「山でコーヒー」はもう古い!? 日本人ならホッとする「出汁」で、栄養補給しながらリラックス

2019/07/04 更新

今ちまたで「飲む出汁」が人気を集めているのを知っていますか? 自然の中で飲むコーヒーも最高ですが、日本人に馴染み深い「出汁」も意外といいものです。ティーパック型の「飲む出汁」は、飲み終わったあとに中身を開封して、カップ麺などの料理の具材としても使えます。かつおは栄養価も高いので、登山のエネルギー補給にも最適。今度の登山では、素敵な景色を眺めながら出汁の香りでリラックスしてみませんか?


アイキャッチ画像撮影:YAMAHACK編集部

頑張って登ったあとに飲むコーヒーっておいしいですよね

山で飲むコーヒー
出典:PIXTA
「自然の中で飲むコーヒーは格別」。一度でも絶景を眺めながらコーヒーを飲んだことがある人なら、きっとそう思ったことがあるのではないでしょうか? 澄んだ空気の中で飲むコーヒーは普段以上においしく感じられ、まさに至福の瞬間。頑張って登ったあとだからこそ味わえる、最高の一杯ですよね。

出典:PIXTA
もちろん、登山で飲むコーヒーは格別です。でも、みそ汁やお吸い物など、日本人に馴染みのある出汁のきいた汁物も、飲むとホッとすることはないでしょうか?

今ちまたでひそかなブームを呼んでいるのが、料理のベースである出汁を飲み物として楽しむ「飲む出汁」。日本橋にある”日本橋だし場”というスタンディングバーでは、カップに入った飲みきりサイズの「かつお節だし」を販売しており、2018年度には累計90万杯を突破するほどの人気っぷり!

「かつお節」って実はすごいヤツ

かつお節と本枯れ節
出典:PIXTA
出汁にもよく使われるかつお節は、とても栄養価が高い食品。健康維持に必要なタンパク質やリン、カリウム、ビタミンDに加えて、体内でつくれない8種の必須アミノ酸も含んでいます。カルシウムやミネラルも摂取できるので、かなりの優秀食材といえますね。

これは………実は登山に向いているのでは?

登山にピッタリ!テトラ型の出汁パック「飲むおだし」

飲むおだし(かつお)(かつおと昆布) 「飲むとホッとするし、栄養満点だから登山にいいかも!」と思っても、実際かつお節を山に持っていくのは大変。軽くてフワフワしているかつお節は、”封を開けた瞬間、風に飛ばされちゃう!”なんて事にもなりかねません。

そこで今回提案するのが、日本橋だし場で大好評の「かつお節だし」を自宅でも手軽に楽しむことができる、その名もズバリ、「飲むおだし」。
テトラ型の出汁パックが個包装されているので、パッと取れて使いやすくなっています。さらに削り節を窒素ガスとともに封入するフレッシュパック製法の技術が活かされているので、ひきたてに近いかつお節だしの豊かな風味を味わえます。

ただ飲むだけじゃない!“飲むおだし”が登山におすすめのワケ

飲むおだし
撮影:YAMAHACK編集部
“飲むおだし”が登山におすすめな理由は、「飲む」だけじゃなく「食べる」事も出来るからなんです。栄養補給もできて、ゴミも減る。なんて登山にピッタリなんでしょうか。これは素晴らしすぎる!と、実際山で試してみました。

①まずは、シンプルに出汁だけを味わう

P_20190613_115141
撮影:松崎清央

【材料】お湯:180ml、飲むおだし:1パック、カップ:1個

今回は「かつおと昆布」の飲むおだし。テトラ型だしパックなので、作り方もお湯を入れるだけと簡単です。

P_20190613_115554

撮影:松崎清央
カップに “飲むおだし” のパックを入れて、熱湯を注ぎます。その場で沸かさなくても、ボトルに入れて持参したお湯でも出汁がひけます。より出汁をおいしく味わいたい方は、先にお湯を入れてカップを温めるといいですよ。

P_20190613_115907
撮影:松崎清央
2〜3分静置した後で、軽くパックを上下に振って取り出したら完成!もうすでに、かつお節のいい香りがしています。少し色が薄く見えたので、思わずパックを何度か振ってしまいました。

P_20190613_120300 (1)
撮影:松崎清央
ひとことで言うと、すごーくやさしい味。一口飲むと、かつお節と昆布の出汁の香りが口の中に広がります。

個人的には、かつお節よりも昆布の風味が強いのかなという印象でした。塩気は全くないので、塩かしょうゆを少し加えて塩分をプラスするのもおすすめ!

②中身も活用!山ごはんの定番、カップヌードルにin

P_20190613_122407 (1)
撮影:松崎清央
残った出汁パック、そのまま捨てるのではなく、中身も食べてしまいましょう。
今回試してみたのはコレ!山ごはんの定番「カップヌードル」です。なんだか出汁とも好相性の予感です。

P_20190613_122709
撮影:松崎清央
パックは、手で簡単に開けられるのが嬉しいところ。開封時はナイフもハサミも必要ありません。

P_20190613_123023
撮影:松崎清央
“飲むおだし” の出汁がらは意外とボリュームがあるので、最初は2/3くらいの量を入れました。こう見ると、もう立派な「具材」ですね。

P_20190613_123325
撮影:松崎清央
お湯を入れて、3分待ちます。

P_20190613_123907
撮影:松崎清央
できあがりは見た目もカップヌードルの具と混ざって、全く違和感がありません。これは味も期待ができそうです!

P_20190613_124009
撮影:松崎清央
味は、文句なくおいしい! スープには深みが感じられ、ほのかにかつお節と昆布の味わいが。具材としてはかなりスープに馴染んでいて、かつお節と昆布の優秀さを感じます。

P_20190613_124316
撮影:松崎清央
かつおと昆布が予想以上においしかったので、残りの出汁がらも全部投入!後乗せだと昆布に歯ごたえがあるので、より具材としての食感が楽しめます。カップヌードル+飲むおだし、意外と優秀な組み合わせでした。
味にクセがないため、カップヌードルだけじゃなく他にもいろいろな山ご飯に活用できそうなのもいいですね。

和を感じる 「出汁」を飲んで、山でほっと一息

P_20190613_125649
撮影:松崎清央
“飲むおだし” は作り方も簡単で、飲み終わった後の出汁がらは料理にも使えます。調味料が無添加なので、登山ではお好みで塩やしょうゆを入れると失った塩分も補給できますね。今度の山では、絶景を眺めながら「飲むおだし」を味わって、ほっと一息ついてみてください!
ITEM
にんべん 日本橋だし場 本枯鰹節 飲むおだし 【かつおと昆布】
内容量: 30g(6g×5袋)
原材料: かつおかれぶし、こんぶ
賞味期間: 製造日より1年(開封前)

ITEM
にんべん 日本橋だし場 本枯鰹節 飲むおだし 【かつお】
内容量: 30g(6g×5袋)
原材料: かつおかれぶし
賞味期間: 製造日より1年(開封前)



関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

IMG_1467
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
松崎 清央

Webライター・自然体験指導者。新潟在住。市役所を退職後、アウトドア専門学校に入学し、登山、キャンプ、カヤック、自然ガイド、農業などを経験。自然を仕事にする生き方を選ぶ。【得意分野】子ども体験活動の企画・運営、青少年教育・野外教育、人前で話すこと。現在フリーランス。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

OFFICIAL SNS

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!