山メシを楽しむなら「浅型クッカー」が正解!断然使いやすいと噂の3モデルを試してみました

2021/05/12 更新

山で使うクッカーは、スタッキングのしやすさ、軽量コンパクトさで深型しかないと思われています。でも、山で調理をしたいと思うなら、深型よりも浅型の方が断然使いやすいんです! そこで、調理好きでもある道具好きライターPONCHOが、厳選した浅型クッカーを実際に使用、レポートします。

アイキャッチ画像:PONCHO

チタン、深型、小型クッカーだけが正解ではないんです!

デイハイク、山小屋泊、テント泊登山で、食事をする際にあると便利、いやマストアイテムといえるのが、クッカーとストーブ。今回は、そのクッカーの話です。

撮影:PONCHO
クッカーは、中にストーブや燃料、カトラリーを収納しやすい軽量コンパクトな深型が主流。アルミ製よりチタン製の方が軽くて人気です。フリーズドライや即席麺、コーヒーやお茶を飲むための湯沸かしがメインなら、それが正解です。

素早く湯沸かししたいなら高効率ストーブ

撮影:PONCHO
また、ジェットボイルやMSRのウィンドバーナーといったクッカー一体型で熱効率のよいストーブという選択肢もあり。深型クッカーよりも重量はありますが、素早く湯を沸かせ、高所でなかなか湯が沸かないストレスを軽減できるでしょう。

山の食事は簡単でいい。お湯を注ぐだけですぐに食べられるものがいい。そういうハイカー、そういう状況であれば、高効率ストーブに限ります。

でも、深さのあるクッカーは調理がしにくい……

撮影:PONCHO
もし山の気持いい場所で、あたたかくて美味しい料理をつくって食べたいと思ったら、深型クッカー、高効率ストーブのどちらも、調理がとてもしにくい……。どちらも深さがあるので、山用の短い箸やカトラリーで調理をしようとすると、縁に手が当たって、ヤケドの危険性も高いんです。

そこで活躍するのが浅型クッカー

撮影:PONCHO
浅く、広口なので、とにかく調理がしやすい。それにストーブの火が当たる底面積が広いので、深型に比べて燃料のロスが少ない。材料にも熱が入りやすいので、失敗も少ない。それに深型クッカーと比べると重心が低く、ストーブのゴトクの上での安定性が高いので、調理中に倒したり、ゴトクから落下させてしまう心配もありません。

だから湯沸かしだけでなく、山で調理もしたいハイカーが選ぶべきクッカーは浅型なのです!

山に持って行きたくなる!おすすめの浅型クッカーはこの3モデル

撮影:PONCHO
今回、浅いだけでなく、山に持って行きたくなる重量、調理しやすい機能を装備した、ソロ~2・3人用のクッカー3モデルを厳選しました。
 
選定の基準は下記3つです。
■クッカーとフライパン、または大小クッカーセットで、重量400g前後
■熱伝導率の高いアルミ製
■内側には焦げつき防止加工が施されたもの

①トランギア/ツンドラ3ミニ ブラックバージョン

撮影:PONCHO
価格:¥8,250(税込)
重量:364g
収納サイズ:Φ15×H8.7cm

メスティンで話題になっている<トランギア>の小型浅型クッカーセット。大小2つのクッカーと小さめのフライパン、フタ、ハンドルを装備した1~2人用。焦げつき防止のノンスティック加工が施されています。軽量コンパクトながら、充実のセットです。

②スノーピーク/ヤエン クッカー 1000

撮影:PONCHO
価格:¥6,940(税込)
重量:390g
収納サイズ:Φ18.7×H94cm

浅型、調理しやすい広口ながら軽量。クッカーとフライパン、フタ、ハンドルのセットです。フタには湯切り穴、クッカーには湯切り口が備わり、焦げつき防止のフッ素加工が施され、手の込んだ料理も問題なくこなせそうな仕様。

