本宮山|信仰と豊かな自然に包まれた三河富士!1年を通して登山を楽しめるコース

2021/10/21 更新

豊川市、岡崎市、新城市の3つの市をまたぐ「本宮山」。山頂からは晴れた日には三河湾を始め南アルプスも望める素晴らしい眺望が楽しめます。山上に砥鹿神社奥宮が鎮座され、古くから信仰対象として親しまれてきました。今回は初心者でも安心して楽しめる登山コース3つを紹介します。

制作者

ライター

高橋 典子

旅好きフリーライター。バイクツーリングついでに山を歩きはじめて、すっかりハマる。現在は10歳の息子が山の相棒。北アルプスや北海道でのテント泊、スノーハイクなど親子で楽しめる山遊びを模索中。子どもたちに自然を残したいと環境問題に興味あり。好きな山は燕岳と八ヶ岳。よく行く山域は奥多摩エリア。

高橋 典子のプロフィール

...続きを読む


アイキャッチ画像提供:ヤマレコ/jeitac

本宮山(ほんぐうさん)ってどんな山?

愛知県 三河 本宮山
標高所在地夏(8月)の気温冬(1月)の気温
789m愛知県岡崎市・新城市・豊川市18.4〜25.5℃-4.2〜4.7℃
参考:ヤマレコ
東三河のシンボル的存在である本宮山は、山上に砥鹿神社(とがじんじゃ)奥宮が鎮座され、昔から人々の信仰対象として親しまれてきました。均整のとれた姿が美しく「三河富士」とも呼ばれています。 山頂や登山道からは、三河湾や三河の山々、天気が良ければ遠く南アルプスなど、素晴らしい眺めが楽しめます。

なお、同名の山は全国にありますが、今回は豊川市、岡崎市、新城市の3つの市をまたぐ、東三河でいちばん高い山である本宮山を紹介します。

初心者でも安心!よく整備され登りやすい山

愛知県 三河 本宮山 信仰の山であり、地元では小学生から年配者まで気軽に登れる山として親しまれている本宮山。山頂からの眺めも素晴らしく、登山初心者にもおすすめですが、途中には岩の段差や木の根が張り出した斜面など、しっかり登りごたえのある山でもあります。

豊川市から砥鹿神社奥宮へと続く参詣道をはじめ、鎖場や渡渉のある本格的なコースもありますが、今回は初心者でも楽しめる3つのコースを紹介します。

見どころは、自然豊かな鎮守の森と「砥鹿神社奥宮」

愛知県 三河 本宮山 砥鹿神社
出典:PIXTA(砥鹿神社・奥宮)
山頂付近には砥鹿神社の奥宮が鎮座し、周りの自然林は神域として昔より保護されてきました。ツガ、モミ、イヌガヤなどの針葉樹やアカガシ、サカキ、ツクバネガシ等の常緑広葉樹林など標高700mでは珍しい暖地性植物が多く、愛知県天然記念物に指定されています。

また奥宮付近の「富士山遥拝所」からは天気が良ければ、富士山を望むことができます。なお、山麓には里宮があり、二所一体の崇敬を集める信仰の地です。

本宮山の登山適期は?

愛知県 三河 本宮山 ツツジ 1年を通じて登山を楽しめますが、4月ごろのミツバツツジやアセビのシーズンは華やかな山となり人気です。空気が澄んでいる冬は展望ポイントから南アルプスをくっきりと望むことができ、また違った楽しみがあります。ただし、冬には積雪することもあるため、訪れる際には積雪情報に注意し、装備や防寒対策を忘れずにしましょう。

てんきとくらす|本宮山

参詣道コース|砥鹿神社 奥宮へ至る道

合計距離: 9.22 km
最高点の標高: 776 m
最低点の標高: 101 m
累積標高(上り): 1516 m
累積標高(下り): -1516 m

【体力レベル】★★☆☆☆
日帰り
コースタイム:4時間52分(往復)
参考:ヤマプラ
【技術的難易度】★★☆☆☆
・登山装備が必要
・登山経験、地図読み能力があることが望ましい
凡例はこちらをクリック:グレーディング表
ルート概要(往復)
本宮山表参道登山口(29分)→鶯峠(28分)→林道本宮山線分岐(67分)→砥鹿神社手水舎(40分)→砥鹿神社奥宮(15分)→本宮山(13分)→砥鹿神社奥宮(23分)→砥鹿神社手水舎(40分)→林道本宮山線分岐(19分)→鶯峠(18分)→本宮山表参道登山口
砥鹿神社奥宮への参詣道で、最も多く利用されているコースです。登山口の手前には駐車場でもある「ウォーキングセンター」があり、登山前のトイレや情報収集に活用できます。 下山は来た道を戻る、または後から紹介する「牛の滝コース」や「くらがり渓谷コース」へと向かうのもいいでしょう。

