登山の快適さは小物で決まる! 山に行くなら持っていくべきアイテムをICIの人に聞いてきた

レインウェアやザック、靴が揃ったらいざ山へ!と思っている皆さん、ちょっと待って! 実は登山用の『小物』アイテムが、とっても重要だということを知っていましたか? 今回は山道具のスペシャリストに、『山道具を準備する時に見落としがちな小物アイテム』についてお話を聞いてきました。わざわざ“登山用”であるには、深ーいワケがあった!? 山道具準備の参考にしてみてくださいね。

アイキャッチ画像撮影:YAMA HACK編集部

登山道具はそろった! いざ、山に…

登山する男女
出典:PIXTA
これから登山を始める人は、レインウェア、シャツやパンツ、靴やザックなど…ある程度最低限必要なものが揃ったら、次は「いざ山へ行くのみ!」と意気込むのではないでしょうか。

でもちょっと待って! 最後の仕上げに、意外と見落としがちなアイテムがあるんです。「山に行くならこれは持っていけ!」なアイテムとは、いったい何なのでしょうか? 今回は山道具のスペシャリスト、石井山専 新宿東口ビックロ店・山﨑さんにお話を伺ってきました。

ICI山崎さん
撮影:YAMA HACK編集部(教えてくれるのは石井山専 新宿東口ビックロ店・山﨑さん)
編集部(以下:編):今日はよろしくお願いします! さて、早速なんですが…徐々に登山装備を揃えていく過程で、三種の神器(レインウェア・靴・ザック)以外にあと足りないものって何かあるんでしょうか? 意外と見落としがちなアイテムとか…。

山﨑さん:あります! ウェアや靴などを揃えたらもう登山に行けてしまうような感じがしますが、実は忘れてはならないのが小物などのアクセサリー類です。

ヘッドライトはレインウェアと同じくらい必須装備!

ヘッドライト売り場の山崎さん
撮影:YAMA HACK編集部
山﨑さん:まずはヘッドライト。これは大事ですよ。

編:え? でも別に、泊まりじゃなければいらなくないですか?

山﨑さん:いえいえ、日帰りでも持っていってください。ヘッドライトはレインウェアと同じくらい必須アイテムです! 山って、夕方くらいには結構暗くなるんですよ。例えば森林限界を超えるような標高の高いところだと、ある程度日が沈んできても明るいんですけど…樹林帯に入ると光が遮られて割と早いうちから暗くなります。

樹林帯
出典:PIXTA(樹林帯は、光が遮られやすい)
編:そうか。当たり前だけど森の中だと木があるから、光が届かないですもんね。

山﨑さん:そう。そうしたら暗くなると心理的に焦っちゃって、判断力の低下につながることもあります。“使わない前提”で山に行っても、山頂がものすごい気持ちよくて、ゆっくりしすぎちゃうかもしれませんし…

編:た、たしかに。それは大いにあり得ますね。

山﨑さん:あとは山があるところって、街からは離れているエリアなので下山しても街灯が全然なくて真っ暗、ってこともあるんですよ。そうすると側溝に落ちて怪我、なんてこともあり得ます。
あと何よりも大事なのは、万が一道に迷ったとき、外部から発見されやすくなる。これが重要です。自分の身を守るために、日帰り登山でも持っていって頂きたいですね。

どれくらいの明るさのものを選べばいいの?

150ルーメンのヘッドライト
撮影:YAMA HACK編集部(150ルーメンのヘッドライト)
編:では実際に日帰り登山でも持っていくとなると、いったいどれを選べばいいんでしょうか? たくさんありすぎてよくわからない…

山﨑さん:実はここ最近、ヘッドライトはどのブランドもルーメン数(明るさ)を上げてきています。2~3年前までは、150ルーメンもあると結構ハイスペックと言われる位置づけで、日帰り登山だと70とか80とか、100ルーメン以下くらいのものが主流だったんですが、LEDが発達してきてより省電力で明るくできるようになったので、ベースが上がってきました。

編:はぁ~…技術の進歩は山道具にも恩恵をもたらしてたんですね!