③MSR/セラミック2ポットセット

撮影:PONCHO
価格:¥13,200(税込)
重量:457g
収納サイズ:Φ19.7×H12.7cm

大小2つのやや深めの広口クッカー、その両方にフィットするフタ、ハンドルのセット。焦げつきを防止するフュージョンセラミックのノンスティック加工が施されています。大クッカーが2.5ℓ、小が1.5ℓ容量と少し大きめの2~3人用なので、重量の基準をややオーバー。しかし、しっかり調理できそうなクッカーだと感じ、セレクトしました。
 
ポンチョ
選定した3モデルの特徴を見極めるべく、「スタッキング性能」「調理時の安定感」「湯沸かしの速さ」「炊飯力」「フライパンの性能」「煮込み料理の作りやすさ」を検証してみました。

パッキング時の要!スタッキング性能は?

カセットボンベ(CB缶)を使用するストーブ「ソト/レギュレーターストーブ ST-310」と、アウトドア缶(OD缶)を使用するシングルバーナー「ソト/マイクロレギュレーターストーブ SOD-300S(以下、シングルバーナー)」を用いて、スタッキングのしやすさをチェックしました。

①「ツンドラ3ミニ」は小さいけれど、ストーブ&ガス缶収納可能!

撮影:PONCHO
今回集めたクッカーのなかで「トランギア/ツンドラ3ミニ」はもっともコンパクトですが、収納サイズがやや大きめの「レギュレーターストーブ ST-310」の本体を、内部に収納できました。でも、ハンドルを入れるとフタがやや浮きます……。

撮影:PONCHO
シングルバーナーの場合は、一番小さいガス缶であるパワーガス105(以下、105缶)も一緒に収納できます。

撮影:PONCHO
ちなみに「トランギア/ケトル0.6ℓ」も収まり、ケトルのなかにはシングルバーナーとハンドルも入れられるので、2人以上の山メシづくりで、かなり使い勝手がよくなります。

②「ヤエンクッカー1000」は、フタを下に置いて専用袋に入れると収納力アップ

撮影:PONCHO(蓋を底に敷き、フライパンを蓋にした状態)
「スノーピーク/ヤエンクッカー1000」は、105缶を収納してフタをすると、浮いてしまうのが欠点……なのですが、フタをクッカーの下に敷いて、フライパンをクッカーに載せてスタッキングすると高さが出て、収納性アップ! このまま専用収納袋に入れられます。

撮影:PONCHO
同様の方法で、「レギュレーターストーブ ST-310」本体の他にカトラリーやフォールディングお玉も収納可能。

撮影:PONCHO
シングルバーナーでなら、105缶、その上にシェラカップを載せて収納できます。これは贅沢ソロメシセットになりそう!

撮影:PONCHO
「ケトル0.6ℓ」も入るので、こちらもケトル内にシングルバーナーを入れて2人用山メシ充実セットの完成です。

撮影:PONCHO(ヤエンクッカー1000にツンドラミニを収納)
もしかしたら、「ヤエンクッカー1000」に「トランギア/ツンドラ3ミニ」が入るのではないかと思い試してみたら、ぴったり!2人以上のハイク時の食事で、火に掛けられる食器として「ツンドラ3ミニ」を併用するのもいいかもしれません!

③「セラミック2ポットセット」は、他の浅型クッカーとスタッキングするのもあり!

撮影:PONCHO(「レギュレーターストーブ ST-310」を収納)
「MSR/セラミック2ポットセット」はクッカーサイズが大きめなので、「レギュレーターストーブ ST-310」を収納してもかなり余裕です。

撮影:PONCHO
シングルなバーナーと、105缶より大きな250缶も一緒に収納できます。2人での縦走や、料理充実ハイクに持って行きたくなる大きさです。

撮影:PONCHO(セラミック2ポットセットの小クッカーに、ツンドラミニのフライパンがジャストフィット)
「トランギア/ツンドラ3ミニ」のフライパンを小クッカーの底に合わせてみると、これがぴったり! このまま大クッカー内に収納できました。MSRにはフライパンがセットされていないので、この組み合わせはありです!!

