊維

繊維自体が水分を含まないので吸い上げた汗が乾きやすく、運動量の多いアクティビティや汗かきな人に適しています。繊維一本一本の強さによる耐久性の高さも特徴。秋冬シーズンには、肌面が起毛している保温性の高いモデルがおすすです。

ウール

速乾性と耐久性は化学繊維に劣りますが、繊維自体に保温性があるので、秋冬シーズンはこの暖かさが多くの登山者に好まれています。なかでもメリノウール(メリノ種の羊から採れる、繊維が細く柔らかな毛)を使用したベースレイヤーが主流です。

メリノウール 組成表記製品の組成表示や公式サイトなどに「1平方メートルあたりの生地の重量」が記載されている

ウールの保温性の高さは、1平方メートルあたりの生地の重量(厚み)に影響されます。通年使用には150g/m2、秋冬には200g/m2を目安に選ぶといいでしょう。

ハイブリッド

化学繊維とウールの長所を併せ持ち、特筆すべき短所はありません。素材の配合率に左右されるものの、保温性、速乾性、耐久性をバランス良く備え、近年はハイブリッド素材を採用したベースレイヤーが増えています。

首回りの3大デザインを考える

ベースレイヤー

素材の特徴をチェックできたら、次は首回りのデザインに注目。ベースレイヤーの首回りは「ラウンドネック」「ジップネック」「フード付き」の3つのタイプから選べます。

まずはラウンドネックとジップネックの特徴を見ていきましょう。

首回りがすっきりする「ラウンドネック」

ベースレイヤー ラウンドネック

ラウンドネックは丸首タイプとも言われ、首回りがスッキリする点が最大の特徴です。レイヤリングでは、シャツや同じラウンドネックタイプのウェアとも相性が良く、登山だけでなく日常にも使いやすいデザインといえます。

体温を調節できる「ジップネック」

ベースレイヤー ジップネック

ジップネックは、高めの襟でラウンドネックよりも保温性が高く、ファスナーを開け閉めすることで体温を調節できます。ただ、シャツやラウンドネックタイプのウェアとの組み合わせはミスマッチ。山での使用に特化したデザインといえるでしょう。

保護性能にもっとも優れる「フード付き」という選択肢

ベースレイヤー フード

そして、今回注目するのがフード付きのデザインです。フードの特徴と、ベースレイヤーをフード付きにすることで得られるメリットを紹介します。

メリット①|暖かくてバラクラバよりも使いやすい!

ベースレイヤー フード 種類フードの形にも種類がある。右がバラクラバタイプのフード

気温が低いときや強い風が吹いているとき、フードを被るだけで暖かさを感じます。ハードシェルを羽織るほどではないけれど、フードを被って頭を保護したい、こういった状況でフード付きのウェアは役立つのです。

なかにはバラクラバのように鼻までカバーできるモデルもあり、こうなると、もはやバラクラバを用意する必要すらありません

メリット②|フード付きベースレイヤーは財布に優しい?

フード付きのベースレイヤー筆者が実際に使っているミッドレイヤー。フード付きが必須条件! と思っていたけど、この選び方を改めたい

一度フードのありがたみを知ってしまうと、登山のレイヤリングにフード付きの服を加えたくなるもの。なかには、ミッドレイヤーにはフード付きがマスト! と考えている方もいるのではないでしょうか? 現に筆者はそのひとりです。

ただ、ミッドレイヤーはフリースやアクティブインサレーションなど種類があり、タイプによって性能にも差があるため、新しいモデルが発売される度に、ついつい気になって欲しくなってしまいます……。

そのとき、毎回値段が高くなるフード付きを買うことを考えると、買い替えが少ないベースレイヤーをフード付きにして、ミッドレイヤーはフードが付かないタイプを購入したほうが経済的なのでは? 最近そんなことを考えるようになりました。

