【下山めしハンター! #02】 <八ヶ岳>の玄関口で食す絶品○○○とスイーツ&コーヒー【washio daisuke編】

2020/05/01 更新

下山後のグルメ(とビール)。それは登山者の心の支えでもあり、崇高なモチベーション。この連載ではライター諸氏が各地で見つけてきた、絶品下山めしを連載で紹介いたします。第2回は赤岳・硫黄岳・阿弥陀岳など魅力的な山々が連なる<八ヶ岳>。お洒落なオーベルジュで頂く○○○とスイーツ・コーヒーはまさに絶品。さあ、下山めしを目指して山へ登るのだ!!


アイキャッチ画像撮影:washio daisuke(ライフルと照準のイラスト出典:PIXTA)
下山後に食べる絶品ごはん。厳しい山に挑戦した後の疲れた体であればなお、その味は染み渡りますよね。でも、そんな美味しいご飯、どこにあるのかわからない…なんて人もいるのではないでしょうか。

そんな人にお送りするこちらの企画、その名も「下山めしハンター!」
普段から登山を楽しんでいる方たちに、”下山したら是非食べてほしい”おすすめのご飯、「下山めし」を紹介してもらいます。

第2回の今回は、登山ガイド・講師・講演を行いながら、YAMA HACKでも執筆しているライターのwashio daisukeさん。年中色々な山に登っているwashio daisukeさんのおすすめ下山めしとは?!

アルペンムードあふれる岩稜の宝庫・南八ヶ岳

赤岳からの阿弥陀岳
撮影:washio daisuke(赤岳からの阿弥陀岳)
山梨県北西部から長野県中部へ南北約30kmにわたってそびえる八ヶ岳連峰。日本百名山に選定されており首都圏・中京圏からの交通アクセスも多いことから、多くの登山者が訪れます。
苔むした原生林や静かな池が点在する北八ヶ岳と対照的に、険しい岩稜が連なりアルペンムードをたっぷり味わうことができるのが南八ヶ岳。様々なルートや個性ある山小屋で日数やレベルに合ったコースを選ぶことができます。

スリルある岩稜歩行と大パノラマが魅力

硫黄岳から望む横岳・赤岳・阿弥陀岳
出典:PIXTA(硫黄岳から望む横岳・赤岳・阿弥陀岳)
八ヶ岳最高峰の赤岳(2899m)を筆頭に、大小の岩峰が連なる横岳(2829m)、堂々とした山容の阿弥陀岳(2805m)、荒々しい火口壁を抱く硫黄岳(2760m)など個性あふれる山々が連なる南八ヶ岳。
稜線からの展望も抜群で富士山はもちろん、奥秩父連峰・南アルプス・中央アルプス・北アルプス・御嶽山・浅間山など、名だたる名山のパノラマも楽しむことができます。

冬は雪山登山だけでなくアイスクライミングも!

赤岳鉱泉のアイスキャンディ
撮影:washio daisuke(赤岳鉱泉のアイスキャンディ)
南八ヶ岳は初夏〜秋の無雪期だけでなく、冬も楽しめる山域です。厳しい寒さが創りだす氷瀑は、アイスクライミングのフィールドとしても人気。通年営業の山小屋・赤岳鉱泉には、アイスクライミングを安全に楽しむための人工氷瀑・アイスキャンディもあります。


▼そんな充実感あふれる南八ヶ岳登山の後には…

ハードな登山後に元気回復!絶品カレーに舌鼓

イチオシのシェフ特製カレー
撮影:washio daisuke(イチオシのシェフ特製カレー)
登山で疲れた身体には、しっかりした味付けのメニューが恋しくなりますよね。
筆者イチオシメニューは、「シェフ特製カレー」。
じっくり煮込まれたポークは口の中でホロっと崩れる優しい食感。自家製ブイヨンをベースにしたルーは、最初にブイヨンの旨み・次にスパイスの香りと2段階の味わいが。
トッピングされた野菜も、素揚げしてありながら食感がきちんと残されており、それぞれの美味しさを感じることができます。
盛り付けも色の配色が美しく、目にも美味しい逸品ですよ。

