モンベル『ライトシェルパーカ』は1万円以下で高コスパ!防風シェルとあったか裏地の合わせ技で手軽に防寒

2020/11/18 更新

モンベルのライトシェルパーカは、春や秋のアウターとして気軽に羽織れるうえ、冬の中間着、軽量コンパクトな夏の携帯防寒着にも使える万能ソフトシェル。機能的なのに手頃な価格で購入できるので、コスパ最強と高評価なんです。そんなライトシェルパーカの特徴やおすすめ使用シーンを紹介します!


アイキャッチ画像提供:mont-bell

さっと羽織ってあったかい『ライトシェルパーカ』

ライトシェルパーカ Men's
提供:mont-bell
防寒の基本は「防風」と「保温」。登山の場合、アウターのソフトシェルやハードシェル、ウィンドブレーカーで防風し、中間着のフリースなどで保温するのが一般的ですが、その2つの役割を1つでこなしてくれるのがモンベルの『ライトシェルパーカ』です。

寒い時にさっと羽織れる手軽さをはじめ、たくさんの優れたポイントがあります。

『ライトシェルパーカ』が人気の5つの理由

①優れたシェル素材で防風・撥水性バツグン

ライトシェル
提供:mont-bell
登山で使うアウターの場合、撥水性は必須。ライトシェルパーカは防風性があるシェルに、世界最高レベルの撥水性能の「ポルカテックス」で耐久撥水加工をしています。

しかも、表面は滑りがよく、柔らかな素材で軽やかな着心地。マイルドな気候での登山時に、気軽なアウターとして重宝しそうです。

②「クリマプラスメッシュ」裏地により暖かく蒸れにくい

ライトシェルパーカ
提供:mont-bell
いくら暖かくても、蒸れて水分がつくと保温性が低下しますが、その点もライトシェルパーカには工夫があります。シェルの裏には、吸水速乾性能に優れ、暖かく蒸れにくい「クリマプラスメッシュ」を配置。薄手ながらも高い保温性を実現しています。登山中に汗を掻いても、内部に水分がこもることなく快適です。

③高いストレッチ性で体の動きを妨げない

ライトシェル
提供:mont-bell
登山ウェアのストレッチ性能は、疲労防止と共に、けが防止のためにも欠かせません。ライトシェルパーカは、繊維を斜めに配置することで生地本来のストレッチ性を引き出す「バイアス・ストレッチ」を採用。体の動きを妨げないので、ストレスなく行動できます。

④好みで選べる!サイズ展開が豊富

モンベルライトシェルパーカ
提供:mont-bell(上:メンズ、下:レディース
通常のXS、S、M、L、XLサイズのほかに、MとLの身幅をゆったりと仕上げたW(ダブリュー)サイズも展開。M-Wは、身長はM相当だけどバストとウエストはXL相当。L-Wサイズは、身長はL相当だけどバストとウエストはXXL相当になっています。

「重ね着するからゆったり着たい」「身長で選ぶといつも身幅が合わない」なんて人も、用途や自分の体にぴったりのサイズが見つけやすいはずです。ショップでサイズ感を試してみるのが◎。

⑤登山で便利な機能満載なのに控えめな価格

モンベルライトシェルパーカ
提供:mont-bell(左から[A][B][C])
[A]デュアルアクスルフード
防寒のためのフードは、ベルクロとドローコードの2か所で頭にフィット。行動時の視界を妨げません。
 
[B]リードインコード・システム(すそ)
ウェアの裾を絞ると風が入って来にくくなります。ポケットの中にウェアの裾を絞るドローコードがあるので、わざわざ裾に手を持っていく必要が無く便利。
 
[C]チンガード
寒い時、ファスナーの金具があごに当たると冷たくて不快。そのために、フロントファスナーの顎に当たる部分を布でカバーしています。

 
ライトシェルパーカは、こんなに登山に便利な機能を満載なのに1万円を切るコスパの高さ。これらが、多くの登山者に人気の理由なのでしょう。

1年中使える!こんなシーンで大活躍

ライトシェルパーカ
提供:mont-bell
防風性と保温性を兼ね備えたライトシェルパーカは、1年中さまざまなシーンで大活躍します。

手軽に防寒。春や秋の登山のアウターに

春や秋の山は、山頂に近くになるとまるで冬のような風が吹くことも。ライトシェルパーカは、防風性シェルによる風避けとともに、フードをさっと被ればつらく冷たい風から首や頭部も守ることができるので、春や秋のアウターにぴったり。

