アンバサダーの山の思い出

大切な仲間との出会い…目の前に広がる絶景…。山好きにとって最高に贅沢な1年を体験した「白馬岳」

2022/11/07 更新

登山女性向け情報ページ「POLE POLE」。そこで、山の魅力や楽しさを発信してくれる存在がアンバサダー。今回は、絶景の雪山写真を紹介してくれている<uki>さんの登場です。思い入れのある山や、チャレンジしたい山など、ひとりの女性登山者として山について、胸に思い描いていることをインタビューしました!

目次

アイキャッチ提供:うきさん

山に登る理由は人それぞれ

雨飾山の笹平

山に登る人は、初心者からベテラン、スタイルもきっかけも様々で、いろいろな人がいますよね。そして、その数だけ山へ登る理由や想い、楽しみ方も存在します。コロナウイルスでの自粛期間もあり、より山について考える時間も多かったのではないでしょうか。

YAMA HACKでは、これまでアウトドアに関わる多くの人達に、山への想いを聞いてきました。様々な人の話を聞くと、自分とは違う価値観や共感できるポイントだったり、新しい山の魅力を発見することができるかもしれません。

今回は、よりYAMA HACK読者に近い登山者「POLEPOLEアンバサダー」の方に、山への想いを聞いてみたいと思います。

「POLE POLE」アンバサダーってどんな人?

女性向け登山情報ページ

『POLE POLE』とは女性のための登山情報ページ。登山が好きなすべての女性に、レベルや年齢にとらわれることなく自分らしく山を楽しんでほしい、そんな想いをカタチにする場所として2020年3月にOPENしました。

そのPOLE POLEで、女性ならではの視点で山の楽しさや魅力を発信してくれる存在がアンバサダーさん。自分らしく山を楽しみ、その思い出の詰まった写真などを投稿してくれています。

いつも見ているだけでワクワクする写真を投稿してくれるアンバサダーさんって、どんな人なんだろう?
普段なかなか聞くことのできない山への想いを聞いてみたい!

そんな訳で、「思い出の山」や「挑戦してみたい山」など山にまつわるお話を伺ってきました。

初めまして!POLE POLEアンバサダー<uki>さん

アンバサダーのuKIさん

提供:うきさん(Instagram/uki1022
プロフィール|uki331さん

名前:うき

登山歴:3年
フィルムカメラでの写真撮影が趣味で、景色を撮るために山へ登ったことをきっかけに山に興味を持つ。その後、美ヶ原で北アルプスの絶景に出会い、本格的に登山にハマり現在に至る。1.5kgはある愛機・ハッセルブラッドを筆頭に最低2台はカメラを持参。カメラとフィルムが重いため、他の山装備の軽量化に余念がない。

雪山を歩くukiさん素敵なフィルム写真

出典:sotoshiru/uki

フィルムカメラで撮影した、色合いが印象的な山の写真を紹介してくれるうきさん。早速、大好きな山の話を聞いてみましょう!

私の大好きな山、それは「白馬岳」

白馬岳

出典:PIXTA

白馬岳
標高:2,932m
所在地:長野県北安曇郡白馬村、富山県黒部市、下新川郡朝日町
北アルプス後立山連峰の最高峰・白馬岳は、日本百名山の一座。日本最大の「白馬大雪渓」があることでも有名で、夏には可憐な花が咲き誇る高山植物の宝庫でもあります。山頂直下に建つ白馬山荘は、日本最大の収容人数を誇る大規模な山小屋。

── これまでに登った山の中で、思い入れのある山はどこですか?

うきさん
思い出のある山は白馬岳です。
一昨年の夏に、白馬山荘で働かせてもらったことがきっかけで、白馬岳は私の大好きな山になりました。

── 元々、山関係のお仕事をされていたんですか?

うきさん
全然違うんです。
写真が趣味で、自然の景色を撮りたくて山に行ったことがきっかけで、山が好きになりました。

── 写真がきっかけだったんですね。初めて山に登った時はどうでした?

うきさん
三重県出身なんですが、地元の友人と低山に登ったのが最初です。その時も、自然って気持ちいいなと感じました。

その後しばらくしてから、登山経験のある友人に美ヶ原に連れて行ってもらって。その時に見た、北アルプスがすごくキレイで。もう、その景色に魅了されてハマりましたね。

── 最初の登山で最高の景色が見られると、ハマりますよね。

うきさん
ハマりましたねぇ。笑
登山を始めてから山でみる朝日や夕日、目の前の絶景に感動して、山で生活したいなぁと憧れました。
毎日、山の景色を見ながら過ごせたら最高なんじゃないかな、って思って山小屋で働きたくなりました。

いい出会いがたくさん!最高に贅沢な山の生活

白馬山荘

提供:うきさん

── どうして白馬山荘を選んだんですか?

うきさん
どこで働こうか悩んでいた時に、白馬で働いていた友だちに誘ってもらったのがきっかけです。
ちょうど、前の仕事をやめる時で、タイミングもよかったんですよね。

── おぉ、それは”働いてみなよ!”と言われているようなタイミングですね!実際に働いてみてどうでした?

うきさん
行く前はすごく不安でしたね。標高3,000m近くあって、簡単には下界に降りられない場所で長期で働けるのか、心配でした。
だけど、行ってみたらもう目の前の景色が絶景で、とにかくサイコーでした!笑

景色もそうですし、山の空気とか、何もかも山好きにとってはこんなに贅沢な生活はないな、と思いましたね。

山小屋スタッフ

提供:うきさん(下山するスタッフをみんなでお見送り。本当に仲がいい!)

── 山小屋での仕事って謎が多くて気になりますが、どんなお仕事をされてました?

うきさん
山小屋によって業務内容は変わると思いますが、白馬山荘はとっても大きな小屋なので、役割分担はしっかりされていました。
その中で、私は「喫茶店勤務」でした。

── 白馬山荘、大きいですもんね。喫茶店、とってもお似合いです。

うきさん
喫茶店は宿泊する人だけでなく、日帰りの人やテント泊の人など、ものすごく色んな人が来ましたね。週末はお客さんで賑わい、仕事は結構忙しかったです…。
でも大変ではありましたが、”スタッフと協力して仕事を乗り越えていく達成感”があって楽しかったですよ。

── ピーク時はめちゃくちゃ忙しそうですね…。

うきさん
落ち着いている時はお客さんと話をしたり。
「あの山なんですか?」って聞かれて教えたら喜んでもらえた時は、すごく嬉しかったです!

── うんうん。同じ”山好き”のお客さんとのお話は楽しそうですね♪

うきさん
それに、一緒に働いたスタッフとの共同生活も楽しくって。
みんな、様々な趣味や特技があって、いろんな経験をしてきた方達ばかりでした。夜遅くまで語りあって仲が深まり、いい出会いがたくさんありました

白馬山荘での思い出を本当に楽しそうに語ってくれたうきさん。山での生活は、素晴らしい体験だったようですね!

1 / 2ページ