【夏の100均パトロール】ダイソーで登山に使える”山ごはん”見つけた!

2019/08/26 更新

みんな大好き100均!100均の日用雑貨にはいつもお世話になっています。実は、食品コーナーも充実しているのはご存知でしたか?よく観察してみると、ありましたっ!山ゴハンに使えそうな食材が。ほかにも行動食にできそうなもの、山のおやつや、山泊のお供になりそうなおつまみまで。今回は、その中から厳選して、実際に試してみました。ちょっと驚きのイッピンもありましたよ!


撮影:GatoNegro

みんな大好き100円均一

撮影:GatoNegro
100円均一の便利グッズは、今や買ったことがない人はほとんどいないほど、生活に密着していますね。そんな100均一、店舗によっては食品コーナーも充実していて、スーパーやディスカウントストアでは扱ってないレアな食品も多く、見て回るだけでも楽しくなります。

今回は、100均一としてお馴染みの「DAISO(ダイソー)」を調査。
気軽に食べられる行動食から、ちょっとした調理をする山ごはんまで、登山で使えそうな食品を紹介します!

素早く栄養補給!【行動食編】

出典:PIXTA
しっかりとした山ごはんも大事ですが、行動食も必要なのが登山。よく見てみると100均には行動食にぴったりの食品がたくさんありました。今買うならコレ!

”孤高の人”の行動食「甘納豆」

撮影:GatoNegro
新田次郎の山岳小説「孤高の人」の主人公・加藤文太郎が、登山の間いつもポケットに入れて食べていた行動食として有名な甘納豆
撮影:GatoNegro
行動食として優秀!とは思っていましたが、大袋だとポケットに入れている時にベタつきそうでちょっと嫌だな…と思っていたら、ダイソーに小袋がありました。これだと、必要な分だけ取り出して食べることができますね。
【カロリー】321kcal/100g

撮影:GatoNegro
やわらかく食べやすいですが、指がちょっとベタつくのが残念…。

欧米の代表的な行動食「トレイルミックス」

撮影:GatoNegro
ダイソーを散策していると、「TRAIL MIX」と言う名前を発見。パッケージを見てみると、

欧米では、スポーツや山歩き、アウトドア時にドライフルーツやナッツを混ぜ合わせたものを行動食として利用し、「トレイルミックス」の愛称で親しまれています。

と書かれてるじゃないですか!これこそ行動食。
【カロリー】421kcal/100g

撮影:GatoNegro
様々なドライフルーツとナッツ類が入っていて、いろんな味が楽しめます。甘納豆と違い、指がベタつかないので歩きながら食べるのにピッタリ!

後味さっぱり黒糖の甘さ「沖縄特産 黒糖ピーナッツ」

撮影:GatoNegro
暑い沖縄で食べられている黒糖は、ミネラル、ビタミン類が豊富なのが特徴。その黒糖と蜂蜜で、ピーナッツを固めている「ピーナッツ黒糖」は、チャック付の小さめのパッケージなので持ち運びやすくなっています。
【カロリー】436kcal/100g

撮影:GatoNegro
小粒で食べやすく、黒糖の甘さとピーナッツの香ばしさがよくマッチ!カロリーが高いのにどんどん食べてしまう…ちょっと危険?な食品です。

日本の行動食と言えばようかん!「四色羊かん」

撮影:GatoNegro
羊かんは水分が多く食べやすいので、疲労した時の栄養補給に最適。この「四色羊かん」は、ひとつ当たり約110kcal。4つ個包装になっており、ワンタッチで開くことができるので、サクッと食べてすぐに行動したい時に便利です。
【カロリー】288kcal/100g

撮影:GatoNegro
行動食としてはちょうどいい大きさで、4種類それぞれが味が違うので飽きることがありません。グループで分け合ってもいいですね。

たまには甘くないもの【おやつ&おつまみ編】

出典:PIXTA
カロリー重視の行動食は、どうしても甘くなりがち。そんな中、たまには甘くないおやつも食べたくなります。

ちょっと食べたくなる、夜はおつまみに!?「カルパス」

撮影:GatoNegro
セミドライソーセージの「カルパス」。おやつとしても、お酒のおつまみにも、山ごはんのアクセントとしても大活躍です。ダイソーには、レジ回りに大きいサイズや3本セットのロングカルパスが売られていることが多いですが、今回ご紹介するカルパスは駄菓子コーナーに、4個100円で売られているものです。それぞれバラバラに開封できるので保存や持ち運びに便利です。
撮影:GatoNegro
ソフトな食感ですが肉感は十分あり、スパイスが効いているので、お酒によく合います。

