低山お花見ハイク

黄色にピンク色とりどり。低山お花見ハイクで、一足早く春の花を愛でに行こう!

厳しい寒さも和らいで春の訪れを感じはじめる2月、3月。「春らしくお花見に行きたい!」と思いつつ、桜が咲き誇るにはまだちょっと早いもの。しかし、低山に目を移せば早春に最盛期を迎える花が沢山あります。そこで今回はお花見ができる関東の山を花の種類別にご紹介。美しい花々に癒されながら、お花見ハイクを楽しみましょう!

目次

アイキャッチ出典:PIXTA

一足早く春が訪れる!低山お花見ハイクが断然おすすめ

低山お花見ハイク 景色

出典:PIXTA

冬の寒さが和らいで、春はもうすぐそこ。そろそろ山へ行きたいと思いつつ桜にはまだ早いかな、と考えている方も多いのでは?

この時期おすすめなのが、低山で早春が見頃の花々を愛でる「お花見ハイク」。厳しい寒さを打ち破り、ぱっと華やかな気分にさせてくれる、そんな春の訪れを告げる花に出会えるのは2月、3月の山にしかない魅力です。

そこで今回は、低山お花見ハイクにぴったりの山をご紹介します。

桜より見頃が早い、春山はハイキングにぴったり

梅

出典:PIXTA

お花見ハイクといえば、山桜を思い浮かべるかもしれません。

しかし、里の桜(ソメイヨシノなど)は4月初旬が見頃ですが、山で見かける山桜は里より遅れて咲き始めます。また、山桜は一斉に見頃を迎えるというより、ぽつんぽつんと山間に咲いているものが多いもの。

早春の山々では、水仙をはじめ蝋梅や梅、菜の花、ミツマタなどが桜よりも一足早く開花します。どれも里山や標高の低い山に多く、ハイキングとともにお花見も楽しめるのが魅力。さらに、まだまだ気温が低い日も多いため、空気が澄んでいて景色もより楽しめます。青空の青が濃く、花と空のコントラストが美しいから写真映えも◎。

春を告げる花①「スイセン」を楽しむ山

スイセン

出典:PIXTA

早春に咲く球根植物の代表格・水仙。1月中頃から開花し、甘い香りとともに春の訪れを告げてくれます。まずは、トップバッター水仙が楽しめるハイキングコースを紹介します。

【房総半島・富山】とみやま水仙遊歩道

とみやま水仙遊歩道

出典:PIXTA

千葉県南房総市の中央に位置する富山(とみさん)は、伝奇小説『南総里見八犬伝』の舞台となった山。山の中腹には、八犬伝の伏姫が籠ったとされる「伏姫籠穴」という洞窟があります。標高わずか349mながら、山頂からは眼下に東京湾が広がる絶景が楽しめるため多くの人が訪れます。

富山概略マップ

出典:YAMAP
岩井駅(約35分)→福満寺(約50分)→富山(約42分)→伏姫籠穴(約30分)→水仙遊歩道(約30分)→岩井駅

 

富山へは岩井駅を出発し、福満寺を経由して山頂へ向かいます。下山は「伏姫籠穴」に立ち寄り、水仙遊歩道へと回って戻ってくるルートです。もちろん、逆から辿っていっても問題ありません。なお、水仙遊歩道はのんびり歩いて約1時間の散策コース。白く可憐な日本水仙が一面に咲き誇る中を歩けば、春の訪れを感じられますよ!

 

【とみやま水仙遊歩道の詳細情報】
水仙の開花時期:1月中旬~2月下旬
住所:千葉県南房総市富山地域
駐車場:道の駅「富楽里とみやま」の駐車場を利用
公共交通機関でのアクセス:JR内房線・岩井駅から徒歩約20分

 

とみやま水仙遊歩道の詳細情報 はコチラ富山ハイキングマップ はコチラ

春を告げる花②「ロウバイ」を楽しむ山

ロウバイ

出典:PIXTA

続いては、フルーティーで甘い香りが春を告げるロウバイ(蝋梅)を楽しむコースを見ていきましょう。ちなみに、名前に「梅」の字が入りますが、植物学的には梅の仲間ではありません。

