てんきとくらす

「てんきとくらす」は当たる?当たらない? 担当者を突撃したらもっと根本的な発見があった!

登山者にお馴染みの天気予報サイトいえば『てんきとくらす』。SNSを見ていると、A~Cの判定に一喜一憂している登山者が多いよう。「てんくら当たった!」という人がいる一方で、「てんくら外れた…」という声も一部。実際のところどうなのか、担当者を直撃してみました。すると、知っているようで知らなかった『てんきとくらす』のあれこれが明らかに!

目次

アイキャッチ画像撮影:YAMA HACK編集部

「てんきとくらす」は当たる?当たらない?

登山に行く時の判断として最も気になるのが「天気」ではないでしょうか?

天気予報のサイトは数多くありますが、特に登山者にとって役に立つサイトと聞いて多くの方から名前が挙がるのが通称“てんくら”こと「てんきとくらす」。

気象に関する知識がなくても、登山に適しているかを示す登山指数を「A」〜「C」で出してくれるので、ひと目で登山時の天候をイメージすることができます。

提供:てんきとくらす

登山シーズンになるとSNS上でも「明日はてんくらがAだー♪」や「てんくらがC、行くか悩む・・・」といった投稿がちらほら。多くの人から支持されていることがわかります。

そんな「てんきとくらす」ですが、ごく一部のSNSなどでは「あまり当たらない!」「てんくらより他のサイトの方が当たる」などネガティブな声も……。

実際のところ、「てんきとくらす」ってどのくらいあてにしていいのでしょうか?

気になる疑問をズバリ担当者に直接聞いてみました!

「てんくら、はずれた」って声をたまに見るんですが……

てんきとくらすの登山指数

撮影:YAMA HACK編集部

とっても聞きづらい、そしてたいへん失礼な今回の企画。ですが、快く取材を受けてくださったのは「てんきとくらす」の登山情報を担当している日本気象株式会社の伊藤美紀さん。ご本人も気象予報士であり、たまに登山をしているとのこと。

ライター
青柳
てんきとくらすの登山指数、A~Cとシンプルなのでいつも重宝しています!

私も毎回チェックしているのですが、一方でSNSでは「てんくら、はずれた」って声をたまに見かけます。

このような声に対して率直にどのように考えていますか?

日本気象
伊藤さん
皆様のそのような声やご意見については、真摯に受け止めて予報精度の向上に向き合っていきたいと考えています

否定されると思っていたら、めちゃくちゃ丁寧に謝られてしまった……。

日本気象
伊藤さん
ただ、一つだけ気になっていることがありまして……「てんきとくらす」の出している登山指数がどのようなものか?についてはもしかすると誤解されている可能性があります。一度ここでご説明させていただいてもよろしいでしょうか。
ライター
青柳
誤解というと、どういうことでしょうか?

登山指数、正しく理解してますか?

日本気象
伊藤さん
てんきとくらすが出しているのは「登山指数が示す時間帯の山頂の天気」となります。

たとえば、登山口やルート上が雨で、山頂は雲の上で晴れと予想される場合、登山指数はAとなるんですよ。

ライター
青柳
アルプスなどの標高が高いエリアではありがちな天気ですね。

山頂は晴れているのに登山口に着いたときにどんよりしていて「Aだったのにー!」みたいなシチュエーションは想像できます。

出典:PIXTA/登山では麓がどんより曇り空でも、山頂付近は快晴ということも珍しくない

日本気象
伊藤さん
そうなのです!

その場合、登山指数は当たっているわけなのですが、山頂までの距離が長い山もありますし、その道のりの中ではずれたと思う方はいらっしゃるかもしれません。

ライター
青柳
たしかに・・・。
日本気象
伊藤さん
それともう一つ、週間天気の登山指数もだしていますが、これは朝9時時点の天気を出しているんです。

サイトでも掲載していますが、たとえば9時が晴れであれば、10時に雨が降ると予想されても「A」になるので注意してほしいなと思っています。

ライター
青柳
えーー!てっきりその日1日の天気を総合的に評価してAとかBにしていると思っていました……。
日本気象
伊藤さん
はい、実はそうなんです。ですが、私たちとしてもこういったわかりづらいところもあるのは把握しており、改善する予定で進めております。
ライター
青柳
おお、改善予定なのですね!ありがたいです。

ちなみに、風か雨が強い場合はB、Cとなっていますが、この差は具体的にどういうことでしょう?

