”包み込まれる背負い心地”に夢中!気づくと側にいるパーゴワークスのバディ【編集部の山道具】

2021/03/10 更新

登山を楽しむための「山道具」。といっても、ひとによって選び方は千差万別。SNSでは「#私の山道具」とハッシュタグをつけていろんな山道具が投稿されていますが、今回の企画では5名のYAMA HACK編集部員がそれぞれの「私の山道具」を紹介します。

ひとそれぞれの山道具。編集部の愛用ギアを紹介します!

登山を楽しむために大切な「体力」「知識」「計画」、そして「登山ギア」。ただひと言で「登山ギア」といっても、ひとによって選び方は千差万別。
普段はみなさんが「#私の山道具」とハッシュタグをつけて、SNSに投稿されたアイテムを「ふむふむ」と見ている編集部ですが、今回の企画では5名のYAMA HACK編集部員がそれぞれの「私の山道具」を紹介します。

いつもは最新のギアやウェアの情報をいち早くお届けしている編集部。意外なもの、「なるほど!」なもの、「それ私も持ってる!」なもの、どんなものが出てくることやら。

全5回の連載で編集部のメンバーが山のお供にしているギアたちを熱く語ります!

どんどん増えていくアイテムの一つ、ザック

撮影:川尻(過去pic。緑のきれいな時期が好きです)
トップバッター村岡の次は私、編集部の川尻(かわじり)です。
普段は関東周辺での~んびり、ゆるっとしたハイキングを中心に山を楽しんでいます。
最近はコロナの影響で山歩きを楽しむ機会が減ってしまい…、ならこの機会に!と、絶賛部屋を改造中です。
撮影:YAMAHACK編集部(愛用中ザックの一部)
「あ、これも欲しい」「あ、これ使ってみたかった」と…気づくと部屋には大量の山道具が…なんてこと、登山好きのみなさまであれば、あるあるですよね。
私もその一人。

中でも最近増えているアイテムの一つが、「ザック」。使用シーンだけでなく、ザックごとに背負い心地や魅力が違いすぎるので、一つに絞るというのが難しく…気づいたらどんどん増えてきてる状態です。

どんな時でもマッチする「パーゴワークス バディ」

撮影:YAMAHACK編集部
そんな中でも私が最近ヘビロテしているザックを今日は紹介しようと思います。
2011年に設立された<PAAGOWORKS(パーゴワークス)>が開発した、HIKEシリーズのザック「バディ」。
16・22・33リットル、さらに昨年にはX-PACをメインファブリックに使用したSPシリーズも発売され、パーゴワークスのザックの中でも人気の高いアイテムです。

私が愛用しているのは16リットルと22リットル。特に22リットルは山・街問わず、ヘビロテ中。
日帰り登山用に少しコンパクトなザックを探している時に、運命の出会いをしました。

撮影:YAMAHACK編集部
好きな理由はたくさんあるのですが…、何より惹かれている点が

・フィット感
・収納力
・デザイン

の3点です。

想像より軽い!”身体にフィットする背負い心地”が最高

パーゴワークス バディ
撮影:YAMAHACK編集部
バディを好きになった一番のきっかけがこの「背負い心地」。
パーゴワークスのザックは重心も少し高く、背負うというより包み込まれるというか…着るというか…。背負った時に本来の重量より”軽い”と感じたのが、とても印象的でした。
パーゴ バディ
撮影:YAMAHACK編集部
普段通りに荷物を入れるだけで自然と重心が上にくる形状のため、パッキングが苦手な私でもバランスの良い背負い心地になるんですよね。
本当はバディ33も欲しかったのですが、背面長が少し大きく…メンズの方には33もおすすめです!(パーゴワークスさん…是非レディースサイズを…!)

