白だしが効いてる! 新生姜の炊き込みご飯【目指せメスティンマニア!レシピ#39】

2019/09/03 更新

登山者に人気の山ごはんギア『メスティン』。そんなメスティンでありとあらゆる料理を作る、インスタグラムで人気の@mestinmaniaさんに、とっておきレシピを教えてもらいました! 今回は白だしが決めての炊き込みご飯です。

アイキャッチ画像提供:@mestinmania

登山者に人気の山ごはんギア、トランギアの『メスティン』。インスタグラムで、そんなメスティンを使用したとっても美味しそうな料理の写真が大人気の@mestinmaniaさんに、とっておきのレシピを教えてもらいました。今回は、ホッとする味が優しい「新生姜の炊き込みご飯」です!



材料(すべて適量)

・お米 1合
――――――
・新生姜 お好み
――――――
・油揚げ 70g程度
――――――
・白だし 大さじ1
――――――
・しそ お好み

※持ち運ぶ場合は、―――で区切っているものをまとめるのがおすすめ。
※液体以外は基本的にジッパー付きビニール袋でOK。
※液体は100均などで手に入るプラスチックボトルがおすすめ。

作り方

★家でやっておくこと★
炊き込みご飯材料

提供:@mestinmania
新生姜の皮を剥き千切り、油揚げは短冊切り、しそは千切りにする。
――――――――――――――――――――――――
①ご飯1合を研ぐ。研いだお米は30分浸水する。(冬場など寒い時期は1時間浸水をおすすめします)

②研いで浸水したお米に白だしを加え、リベット(メスティン側面の2つの丸部分)の丸ポチ半分くらいまでに液量を合わせた後、新生姜、油揚げを加え軽くかき混ぜ蓋をする。

ポイント!
①の液量を合わせてから具材を入れる。炊き込みご飯などでもそうですが、一番失敗しないやり方です。


③固形燃料1個(25g)で炊飯する。25gの固形燃料で1合が丁度美味しく炊けます。(寒い時期や外で炊飯する場合は必ずウインドスクリーンを使う!寒い日や強風時はOD缶での炊飯がおすすめです)

④固形燃料が消えたらタオルやメスティンケースなどで10~15分保温したら出来上がり。

炊き込みご飯

提供:@mestinmania
⑤最後にお好みでしそをかけてお召し上がりください。

ポイント!
白だしはメーカーによっても味の濃さが微妙に違うので、分量は調節しましょう。




「炊き上がった後に味が薄いと感じたら、少し塩をかけて調整はできるので大丈夫です。」と@mestinmaniaさん。ごはんはナルゲンボトルなどで運び、登山中に水を入れて事前に浸水させておけば時短!
仲間とお喋りしながら、新生姜のいいかおりがしてくるのを待ちましょう。

【その他のメスティンレシピはこちら!】


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

炊き込みご飯
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
YAMA HACK編集部 草替
YAMA HACK編集部 草替

YAMA HACK運営&記事編集担当。雑誌で見た槍ヶ岳にビビビっと来て、突然登山に没頭。長い距離を歩くのが好きで、年に1度はアルプスの縦走をします。でも日帰り低山も、山ごはんも、クライミングも大好きです。分かりやすく、読む人の発見に繋がる記事製作を心がけています。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

OFFICIAL SNS

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!