カシオのプロトレックをシリーズ別徹底比較!アナタならどれを選ぶ?

2019/12/10 更新

登山やゴルフ、釣りなど、様々なアウトドアアクティビティで大活躍のカシオのプロトレックを特集!プロトレックのスマートウォッチ「プロトレック スマート」、ハイエンドモデルの「マナスル」など、人気機種をシリーズ別にご紹介。たくさんあってどれを選べばいいかわからない…そんな方は、シリーズごとの特徴や愛用者の評価をチェックして、自分にぴったりのモデルを選びましょう!


アイキャッチ画像出典:Facebook/Casio PRO TREK

カシオ プロトレック(casio protrek)どれを選ぶ?

カシオプロトレックスマートの写真 カシオのプロトレックは、大きく分けて下記の5種類に分かれます。

【1】プロトレックスマート(androidを搭載したスマートウォッチタイプ)
WSD-F30、WSD-F20
【2】マナスル(最高峰モデル)
PRX-8000
【3】マルチフィールドライン(山・川・海などあらゆる場所に対応するモデル)
PRW-7000、PRW-3510
【4】クライマーライン
PRW-6100、PRW-60(登山に最適なアナログデジタルモデル)
PRW-60(より小型になったアナログデジタルモデル)
PRW-3100(アウトドアで気軽に使えるデジタルモデル)
【5】その他(日常使いをしやすいモデル)

ラインナップが豊富なので、ご自身の好みや使用するシチュエーションにぴったりのものがきっと見つかりますよ。1ずつ詳しく見ていきましょう。

【1】プロトレックのスマートウォッチ「プロトレック スマート」

カシオプロトレックスマートの写真
出典:Facebook/CASIO PRO TREK Japan(WSD-F20)
2017年4月に発売されたAndroid Wear 2.0(2018年にWear OS by Googleへ)が搭載された「WSD-F20」。低消費電力GPSとオフラインでも使えるカラー地図機能が搭載され、電波の届かない場所やウォータースポーツ中でも単体での使い勝手が格段に向上しました。

他にも、多彩な表現が見やすいMapbox社の地図データの採用や、地図上に文字やマーカーでメモを残すことができる新機能「ロケーションメモリー」アプリなど、アウトドアギアとして新たな進化を遂げています。

WSD-F30
出典:Facebook/CASIO PRO TREK(WSD-F30)
2019年1月には、Wear OS by Google搭載の「WSD-F30」が新登場。「WSD-F20」よりもサイズが一回り小さくなり、10gほど軽量に。カラーTFT液晶から有機ELディスプレイに変わりました。電池寿命も延びています。

スマートウォッチだからこその多彩なアプリが魅力!

プロトレックスマートのアプリの写真
出典:Facebook/CASIO PRO TREK Japan(WSD-F20)
●ロケーションメモリー
GPS機能と連動し、正確な場所をフルカラーマップに表示できます。行動の軌跡をマップ上に表示したり、特定の地点を記録できます。

●アクティビィティ
地図と移動ルートだけでなく、速度や距離、高度、気圧変化など、多彩な情報をリアルタイムで表示します。アクティビティ中の状況判断を素早く行うことができます。

●モーメントセッター
あらかじめ時刻、距離、標高などの条件を設定しておけば、アクティビティ中に必要な情報だけを自動通知してくれます。タイムリーなアドバイスがペース管理に役立ちます。

●ツール
方位、高度、気圧、日の出・日の入り、タイドグラフ、活動グラフなどを表示します。ツールボタンで簡単に起動。

●カシオ モーメントリンク
位置情報コミュニケーションアプリ。仲間の場所が地図上で表示されたり、音声入力対応のテキストメッセージが送れます。情報を共有するグループはその場で簡単に作成でき、解散後データは削除されます。

●エクシリムコントローラー
カメラを好きな場所に取り付けておけば、手元のリモート操作で撮影ができます。

他にもアウトドア愛好家に人気の各種アプリと連携できます。

CASIO(アクティビティごとの注目アプリ)

どんなシーンで活躍するの?

