ウエストポーチはダサい!? 実はサコッシュより便利なのでは説が急浮上!

2019/06/12 更新

ちょっと前には「ダサい」とまで言われたウエストポーチ。しかし、そんな時代はもう終わり。ファッション界では定番アイテムとなり、アウトドア向けにもオシャレなデザインが続々登場しています。そして急浮上してきたのが、「サコッシュよりウエストポーチの方が、実は登山で便利なのでは!?」という話。そこで今回は、ウエストポーチの山での使い勝手をチェックしてみましょう。厳選のおすすめモデルもご紹介します。


アイキャッチ画像撮影:YAMA HACK編集部

「ウエストポーチはダサい!」そんな時代はとっくに終わったらしい!?

出典:PIXTA
一昔前は大人気であったウエストポーチですが、流行の移り変わりとサコッシュの登場ですっかり影の存在に。山で出会うハイカーも見ても、今はサコッシュが主流。「ウエストポーチ=ダサい」というイメージがなんとなくあるのではないでしょうか。

ちょっとまった!ウエストポーチはもはや「定番」

ウエストバッグ 知っていましたか? ウエストポーチは昨年2018年春夏シーズンの“トレンドアイテム”だったことを。GUCCIやMARC JACOBS、BALENCIAGAなど、世界の名立たるブランドがコレクションでこぞってウエストポーチを発表しました。

ウエストバッグ ベルト代わりにハイウエストにつけてコーディネートにメリハリを持たせたり、斜め掛けにするなど使い方は様々。そんな風に、時代に合ったカタチに昇華して、再び注目を浴びることになったんです。

そして、秋冬シーズンもウエストポーチ人気は継続。現在では、トレンドアイテムからもはや定番のオシャレアイテムになっています。

ハイカー人気も急増中!“nuts pack”が火付け役

ウエストポーチ ファッション界で再び脚光を浴びはじめたウエストポーチ。そんな中、ファッション性が高いマウンテンギアブランドとして注目の<RawLow Mountain Works(ロウロウマウンテンワークス)>から発売された「Nuts Pack」。

その洗練されたデザインもさることながら、高い機能性で今までのウエストポーチのイメージを一新。ウエストポーチを再びハイカーの人気アイテムへ押し上げました。

登山での使い勝手は? ウエストポーチの良いところ・気になるところをチェック!

さて、ここからが本題。気になる登山での使い勝手はどうなんでしょう?

「サコッシュを持ってるし、別に不便を感じてない」と思っているあなたに、ぜひ知ってもらいたいのが、ウエストポーチの良いところ!

【斜め掛けで着用】体へのフィット感はサコッシュ超え!

ウエストポーチ
サコッシュはウエストポーチより軽量ですが、斜め掛けした時にどうしてもブラブラしてしまいます。その点、ウエストポーチは体にフィット。歩行時はもちろん岩場などでも邪魔になりにくく、どこかへ引っ掛けてしまうリスクも小さいと言えます。

ウエストポーチ
撮影:YAMA HACK編集部
斜め掛けの状態から荷物を取り出す時、

「目線が近すぎて探しにくい」
「首を急角度で曲げなければならず疲れる」

なんてことありませんか?  そんなときにもウエストポーチは、使い勝手が良いんです。サコッシュよりも大きく開閉できるデザインが多いため、荷物を探すのも出し入れするのもスムーズ!

 【ウエストで着用】なんだかんだ荷物の出し入れがしやすい!