【長瀞・宝登山】蝋梅園

長瀞・宝登山 蝋梅園/

出典:PIXTA
埼玉県長瀞町にある標高497mの宝登山。山頂は関東一のロケーションを謳うだけあって、眼下に広がる秩父の町並みや武甲山、両神山など眺望抜群。山頂には蝋梅園が広がり、秩父の山々と共に可憐な花の景観を楽しめます。

 

登山コースも数多く存在し、初心者からベテランまで幅広い層のハイカーから人気があります。
合計距離: 8.07 km
最高点の標高: 490 m
最低点の標高: 141 m
累積標高(上り): 669 m
累積標高(下り): -669 m
【体力レベル】★★☆☆☆
日帰り
コースタイム:3時間05分
参考:ヤマプラ
【技術的難易度】★★☆☆☆
・登山装備が必要
・登山経験、地図読み能力があることが望ましい
凡例はこちらをクリック:グレーディング表
長瀞駅(30分)→氷池(20分)→氷池分岐(10分)→野上峠(60分)→宝登山・蝋梅園(60分)→宝登山神社(15分)→長瀞駅

 

長瀞駅を出発して、まずは氷池を目指します。野上峠を経由してなだらかな尾根を歩いていけば、宝登山山頂に到着。帰りは、宝登山神社から長瀞駅へと下山します。体力に自信がない場合は、山頂からロープウェイを利用して下山するのもいいでしょう。

 

【長瀞宝登山 蝋梅園の詳細情報】
蝋梅の開花時期:1月中旬〜2月下旬
住所:埼玉県秩父郡長瀞町
公共交通機関でのアクセス:秩父鉄道・長瀞駅

 

長瀞宝登山 蝋梅園の詳細情報はコチラ宝登山ハイキングマップはコチラ

【小鹿野町・四阿屋山】ロウバイ園

小鹿野町・四阿屋山 ロウバイ園

出典:PIXTA
福寿草の名所として有名な四阿屋山は、蝋梅も楽しめる花の名山。標高771.6mと低山ながら、コースによっては鎖場なども現れ、表情豊か。狭い岩峰の山頂からは、目の前に両神山を見ることができます。

 

一般的な「薬師堂コース」は、中腹のロウバイ園を通る緩やかなコース。なお、ツツジ新道は鎖場や急な岩場の続く上級者向けのコースとなっています。初心者は危険なので、利用しないようにしましょう。
合計距離: 5.37 km
最高点の標高: 735 m
最低点の標高: 310 m
累積標高(上り): 633 m
累積標高(下り): -633 m
【体力レベル】★★☆☆☆
日帰り
コースタイム:3時間31分
参考:ヤマプラ
【技術的難易度】★★☆☆☆
・登山装備が必要
・登山経験、地図読み能力があることが望ましい
凡例はこちらをクリック:グレーディング表
薬師堂バス停(10分)→登山口(50分)→山居広場・ロウバイ園(35分)→四阿屋山(35分)→山居分岐(50分)→登山口(10分)→薬師堂バス停

 

薬師堂バス停から登山を開始。まずは薬師堂コースで山居広場のロウバイ園を目指します。山頂へ向かう山道は3つあり、コースが混在しているため標識が多く設置されているので見逃さないよう、注意が必要です。

 

ロウバイ園を過ぎ、両神神社奥社から先は、急峻な岩壁を鎖を頼りに慎重に登れば山頂です。下山する際も、両神神社奥社までは特に注意して下りましょう。帰りは山居分岐から「鳥居山コース」で薬師堂バス停まで戻ります。

 

【四阿屋山ロウバイ園の詳細情報】
蝋梅の開花時期:1月中旬〜2月下旬頃
住所:埼玉県秩父郡小鹿野町両神小森
公共交通機関でのアクセス:西武秩父線・西武秩父駅(小鹿野町営バス・薬師の湯行き)ー薬師堂下車

 

四阿屋山のハイキングマップはコチラ

1 / 3ページ