デメリット|首回りが窮屈に感じることも……

ベースレイヤー フード レイヤリング

フード付きベースレイヤーとミッドレイヤーを重ね着したとき、場合によっては首回りで生地がだぶつき、それがストレスになることも。

ミッドレイヤーをフード付きにすると多少はストレスが解消されるものの、アウターを含めるとフードが3枚も重なることになり、それはそれで邪魔だったり……。

フード付きのベースレイヤーはミッドレイヤーとの相性を気にしながら選ぶのがおすすめです。

フード付きベースレイヤーおすすめ7選

フード付きのベースレイヤーは、寒さを感じたらすぐに頭を保護できる使い勝手の良いアイテムです。

そんなフード付きベースレイヤーにはどんな商品があるのか、今回はハイブリッド素材のウェア5着と、ウールと化学繊維素材のものをそれぞれ1着ずつ、計7つのモデルを紹介します!

①<ブラックダイヤモンド>メンズ ソリューション150メリノベースレイヤー1/2ジップフーディー

ブラックダイヤモンド ソリューション150メリノベースレイヤー1/2ジップフーディー

¥21,890

生地の重量(厚み)は一年中活躍する150g/m2。胸元のファスナーで行動中の体温を調節でき、気温が低いときは袖口のサムホールで手首まで覆うことが可能。素材には、耐久性、保温性、速乾性に優れるNuyarn社のメリノウールを厳選して使用しています。フロントファスナーが1/4になるウィメンズモデルも展開あり。

ブラックダイヤモンド ソリューション150メリノベースレイヤー1/2ジップフーディー シルエット身長:182cm 着用:Mサイズ
ブラックダイヤモンド ソリューション150メリノベースレイヤー1/2ジップフーディー サムホール袖口はサムホール付き
ブラックダイヤモンド ソリューション150メリノベースレイヤー1/2ジップフーディー 素材表地と裏地は同じ構造
フードはバラクラバタイプではないものの、かえって首回りがスッキリする点が好印象。どんなミッドレイヤーとも組み合わせやすいデザインです。

ブラックダイヤモンド 【メンズ】ソリューション150メリノベースレイヤー1/2ジップフーディー

素材メリノウールブレンドシングルジャージー(150g/m2、メリノウール78%、ポリエステル22%)
重量220g(Mサイズ)
サイズS〜L
カラーブラック、ブラック/サイプレス

ブラックダイヤモンド 【ウィメンズ】ソリューション150メリノベースレイヤー1/4ジップフーディー

素材メリノウールブレンドシングルジャージー(150g/m2、メリノウール78%、ポリエステル22%)
重量187g(Mサイズ)
サイズXS〜L
カラーワイルドローズ、ブラック

②<ファイントラック>メリノスピンサーモフーディ

ファイントラック メリノスピンサーモフーディ

¥12,100(メンズ)、¥11,770(ウィメンズ)

ポリエステル繊維に未防縮のメリノウールを巻きつけた独自素材を使い、ポリエステルの耐久性と吸水速乾性、メリノウール本来の保温性と調湿性、特殊加工で強化された消臭抗菌機能を搭載。空気を溜める2層の袋編み構造により保温性にも優れています。

ファイントラック メリノスピンサーモフーディ シルエット身長:182cm 着用:Mサイズ

ファイントラック メリノスピンサーモフーディ 袖口袖口はサムホールが付かないシンプルなデザイン
ファイントラック メリノスピンサーモフーディ 生地左:表地、右:裏地
今回はMサイズを着用しましたが、メーカー適正サイズはLサイズになります。着用感については、表地にややコシがあり、素材がもつ耐久性の高さを感じました。ミッドレイヤーとしても活躍しそうです。

ファイントラック 【メンズ】メリノスピンサーモフーディ

素材ポリエステル65%、ウール35%
重量230g
サイズS〜XL
カラーブラック、グレー

ファイントラック 【ウィメンズ】メリノスピンサーモフーディ

素材ポリエステル65%、ウール35%
重量205g
サイズS〜L
カラーブラック、ワインレッド

③<パタゴニア>キャプリーン・エア・フーディ

パタゴニア キャプリーン・エア・フーディ

¥20,900

ニュージーランド産の高品質メリノウールに、リサイクル・ポリエステルを約5:5の割合で混紡した素材を使用。バランスのいい保温性、調湿性、吸水速乾性を備えています。生地は縫い目のないニット編みでストレッチ性に優れ、ソフトな着心地も特徴です。

