服部文祥を知る本8選!サバイバル登山家とは

服部文祥の魅力とあわせて読みたい書籍8選を紹介。サバイバル登山家というジャンルを生み出した服部文祥とは何者なのか?情熱大陸でも魅せた人工物に頼らず登山し生活する独自のスタイルは必見。自然を知り尽くした彼だから言える言葉には圧巻されます


服部文祥とは

1 . 服部文祥ってどんな人?

服部 文祥(はっとり ぶんしょう)さんは、登山家であり山岳雑誌『岳人』元編集者です。1969年横浜生まれ。大学時代にワンダーフォーゲル部に入部し、オールラウンドに高いレベルで登山を実践。大学卒業後、96年に世界第2位の高峰K2(8611m)登頂します。99年から長期山行に装備と食料を極力持ち込まず、食料を現地調達する「サバイバル登山」を始め、その経験を書籍化し注目を集めます。現在、妻と三児で横浜に在住しており、TV番組『情熱大陸』『クレイジージャーニー』『カリギュラ』への出演も話題になりました。

2 . 「サバイバル登山」って何?

服部文祥著のサバイバル登山家の画像
出典:Amazon
サバイバル登山とは、できるだけ人工物に頼らず、人工物に会わないように登山することで、日本の山を深く知ろうとして生まれた登山スタイル。食料は調味料と米のみ持参し、おかずは現地調達する。火気やテントは持たず、タープの下で火を起こす。登山道はなるべく使わない。など服部さんの独自のルールがあります。

服部文祥の本 8選

服部文祥さんがサバイバル登山の山行記や狩猟について書いている8冊の著書を紹介します。

サバイバル登山家
ITEM
サバイバル登山家
服部 文祥さんが初めて出版されたサバイバル登山の山行記。「自然に対してフェアに」という真摯な登山思想や山行の壮絶な経験が語られる。
サバイバル登山入門
ITEM
サバイバル登山入門
写真とイラストで服部文祥のサバイバル登山のノウハウを凝縮した1冊。上記の書籍「サバイバル登山」は、山行記に近いがこの本は”サバイバル”に重点を置いて書かれています。
素晴らしい本です。サバイバルしながら、登山する方法について、マニュアル形式で作者の貴重な経験を元に、何が必要で本当に使えるものであり、道具かを貴重な豆知識と共に紹介しています。 出典:amazon
ツンドラ・サバイバル
ITEM
ツンドラ・サバイバル
2015年6月に出版されたサバイバル登山の山行記、最新刊。前半は情熱大陸で放送された南ア・聖沢で滑落から自力での下山を、後半は1ヵ月におよぶロシア極東北極圏縦断の旅(ツンドラサバイバル)について書かれている。
私が一生見ることも感じる事も無いだろう景色を、多少なりとも思い描く事が出来抜群に面白い。文章も上手い。なんだか、服部さんの存在が誇らしい(?)! 出典:amazon
サバイバル!―人はズルなしで生きられるのか (ちくま新書)
ITEM
サバイバル!―人はズルなしで生きられるのか (ちくま新書)
服部文祥さんが実際に行った、北アルプス単独縦断12日間のサバイバル登山記録が詳細に書かれている。食料調達や登山方法など自然と向き合うストイックな面がある一方、避難小屋のカップ麺を食べるなど自分の良心との葛藤も語られる人間味あふれる1冊。
男心をくすぐるような一冊でした。とてもインスパイアされました。サバイバルのノウハウなども懇切丁寧に書かれていてとても勉強になりました‼未知なる土地や知識に出会うあの高揚感。道を切り開く事でうまれる自信、経験。冒険は男のロマンだよ。 出典:amazon
狩猟サバイバル
ITEM
狩猟サバイバル
サバイバル登山と称して調味料と米以外の食料はイワナやカエルなどを現地調達し、登山をしてきた筆者。自分のスタイルを模索する中で、銃を持ち「狩猟」に挑戦し始めた経験を綴る1冊。
近年、ニホンジカやイノシシなど害獣扱いされていますが、私たちの暮らしが生き物の命をもらっている事を思い起こす一書です。 出典:amazon
狩猟文学マスターピース (大人の本棚)
ITEM
狩猟文学マスターピース (大人の本棚)
国内外の狩猟文学から11作品を服部さんが厳選した傑作集。今までの書籍は服部さん自身の経験が書かれてきたが、過去の狩猟文学をまとめることで「狩猟とは」「サバイバルとは」また考えさせられる1冊。
本を読むのは嫌いだったが中年になってよく本を読むようになりました。
宮沢賢治のなめとこやまの熊はこの年になって理解できてきたと思います。
偉大なひとだと再認識しました。
まさにこの本は大人の男の本です。 出典:amazon
百年前の山を旅する (新潮文庫)
ITEM
百年前の山を旅する (新潮文庫)
100年前の装備や服装を再現し、奥多摩・北アルプス・奥秩父を縦走する紀行文。古地図を読み解き、登山とは何か?筆者なりに考察を積み重ねる1冊。
著者のサバイバルシリーズももちろん面白いのですが、もっと山登りを感じられる楽しく、読みやすい作品でした。日本の登山史に想いをはせられるのもいいです。 出典:amazon
富士の山旅 (河出文庫)
ITEM
富士の山旅 (河出文庫)
服部文祥さんが富士山に関する歴史、22の記録をまとめた1冊。世界遺産にもなった富士山を夏に登ろうと考えている方は、その歴史をこの本で知ってみては?
富士山はいつの時代も日本人の憧れなのだと、改めて実感できた一冊でした。 出典:amazon

服部文祥さんのサバイバル登山は日常にも!?

服部文祥著のアーバンサバイバル入門の画像 サバイバル登山という独自スタイルを貫いている服部文祥さん。なんと3人の子供と住んでいる横浜では、ベランダに狩猟した鹿やイノシシがぶら下がっていることも。山に入っている時はもちろん、日常でも”生きる”ことを模索している姿から、自分の生活に対して見つめ直す良い機会を貰えるかもしれません。是非、気になった方は書籍や動画を見てはいかがでしょうか?

Let’s read a Survival climbing book !

サバイバル登山の本を読んでみよう !

紹介されたアイテム

サバイバル登山家

サバイバル登山家

¥2,592 税込

サバイバル登山入門

サバイバル登山入門

¥3,132 税込

ツンドラ・サバイバル

ツンドラ・サバイバル

¥2,592 税込

サバイバル!―人はズルなしで生きられるのか (ちくま新書)

サバイバル!―人はズルなしで生きられるのか (ちくま新書)

¥821 税込

狩猟サバイバル

狩猟サバイバル

¥2,592 税込

狩猟文学マスターピース (大人の本棚)

狩猟文学マスターピース (大人の本棚)

¥2,808 税込

百年前の山を旅する (新潮文庫)

百年前の山を旅する (新潮文庫)

¥680 税込

富士の山旅 (河出文庫)

富士の山旅 (河出文庫)

¥821 税込

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

服部文祥の画像
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

Fujimaki Shin
Fujimaki Shin

縦走登山が趣味の大学生。ワンダーフォーゲル部に所属。登山の魅力にハマり、年間60日を山で過ごす。医療を学ぶ傍ら、Webサービス開発やメディア運営、ライターとしての仕事をしている。https://www.wantedly.com/users/1909549

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」
 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!