撮影:PONCHO(セラミック2ポットセットの大クッカーに、ツンドラミニを収納)
また、「スノーピーク/ヤエンクッカー」に「トランギア/ツンドラ3ミニ」が入るなら、同じく広口の「セラミック2ポットセット」の大クッカーにも入るのではと思ったら、余裕で収納できました。ちょっと隙間があるので、保護布を敷けば問題なし!

ポンチョ
浅型は深型に比べてスタッキング性に劣る思われていますが、モデルによっては、深型以上にスタッキング性が高いです。いろいろ試してみる価値大です。

調理時の安定感はどうだろう?

手持ちの下記3種類のストーブのゴトクを、それぞれのクッカーに合わせて、安定感をチェックしてみました。
 
【A】ソト/マイクロレギュレーターストーブSOD-300S
ゴトク径:11cm
【B】ソト/アミカス
ゴトク径:10.6cm
【C】ソト/レギュレーターストーブ ST-310
ゴトク径:13cm

①「ツンドラ3ミニ」は、小型ストーブとの相性よし!

撮影:PONCHO(上A、左下B、右下C)
「トランギア/ツンドラ3ミニ」のクッカーの直径は約15cm。底面はそれよりやや小さめです。3種類のストーブいずれも安定感あり。ハンドルを外して火に掛けられるので、バランスもいいです。

②「ヤエンクッカー1000」も、小型ストーブで調理しやすい!

撮影:PONCHO(上A、左下B、右下C)
クッカーの底の直径約14cmの「スノーピーク/ヤエンクッカー1000」。小型ストーブのいずれも安定して調理可能です。

③「セラミック2ポットセット」は、ゴトク径の小さなストーブだと少し不安

撮影:PONCHO(上A、左下B、右下C)
容量2.5リットルの大クッカーは、その容量の割に直径は抑えられた17.4cm。ゴトク上に載せても不安定さは感じないけれど、アミカス(左下)のように径が小さなストーブだと中心を取るのに、少し心配を感じる部分もあります。でも、慣れれば問題なし!

PONCHO
浅型クッカーは、底面が広いので、小型ストーブで煮炊きしても不安定な感じはありません。「ヤエンクッカー1000」は特にバランスがいいです!

湯沸かしは、どれが一番速いのか?

クッカーにフタをして、水500mlが沸騰するまでの時間を計測しました。ストーブは「ソト/マイクロレギュレーターストーブSOD-300S」を最大火力にて使用。

①「ツンドラ3ミニ」は、2分58秒10

撮影:PONCHO

②「ヤエンクッカー1000」は、2分49秒32

撮影:PONCHO
撮影:PONCHO

③「セラミック2ポットセット」は、2分26秒98

撮影:PONCHO
撮影:PONCHO
PONCHO
直径の大きなクッカーの方が、水に熱を伝える範囲が広くなり、速く沸騰した模様。また「セラミック2ポットセット」は、内側にセラミック加工が施されているので、他のアルミ製よりも熱伝導率が高いのかもしれません。

早くおいしく炊飯できるのは? アルファー米を炊いてみた!

お湯を入れて戻すアルファー米。実は、水を入れてクッカーで炊いてもいいんです! その方がお湯を入れて戻すより早く炊けます。

そこで、3つのクッカーで違いが出るか、試してみました。量は1合、水は倍量の2合。火に掛けてスプーンでかき混ぜ、重さを感じたら火を止め、3分程蒸らしました。


①「ツンドラ3ミニ」は、ちょっと時間が掛かりました

撮影:PONCHO
撮影:PONCHO
焦げつき、張りつきもなく、このままカレーをかけて食べたくなる感じです。焦げが心配で火を弱めにしたせいで、約7分くらい火にかけて水分を飛ばしました。

②「ヤエンクッカー1000」は、おいしく炊けました!