軽量コンパクト!夏山の携帯用防寒ウェアに

使うかどうかわからない夏の防寒具は、できるだけ軽量コンパクトが一番。ライトシェルパーカは、防風保温性を持ちながら、なんと平均重量303g。手のひらサイズの収納性で、夏の携帯防寒具として最適です。夏のテント泊、小屋泊の防寒着にもおすすめ

ジャケットとも相性良し!冬の中間着にもおすすめ

すべりがよく柔らかなシェルは、冬のハードシェルジャケットの裏地に干渉しません。また、薄地の生地なので、もたつきがなく、冬の中間着としてもおすすめです

『ライトシェルパーカ』のラインナップ

ライトシェルパーカは、メンズ、ウィメンズ、キッズモデルを展開しています。


ライトシェルパーカ Men’s

モンベルライトシェルパーカ
提供:mont-bell
素材表地:40デニール・フルダル・ナイロン・タフタ[ポルカテックス®加工] (ジャケット脇・袖口)ナイロン88%+ポリウレタン12%
裏地:クリマプラス®メッシュ[ポリエステル〈吸汗加工〉]
平均重量303g
カラーブラック(BK)、ブラックオリーブ(BKOV)、ブルーブラック(BLBK)、ボルドー(BORD)、ライトブルー(LBL)
サイズXS、S、M、L、XL、M-W(ゆったり)、L-W(ゆったり)
収納サイズ5.5×10×16.3cm
機能デュアルアクスルフード、リードインコード・システム(すそ)
特長ジッパーがあごに当たらない仕様/ジッパー付きポケット3個(左胸1、腰2) /スタッフバッグ付き
税抜価格9,000円
 
ライトシェルパーカ Men’s

ライトシェルパーカ Women’s

提供:mont-bell
素材表地:40デニール・フルダル・ナイロン・タフタ[ポルカテックス®加工] (ジャケット脇・袖口) ナイロン88%+ポリウレタン12%
裏地:クリマプラス®メッシュ[ポリエステル〈吸汗加工〉]
平均重量258g
カラーブライトスカイ(BRSK)、グラファイト(GRPH)、マラード(MALD)、トマト(TOMT)
サイズXS、S、M、L、XL、M-W(ゆったり)、L-W(ゆったり)
収納サイズ5.5×10×15.3cm
機能デュアルアクスルフード、リードインコード・システム(すそ)
特長ジッパーがあごに当たらない仕様/ジッパー付きポケット3個(左胸1、腰2) /スタッフバッグ付き
税抜価格8,600円
 
ライトシェルパーカ Women’s

ライトシェルパーカ Kid’s 130-160

ライトシェルパーカ Kid's 130-160
提供:mont-bell
素材表地:40デニール・フルダル・ナイロン・タフタ [ポルカテックス®加工]
裏地:クリマプラス®メッシュ[ポリエステル〈吸汗加工〉]
平均重量203g
カラーダークティール(DKTL)、アイスグリーン(ICGN)、オリエントブルー(ORBL)、パープルワイン(PUWN)
サイズ130、140、150、160
収納サイズ5×9.5×15.6cm
特長ジッパーがあごに当たらない仕様/フードの周囲はドローコードで調節可能/リードインコード・システム
ジッパー付きポケット2個(腰)/反射ロゴ(胸、背面首元)/スタッフバッグ付き
税抜価格6,400円
 
ライトシェルパーカ Kid’s 130-160

ライトシェルパーカ Kid’s 100-120

ライトシェルパーカ Kid's 100-120
提供:mont-bell
素材表地:40デニール・フルダル・ナイロン・タフタ [ポルカテックス®加工]
裏地:クリマプラス®メッシュ[ポリエステル〈吸汗加工〉]
平均重量155g
カラーオリエントブルー(ORBL)、プライムグリーン(PMGN)、バーチャルピンク(VRPK)
サイズ100、110、120
収納サイズ5×8.5×15.1cm
特長ジッパーがあごに当たらない仕様/フードの周囲はドローコードで調節可能/リードインコード・システム
ジッパー付きポケット2個(腰)/反射ロゴ(胸、背面首元)/スタッフバッグ付き
税抜価格6,000円
 
ライトシェルパーカ Kid’s 100-120

『ライトシェルジャケット』『ウルトラ ライトシェル パーカ』との違いは?