コース詳細

登山道入口
砥鹿神社奥宮一ノ鳥居をくぐって登山スタート。よく整備された登山道には、 一丁目〜五十丁目まで丁石があるので、辿っていくのも◎。
登山道
二十一丁目あたりまでは比較的緩やかな登りで、ハイキング気分で山歩きを楽しめます。

あずま屋
その後、急な斜面と緩やかな登りを繰り返しながら五十丁目の奥宮を目指します。馬背岩などの岩場やロープのかかっている場所などもあるので慎重に。展望の良いあずま屋もあるので休憩しながら進みましょう。
水場もありますが冬場は凍結していることも。ふもとのウォーキングセンターで確認しておくと安心です。
愛知県 三河 本宮山 砥鹿神社 最後に急な階段を登れば、砥鹿神社の奥宮に到着。参拝をしたら、本宮山スカイラインにかかる橋を渡って山頂へと向かいましょう。
愛知県 三河 本宮山  本宮山スカイラインも通っているためドライブコースとしても人気の山頂は、広く開けていてのんびりと休憩するのに最適。下山は来た道をピストンするほか、牛の滝コースやくらがり渓谷方面へと抜けることもできます。


牛の滝コース|三河の景勝地を訪れる

合計距離: 9.04 km
最高点の標高: 776 m
最低点の標高: 92 m
累積標高(上り): 1149 m
累積標高(下り): -1149 m

【体力レベル】★★☆☆☆
日帰り
コースタイム:5時間(往復)
参考:ヤマプラ
【技術的難易度】★★☆☆☆
・登山装備が必要
・登山経験、地図読み能力があることが望ましい
凡例はこちらをクリック:グレーディング表
ルート概要(往復)
牛の滝橋(32分)→牛の滝コース入口(48分)→境界尾根コース分岐(16分)→乙女前神社(10分)→牛の滝コース分岐(62分)→砥鹿神社奥宮(15分)→本宮山(13分)→砥鹿神社奥宮(36分)→牛の滝コース分岐(6分)→乙女前神社(9分)→境界尾根コース分岐(26分)→牛の滝コース入口(27分)→牛の滝橋
三河の景勝地として知られる「牛の滝」をスタートに山頂を目指すコースです。先に紹介したメインの参詣道コースの登山口と牛の滝コースの登山口は約3キロほどの距離なので、周回登山を楽しむことも可能です。

コース詳細

愛知県 三河 本宮山  トイレもある牛の滝駐車場より出発。まずは、道標にしたがって駐車場からすぐの滝を見に行きます。

愛知県 三河 本宮山 砥鹿神社 牛の滝 水量があり迫力満点の牛の滝は見応えたっぷり。景色を堪能したら、山へ向かって出発です。

愛知県 三河 本宮山 砥鹿神社 序盤は舗装路を歩いていきます。新東名高速道路の下をくぐり抜け、高速道路の脇から山道へと入っていきましょう。

愛知県 三河 本宮山 砥鹿神社 細いながらも難所のない登山道をどんどん登っていけば、やがて鳥居が現れ、砥鹿神社の敷地内へ。そのまま進めば奥宮に至ります。

本宮山山頂
奥宮を参拝したら、山頂へと進みゴールです。ピストンするのもいいですが、先に紹介した参詣道コースを下り、一般道を歩いて牛の滝コースの登山口へと戻る周回登山も可能。その場合、下山後に3kmほど歩きます。

くらがり渓谷コース|涼やかな沢の音に癒される

合計距離: 13.34 km
最高点の標高: 779 m
最低点の標高: 253 m
累積標高(上り): 1634 m
累積標高(下り): -1634 m

【体力レベル】★★☆☆☆
日帰り
コースタイム:5時間20分(往復)
参考:ヤマプラ
【技術的難易度】★★☆☆☆
・登山装備が必要
・登山経験、地図読み能力があることが望ましい
凡例はこちらをクリック:グレーディング表
ルート概要(往復)
闇苅林道分岐(21分)→くらがり山荘(67分)→一ぜん飯休憩所(33分)→幻滝(28分)→馬ノ背平(28分)→本宮山荘(6分)→本宮山(4分)→本宮山荘(17分)→馬ノ背平(21分)→幻滝(23分)→一ぜん飯休憩所(55分)→くらがり山荘(17分)→闇苅林道分岐
参詣道とは反対側(北側)の岡崎市にある「くらがり(闇苅)渓谷」から登るコース。林道歩きがメインとなりますが、沢沿いなので涼やかな音を聞きながらの登山を楽しめます。秋には渓谷沿いにアケボノシュスランの可憐な花がひっそりと咲き、密かに人気があります。

