汗っかきさん必見! ベースレイヤーはにおいが気になるからウール…は正解?

汗っかきな人にとって、肌に接地しているベースレイヤー選びは重要ですよね。登山は常に汗をかき続けていますから、速乾性の高い化繊を選びたいところ…ですが、においが気になるのも事実。今回は、そんな悩みを解決する新しいアイテムと着方を紹介します。

汗っかきさんは特にこだわりたい、ベースレイヤー

出典:PIXTA
常に歩き続ける登山では、同じように汗も常にかき続けています。量は人それぞれですが、滝のような汗をかく人にとって、肌に接地しているウェア選びは超重要。いかに汗を吸って拡散してくれるか、が大事なポイントです。

ベースレイヤーの種類

一番下に着るウェア・ベースレイヤーは、素材の違いによって大きく3つに分けられます。

ベースレイヤーに使われている代表的な素材は「化学繊維」「メリノウール」「天然繊維×化学繊維」のハイブリッドの主に3種類です。

①化学繊維
軽くて速乾性と吸汗性に優れています。価格が抑えられた商品が多いです。

②メリノウール
天然素材で保温性が高く防臭性もあるのが特徴です。他の素材より若干価格が高めです。

③天然繊維×化学繊維
ウールの保温性と化学繊維の吸湿速乾性を持ち合わせたいいとこ取りの素材です。

汗っかきの人は、化学繊維がいいの?

出典:Amazon
汗っかきだからといって速乾性のある化繊がいいとは限りません。実際は行く場所によって向き不向きがあります。化繊は乾くのが早い反面、熱を奪うことから低~中山の暑い時期におすすめ。もちろん標高の高い山でも重ね着の仕方によって対応はできます。ウールは吸湿性があり、保温性に優れているので高山や寒い時期の登山に向いています。

においが気になるからウール、は正解?

ウールは防臭効果がある

ウール
出典:PIXTA
天然素材のウールは化繊より価格は張りますが、防臭効果も期待できるのがポイントです。化繊でも防臭機能をもたせた商品がありますが、ウールには敵わないものが多いです。

出典:Amazon
化繊は吸水速乾に特化したタイプが多いですが、主にポリエステルなどはにおいが残りやすいのも事実。とにかく汗っかきの人は、においも気になるのが正直なところではないでしょうか? でも、滝のような汗だからウールは暑い…どうすればいいんだ!とお悩みの方。そもそも、「濡れている」という状況がにおいの原因なんですよ。

濡れたところに菌が繁殖する

出典:PIXTA
実は、汗そのものにはにおいがありません。汗をかくと「臭い」と感じるのは、汗で濡れたところに菌が繁殖してにおいが発生するから。より正確には化繊は汗をかくと油分を引き付け、そこに菌が発生するためなのです。逆に、菌の発生する原因である濡れた状態を発生させずに、肌をドライに保てばOKというわけです。

肌をドライに保つアイテムを1枚追加してみよう!

最近、流行っている「ドライレイヤー」とは、ファイントラック社で、商標登録されているベースレイヤーの下に着る肌着のこと。ここではこのカテゴリーをドライレイヤーとまとめて呼びます。

ドライレイヤーって何?

出典:楽天市場/トランスレーション(写真の上に、今まで着ていたベースレイヤーを着ます)
ドライレイヤーとは、今までベースレイヤーが肌に接地する一番下のウェアだったのに対し、さらにその下に着用するレイヤーのこと。ドライレイヤーを1枚追加することによって、これまでベースレイヤーだけでは処理しきれなかった汗を短時間で処理し、肌を快適な状態に保つことができます。

ドライレイヤー自体は保水せず、ベースレイヤーに汗などの水分を移行させる特性があります。この機能により肌をさらさらに保ち、それゆえ菌も繁殖しにくいためにおいの軽減にもつながります。汗冷えもにおいも気にならなくなるので、ドライレイヤーは登山者やアスリートを中心に近年人気を博しています。

ミレー ドライナミック メッシュ ショート スリーブ メンズ

水分を含まないポリプロピレンを使用し、汗はメッシュを抜けて素早くベースレイヤーに移行します。肌をドライな状態に維持することで汗による冷えを感じさせない構造。冬は暖かく、夏は通気性がよくムレにくいので、年間を通して活躍します。

ITEM
ミレー ドライナミック メッシュ ショート スリーブ メンズ
素材:ポリプロピレン 66%、ナイロン 28%、ポリウレタン 6%
カラー:全2色
サイズ:S〜XL

やはりこれはいい
少し動いて汗をかきはじめると、真冬で薄着でもびっしょりになる真のあせっかきな私からすると、汗冷えしなさではこれはダントツだと思います。ただ真のあせっかきにしてみると、穴は空いていると言えど結局はある程度の厚さの物を重ね着する事になり体は暑くなって汗をかくので、元の効果が汗冷え防止をメインに考えた商品だとすると、これの出番はやはり秋~冬ですよね。私には今にちょうどいいです。
なので病的に暑がりの私の場合は、これも踏まえてあえて防寒具兼用という事で組み込んでいます笑。穴と穴の間に暖かい空気も貯めるので、汗をかいたその後には防寒具となるという事で。


ファイントラック スキンメッシュ半袖Tシャツ メンズ

優れた耐久撥水性で肌をドライに保ち、濡れ冷えを軽減してくれます。汗抜けのスピードが良いため、肌面に汗成分が残留しにくく、汗をかいても臭くなりにくい特徴があります。初めてのドライレイヤーとしても使いやすいオールシーズンタイプです。

ITEM
ファイントラック スキンメッシュ半袖Tシャツ メンズ
素材:ポリエステル100%(耐久撥水加工 )
カラー:全3色
サイズ:S〜XL

同メーカーのベースレイヤーと組み合わせて使用したレビューです。
北アルプスの登山に使用しました。やや涼しい季節になってきましたが、やはり登りはしっかり汗をかきます。ドライレイヤー・ベースレイヤー共にしっかり濡れます。ここまでは他社製とさほど変わらないと思いますが、休憩時にその差を実感することができました。汗による濡れ冷えがほとんど感じず、また、ベースレイヤーも速乾性が良いこともあり、頂上で1時間ほど休憩しましたが完全にドライになりサラサラで快適でした。一緒に行った友人は頂上で寒いといって1枚着ましたが、私は寒さを感じなかったのでそのままでした。個人差もあると思いますので参考程度にお考えください。もっと安かったら良いのですが。


ドライレイヤーで汗を気にしない快適な登山を!

ドライレイヤーの上には必ずフィットする吸汗ウエアを重ね着しましょう。正しく着用することで効果を最大限に発揮させることができます。快適な登山を楽しめる重要なアイテムなのでぜひ活用してみてください!

この記事を読んでいる人にはこちらもおすすめ

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
高橋 典子
高橋 典子

ハイクとキャンプをこよなく愛するフリーライター、高橋です。次はどこに行こうか地図を眺めるのが日課。人生のモットーは自由であること!

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

OFFICIAL SNS

 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!