塩分や天然のクエン酸の補給に「やわらか ほし梅」

撮影:GatoNegro
特に暑い季節の塩分補給に最適。最近は、塩あめなどの加工食品が多く出回っていますが、良質な天然クエン酸も摂取できることから、梅干しは優秀な塩分補給食品です。
撮影:GatoNegro
この「やわらか ほし梅」は、その名の通りやわらかく、酸っぱさも抑えていますので、梅干しが苦手な方も食べやすくなっています。種がぬかれているのも食べやすいですね。

スナックにも山ごはんのボリュームアップにも「ビッグクルトン」

撮影:GatoNegro
山ごはんのトッピングなどに使うクルトンですが、そのままで十分おいしいスナック菓子になります。このクルトンはビッグという名前の通り、ひとつひとつが大きいので食べ応えがあります。
撮影:GatoNegro
山ごはんの後、食器についた残りのソースにこすりつけて食べると、後始末が簡単です。

酸っぱいかと思いきや…「あまずっぱいひとくちレモン」

撮影:GatoNegro
夏など、暑いシーズンに登山すると、途中でレモンやグレープフルーツなどの柑橘系が無性に欲しくなる時があります。そんな時に使えるものはないかと探していると、ありました!このちょっと固めのレモンピール「あまずっぱいひとくちレモン」。
撮影:GatoNegro
レモンの酸味が苦手な人でも、気軽にクエン酸・ビタミンCが摂取できるのでおすすめ。甘く加工されているため、酸っぱいものが欲しい人には物足りないかも…。個人的にはもう少し酸味が欲しかったです。

安い!簡単!おいしい!【山ごはん編】

出典:PIXTA
山でのお昼ご飯や、山泊の夕食など、ダイソーの食材だけで作ってみました。
山での調理ですので、

1.簡単で素早く調理できること。
2.ゆで汁や生ゴミが極力出ないような食材や調理方法
3. 極力軽く、レトルトなどは避け、カップ麺などのようなかさばるものもNG

を基準に考えました。
※★印がダイソー購入品です。

お湯を捨てない!すぐできる「わかめにゅうめん」

撮影:GatoNegro
そうめんは、ゆでた後のゆで汁が出てしまうもの。普通は流しに捨てますが、山ではそうはいきません。そこで、ゆで汁をそのまま使って「わかめにゅうめん」を作ってみました。そうめんのゆで汁には塩分があるので、塩分を調節するのがポイントです。

【材料1人分】
水 300cc
★そうめん 100g(一束)…島原素麺6束入り
★わかめスープ 1袋…4袋入
★お好みで、オリーブオイル 1個(3g)…3g 4個入 小分パックなので持ち運び便利!
★クルトン 適量…ビッグクルトン

撮影:GatoNegro

【調理時間】水の沸騰時間+約2分
【調理手順】
1.水300ccを沸騰させる。
2.弱火にして、そうめんを投入。コッヘルが小さい場合は、半分に折る。
3.茹で上がるまで待つ(吹きこぼれ防止のためずっと弱~中火で!)
4.火を止めて、わかめスープを投入。ここでは8分程度入れておき、味を見ながら調節。
5.ひと混ぜしたら出来上がり。

※お好みでオリーブオイルを。

撮影:GatoNegro
麺を食べ終わったら、クルトンを入れればスープを吸ってくれて二度おいしくなりますよ!

ゆで汁を捨てずに、クリーミー!「コーンポタージュパスタ」

撮影:GatoNegro
パスタ料理をするときに問題になるのが、そうめんと同じく「ゆで汁」。そこで、絶妙なバランスを取ってコーンポタージュパスタを作ってみました。パスタはそうめんと違い、塩分が無いので、塩をちょっと足しましょう。意外とうまくいった一品です。

【材料1人分】
水300cc
★パスタ100g…オーマイ早ゆでスパゲッティ1.6mm ゆで時間3分 240g入
★コーンポタージュスープの素…ポッカ つぶコーンポタージュ 3袋入
塩小さじ1/3

撮影:GatoNegro

【調理時間】水の沸騰時間+約4分(パスタのゆで上がり時間によります。)
【調理手順】
1.水300ccに塩小さじ1/3を入れて沸騰させる。
2.弱火にして、パスタを投入。コッヘルが小さい場合は、半分に折る。
3.茹で上がるまで待つ(吹きこぼれ防止のためずっと弱~中火で!)
4.一旦、火を止めて
5.スープの素が固まらないようによく混ぜます。
6.出来上がり。

この程度の水の量で作ると、スープの素が水を吸いクリームパスタっぽくなるので、後始末が簡単!