ルーメン数
撮影:YAMA HACK編集部
山﨑さん:うちの店頭にはこういう目安を置いてますが、これも実はちょっと古い。(笑)ここに書いてある、1つ上のスペックでいいですね。日帰りだと、150ルーメンでいいかも。

あとは、例えば積極的に夜の道を歩くナイトハイクだったり、トレランで夜中も走ったりするような場合は250とか300とかさらに照射力の高いモデルがおすすめです。特に下りは遠くまで見通せた方がいいですし、ランナーって移動のスピードが速いから、早く情報を処理しなくちゃいけないので遠くまで照射できるものを選ぶことが多いです。

でも日帰り登山でその日のうちに帰るつもりであれば、そこまでルーメン数は高くなくていいと思いますよ。

編:ゆっくり歩くから、足元と周りを最低限照らせればいいという事ですね。

エントリーモデルはどれ?

ペツルのティキナ
撮影:YAMA HACK編集部(ペツルのティキナ)
編:では、初めてヘッドライトを買う!という方におすすめのエントリーモデルはどれでしょう?

山﨑さん:ペツルのティキナとか、ボタンが大きくて操作しやすいブラックダイヤモンドのコスモあたりが人気ですね。ペツルは衝撃テストなどもしているので丈夫だし、信頼度は高いですよ。

ブラックダイヤモンドコズモ
撮影:YAMA HACK編集部(ブラックダイヤモンドのコズモ)
編:これ、例えばメーカーによる大きな機能の違いってあるんでしょうか?

山﨑さん:ブラックダイヤモンドや一般的なヘッドライトは、例えば300ルーメンのヘッドライトだと、電池の残量に応じて最初は300ルーメンなんだけどそこからだんだん明るさが落ちていきます。

一方ペツルは乾電池以外に充電池を使えるモデルがあって、これを使うとずっと300ルーメンを保って、ある時スっと落ちる。コンスタントライティングというのですが、これが大きな特徴の違いですね。充電池を使えるモデルは他メーカーもあるんだけど、このコンスタントライティングはペツルの大きな特徴です。

そのうち山小屋にも泊まるなら、赤色灯付きがおすすめ

赤色灯付きのヘッドライト
撮影:YAMA HACK編集部(赤色灯付きのヘッドライト)
山﨑さん:あと、そのうち山小屋泊もしてみたい!と思っている方なら赤色LEDがついているものがおすすめですよ。

編:ほう。それはどうして?

山﨑さん:赤色って、夜間視力を保てるんです。瞳孔が開いた状態にできて、白色に比べてそんなに眩しくないから相部屋で他の人の迷惑になりにくいし、夜に外に出て星を見ようという時に、くっきり見やすかったりします。

編:へぇ! それは知りませんでした。そのうち泊まり登山もしたいなら大事なポイントですね。

山﨑さん:あと虫が寄ってきづらかったり、霧の中でも照らしやすかったりというメリットもあるんです。白色だと、霧の中は乱反射しちゃうので。全部のモデルについているわけじゃないので、そういったポイントもふまえて検討するといいと思いますよ。

まだまだある! 押さえておくべき大事な“小物”たち

靴下って、普通のやつじゃダメ?

靴下の裏地
撮影:YAMA HACK編集部(裏地のクッション性が大事)
編:靴下って、既に持っている普段履き用のものじゃダメなんですか?

山﨑さん:登山靴って、普通の運動靴に比べて固く作られているんですよね。なのでまずクッションの役割として登山用靴下を履いた方が良いです。それともう1つ重要な機能が汗処理。足って、頭、手の次くらいに汗をかく場所なんですよ。

編:体の末端は汗をかきやすい、ということですね。

山﨑さん:その通り。例えば靴が防水でも、普通の靴下だと自分の汗で内側から濡れてっちゃう。登山用の靴下というのはメリノウールを使用しているものが多くて、これが汗をしっかり吸水して蒸気に変換してくれます。それを靴の防水フィルムが持つ透湿性が逃がしてくれるんです。ウェアのレイヤリングの考え方と同じですね。

靴下を説明する山崎さん
撮影:YAMA HACK編集部(寒暖差の激しい土地の羊なので、メリノウールは温度調整が得意)
編:靴下って、色んなメーカーのものありますけどどれも大体同じ?