大きいポケットがたくさん!収納のしやすさも大の好み

撮影:YAMAHACK編集部
バディは一つ一つのポケットも大きく、雑に詰め込みたい私にはピッタリ。中でもコンパクトなザックには珍しく、大きく開くメイン収納がお気に入りです。 片側のチャックだけかなり下まで開くので、荷物を出すときもとってもスムーズ。「あーーー…アレ下に入れちゃった…」といった時も、楽に出せるんです。 メイン収納の中には中はポケットが2つあるので、細かい仕分けもしっかりできます。
撮影:YAMAHACK編集部
フロントポケットはフックをひっかける位置でサイズ調整が可能。 たくさん入れたい時に広げることができるのも嬉しいのですが、あまり荷物がない時にスッキリさせることができるのも好きなトコロです。
撮影:YAMAHACK編集部
こんなボリュームある荷物も余裕で入ります。私はレインウェアや防寒着など、休憩中にサッと取り出したいアイテムを入れることが多いですね。
毎回しっかり畳まなくても、ガバっと入れることができるので便利なんです。

山だけでなく街にも馴染むスタイリッシュさ

撮影:けっそん(渋谷の街にも馴染むバディ)
山だけでなく通勤にも使いやすいのも好きなポイント。
”アーバングレー”というカラー名の通り、都会の街にも馴染む大人っぽいデザインです。

撮影:けっそん(手に持ってもカッコ良くないですか?!)
デザインがシンプルなので、私服で使っても「登山ザックっぽさ」がなく、大人っぽいコーデにも意外と合うんです。 ワンピースとかに合わせても可愛いですよ。
撮影:けっそん(たくさん詰め込んでもスマート!)
PC、タブレット、モバイルバッテリー、カメラ、マウスや充電器などの周辺機器…この仕事を始めてから、常にたくさんの荷物を持ち歩くようになり、いつもリュックの中がパンパンです。重さもわりとあるのですが、そこはさすが登山ザック。登山中同様、快適な背負い心地でサポートしてくれています。
この快適さを一度味わってからは、今ではもう、いわゆる女性っぽい”オシャレバッグ”では仕事できない体になってしまいました…。

どうやら、パーゴワークスが好きだったらしい

撮影:YAMAHACK編集部(左から、バディ16、トレイルバングS、W-FACEポーチ、ニンジャタープ、バディ22)
と、ここまで”バディが好きな理由”について紹介してきましたが、私…そもそも「パーゴワークス」も好きなのかもしれません。 今回愛用グッズを紹介するという事で自分の道具を漁りましたが、普段からよく使っているアイテムにパーゴワークス率が高かったのです。
意識しなくても自然と集まってるブランドって、ありますよね(笑)。 今後もパーゴワークスのアイテムに注目しています!

みなさんの「#私の山道具」もぜひ教えてください

撮影:川尻(過去pic。ずーーっと行きたかった雨飾山。念願の横顔、見れました)
今回は編集部・川尻の「#私の山道具」を紹介させてもらいましたが、ぜひみなさんの山道具もハッシュタグをつけて投稿してもらえるとうれしいです。

川尻愛用中のアイテムはこちら

ITEM
パーゴワークス バディ22
サイズ:500x250x200 mm
容量:22L
重量:640g
主素材:330D ナイロン テフロンコーティング
カラー:ダークベージュ、アーバングレー


ITEM
パーゴワークス ニンジャタープ

ITEM
パーゴワークス W-FACE ポーチ1

ITEM
パーゴワークス トレイルバンクS

「編集部の山道具」連載記事はこちら


こちらの記事もどうぞ



紹介されたアイテム

パーゴワークス バディ22
パーゴワークス バディ16
パーゴワークス ニンジャタープ
サイトを見る
パーゴワークス W-FACE ポーチ1
パーゴワークス トレイルバンクS
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

パーゴワークス バディ
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
YAMAHACK編集部 川尻

YAMAHACK運営&記事編集担当。長野県長野市生まれ。小さい頃から休みのたびに家族でアウトドアを楽しみ、自然に触れて育ってきました。たくさんの人達に山の魅力を伝え、ワクワクするようなメディアを作っていきたいです。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!