やさしい味に仕上がりました「チーズパスタ」

撮影:GatoNegro
調理しやすいショートパスタを使って、チーズ風味のパスタを作ってみました。チーズリゾットの素を使いますが、ポタージュほど水を吸わないため、今回の水の量は少なめです。チーズ感をより出すために、パルメザンチーズもプラスしましょう。

【材料1人分】
水200cc
★ショートパスタ80g…オーマイ早ゆでペンネ ゆで時間3分  160g入り
★チーズリゾットの素 1袋…S&Bチーズリゾットの素 2袋入
★お好みで、パルメザンチーズ 好きなだけ…熟成パルメザンチーズ 30g

撮影:GatoNegro

【調理時間】水の沸騰時間+約5分(パスタのゆで上がり時間によります。)
【調理手順】
1.水200ccを沸騰させる。
2.弱火にして、パスタを投入。
3.茹で上がるまで待つ(吹きこぼれ防止のためずっと弱~中火で!)。水が少ないので、よくかき混ぜながら。
4.火を止めて、チーズリソットの素を投入。
5.再度、火をつけて水気が無くなるまで混ぜながら煮込みます(焦げないように注意)。
6.出来上がり。

撮影:GatoNegro
全体的にやさしい味に仕上がりました。よりチーズ感が欲しい方は、パルメザンチーズを好きなだけ入れて、よく混ぜて食べましょう。

チキンライスの素で「ナポリタン」

撮影:GatoNegro
ポタージュやチーズでは色味がないな…と思って作ったのが、チキンライスの素を使ったナポリタン。そのままでは甘さが足らないので砂糖を少し加えました。

【材料1人分】
水200cc
★パスタ100g…オーマイ早ゆでスパゲッティ1.6mm ゆで時間3分 240g入
★チキンライスの素 1袋…グリコ チキンライスの素 2袋入
★パルメザンチーズ…熟成パルメザンチーズ 30g
砂糖小さじ半分

撮影:GatoNegro

【調理時間】水の沸騰時間+約4分(パスタのゆで上がり時間によります。)
【調理手順】
1.水200ccを沸騰させる。
2.弱火にして、パスタを投入。コッヘルが小さい場合は、半分に折る。
3.茹で上がるまで待つ(吹きこぼれ防止のためずっと弱~中火で!)。お湯が少ないので、早めにお湯に浸かるように箸で麺を押し入れてください。
4.水がなくなったら、火を止めてチキンライスの素と砂糖を投入。
5.よく混ぜます。この時、水気が多いようならもう少し煮込む。焦げ付かないように注意。
6.出来上がり。パルメザンチーズをいっぱい掛けて食べましょう。

”チキンライスの素”のソースの味が強いですが、砂糖を加える事で味がまろやかに。さらにパルメザンチーズを入れることで、よりいっそうまろやかな味になります。

【番外編】水の計量に便利!「おりたたみコップ」

撮影:GatoNegro
今回ご紹介しているようなレシピでは水を300ccとか指定しています。でも、何もないところで水300ccを計るのは至難の業。そこで、おすすめしたいのが、ダイソーの「おりたたむコップ」です。シリコン製で蛇腹式に折りたためるので携帯に便利です。

撮影:GatoNegro
蛇腹の折り目最上部で、およそ100cc、上から4つ目で50ccですので、水を計量することができます。

撮影:GatoNegro
フニャフニャしているのでメインのコップには不向きですが、ちょっと水を飲んだりするのには問題ありません。

ダイソーの山ごはんはアイデア次第!

撮影:GatoNegro
ダイソーのたくさんの食材の中から、山ごはんや、行動食、おやつ、おつまみまで選んでみました。山で食べる前提ですので、少ない食材や調味料、ゆで汁や生ごみなどが出ないように工夫しています。山へ持っていく際は、行動する日数を考え、必要な量の食材をジッパー付き保存袋に入れ、包装紙は自宅で廃棄しましょう。
ダイソーの山ごはんはアイデア次第。食品コーナーでいろいろな場面を想像して料理を考えていると楽しいですよ!
成功もあれば失敗もあります…。ぜひ、チャレンジしてみてください。


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
GatoNegro
GatoNegro

IT関連の超インドア人間が、パートナーの影響で山人間に。今では、パートナーよりも山にはまってしまいました。山歴20年なのに、一向に上級者になる気配が無い、猫好き酒好きのヘタレ山ヤです。パートナー&猫2匹と同居中。よろしくお願いします。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

OFFICIAL SNS

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!