ツルッと転倒を防止!冬の安心ハイクを叶えるモンベル《スノースパイク》が買いなワケ

2020/12/23 更新

冬でも比較的暖かい低山。でも雪がうっすら積もっていたり、凍結していたり、ちょっと危ないところもありますよね。ただアイゼンを使うまででもないかも…。そこで今回はいつもの靴にも装着できて、色々選べて使いやすい、モンベルのスノースパイクをご紹介します。今年はスパイクを使って、安全に楽しく歩いてみませんか?


アイキャッチ画像 撮影:akko_y

冬は低山でも、雪があるかも… 足元装備はどうしてる?

雪山ハイキング
出典:PIXTA
冬は低山であれば夏と同じ装備でも大丈夫!と思っていたら、雪がうっすら積もっていたり、凍結していたりと、歩くのにひやひやしたという経験はありませんか?

雪や凍結路で安全に歩行するためには、金属製の爪がついた「アイゼン」を準備したいところです。ただ雪の少ない傾斜が緩やかな登山道においては、鋭い爪が木や岩に引っかかってしまったり、重くて歩きづらかったりと逆に歩行が不安定になってしまうことも…。そんな時におすすめなのがモンベルの「スノースパイク」です。

モンベルで販売されている《スノースパイクとアイゼン》の違いって?

アイゼンとスノースパイク
提供:モンベル、編集:YAMA HACK編集部
モンベルのアイゼンは、大きく2つに分けられます。10・12本爪の鋭い爪をもつカジタックス アイゼンシリーズと、4〜10本の小さな爪と軽量さが特徴のスノースパイクシリーズ。爪の本数や構造の違いにより、使える山域が異なります。
アイテム使える山域重量金額
カジタックス
アイゼンシリーズ
森林限界を超える
傾斜が急な山道
770〜890g15,000〜18,000円
スノースパイク
シリーズ
森林限界内
緩やかな傾斜の山道
200〜600g2,000〜9,000円
アイゼンと比べて、スノースパイクは軽くてお手頃価格なのがポイントです。
ただグリップ力には劣るため、本格的な雪山登山での使用はNG。そのため冬は傾斜が緩やかな山のみという人に、おすすめしたいアイテムです。

▼モンベルのアイゼンシリーズについて詳しく知りたい人はこちらをチェック

種類豊富で自分の登山シーンにぴったりのモデルを選べる

スノースパイク 比較表
作成:akko_y(※画像をクリックすると拡大します)
モンベルのスノースパイクは、街でも使えるスリップ防止用の軽いものから、中級山域での雪山歩きに使える物まで、種類が豊富。自分の登山スタイルに1番合う物をチョイスできるので、まず試してみたいという初心者の人におすすめです。

また国内ブランドなので、ベルトが傷んだ場合など、修理の相談ができるのも安心。

持ち運びしやすいスタッフバック付き

モンベル スノースパイク スタッフバッグ
撮影:akko_y(上段左:スノースパイク10、右:スノースパイク6、下段左:チェーンスパイク、右:コンパクトスノースパイク)
爪が付属するすべてのスパイクに、引き裂き強度の強くなるようコーティングが施されたスタッフバッグ付き。他の荷物を汚したり傷をつけたりする心配がないので付属しているのは嬉しいですね。

山域別におすすめモデルを紹介

モンベル スノースパイク
撮影:akko_y
モンベルで販売されているスノースパイクは、全部で7種類。爪の本数が多いほどグリップ力は高く、多少傾斜がある山道でも力を発揮するようになります。しかし爪が多くなるとその分重く、歩きにくくなるというデメリットも。

どんな山を歩くかで、使用シーンに合ったモデルを選びましょう。今回は3つの山域に分けておすすめの種類を紹介していきます。
中山域低山林道歩き
森林限界内
緩やかな傾斜の山道
傾斜のない冬の低山
夏の雪渓歩き
傾斜のない雪道
10本爪6本爪
コンパクトモデル
※スパイクの種類をクリックするとそれぞれの商品詳細に飛びます

サイズの選び方や注意するポイントは?

スノースパイクの種類によって異なるサイズ展開のため、それぞれの表記確認が大切。不安な場合は事前に試着をして、自分の靴とのフィット性を確認しましょう。

また中山域や低山向けモデルは、スニーカーやランニングシューズなどのソールがやわらかい靴に装着すると金属爪が歪んでしまうことも。トレッキングやハイキングシューズ以外へつける場合は、林道向けモデルの購入がおすすめです。

それでは、アイテムをチェックしていきます!

