蒸れにくいから行動中に使いやすい!モンベルの薄手フリース「シャミースジャケット」

2021/11/08 更新

登山ウェアのレイヤリングで、保温を担う中間着は、気温や場所、使用シーンに応じたものを選ぶことが大切です。一番難しいのが春や秋などの中途半端な季節。そんなときに重宝するのが薄手で軽量、保温性がありつつと蒸れにくい、さらにストレッチ性も備えたモンベルのフリース「シャミースジャケット」です。特徴やおすすめシーン、同じくモンベルで人気の中厚手フリース「クリマプラス100ジャケット」との違いを紹介します。


アイキャッチ画像撮影:筆者

気軽に羽織れてあったか快適!モンベルの「シャミースジャケット」

<モンベル>のシャミースジャケットは行動できるフリース
撮影:筆者
寒い季節の定番アイテムであるフリースウェア。登山でも大活躍ですが、行動中に着ていると汗で蒸れたり、暑くなり過ぎたりすることはありませんか?

そんな悩みを解決してくれるのが、モンベルの「シャミースジャケット」。適度な保温性と通気性を両立した、バランスのいい1着なんです。

シャミースジャケットの素材「シャミース」とは?

蒸れずに快適!シャミースジャケットの特徴は?
撮影:筆者
シャミース
提供:mont-bell
シャミースとは極細のマイクロファイバー素材を編んだ素材。薄手かつ軽量でありながら優れた保温力を持っています。

しかも、蒸れを放出する蒸散機能が高く、横方向のストレッチ性があることにより、身体を動かして汗を掻くシーンに最適。汗をすぐに放出するので、蒸れによる不快感を軽減してくれます。

運動量の多い行動中のプラス1着にぴったり

フリースの薄さ
提供:mont-bell
シャミースシリーズはモンベルのフリースウェアの中で、保温性は一番低いシリーズ。その反面、最も薄く軽量なので、重ね着がしやすく、収納時もかさばらずに携行できます。

素材特性からも、「保温はしたいけれど蒸れるのは嫌」な運動量の多い行動中のプラス1着に最適。1年を通して使いやすいのが好ポイントです。

着てみてわかった!シャミースジャケットの特徴

シャミースジャケット
撮影:筆者
実際に着てみると、シャミースジャケットの魅力を体感することができました。

「薄い」×「しなやか」×「ストレッチ」が心地いい

とてもしなやかな生地、しかも薄くて高ストレッチ
撮影:筆者
肌触りがとてもしなやかで、やわらかな着心地が印象的。ストレッチ性が高いので、1日中着ていてもストレスがなさそうです。薄くて比較的すべりがいい生地なので、アウターの下でもモタつかないのもいい感じです。

袖口がつっぱらず、動きやすい

袖口がつっぱらない、「スパイラル スランテックカフ」
撮影:筆者
感心したのは、袖口の程よいフィット感。袖口は防寒のために締める必要がありますが、シャミースジャケットの袖口は、適度に締まっていながらも、ゴム仕様のような不快な締めつけ感がありません。

スパイラル スランテックカフ
提供:mont-bell
これは、モンベルが特許を取得している機能「スパイラル スランテック® カフ」によるもの。縫い目を斜めに施すことで、生地の伸びを妨げないようにして、フィット感と動かしやすさを両立しているのだそう。

いい意味で暖か過ぎない“ちょうどよさ”

シャミースジャケット通気性と保温性、相反する性能がほどよいバランス
撮影:筆者
通気性と保温性、相反する性能がほどよいバランスのシャミースジャケット。実際に歩いてみても、暑すぎる感覚はなし。中間着として着用した際に内部に熱気がこもっても、アウターのジップを開けると、熱気がスッと抜ける感じで不快感がありませんでした。


3つのジップポケットが便利

ポケットは左右ハンドポケットと胸ポケットの計3つ
撮影:筆者
ポケットは左右のハンドポケットと胸ポケットの計3つ。いずれもファスナー付きなので、安心して小物を収納できます。胸ポケットは手がすっぽり入るくらいの大きさ。スマートフォンなら十分に格納可能です。

寒い季節はアウター必須、風を防ぐ必要あり

寒い季節はアウター必須、風を防ぐ必要あり
撮影:筆者
蒸れ対策のため通気性を確保している一方で、裏地などによる防風性はありません。寒風が吹くと冷気が侵入してしまうので、寒い季節はアウターが必須です。

この日はポカポカ陽気で風がほとんどなかったので一枚で十分でしたが、ちょっと風が吹くとひんやり感は否めませんでした。

携行時も“かさばらない”のがうれしい

シャミースジャケット
撮影:筆者
薄手で軽量につき携帯性がいいので、夏や季節の変わり目の携帯用防寒着にもおすすめ。ペットボトルと並べてみても、シャミースジャケットのコンパクト性は一目瞭然。これならデイパックでも携帯できそうですね。

中厚手の「クリマプラス100ジャケット」とはどこが違う?

クリマプラス100ジャケット
撮影:筆者
モンベル定番のフリースウェアでは、中厚手の「クリマプラス100ジャケット」も使い勝手がいいと人気。こちらもストレッチ性が高く、保温性と通気性を併せ持つという、シャミースジャケットと同じような特性があります。

コンパクト性は「シャミース」、保温性は「クリマプラス100」

シャミースジャケット
撮影:筆者
軽量でコンパクトなのはシャミースジャケット。クリマプラス100ジャケットの方が同サイズで約100g重いものの、起毛地ということもありシャミースジャケットより保温性が高くなっています。

冬山では「クリマプラス100ジャケット」、春や秋の山は「シャミースジャケット」というように、使用シーンや目的で使い分けましょう。


「シャミースジャケット」は、こんなシーンにおすすめ

春秋のアウターやミドルウェア、夏は携帯防寒着としても
撮影:筆者
シャミースジャケットは、とてもしなやかで軽い着心地。ずっと着ていても着ている感覚がない、それが率直な感想です。冬の防寒着というより春や秋に使い勝手がよさそうでした。厚めのインナーと組み合わせれば、冬の低山の中間着にもできそうです。

適度な保温性と通気性がありつつ薄手だからこそ、環境に合ったレイヤリングをしやすいところが◎。さまざまな季節やシーンで着まわせる汎用性の高さが大きな魅力と言えるでしょう。

 
おすすめシーン
・春や秋の中低山の中間着として
・夏山の携帯用防寒着として
・おだやかな天候時のアウターとして
・スピードハイクなど運動量が多いときの保温着として
 

シャミースジャケット Men’s

シャミースジャケット Men's
提供:mont-bell
税込価格5,830円
素材シャミース™[ポリエステル]
平均重量245g
カラー7色
サイズS~XL、U/S~U/XL(海外モデル)
 
モンベル公式|シャミースジャケット Men’s

シャミースジャケット Women’s

シャミースジャケット Women's
提供:mont-bell
税込価格5,500円
素材シャミース™[ポリエステル]
平均重量205g
カラー7色
サイズXS~XL、M・R(ゆったり)サイズあり、U/M~U/XL(海外モデル)
 
モンベル公式|シャミースジャケット Women’s
 

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

シャミースジャケット
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
黒田猫太郎

IT関連の超インドア人間が、パートナーの影響で山人間に。今では、パートナーよりも山にはまってしまいました。九州を中心に山歴20年。なのに、一向に上級者になる気配が無い、猫好き酒好きのヘタレ山ヤです。パートナー&猫3匹と同居中。愛車ジムニーで山を徘徊しています。

  • COCOHELI ココヘリ入会金1000円OFF
登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」