BよりもCのほうが雨が降る確率が高いという理解でよいのでしょうか?

日本気象
伊藤さん
いえ、実はこれも違います!

BとCの違いは雨が降る確率ではなく、雨や風の強さの度合いによる差です。

弊社で設定した基準値以上の雨が降ると予想されればBかCのどちらかになるので、確実に雨が降るのがC、降る確率が少し低いものがBといったものではないんですよ。

ライター
青柳
そうなんですか!

なんとなく「Bならもしかしたら晴れるかも? Cなら確実に雨だろう……」という理解だったんですが違うんですね!

ちなみに、雷とかが予想される場合もCになるのでしょうか?

日本気象
伊藤さん
登山指数は降水量、風速、雲量などを総合的に考慮して判定されます。

ただ、それには局所的な発雷の可能性などは指数に入れていないのでご注意ください

ライター
青柳
なんと!それは意外です!

夏場のアルプスは特に雷なども多いのですが、てっきり入っているものだと思っていました。

日本気象
伊藤さん
実は今私が言ったことってすべて登山指数の説明の所に記載されているんですよ。

でも、まだまだ浸透されていないのが現状かと思います……。だからこそ、私たちもわかりやすく伝えていく必要があるなと思っています!

ライター
青柳
たしかに……よく見たらちゃんと書いてありますね。

なんとなく理解していた自分に反省……。

実際、登山指数は当たってるの・・・?

ライター
青柳
登山指数が示す時間や場所で、勘違いしていそうな人がいるのはなんとなくイメージできました。

でも、実際登山指数Aで山頂が晴れている、Cで風や雨が強い・・・とでている場合、その予想って当たっているんでしょうか?

他社サイトと比較して的中率ってどうなんでしょう?

日本気象
伊藤さん
それに関しては、正直申し上げると調査ができていないため実際のところは「わからない」というのが答えになりますね……。
ライター
青柳
といいますと?
日本気象
伊藤さん
「実際に登山指数の通りだったか?」というのは、その時間帯に山頂の天気を観測する必要がありますよね。つまり指数を出している時間帯に山頂に測定器を置いて観測する必要があるんです。

でも、山頂にそんな測定機を置くのはとても難しい……。
なので、全国の山の天気については弊社として的中率を出すことができず、比較すること自体が難しいんですよ。

ライター
青柳
たしかに、そういった機器を山頂で見たことないです。
複数の予報サイトを客観的に検証するのは難しそうですね。

では、てんきとくらすではどういった方法で登山指数を出しているのでしょうか?

他の気象会社の予報と結構違いが出るものなのでしょうか?

日本気象
伊藤さん
他社のことはわかりませんが、てんきとくらすは気象庁が公開しているデータをもとに、当社独自の数値計算によって登山指数を出しています。
ライター
青柳
天気図と睨めっこしながら人が出しているわけではないんですか?
日本気象
伊藤さん
数値計算に加えてそこまでできれば1番いいのかもしれませんが、実は数値計算による予報精度も機械学習によって常に向上しているんですよ。

日本気象さんから、特別に天気の予測をするときに使うデータを見せていただきました。

提供:日本気象株式会社/日本中の地点の気温や風向、風速などをすべてデータ化し、ピンポイントで山頂の天気を予測
ライター
青柳
たしかに、数日前から天気図をみて予想する登山者よりも数百倍精度が高そう。

当てづらい時期はある

ライター
青柳
これだけ細かな予報をされていても、実際には予報がしにくい時期はあるんでしょうか?

1 / 2ページ