黄色にピンク色とりどり。低山お花見ハイクで、一足早く春の花を愛でに行こう!(3ページ目)

春を告げる花⑤「モモ」を楽しむ山

モモ

出典:PIXTA

バラ科の桃の花は、桜が咲く少し前にピークを迎える春の風物詩。濃いピンクの花びらと青空のコントラストは写真映えもバッチリ。美しい桃の花に出会うことができるハイキングコースを紹介します。

【御坂町・花鳥山】御坂町の桃源郷

御坂町・花鳥山 御坂町の桃源郷

出典:PIXTA
日本一の桃の里と言われる山梨県笛吹市の桃源郷に位置する花鳥山。毎年桃の花の時期には、桃色に染まった甲府盆地を眺めに多くの人が訪れる人気エリアです。

 

付近一帯が桃源郷となっており、体力と時間に余裕があればリニアの見える丘公園まで足を伸ばすのもおすすめ。花鳥山へのスタート地点となっている花鳥の里スポーツ広場は、「笛吹市桃源郷春まつり御坂会場 」となっています。

 

花鳥の里スポーツ広場(22分)→花鳥山一本杉(3分)→花鳥山展望台(10分)→埋草神社(15分)→花鳥の里スポーツ広場

 

花鳥の里スポーツ広場を出発し、沢沿いに集落を抜けると広大な桃源郷が見えてきます。花鳥山一本杉を折り返し、展望台に向かえば甲府盆地や 南アルプスを一望する絶景が広がり、桃の花が彩る春景を堪能できます。埋草神社を経てスタートした花鳥の里スポーツ広場へと戻ります。

 

【花鳥山の詳細情報】
桃の開花時期:4月上旬〜4月下旬頃
住所:山梨県笛吹市御坂町大野寺250(花鳥の里スポーツ広場)
駐車場:花鳥の里スポーツ広場の駐車場を利用

笛吹市桃源郷春まつりの詳細はコチラ

春を告げる花⑥「ミツマタ」を楽しむ山

ミツマタ

出典:PIXTA

古来より和紙の原料とされてきたミツマタ。三つ叉に分かれた枝の先に黄色い花を咲かせるため、その名がついたと言われています。それでは、黄色いミツマタの花が咲き誇る山を紹介します。

【茂木町・焼森山】ミツマタ群生地

茂木町・焼森山 ミツマタ群生地

出典:PIXTA

茨城県との県境に位置する焼森山は、標高423m。焼森山から鶏足山を歩く登山コースは、急坂や奇石が点在する変化に富んだ、短いながらも歩きごたえのあるコース。

山間にはミツマタ群生地があり、春にはその小さな花を楽しむことができます。ミツマタ群生地には遊歩道が整備され、期間中は臨時の駐車場も開設されます。

焼森山概略マップ

出典:YAMAP
いい里さかがわ館(40分)→焼森山登山口(40分)→焼森山(30分)→鶏足山(推定30分)→ミツマタ群生地(推定5分)→焼森山登山口(40分)→いい里さかがわ館

 

茂木町のいい里さかがわ館から登山を開始します。登山口からは急登が続き、40分ほどで焼森山の山頂に到着。眼下の広がる長閑な山里の風景を楽しんだら、隣の鶏足山へと向かいます。鶏足山の山頂からはミツマタ群生地へと下り、ミツマタを鑑賞したらスタート地点へと林道を通って戻りましょう。

 

【焼森山・ミツマタ群生地の詳細情報】
ミツマタの開花時期:3月中旬〜4月中旬頃
住所:栃木県芳賀郡茂木町
駐車場:いい里さかがわ館の駐車場利用

 

焼森山コースマップはコチラいい里さかがわ館へのアクセス情報はコチラ

【丹沢・ミツバ岳】ミツマタ群落

丹沢・ミツバ岳 ミツマタ群落

出典:PIXTA
丹沢湖のすぐ横にある標高834mのミツバ岳。北側に隣接する権現山との縦走を楽しむ人も多い、丹波の秀峰です。

 

中腹から徐々に増え、山頂付近はミツマタの群生地となっています。山頂からは、木々の間から富士山を望むことができる隠れた名山です。
合計距離: 6.98 km
最高点の標高: 816 m
最低点の標高: 326 m
累積標高(上り): 1151 m
累積標高(下り): -1151 m
【体力レベル】★★☆☆☆
日帰り
コースタイム:3時間
参考:ヤマプラ
【技術的難易度】★★☆☆☆
・登山装備が必要
・登山経験、地図読み能力があることが望ましい
凡例はこちらをクリック:グレーディング表

浅瀬入口バス停(25分)→ミツバ岳登山口(60分)→ミツバ岳(50分)→ミツバ岳登山口(25分)→浅瀬入口バス停

浅瀬入口バス停から東に2kmほど歩いた県道729号線の滝壺橋の山側が登山口となっており、小さな看板が出ています。見逃さないように、注意して歩きましょう。登山道に入れば、あとは緩やかに登っていきます。危険な箇所もなく、1時間ほどで山頂です。帰りはきた道を戻ります。

 

【ミツバ岳・ミツマタ群落の詳細情報】
ミツマタの開花時期:3月中旬〜4月中旬頃
住所:神奈川県足柄上郡足柄上郡山世附北町
駐車場:丹沢湖畔の駐車場を利用
公共交通機関でのアクセス:小田急線新松田駅(富士急湘南バス・西丹沢行き)ー浅瀬入口下車

色彩豊かな春を見つけに山へ出かけよう!

ハイキング

出典:PIXTA

美しい花の中を歩き、景色を眺め、写真を撮ったり陽だまりでランチを楽しんだりと、のんびり過ごせるのも低山のいいところ。

ただし、低山と言って侮ってはいけません。まだまだ寒い時期なので、保温着などの準備をしっかりして出かけましょう。冬の間、登山をお休みしてた人も、低山お花見ハイクで春を見つけに出かけてみてくださいね!

3 / 3ページ