ウエストポーチ 撮影:YAMA HACK編集部
さらに、ウエストポーチは本来のウエスト位置で使用してこそ、実力を発揮! ウエストに付けると、サコッシュや斜め掛けよりも自然な手や首の動き、目線でサッと物を取り出すことができます。斜め掛けだと肩がこる人にもおすすめの使い方です。

また、サコッシュの場合、ザックを背負う前にストラップをかけるか背負った後にかけるかで、ザックを下すときの手間が変わりますよね。ウエストポーチなら、そんな順番を気にせず着用できちゃいます。

でも、ちょっと気になる点が・・・

出典:カリマー
バックパックのウエストベルトがウエストポーチに干渉してしまったり、ウエストポーチのバックルの場所によっては、バックパックと背中に挟まって痛くなる事も。また、ウエストポーチが出っ張って足元が見づらくて危険なんて事もあるので、サイズや荷物の入れ過ぎには気をつけましょう。

もう「ダサい」なんていわせない!オシャレで機能的なウエストポーチおすすめ11モデル

ウエストポーチ ここからは厳選おすすめ11モデルをご紹介。もう、「ダサい」とか「おっさん臭い」とか言わせない!オシャレで機能的なウエストポーチが揃いました。

手のひらサイズに収納もできちゃう!

<ロウロウマウンテンワークス> ナッツパック
地図や行動食、ボトルもすっぽり収まる約3.5Lの程よい容量。パッカブル仕様なので、サブバッグとして携行するのも◎です。フロントには、グローブやタオルなどをサッと挟めるバンジーコード付き。気の利いたディテールがたまりません。

ITEM
RawLow Mountain Works Nuts Pack
■サイズ:縦 23cm × 横 15cm × マチ9cm
■重量:80g
■容量:3.5L

出典:Facebook/RawLow Mountain Works
<RawLow Mountain Works>の2019年新作バックパック“Beetle”(右上)は、なんと、ウエストハーネスに“nuts pack”を装着できるらしいのです。バックパックによる干渉を気にせずにウエストバッグを使えるのは嬉しいですね!

シックなカラーが洗練ムードたっぷり

<エフシーイー> XPAC ウエストバッグ
アウトドア用ウェストポーチとしてはシックなアースカラーの展開が魅力。タウンユースはもちろん、防水性が高くフェスでも活躍しそうです。

ITEM
エフシーイー Xパック ウエストバッグ
■サイズ:縦 13cm × 横 22cm × マチ 12cm
■重量:150g
■容量:3L

街でも決まるシンプルなかっこよさ

<バーラップアウトフィッター> ウエストバッグ
フロント、メイン、バックと3つのポケットがあるので整理しながら収納することができます。シンプルで街歩きでも使えますが、防水性が高いXPAC、止水ファスナーなどアウトドアでの性能も申し分ありません。
ITEM
BURLAP OUTFITTER  ウェストバッグ
■サイズ:縦 14cm × 横22m × 高さ 16cm
■重量:110g
■容量:-

シンプル派に打ってつけのミニマルな表情

<マナスタッシュ> アルパイン ファニーバッグ
どんなスタイルにもすんなり馴染むベーシックなフォルムに、ロゴがさりげないアクセントをプラス。中も無駄のない一気室構造のシンプルなウエストバッグです。
ITEM
MANASTASH アルパイン ファニーバッグ
■サイズ:縦 13.5cm × 横 32cm × マチ 9cm
■重量:-
■容量:-

彩を添える豊富なカラーバリエーション

<ワイルドシングス> X-PACK ボディバッグ
ミリタリー調のカモ柄から、シックなアースカラー、元気の出る鮮やかなオレンジなど充実の9色展開。デザインはいたってシンプルなので、好みのコーデに合わせやすくなっています。
ITEM
WILD THINGS X-PACK NYLON ウエストポーチ
■サイズ:縦 13m × 横 32cm × マチ 5cm
■重量:130g
■容量:-

 お腹周りすっきりの薄型デザイン

<ミステリーランチ> フォーリッジャーヒップサック
ミリタリーパックで人気のミステリーランチ。ヒップサックという名称通り、薄型でヒップにぴったりと合う小ぶりな形状ですが、バックパックのサブとして使うのなら十分。
ITEM
MYSTERY RANCH フォーリッジャーヒップサック
■サイズ:縦 13cm × 横 26cm × マチ 5cm
■重量:150g
■容量:1.5L