山﨑さん:いえ、色々機能は異なりますよ。テーピング効果、靴ずれ防止機能があるもの、化繊にウールを巻き付けて速乾性も持たせたものとか。でも最初の1足は、特別にあれこれ機能が付いていないスタンダードなものでいいと思います。使っていくうちに必要になってきたら、色々と機能が付随しているものを検討してみましょう。

スタンダードタイプの靴下
撮影:YAMA HACK編集部(もっともスタンダードな靴下)

グローブってあった方がいいの?

手袋売り場
撮影:YAMA HACK編集部
編:グローブって、やっぱりあった方がいいんでしょうか?

山﨑さん:そうですね。グローブには主に手の保護、日焼け防止、滑り防止といった役割があります。例えば転んじゃったときに手を付いて怪我しちゃうとか、結構あるんですよね。あとは山って手を洗える所が少ないので、あちこち掴んで手が汚れちゃったり、トレッキングポールのストラップが手首に擦れたり…。

編:確かに、登山中は枝とか岩とか無意識に色々触ってるかも。でも、それって軍手とかじゃダメなんですか?

薄手のグローブ
撮影:YAMA HACK編集部
山﨑さん:さっきの靴下の話と同じなんですが、手も身体の末端なのですごく汗をかく場所なんですね。そんな時、「濡れた状態にしない」というのが大事。汗をかいたらそれを逃がしてあげることが重要です。軍手って乾かないし、それによって冷えちゃうのでNGですね。肌に直接触れているものは、“すぐ乾く”のが基本です!
特にこれから暖かくなってくる時期だと、こういう薄手の通気性が良いものがおすすめ。グローブは絶対なきゃいけないというものではないんですが、素手だと何を触って登るかわからないので1つ持っておくと重宝しますよ。

その他、あると便利なグッズは?

ナルゲンボトル
撮影:YAMA HACK編集部(登山者に人気のナルゲンボトル)
山﨑さん:水筒なんかも山用のものが便利ですよ。ペットボトルだと、蓋を落としちゃってその後ずっと手に持って歩かなきゃいけなくなるケース、結構あります。そんな時はこういった蓋がくっついているものがおすすめ。本体も丈夫ですし、ナルゲンボトルなんかは登山者に根強い人気があります。

紫外線
撮影:YAMA HACK編集部
山﨑さん:あとは、男性は忘れがちなんですが日焼け対策も大事です! 1,000m標高が上がると紫外線は10%高くなると言われているので、サングラスやUVカットのリップクリームなんかも準備しておくといいですよ。特に唇は皮膚が弱いので、いつのまに日焼けしてしまって、あとで悲惨なことになります…。

あるとないとじゃ大違い!

ヘッドランプをつけた男性
出典:PIXTA
意外と見落としがちな、登山の小物アイテムについてお伺いしてきました。要点をまとめると、

・ヘッドライトはレインウェアと同じくらい必須装備!
・日帰り登山は150ルーメンくらいのものがあればOK
・そのうち小屋泊をしたいなら、赤色灯付きヘッドライトを
・靴下は登山用が◎、軍手はNG
・日焼け対策も忘れずに!

以上がポイント。また、今回紹介したもの以外にも便利な登山グッズはたくさんあります。きっとお店で物色し始めると、楽しくなってアレもコレも欲しい!って思い始めてしまうので要注意!

登山のちょっとしたシーンでストレスを溜め込まないためには、小物使いがカギ。また、登山の回数を重ねる度に「ここでこういうアイテムがあったらいいな」というニーズが精査されていくはず! しっかりと準備をして、快適な登山を楽しんでくださいね。

山道具のプロに聞いてきた!石井山専突撃取材シリーズ

▼初めて買うレインウェア、どう選べばいいの?

▼ヘルメットが欲しい!選び方の基準は?

▼今年こそテント泊!山用のテントじゃなきゃダメ?

▼冬用の登山ギア、ケアと保管方法は?


▼登山の寝袋選び! 初めての1本の選び方は?

この記事を読んでいる人にはこちらもおすすめ

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
YAMA HACK編集部
YAMA HACK編集部

YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

OFFICIAL SNS

 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!