コース詳細

愛知県 三河 本宮山 くらがり渓谷 くらがり渓谷のアーチをくぐって登山を開始。くらがり山荘やキャンプ場などもあり、登山者以外にもアウトドアや沢遊びを楽しむ人でシーズン中の週末は賑わいます。

スタートからほとんどが林道となっているため、危険な難所はありません。木々が多く沢の音が涼やかで気持ちよく歩けます。

滝やおきな渕など、くらがり八景の美しい景観をめぐりながら渓谷沿いのハイキングを楽しみましょう。

馬の背平から先は、傾斜のある急登となり一気に山頂まで登ります。苔が生えているため滑りやすいので注意が必要。

視界が開けた山頂からは、天気が良ければ南アルプスを望むこともできます。このコースでは砥鹿神社奥宮を経由しないため、参拝したい場合は奥宮まで足を延ばしましょう。

本宮山のふもと、下山後の立ち寄りスポット

本宮山を訪れた際に、合わせて立ち寄りたい場所を紹介します。

疲れを癒す温泉!「天然温泉 本宮の湯」

愛知県  本宮山 本宮の湯 本宮山の登山口から徒歩5分ほどの場所にあり、下山後に立ち寄るのにぴったりの温泉。バラエティ豊かなお風呂や食事何処もあるので、ゆっくりと疲れを癒しましょう。
住所:愛知県豊川市上長山町本宮下1番地1685
電話:0533-92-1880
営業時間:10:00~21:00(状況によって変更あり)
休館日:水曜
料金:大人(中学生以上) 620円、小人(3歳以上) 310円

天然温泉 本宮の湯|公式サイト

砥鹿神社 里宮

愛知県 三河 本宮山 砥鹿神社 里宮
出典:PIXTA
本宮山に鎮座する砥鹿神社の奥宮を参拝したら、里宮へも足を運びたいところ。境内にはケヤキやクスノキなどの豊かな杜が広がり、里宮の歴史を感じることができます。また、日本一大きなさざれ石などパワーストーンが点在しており、人気のパワースポットとしても知られています。
住所:愛知県豊川市一宮町西垣内2 電話:0533-93-2001

砥鹿神社 里宮|公式サイト

本宮山各登山口へのアクセス情報

本宮山各登山口へのアクセス・駐車場の情報を紹介します。

参詣道コース登山口へのアクセス

【クルマの場合】
東名高速道路「豊川」IC-国道151号-県道21号−ウォーキングセンター駐車場

■ウォーキングセンター駐車場
台数:約40台
トイレ:あり
料金:無料
ウォーキングセンター 詳細情報

【公共交通機関の場合】
JR飯田線「長山」駅下車、徒歩約20分

牛の滝コース登山口へのアクセス

【クルマの場合】
東名高速道路「豊川」IC-国道151号-県道21号−牛の滝駐車場


■牛の滝駐車場
台数:約7台
トイレ:あり
料金:無料
【公共交通機関の場合】
JR飯田線「東上」駅下車、徒歩約20分

くらがり渓谷コース登山口へのアクセス

【クルマの場合】
新東名高速道路「岡崎東」IC-県道37号−くらがり渓谷第1駐車場


■くらがり渓谷 第1駐車場
駐車台数:300台
トイレ:あり
料金:無料
くらがり渓谷 詳細情報

【公共交通機関の場合】
名鉄「本宿」駅-名鉄バス「くらがり渓谷行き」乗換−「くらがり渓谷」バス停下車

名鉄バス|本宿駅〜くらがり渓谷 時刻表

初心者からベテランまで楽しめる魅力あふれる本宮山へ

砥鹿神社 本宮山 愛知県
出典:PIXTA
本宮山は古くから信仰の地として多くの人から親しまれてきた歴史ある場所。登山道もしっかり整備されていて歩きやすく、コースアレンジも豊富なので初心者からベテランまで登山を楽しめます。標高こそ高くはありませんが、ゆっくり里山ハイクを楽しむのにおすすめの山です。
※この記事内の情報は特記がない限り公開初出時のものとなります。登山道の状況や交通アクセス、駐車場ならびに関連施設などの情報に関しては、最新情報をご確認のうえお出かけください。

こちらの記事もどうぞ


    関連する記事

    関連する山行記録 byヤマレコ

    この記事が気に入ったら
    「いいね!」をしよう
    登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」