撮影:PONCHO
撮影:PONCHO
蒸らし時間が、「ヤエンクッカー1000」にちょうどよかったのか、今回一番美味しくできました。焦げつきもなく、ふっくらとした仕上がりです。火にかけた時間は、約5分です。

③「セラミック2ポットセット」は、ちょっとやわらかめ

撮影:PONCHO
撮影:PONCHO
セラミック2ポットセットは、クッカーの大きさに対して米の量が少なかったのか、私が早めに混ぜるのを止めてしまったからか、ちょっとやわらかめ。でも焦げつき防止のコーティングの性能は高く、張りつきもまったくなし。焼き物の調理時にも期待できます! 火にかけた時間は約4分くらい。

PONCHO
米を鍋で炊くよりも使う水の量が少なく、短時間で済むアルファ化米の直火炊き。浅型クッカーだと深型クッカーよりも火にかけた状態でスプーンで混ぜやすいので上手く炊けます。

焦げつきにくいのは? 油なし、少量の水で目玉焼きづくり!

撮影:PONCHO
今回集めたクッカーは、それぞれ焦げつき防止加工が施されています。その性能の違いを知りたくて、油の代わりに少量の水を入れて目玉焼きをつくって、焦げ加減を検証してみました!

①「ツンドラ3ミニ」は、ちょっと注意が必要

撮影:PONCHO
ちょっとだけフタを取るタイミングが遅かったせいで、焦げが出てしまいました……。

撮影:PONCHO
フライ返しで焦げをこそぎ落とし、お湯を入れてペーパーで少し擦ったら、焦げはほとんどなくなりました。

ですが、フライパンはかなり薄いアルミ素材なので、焼き物、炒めものをする際には、ちょっと注意が必要です。また、火にかけたままハンドルを握っていると熱くなってくるので、ハンドルを放して冷やしたり、手ぬぐいなどを持って握る必要があります。

②「ヤエンクッカー1000」は、うれしい焦げつかなさ

撮影:PONCHO
こちらも一瞬、タイミングが遅かったのか、ちょっと焦げ発生。

撮影:PONCHO
でも、お湯を入れてペーパーで拭き取るとこの通り! これくらいの焦げつき防止性能があれば、安心して調理ができます!

③「セラミック2ポットセット」は、次元の違う高性能を誇る

撮影:PONCHO
「セラミック2ポットセット」は、、小クッカーにフタをして目玉焼きを調理。フライ返しで目玉焼きをはがすと、かなりすんなりとはがれました。

撮影:PONCHO
そして、ペーパーで拭き取ると、何事もなかったようにスッキリ! 家庭用の鍋かと思うくらいに完璧な性能です。
PONCHO
「ツンドラ3ミニ」はコツが必要ですが、他は普通にフライパン調理ができます。焦げつきにくいということは、少ない水の量でキレイにできるということ。山ではかなり有効な機能です!

山メシの定番、カレーをつくったらどうなるのだろうか?

ご飯を炊いて、目玉焼きもつくったので、ささっとカレーもつくってみることにしました。刻んだ野菜を炒めて、水を入れて煮込み、カレールーを入れて、トッピングだけ変えてみました。火力調整が難しい煮込み料理、さて結果は?

①「ツンドラ3ミニ」は、火加減弱めで!

撮影:PONCHO
クッカーが薄手なので、焦げつかないように中火~弱火で調理。それでも1人分のカレーがわずか15分で完成。火加減を弱めにすれば、焦げつかず、問題なく美味しく調理ができることがわかりました!

②「ヤエンクッカー1000」は、深さと広さのバランスよし!

撮影:PONCHO
野菜を炒め、煮込みながらかき混ぜてわかったのは、「ヤエンクッカー1000」は、山用スプーンやフォークで調理がしやすい形状だということ。火にかけたままでもハンドルが熱くならず、安心です。焦げつきにくいフライパンでベーコンを焼いて、チーズをのせてフタをして1分。ベーコンチーズカレーが美味くできました!