中級山域の雪山登山にはスノースパイク10を

モンベル スノースパイク10
提供:モンベル
カジタックスのアイゼンシリーズより爪が小さめで、パンツや岩、木の根などに引っ掛ける危険性が低く、使いやすいのが特徴。

モンベル スノースパイク10
撮影:akko_y
小さめながら前爪が2本あることで、雪面を蹴り込んで上るような場面も楽に足を運べます。また残る8本の爪は下に向けてバランス良く配され、足裏全体で体重を支えてくれるので、安定した歩行を可能に。

スノースパイク 10
提供:モンベル
ジョイントプレートに柔軟性があるため、ソールが少しやわらかいトレッキングシューズにも対応。ただスキーブーツなどのボリュームがあるものや、ランニングシューズなどのアッパーやソールなど靴全体がやわらかいモデルは不向きです。
スノースパイクサイズ表 提供:モンベル
サイズ対応表を参考に、靴のサイズに合うものを購入しましょう。

仕様
【素材】本体:S55C炭素鋼[板厚2mm]、フレックスジョイントバー:ステンレス鋼

【重量】562g[620g](ペア)
※【重量】の[ ]内はスタッフバッグを含む総重量です。

【カラー】ブラック(BK)

【サイズ】S/M、M/L、L/XL
※靴の形状によっては対応サイズ内でも装着できない場合があります。
【収納サイズ】11×22×9cm

スノースパイク10

傾斜の少ない冬の低山におすすめスパイク2選

スノースパイク 6
提供:モンベル、作成:YAMA HACK編集部
スノースパイク6スノースパイク6 クイックフィット
どんな靴にも対応 定番モデルワンタッチで着脱が可能
※スパイクの種類をクリックするとそれぞれの商品詳細に飛びます
「スノースパイク6」は、土踏まずを中心に小さな爪が前後4本と中心2本の計6本が配され、前後左右のずれを軽減し歩行の安定性を高めています。

1つあると重宝する定番モデル|スノースパイク6

モンベル スノースパイク6
撮影:akko_y
テープで留めるだけの簡単装着で、収納サイズもコンパクト。冬の低山だけでなく夏の雪渓歩きなどでも使いやすく、汎用性が高いため、迷ったらこのタイプの購入がおすすめです。

モンベル スノースパイク6
裏面には波形アンチスノープレートを採用。グリップ力を高め、雪が団子状に付着するのを防いでくれます。

仕様
【素材】(本体)S55C炭素鋼[板厚2mm]

【重量】490g[540g](ペア)
※[ ]内はスタッフバッグを含む総重量です。

【カラー】ブラック(BK)

【サイズ】フリーサイズ(21.5~30cm)
※靴の形状によっては対応サイズ内でも装着できない場合があります。

【収納サイズ】11×18×4cm

スノースパイク 6

簡易的に装着可能|スノースパイク6 クイックフィット

モンベル スノースパイク6 クイックフィット
提供:モンベル
「雪が詰まって完全にロックできない」「岩などへ引っ掛けてロックが解放されてしまう」といった事故が起きないよう、安全性をしっかり考慮して開発されたモンベルオリジナルのバックルを採用。
ラチェットバックル
撮影:akko_y
強い力で引っ張ってもビクともしませんが、赤いレバーを両サイドから挟んで持ち上げると簡単に外せるため、着脱が楽にできるのが魅力です。

モンベル スノースパイク6 クイックフィット
撮影:akko_y
こちらのタイプは付属のレンチを使って足幅を調整する必要が。裏側の上下2ヶ所のボルトをゆるめて幅を調整後、しっかりとしめます。すぐに装着できるよう、事前に合わせておくといいでしょう。
モンベル スノースパイク6 クイックフィット
撮影:akko_y
波形アンチスノープレートが、センターになるように固定するのがポイント。

仕様
【素材】(本体)S55C炭素鋼[板厚2mm]、(バンド)エラストマー

【重量】520g[580g](ペア)
※[ ]内はスタッフバッグを含む総重量です。
【カラー】ブラック(BK)

【サイズ】S(21.5~23.0cm)、M(23.0~26.5cm)、L(26.5~30.0cm)
※靴の形状によっては対応サイズ内でも装着できない場合があります。

【収納サイズ】12×19×9cm

スノースパイク 6 クイックフィット

常にリュックへ忍ばせたい!雪道におすすめのコンパクトタイプ4選

林道用スノースパイク
提供:モンベル、作成:YAMA HACK編集部
コンパクト スノースパイクチェーンスパイクスノースパイク シングルフィットリバーシブル グリッパー
小さな8本爪 ゴムバンドで簡単装着小さな10本爪 安定性◎軽量 子供用の靴にも使用可凍結した道や 濡れた木道に最適
※スパイクの種類をクリックするとそれぞれの商品詳細に飛びます
冬季はいつどこで雪や氷に遭遇するかわかりません。もしもの場合に備えて常にザックの中に入れておくなら、コンパクトなスノースパイクがおすすめ。傾斜のない、平らな雪道の歩行に適しています。