モンベルには、他によく似た名前の「ライトシェルジャケット」「ウルトラ ライトシェル パーカ」があります。どう違うのでしょうか?

ライトシェルジャケット

ライトシェルジャケット Men's
提供:mont-bell
見た目ではフードがないだけのように見えますが、サイドと袖口にストレッチ性素材を使用し、運動性をさらに高めています。『ライトシェルパーカ』よりもシルエットにフィット性があり、より中間着に近いウェア。アウターよりも中間着用途重視の方におすすめです。
■製品スペック例:ライトシェルジャケット Men’s
素材表地:40デニール・フルダル・ナイロン・タフタ[ポルカテックス®加工](ジャケット脇・袖口) ナイロン88%+ポリウレタン12%
裏地:クリマプラス®メッシュ[ポリエステル〈吸汗加工〉]
平均重量248g
カラーブラック(BK)、シアンブルー(CNBL)、ライム(LM)、ライトシルバー(LTSV)、ピュアインディゴ(PUID)
サイズS、M、L、XL、U/S(海外モデル)、U/M(海外モデル)、U/L(海外モデル)、U/XL(海外モデル)
収納サイズ5.5×10×14.3cm
機能ストレッチカフ
特長ジッパーがあごに当たらない仕様/ジッパー付きポケット3個(左胸1、腰2) /スタッフバッグ付き
税抜価格7,200円
 
ライトシェルジャケット Men’sライトシェルジャケット Women’sライトシェルジャケット Kid’s 130-160ライトシェルジャケット Kid’s 100-120ライトシェルジャケット Baby’s 80-90

ウルトラ ライトシェル パーカ

ウルトラ ライトシェル パーカ Men's
提供:mont-bell
『ライトシェルパーカ』との大きな違いは、1/2以下の重量とポケッタブル仕様。この軽量コンパクト性を実現するため、表のシェル素材を薄いナイロン・リップストップ、裏地を吸水拡散性重視のポリエステルメッシュを採用し、ウルトラライト仕様に仕上げています。保温力は『ライトシェルパーカ』『ライトシェルジャケット』の方が高くなっています。ウルトラライトトレッキングや、運動量が多いスピードハイクなど、軽量性を重視したアクティビティのアウターとして最適です。
■製品スペック例:ウルトラ ライトシェル パーカ Men’s
素材表地:12デニール・バリスティック エアライト®ナイロン・リップストップ[ポルカテックス®加工]
裏地(フード除く):ポリエステルメッシュ[吸汗加工]
平均重量136g
カラーダークマラード(DKMA)、アイスホワイト(ICWT)、オレンジレッド(OGRD)
サイズS、M、L、XL、U/S(海外モデル)、U/M(海外モデル)、U/L(海外モデル)、U/XL(海外モデル)
収納サイズ20×12.5×6cm
特長ジッパーがあごに当たらない仕様 / ジッパー付きポケット1個(左胸) / ベンチレーション(脇) / ポケッタブル仕様
税抜価格7,800円
 
ウルトラライトシェルパーカ Men’sウルトラ ライトシェル パーカ Women’s

手軽なライトシェルパーカで快適登山を

出典:PIXTA
ライトシェルパーカの特長や、おすすめ使用シーンを紹介しました。多くの登山者に長く人気の理由がわかってもらえたでしょうか?

登山は季節を問わず、予想外の寒さや冷たい風と遭遇することもしばしば。そんな時、さっと羽織るだけで風が防げて保温できるライトシェルパーカは、とても重宝します。ぜひライトシェルパーカで、1年を通して快適な登山を楽しんでみてはいかがでしょう。


\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

モンベルライトシェルパーカ
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
黒田猫太郎
黒田猫太郎

IT関連の超インドア人間が、パートナーの影響で山人間に。今では、パートナーよりも山にはまってしまいました。九州を中心に山歴20年。なのに、一向に上級者になる気配が無い、猫好き酒好きのヘタレ山ヤです。パートナー&猫2匹と同居中。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!