<パタゴニア> キャプリーン・エア・フーディ シルエット

身長:182cm、サイズ:S

<パタゴニア> キャプリーン・エア・フーディ 袖口

袖口はサムホールが付かないシンプルなデザイン

パタゴニア キャプリーン・エア・フーディ 生地

表地と裏地は同じニット構造
こちらも着心地良好。ポリエステルの混紡率が高いので、柔らかい肌触りの中に耐久性の高さを期待できます。

パタゴニア 【メンズ】キャプリーン・エア・フーディ

素材18.5ミクロン・ゲージのロフトのあるウールで構成された、責任ある方法で供給された5.6オンス(190グラム)・メリノウール51%/リサイクル・ポリエステル49%のシームレス・ジグザグ・ニット
重量196g(Mサイズ)
サイズXS~XXL
カラーSequoia Red、Black

パタゴニア 【ウィメンズ】キャプリーン・エア・フーディ

素材18.5ミクロン・ゲージのロフトのあるウールで構成された、責任ある方法で供給された5.6オンス(190グラム)・メリノウール51%/リサイクル・ポリエステル49%のシームレス・ジグザグ・ニット
重量164g(Sサイズ)
サイズXXS~L
カラーBlack、Anacapa Blue

④<ミレー>ワッフル ウール フーディー

ミレー ワッフル ウール フーディー

¥16,500

主素材に18.5マイクロメートルの極細ウールを採用。細かな凹凸で保温性に優れるワッフル素材と縫い目のないコンピューター編みにより、ストレスのない柔らかな着心地を実現しています。脇下と襟の前面は編み方を変えて、通気性と伸縮性を高めたデザインです。

ミレー ワッフル ウール フーディー シルエット身長:182cm 着用:M-Lサイズ

ミレー ワッフル ウール フーディー サムホール袖口はサムホール付き
ミレー ワッフル ウール フーディー 編み方白い部分の多いパネルは伸縮性と通気性が高められている
ミレー ワッフル ウール フーディー 生地左:表地、右:裏地
肌触りが柔らかく、伸縮性があってとても軽い。空気に包まれているようなフワッとした着心地が癖になります。

ミレー 【メンズ】ワッフル ウール フーディ

素材ワッフルウール(ウール70%、ナイロン26%、ポリウレタン4%)
重量232g
サイズXS/S、M/L
カラーBLACK-NOIR、OLIVE、HEATHER GREY

ミレー 【ウィメンズ】ワッフル ウール フーディ

素材ワッフルウール ウール70% ナイロン26% ポリウレタン4%
重量202g
サイズXS/S、M/L
カラーOLIVE、BLACK - NOIR、HEATHER GREY

⑤<ブリング>ワンダーウェアフーディ

ブリング アンダーウェアフーディ

¥15,400

縫い目のないニット構造で抜群のストレッチ性と優れた保温性を備え、頭に隙間なくフィットするフードのシルエットが好印象。柔らかい着心地で普段使いにもおすすめです。独自に回収した古着や廃繊維から再生したポリエステル繊維が30%使われています。ユニセックス展開です。

ブリング アンダーウェアフーディ シルエット身長:182cm、サイズ:M
ブリング アンダーウェアフーディ サムホール袖口はサムホール付き
ブリング アンダーウェアフーディ 生地表地と裏地は同じニット構造
フワフワした肌触りの生地が肌にピタッと密着。それがとても心地よく、優しさに包まれているような着心地がありました。

ブリング ワンダーウェアフーディ

素材ウール70%、ポリエステル30%(BRING Material™ 100%)
重量286g(Mサイズ)
サイズS~L
カラーTurquoise、Orange、Light Gray、Black、Pistachio