軽量で気軽に持ち運びOK|コンパクトスノースパイク

モンベル コンパクトスノースパイク
提供:モンベル
土踏まず部分に装着するとても小さなスパイクですが、8本の爪が縦横方向にしっかりグリップ。ただ爪が小さいので傾斜がある雪道では、おすすめできません。ゴムバンドで留めるだけで、簡単に装着可能。

モンベル コンパクトスノースパイク
提供:モンベル
凹型の金具の幅は78mm。これより靴底の幅が広い靴には装着できませんので、必ずチェックして、合わない場合は別のタイプにしましょう。
モンベル コンパクトスノースパイク
提供:モンベル
裏面にはスノースパイク6と同じく、雪が付着しにくい波形アンチスノープレートを採用。

仕様
【素材】(本体)S55C炭素鋼[板厚2mm]、(バンド)エラストマー

【重量】190g[230g](ペア)
※[ ]内はスタッフバッグを含む総重量です。

【カラー】ブラック(BK)

【対応靴サイズ】フリーサイズ(21.5cm~30.0cm)ただし、靴の土踏まず部横幅が78mm以内

【収納サイズ】12×10×6cm

コンパクト スノースパイク

歩行の安定性を求めるなら|チェーンスパイク

モンベル チェーンスパイク
提供:モンベル
チェーンスパイクは、小さな爪でグリップ力は強くないですが、足裏のどこを使っても滑りにくく柔軟な動きに対応してくれます。
モンベル チェーンスパイク
提供:モンベル
本体は伸縮性のある、やわらかい素材。チェーンのない面を上にして、靴の上から靴下を履くように装着すると、ステンレス製の小さな爪が下向きに10本配されるようになっています。

仕様
【素材】チェーン:ステンレス鋼、バンド:エラストマー

【重量】280g(S)、325g(M)、360g(L)、405g(XL)※ペア

【カラー】S/オレンジ、M・L・XL/ライトグレー

【サイズ】S(20.5〜23.5cm)、M(23.0〜26.0cm)、L(25.5〜28.5cm)、XL(28.0〜31.0cm) ※靴の形状(とくにスキーブーツなど)によっては対応サイズ内でも装着できない場合があります。

【収納サイズ】7×10.5×9cm

チェーンスパイク

簡単装着で軽量コンパクト|スノースパイク シングルフィット

モンベル スノースパイク シングルフィット
提供:モンベル
こちらは更に軽量コンパクトなタイプで、ランニングシューズなどのやわらかい靴にも簡単に装着できるため、普段用にもおすすめです。 靴ひもに引っ掛けられるフック付きで歩行中のズレもなく安心。
※「GORE-TEXテナヤブーツ」などリールアジャストシステム™を搭載しているブーツには装着できません。

仕様
【素材】(本体)S55C鋼[板厚2mm]、(バンド)エラストマー

【重量】180g[200g](ペア) ※[ ]内はスタッフバッグを含む総重量です。

【カラー】ブラック(BK)

【サイズ】フリーサイズ(21.5~30.0cm)
※靴の形状によっては対応サイズ内でも装着できない場合があります。

【収納サイズ】5×10×7cm

スノースパイク シングルフィット

凍った道路や木道に|リバーシブル グリッパー

モンベル リバーシブルグリッパー
提供:モンベル
こちらは爪のないモデルで、積雪のある登山道ではなく、凍結した路面や濡れた木道用に最適。状況により裏表を返して使用できるようになっています。スニーカーや革靴にも装着できるので、雪国への旅行や、冷え込んだ日の通勤などにも使用OK。

仕様
【素材】本体:エラストマー、雪道面:S45C炭素鋼、木道面:鉱物粒子

【総重量】150g(ペア)

【カラー】ブラック(BK)

【サイズ】フリーサイズ
※靴の形状によっては対応サイズ内でも装着できない場合があります。

リバーシブル グリッパー

最適な装備で冬の低山に出かけよう

モンベル スノースパイク10
撮影:Shin
雪がそれほど多くない傾斜の緩やかな山では、スノースパイクが軽くて快適。はじめての人でも、上手に歩くことができますよ。冬の山は寒く、手がかじかんでうまく装着できないこともあるので、事前につけ方を練習しておくと安心。

自分のスタイルにあったモデルを用意して、今年はめいっぱい冬の低山を楽しみましょう!

この記事を読んだ人はこちらもチェック


\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

モンベル スノースパイク
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
akko_y

兵庫県在住。ある日ふとテレビに映ったヒマラヤへ行きたくなり、山活をスタート。気付けば登山の魅力にどっぷりはまっておりました。ただいま登山ガイド修行中。まだまだ修行が足りませんが、皆さんと一緒に楽しみながら成長していければ幸いです。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!