選ぶのに迷ってしまう…!充実の洋食メニュー

カレー以外にも、種類豊富なパスタはもちろんハンバーグ・ステーキなどの肉料理も充実の洋食の数々。登山で疲れた身体に嬉しい、美味しくてスタミナのある逸品揃いです。
八ヶ岳山麓の食材の持ち味を活かしつつシェフの腕がキラリと光るメニューの数々は、一度訪れると他のメニューを食すために再訪したくなること請け合い。もちろん下山後のひとときに欠かせない生ビールやワインあります。

豊富なメニューに思わず釘付け…!
撮影:washio daisuke(豊富なメニューに思わず釘付け…!)
washio daisukeの激推しポイント
・カレー以外にもバラエティ豊かな絶品洋食メニューの数々
・実は…カフェタイムにもオススメ!
・豊かな自然の中にたたずむ山小屋風の素朴ながらお洒落な空間
・食事だけじゃない…登山者に嬉しい設備も!

絶品メニューを食せるのは…yatsugatake J&N

yatsugatake J&N
撮影:washio daisuke(yatsugatake J&N)

数々の名店で活躍したオーナーシェフの逸品揃い

麻布CHIANTI・天現寺LA BISBOCCIA・横浜迎賓館など数々の名店で腕をふるってきたオーナーシェフとその奥様が、登山好きであったことをきっかけに開いたyatsugatake J&N。赤岳鉱泉や行者小屋を経由して赤岳・硫黄岳・阿弥陀岳をめざす南八ヶ岳の玄関口・美濃戸口に位置しています。

JR茅野駅から直通バスも運行されており(土・日・祝日のみ)大きな駐車場もあることから、多くの登山者が入山・下山する美濃戸口。オーナー夫妻の「登山の始まりと終わりにこんなお店があったらいいなという想い」が詰まったお店なのです。
テイクアウトできるパンやスイーツも販売
撮影:washio daisuke(テイクアウトできるパンやスイーツも販売)

カフェタイムにもオススメなんです!

名物の八ヶ岳プリン
撮影:washio daisuke(名物の八ヶ岳プリン)
オーナーシェフはパティシエ・奥様はバリスタでもあり、カフェタイムにぴったりのスイーツ・ドリンクもオススメです。名物の「八ヶ岳プリン」は頻繁に八ヶ岳から美濃戸口に下山するプロの山岳ガイドからも人気の逸品。他にもティラミスやパンナコッタなど豊富なスイーツが楽しめます。
もちろん、少し酸味の効いたシングルオリジン・スペシャルティコーヒーとの相性も抜群。

▼こだわりのコーヒーについては、こちらの記事にも紹介されています。

登山者に嬉しい設備も充実!

宿泊スペースへ通じる階段とバスルーム
撮影:washio daisuke(宿泊スペースへ通じる階段とバスルーム)
実はレストラン&カフェでなく“オーベルジュ”であるyatsugatake J&N。その名の通り宿泊することもできるのです。登山前日に宿泊すれば、翌日は硫黄岳山荘・赤岳天望荘・赤岳頂上山荘など稜線上の山小屋にも余裕を持って足を伸ばすことが可能。登山後に入浴してから帰路に就けば、身体も心もさっぱり…登山好きのオーナー夫妻ならではの嬉しいサービスですよね。

ここに宿泊してから南八ヶ岳の登山を楽しみ、下山してから食事!というお客様へ「お帰りなさい」と声をかける奥様の姿…。多くの登山者や山のプロに愛されているのも納得の光景です。

yatsugatake J&N|ホームページ

下山めしを制すものは山旅を制す!

ターゲットは美味い下山メシ…
撮影:washio daisuke(ライフルのイラスト出典:PIXTA)
個性ある岩稜を擁し、四季を通じて体力やレベルに合わせた様々な楽しみ方ができる南八ヶ岳。その締めくくりに山を愛するオーナー夫妻が心を込めた洋食・スイーツ・コーヒーが加われば、さらに最高の山旅になること間違いなし。

下山めしを制すものは、山旅を制す!
そこに山と美味いめしがある限り、ハンターの旅は続く……。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。


\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
washio daisuke
washio daisuke

登山の総合プロダクション・Allein Adler代表。 登山ガイド・登山教室講師・山岳ライターなど山の「何でも屋」です。 得意分野は読図(等高線フェチ)、チカラを入れているのは安全啓蒙(事故防止・ファーストエイド)。 山と人をつなぐ架け橋をめざしています。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!