Rab-エグゾダスジャケット

登頂まで ”蒸れ” 知らず?!八ヶ岳でRabのウェアを試してみた!

2021/04/06 更新

自宅の屋根裏部屋で自ら作成した羽毛の寝袋から始まり、現在は幅広くアウトドア・ギアを製造するRab(ラブ)。今回は実際にRabの製品を使用した感想も含めて、その魅力をレポートします!

目次

ブランド創業者はトップアルピニスト!

rabさん出典:Rab
Rab(ラブ)はこの写真の男性「Rab Carrington」が創業したイギリスのブランドで、ロゴが示す通り、羽毛をメインとした製品作りからスタートしました。そしてなんとラブ氏本人がトップアルピニストであり、製品には貪欲なまでにパフォーマンスを求めています。
Rabの歴史出典:Rab
現在はデザイナー4名、テクニカルスタッフの3名がRabの中核を担っており、機能性もデザイン性も妥協をしない製品作りを続けています。

「Rab」4つの魅力

その①:優れた通気性を持つ新しい生地の採用
eVentの通気性実験機能性にこだわるRabが採用している「eVent(写真右)」という防水透湿性素材は、通気性において非常に優れています。新しい生地は加工面での苦労も伴いますが、Rabでは積極的に自社製品に採用を進めています。

1 / 4ページ