小ぶりサイズ×遊び心のある配色が魅力的

<パタゴニア> ライトウェイト・トラベル・ミニ・ヒップ・パック
悪天候やカギ裂きに強い70Dリップストップナイロンなので、木の枝のひっかけや、岩での擦れが心配な登山でも安心。大き過ぎもせず小さ過ぎもせずの丁度いいくらいの容量です。
■サイズ:縦 12m × 横 19cm × マチ 4.5cm
■重量:100g
■容量:-
パタゴニア ライトウェイト・トラベル・ミニ・ヒップ・パック

ショルダーバッグとしても使えて便利

<アークテリクス> マカ 2 ウエストパック
スマートフォンを収納できる背面の隠しポケットなど、旅行や普段使いで便利な機能を備えています。バックルがバッグの近くに配置されているので、ウエスト使用でもバックパックと背中にバックルが挟まって痛い思いをすることはありません。
ITEM
Arc'teryx マカ2
■サイズ:縦 20cm × 横 28.5cm × マチ 6cm
■重量:170g
■容量:3L

アウトドア女子におすすめ!BEAMS BOY別注モデル

<アークテリクス> 別注 マカ1
マカ2よりひと回り小さいマカ1の<BEAMS BOY(ビームス ボーイ)>別注モデル。カモ柄にピンクのアクセントで、か可愛らしい表情。カジュアルなアウトドアコーデのアクセントに最適です。
ITEM
ARC'TERYX 別注 MAKA1
■サイズ:縦 14.5cm × 横 20.5cm × マチ 5.5cm
■重量:149g
■容量:2L

トレッキングやトレランのお供にぴったり!

<カリマー> SL 2
過酷な登山使用でも安心な軽くて強い素材を使用。背面パッドはエアメッシュなので体に密着しても蒸れず、快適に行動できます。登山での使用重視の方におすすめ。
ITEM
karrimor SL 2
■サイズ:縦 14cm × 横 30cm × マチ 12cm
■重量:130g
■容量:2L

ウルトラトレイル向けの本格派!

<ザ・ノース・フェイス> ティーアールベルト
ここまで紹介した製品とはちょっと違うウエストベルトタイプのポーチ。バックルではなくベルクロで腰に巻くタイプなので腰に完璧に固定できます。ちょっと激しいアクティビティもお任せです。
ITEM
THE NORTH FACE ティーアールベルト
■サイズ:MF/12×58cm、WF/12×48cm
■重量:MF/175g、WF/160g
■容量:1.5L

デザイン×機能のいいとこどり!話題のコラボ

<ダブルエムシービー>×<ミレー> ウエストバッグ
<White Mountaineering(ホワイトマウンテニアリング)>の新ライン<W.M.B.C.>と、アウトドアブランド<MILLET>によるコラボアイテム。W.M.B.C.の都会的なデザインと、ミレーの機能性が融合した大注目のウエストバッグです。
ITEM
W.M.B.C. × MILLE ウエストバッグ
■サイズ:縦 17cm × 横 28cm × マチ 8cm
■重量:170g
■容量:-

オシャレで機能的な「ウエストポーチ」で登山を楽しもう!

ウエストバッグ
80~90年代のリバイバルアイテムであり、一昔前よりも機能や性能の向上はもちろん、何倍もデザインがよくなった「ウエストポーチ」。付け方や着こなし方を一歩間違えるとダサくなりがちなアイテムではありますが、トレイルランナーが腰につけているのは自然ですよね。

同様に、登山の時にウエストにつける往年スタイルも、思っているほど違和感がないはず。登山にも上手に取り入れて、便利に使いこなしたいですね!


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

ウエストポーチ
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
GatoNegro
GatoNegro

IT関連の超インドア人間が、パートナーの影響で山人間に。今では、パートナーよりも山にはまってしまいました。山歴20年なのに、一向に上級者になる気配が無い、猫好き酒好きのヘタレ山ヤです。パートナー&猫2匹と同居中。よろしくお願いします。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

OFFICIAL SNS

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!