▼PRO TREK Smart WSD-F20
▼PRO TREK Smart WSD-F30
プロトレックスマートを使えば、スマートフォンが使えない状況でもより便利に、そして新しい楽しみ方ができます。

【トレッキングでは・・・】
方位や高度、気圧を計測でき、簡単に方向の確認や天気変化の予測ができますし、ゴールまでの残り高度、経過時間や移動速度も手元に表示することができます。また、日の出や日の入りの時間を設定しておけば自動で通知してくれ、大切な瞬間を逃しません。カシオモーメントリンクを使えばその場にいる人たちでグループを組み、別ルートで移動中でもお互いの位置が確認しあえ、メッセージ交換で励ましあうこともできます。

サイクリングでは・・・】
走行中手がふさがっていても、速度や距離、時間などのデータを手元に表示できます。音声検索で地図やナビをチェックすることもできますし、あらかじめ距離や時間を設定しておけば休憩を取るタイミングを自動で教えてくれます。カシオモーメントリンクを使えば、グループを作ってアプリ上で位置情報をリンクできるので、メンバーの位置やメッセージを確認しながら走れます。

フィッシングでは・・・】
気圧変動やその日の満潮・干潮時刻を表示してくれるので、魚の動きを予測したり、急な天候変化を察知できます。魚の活性があがる時間を設定しておけば、時間になったらタイミングを知らせてくれます。カシオモーメントリンクを使えば、グループの仲間でポイント情報や釣れた瞬間の喜びもシェアできます。

ゴルフでは・・・】
アプリを活用することで、ゴルフ場周辺の天気予報や、コース上の現在地、残りの距離などを正確に把握することができます。コースレイアウトも表示されるので、プレーの戦略を考えるときに便利です。

みんなの評価は?

地図表示のカッコよさに惹かれて購入。かなり大きいけど意外に軽量なので腕の負荷は軽いです。初期設定は少々手こずるかも。使い勝手ですが各種通知、電話着信、LINE、Facebook、メールなどペアリングするスマホから通知許可設定されたものが確認出来ます。着信時のバイブレーションは若干弱めなので注意。通知だけでなく本文も時計で読めてしまうのはすごく便利です。とくにLINEは音声入力で返信まで出来てしまうのでいちいちスマホを取り出す必要がない。バッテリーの持ちは丸一日はなんとかいきそうですが、タフな操作を繰り返すと半日程度か。実際に屋外で使ってみて一番弱いと思ったのは液晶の視認性の悪さ。これはこの時計に限らないのですがモノクロ表示でなら十分実用的です。現在、いろいろなメーカーからウェアラブル端末が出ていますが総合的にはこの時計がベストではないでしょうか。出典:Amazon

プロトレックの冠が付いてプレミア感UP
見た目もアウトドア向けだけあってゴツいんだけど、スマートウォッチらしさも兼ねそろえている
アナログが見づらいひとや使いにくいひとにはオススメ
欲しい情報がパッと見でわかるのでアウトドア初心者にはうってつけ
900メートルの山に登山に持っていった感想
高度計は山頂で誤差数メートルといったかなりの精度
バッテリー優先にしたけど5時間で30%減ったのでカタログ値の2日は持たないかと
マップはGPSの感度が悪いのか10分前くらいの場所を示すのであまり役立たない
磁化補正がコツがいるのかなかなかうまくいかない
腕時計を見るようなポジションに持ってくると画面が変わるはずがなかなか変わらない
ツールやアプリ起動しようとすると固まる
登山中にデータが正確かチラチラ見てしまう
他の登山者の腕時計が気になってしまう
旧型よりは定価が下がったしなによりGPSが付いたってとこでカシオの努力は伝わる
ただアウトドアでこの時計に命を預けるのは待ったほうがいいと思う
あくまでも補助的なモノとして見れば十分だと思われます 出典:Amazon

気に入った点
・最初から入ってるウォッチフェイスが実用的
・GPS捕捉が速い
・説明書みなくても時計のボタン操作ができる
気に入らない点
・スマートウォッチとして使うと2日以内に電池切れ。
・電池持ちを長くしようとモード変更すると、晴天下で時刻表示が見づらすぎる。
・化粧箱添付、オンライン公開双方ともアプリの使い方に関するドキュメンテーションが貧弱すぎる。初期導入済みのアプリをどう使ったらいいのか、さっぱりわからない。
比較としてGARMINのアクティビティトラッカー VIVOACTIVE J HRはデフォルトGPSオフで、フル充電から1週間以上トラッキングできますが、この機種は通常モードとして設定されているスマートウォッチとして使う為に毎日充電が必要です。これではスマートウォッチという商品カテゴリーの存在意義にまで疑問符がついてしまう。後継製品に向けてもうちょっと商品企画から再検討した方が良いと思われます。出典:Amazon

