ニンジャテント現る

忍者もびっくり?!<パーゴワークス>の新作テントは「巻物」に快適ギミック満載

2019年11月、ギア好きが注目するテントが<パーゴワークス>から発売されました。その名は[ニンジャテント]。ゆったりめの1人用サイズ、前室のパネルを跳ね上げるとタープ状にできるなど、秘密基地感たっぷり。キャッチコピー曰く、「ただ寝るだけのテントではありません」。こだわり満載で小型テントの常識を覆すひと張りをレビュー!

目次

アイキャッチ画像撮影:PONCHO 画像加工:編集部

テントで「ただ寝るだけ」なんて、もったいない!

撮影:PONCHO

2019年11月、ギミック好き、アウトドア道具好きに人気の<パーゴワークス>から発売された[ニンジャテント]。

「ただ寝るだけのテントではありません」とメーカーが語る通り、山や自然を移動するだけでなく、このテントをベースにしてじっくりと山や自然のなかで過ごす時間を味わいたくなるテント、というのが実際に使ってみた第一印象です。

まずは基本スペックをチェック

撮影:PONCHO

山岳テントによくあるX字型にポールを組むのではなく、2本のポールを2点で交差させる魚座型を採用。

エントランスは、出入りのしやすい長辺側に大きく設けられていいます。前室は、奥行きがあり、開口部のパネルを跳ね上げてタープ状の屋根になります。ここで自然を山を愛でながら過ごしてみようと誘われます。

撮影:PONCHO ※写真右上の交点のフックをヨコから掛けてしまいましたが、正しくはタテからでした・・・。

テント内の幅は120cmあって、1人で使うならゆったり、寄り添って寝ても苦ではない関係なら2人でも問題のないサイズ。設営はポールを四角のグロメットに固定して、フックを掛けるだけの吊り下げ式。

【スペック】
・サイズ :120×220×105cm
・最小重量 :1,160g(フライシート、インナーテント、ポール2本)
・最大重量 :1,600g

超軽量テントに比べれば重いけれど、登山に使える十分な軽さを装備しています。山岳テントに必要な機能をパーゴワークス流のアイデアで昇華。山で快適な時間を過ごすためのこだわり満載。

それらの中で気になったものを、次に紹介していきましょう。

魚座型フレームを最大限に活用した広々空間

撮影:PONCHO

まず最初に「おぉ~」と感嘆したのが、魚座型のフレームワークです。
魚座型というのは、こういう「♓」カタチのこと。2本のポールを2点で交差させるタイプで、山岳テントの多くで採用されているX字型に比べてテント内の圧迫感が少なく、強度があり、耐風性に優れています。

反面、ポールが長くなり、ポールを通すスリーブやポールを掛けるフックの数が増えるので、重量増は否めません。ニンジャテントは最重量1,160gと、その弱点を克服しています。

撮影:PONCHO

この魚座型を採用した理由をパーゴワークスのデザイナー・斎藤 徹さん(以下、徹さん)に聞いてみました。

「前室の居住性を高めるために魚座型にしました。ポールが前方に張り出すため、前後方向に距離を稼げるだけでなくテントの入り口付近に座った時、ちょうど頭上にピークが来て、圧迫感が少なくなっています。また、入り口の高さを稼ぐために、前ポールを後ポールより高くしました」

そうなんです! ポールを本体に配した時に前後の高さが違いに気が付いて、「ウォッ!」と驚きました。細かい! 細かいけれど、でもコレいい!!と、すぐに出入り口に座って頭上の調子を確認してしまいました。

気づきました? 2点の交点位置の大きな工夫

撮影:PONCHO

上の写真左側は私が所有する魚座型のテントです。パッと見は、似た作りのテントですが、2本のポールの交差する高さは、かなり違います。

そこで徹さんに「既存の魚座型テントに何らかの影響を受けているんですか?」と問うと、

「まったくありません。むしろ近い印象になるのは避けたいので、昔のカタログを見返して吟味しました」

とのこと。さらに、魚座型で設計する上で、もっとも苦心した点も聞いてみました。

「空間設計には苦労しました。特に同じ長さのポールの曲率を変えて、かつ理想的な位置で2点を交差させる作業には時間が掛かりました。ポールを1本足したり、長くすれば簡単なのですが、そこは軽量性と設営のしやすさにこだわりました」


確かに、ニンジャテントの方が交点が低い分、室内上部に幅があります。その分、下部のスペースがやや狭くなるのを、フライシートと背面側から出した細引きを連結して空間を広げています。わずかな差なのですが、このわずかな広がりが圧迫感を軽減してくれています。

1 / 3ページ