③「セラミック2ポットセット」は、ほぼ家感覚で調理可能

撮影:PONCHO
目玉焼きテストで焦げつかないことがわかったので、バターでチキンを炒めて、野菜を入れて煮込み、仕上げにミックスナッツとパセリをあしらってみました。自宅で調理する時と変わらず調理ができる安心から、調理のアイデアがふくらみます!
PONCHO
山で手づくりカレー。フリーズドライやレトルトのカレーのレベルもかなり上がっていますが、やはり手づくりのほうが美味しいです。今回使用した浅型クッカーはどれも問題なくつくれるけれど、もっともスムーズにつくれたのは「ヤエンクッカー1000」でした。

甲乙つけがたい!目的に応じて選んでみて

撮影:PONCHO
今回取り上げた浅型クッカー3モデルは、深型クッカーと比べれば、いずれもかなり調理がしやすいと感じるものでした。
最後に、実際に使ってみて感じた印象をまとめておきます!

①「トランギア/ツンドラ3ミニブラックバージョン」は、湯沸かし+ちょい料理

撮影:PONCHO
薄手のアルミ製ゆえに、強火で調理をすると焦げつきます。特に集中炎のストーブは注意が必要。でも火加減を調節しながら調理することに慣れれば、問題ありません。

クッカー2つ、フライパンのセットで364gという軽さは、調理好きの強い味方になってくれそうです。収納袋も標準装備されています。
ITEM
トランギア/ツンドラ3ミニブラックバージョン
税込価格:8,250円
重量:364g
収納サイズ:Φ15×H8.7cm
材質:[フライパン(Φ15㎝)]アルミ製(ノンスティック加工済)、[ソースパン(1.0ℓ×2)]アルミ製(ノンスティック加工済)、[フタ]アルミ製、[ハンドル]アルミ製(無垢)
付属:収納袋

トランギア/ツンドラ3ミニブラックバージョンの詳細はこちら

②「スノーピーク/ヤエンクッカー1000」は、ソロ山メシの定番決定!

撮影:PONCHO
ストレスなく山で調理がしたいなら、このクッカーくらいの大きさがちょうどよいと感じました。フライパンもソロ~2人分の調理をするならなんとかなる大きさ。

使いやすさに納得して、私は購入しました。寒い時期の山で、ひとり鍋するにもぴったりです。収納袋も標準装備しています。
ITEM
スノーピーク/ヤエンクッカー1000
税込価格:6,490円
重量:390g(収納ケース込み)
サイズ:[ポット]187×177×66mm(ブラケット部を除く)、[フライパン]φ171×35mm(ブラケット部を除く)、[フタ]φ171×15mm(ツマミを除く)
収納サイズ:高さ94mm
材質:[ポット・フライパン・フタ]アルミニウム合金 、[ブラケット・ハンドル]ステンレス、 [ツマミ]シリコンゴム 、[収納ケース]ナイロン 、[緩衝剤]ポリエステル
容量:[鍋]1.2ℓ(満水)

スノーピーク/ヤエンクッカー1000の詳細はこちら

③「MSR/セラミック2ポットセット」は、カップル&少人数料理にいいです!

撮影:PONCHO
ソロで使うなら、同セラミックシリーズのセラミックソロポットがよさそうです。でも、2~3人用で、友人やパートナー、子供の分の調理もするなら、このセットの性能を越えるクッカーはなかなか見当たらないでしょう。
フライパンは付いていませんが、別売であります。でもクッカー自体が広口なので、深さのあるフライパンとしても使えます。収納袋は付いていません。
ITEM
MSR セラミック2ポットセット
税込価格:13,200円
重量:457g
サイズ:[鍋大]17.4×10.6cm(2.5ℓ)、[鍋小]14.9×8.7cm(1.5ℓ)、
収納サイズ:19.7×12.7cm
材質:[鍋]アルミ(Fusion® セラミック加工)、[蓋]アルミ

MSR/セラミック2ポットセットの詳細はこちら
 
それではみなさん、よい山旅を!
 

紹介されたアイテム

トランギア/ツンドラ3ミニブラックバージ…
スノーピーク/ヤエンクッカー1000
MSR セラミック2ポットセット
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
ポンチョ

低山好き、道具好き、写真好きライター。登山、ランニング、自転車、キャンプ、旅をテーマに雑誌、WEBで企画、執筆。低山ハイクとヨガをMixしたツアー・イベント『ちょい山CLUB』を妻と共に主催する山の案内人。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!