OS搭載デバイスの良い所は、どんどんアップデートされていく点といえます。今後のさらなる進化に注目ですね。

カシオ プロトレックスマートアウトドアウォッチ WSD-F20-RG

ITEM
カシオ プロトレックスマートアウトドアウォッチ WSD-F20-RG
サイズ(H×W×D):約 61.7 × 57.7 × 15.3 mm
重量:約 92 g (バンド含む)
ムーブメント:リチウムイオン電池
バンド:-

カシオ プロトレックスマートアウトドアウォッチ WSD-F20-BK

ITEM
カシオ プロトレックスマートアウトドアウォッチ WSD-F20-BK
サイズ(H×W×D):約 61.7 × 57.7 × 15.3 mm
重量:約 92 g (バンド含む)
ムーブメント:リチウムイオン電池
バンド:-

「プロトレックスマート」代表的な機能
・低消費電力GPS搭載
・フルカラー地図表示
・オフライン利用対応
・GPS機能と連動したオリジナルウォッチフェイス
・マップ上に現在地、行動の軌跡、特定の地点を記録可能
・音声、キーボード、手書き入力での返信・応答
・音声入力・操作
・Google Play™ Musicで時計に音楽をDLし再生が可能
・Google 翻訳™で入力した言葉を設定した言語に翻訳
 

続いて、最高峰モデル「マナスル」とシーンを選ばず活用できる「マルチフィールドライン」をご紹介!


【2】最高峰モデル「マナスル」

PRX-8000T-7B
マナスルは、日本人で初めて8000m峰全14座を登頂した登山家・竹内洋岳氏のアドバイスを取りいれ開発されたプロトレックの最上位モデル。主要金属部分には軽量なチタン素材を採用しながらも、主要金属部分をビスで連結、ケースの最上面と風防には磨耗しにくい素材が使用されているなど、堅牢な作りもこだわりのポイントです。

他にも方位・圧力・温度の3つの小型センサーの搭載、気圧傾向インフォメーションアラームなど、過酷な状況下で役立つ機能が多数搭載されています。

▼PRO TREK PRX-8000T
 

カシオ プロトレック マナスルPRX-8000YT-1JF

ITEM
カシオ プロトレック マナスル PRX-8000YT-1JF
サイズ(H×W×D):-:59.7×52.5×14.4mm
重量:140g
ムーブメント:タフソーラー(ソーラー充電システム)
バンド:チタン

プロトッレック3個目で、初マナスル。重さもそれほど感じなく見た目も最高。


カシオ プロトレック マナスルPRX-8000T-7BJF

ITEM
カシオ プロトレック マナスル PRX-8000T-7BJF
サイズ(H×W×D):59.7×52.5×14.4mm
重量:140g
ムーブメント:タフソーラー(ソーラー充電システム)
バンド:チタン

シンプルなフェイスがなかなか良いです。大きいフェイスが気に入りました。液晶型のプロトレックもこれぐらい大きくなれば良いのに。
表示はシンプルで、ぱっと見ただけで、時間がわかるようになっていて、余計な物が目に入らないような工夫がされています。ベゼルのUTC文字の白抜きも見やすくなっています。このベゼルの表示は不思議な感じですね。ピカピカした金属地ではあるのですが、見る方向によって黒っぽくみえてUTCの文字のみがはっきり見えるという技巧が凝らされています。PRX-8000T-7BJFは液晶表示部が反転していなくて一見文字盤と一体感がないように見え、白っぽいのですが、こちらの方が良く見えるように思います。その他センサー類はプロトレックそのものなので、安心して使えます。アウトドアで使うのならウレタンベルトやシリコンベルトに変えたいところです。金属ベルト(チタン)は10万円超えだから付けた分けではないですよねカシオさん?早くオプションでベルトを出して欲しいです。