⑥<アクリマ>ウォームウール フード セーター ダブルジップ

アクリマ ウォームウール フード セーター ダブルジップ

¥22,000

19.5マイクロンのメリノウールを200g/m2の重量(厚み)で仕上げ、積雪期に最適な保温性を備えたモデル。フードを背面に逃すことができ、フロントファスナーは胸元から開閉可能。さらに右手の袖口に腕時計用のスリットがあるなど、見た目以上に機能満載の一着です。

アクリマ ウォームウール フード セーター ダブルジップ シルエット身長:182cm、サイズ:M(いちばん左がフードを背面に逃した状態)
アクリマ ウォームウール フード セーター ダブルジップ 袖口両手のサムホールに加えて、右手には腕時計を出しておくためのスリットがある
アクリマ ウォームウール フード セーター ダブルジップ フロントジップフロントファスナーは胸元からも開閉でき、細かく体温を調節可能
アクリマ ウォームウール フード セーター ダブルジップ カンガルーポケット腹部には小物の収納に便利なカンガルーポケットを配備
アクリマ ウォームウール フード セーター ダブルジップ 生地表地と裏地は同じ構造
腕時計用のスリットにグッときました。フードのデザインも使いやすく、機能で選ぶならこれがNo.1かもしれません。

アクリマ 【メンズ】ウォームウール フード セーター ダブルジップ

素材メリノウール100%(200g/m²)
リブ:メリノウール96%(200g/m²)、エラスタン4%
重量417g(Mサイズ)
サイズS〜XL
カラーOlive Night/Dill、Jet Black/North Atlantic/Reef Waters、Jet Black/Red Clay/North Atlantic、Navy Blazer/Green Gables /Coastal Fjord、Jet Black/Green Gables/North Atlantic

アクリマ 【ウィメンズ】ウォームウール フード セーター ダブルジップ

素材メリノウール100%(200g/m²)
リブ:メリノウール96%(200g/m²)、エラスタン4%
重量403g(Mサイズ)
サイズXS~XL
カラーMarengo/Olive Night/Dill、Blue Sapphire/Navy Blazer/Azure Blue、North Atlantic/Purple Rose/Purple Sunset

⑦<ザ・ノース・フェイス>エクスペディショングリッドフリースフーディ

ザ・ノース・フェイス エクスペディショングリッドフリースフーディ

¥17,600

主繊維に採用した8本の突起をもつ中空糸「フューチャーグリッドフリース」の特徴により、軽量でありながら保温性と吸水速乾性に優れ、通気性も備えます。ベースレイヤーとして肌の上に直接着るだけでなく、薄手のベースレイヤーに重ねてミッドレイヤーとしても使用可能です。展開はユニセックス。

ザ・ノース・フェイス エクスペディショングリッドフリースフーディ シルエット身長:182cm、サイズ:L
ザ・ノース・フェイス エクスペディショングリッドフリースフーディ 袖口袖口はサムホール付き
ザ・ノース・フェイス エクスペディショングリッドフリースフーディ 生地左:表地、右:裏地
唯一、化学繊維で作られているウェアがこちら。優れた性能もさることながら、ウール製品を着たときの静電気が気になる方はこれがおすすめです。

ザ・ノース・フェイス エクスペディショングリッドフリースフーディ

素材ポリエステル100%
重量約195g(Lサイズ)
サイズWS、WM、S、M、L、XL
カラーシェイディーブルー、ブラック、メルドグレイ2

フード付きベースレイヤーを検討してみよう!

秋冬シーズンに着るベースレイヤーを選ぶとき、使われている素材に目星が付いたら、首回りのデザインにも注目。フード付きは頭の保護性能に優れるだけでなく、フード付きのベースレイヤーを基準にしてレイヤリングを組み立てると、ミッドレイヤーにかける費用を抑えられるかもしれません。

フード付きベースレイヤーが気になったら、紹介したアイテムを含めて積極的に検討してみましょう!