「マナスル」代表的な機能
・トリプルセンサー Ver.3搭載で高度、気圧・温度、方位を精密に計測
・マルチバンド6がネパール・カトマンズを含む世界主要都市の時刻を正確に表示
・タフソーラー
・気圧の急変動などをアラームで知らせる気圧傾向インフォメーションアラーム
・多機能をスムーズに使える「スマートアクセス」
・コントラストの高い文字板デザインで視認性追求、ダブル蓄光処理で夜間でも視認性UP
・バンドは簡単に長さを微調整でき、インナーグローブの上からでも着用可、万一のバンドはずれを防止するために取り付け部を裏蓋と一体化
・耐低温仕様(-10℃)

【3】登山でも釣りでも!「マルチフィールドライン」

 PRX-8000T マルチフィールドラインは20気圧防水というプロトレックの中でも最高の防水性能を備え、海、山、川シーンを選ばず使用できるアウトドアウォッチです。チタンムクバンドが使用されており軽量ながら堅牢な仕様、視認性や操作性にもこだわられたモデルです。

多彩なフィールドで活躍するアスリートも愛用

▼プロ・マウンテンクライマー花谷泰広氏
▼プロアドベンチャーレーサー田中正人氏
▼プロ・アングラー並木敏成氏

カシオ プロ トレック PRW-7000X-1JR

ITEM
カシオ プロ トレック PRW-7000X-1JR
サイズ(H×W×D):58.7×52.3×14.5mm
重量:120g
ムーブメント:タフソーラー(ソーラー充電システム)
バンド:コンポジットバンド(メタル/樹脂)

カシオ プロトレック PRW-7000-8JF

ITEM
カシオ プロトレック PRW-7000-8JF
サイズ(H×W×D):58.7×52.3×14.5mmmm
重量:95g
ムーブメント:タフソーラー(ソーラー充電システム)
バンド:カーボンファイバーインサート

昨年、65歳で退職してから、月1~2回程度ですか健康のために近くの山に登っています。アウトドア用としての時計を探していましたが、なかなか気に入ったものがなく長い間迷っていました。今回、カシオのプロトレックを購入しました。現品を見るまではちょっと大きいかなと不安でしたが、大きさや色合いも違和感がなくデザイン的にも気に入りました。


カシオ プロトレック PRW-7000-1AJF

ITEM
カシオ プロトレック PRW-7000-1AJF
サイズ(H×W×D):58.7×52.3×14.5mm
重量:95g
ムーブメント:タフソーラー(ソーラー充電システム)
バンド:カーボンファイバーインサート

結婚記念日に。10年の時にプレゼントしたプロトレックが調子が良くないとということで、ちょっと機能性能がよいこちらを15年で。 月齢が分かったり、潮の満ち引き、魚の釣れやすい時間が分かったりと主人にとっては嬉しい機能が以前のものに追加されて、かつ、見た目がグッとシンプルになったので、普段使いもオシャレでアウトドアっぽさがちょっと抜けた感じがとても素敵な時計です。10気圧対応が20気圧対応になったのも嬉しいポイントだったそうです。


カシオ プロトレック PRW-7000FC-1BJF

ITEM
カシオ プロトレック PRW-7000FC-1BJF
サイズ(H×W×D):58.7×52.3×14.5mm
重量:124g
ムーブメント:タフソーラー(ソーラー充電システム)
バンド:フィールドコンポジットバンド(樹脂)

自己主張弱めで着けやすい。ニクソンの51-30のオールブラックを使用していましたが、ゴツ過ぎ+重い為こちらを購入しました。サイズ感もよく適度な重量です。何より見た目がシックでカッコいい!お気に入りになりました。


カシオ プロトレック PRW-7000FC-1JF

ITEM
カシオ プロトレック PRW-7000FC-1JF
サイズ(H×W×D):58.7×52.3×14.5mm
重量:124g
ムーブメント:タフソーラー(ソーラー充電システム)
バンド:フィールドコンポジットバンド(樹脂)

歴代プロトレックを使用してきました。普段使いにはやはりデジアナが使いやすいのですが、機能優先の時計なので今ひとつ垢抜けないのは我慢かな?と思っていました。今回のモデルはデザインだけでも魅かれました。デジアナの革命でデジタル表示が下部から上部へ移動して、デイデイトの視認性抜群です。その他の機能も最新版へ正常進化、フィールドコンポジットバンドの装着感も良好で、腕は太くないにも関わらず時計の大きさも気になりません。バンドの微調整がアジャスターで簡単に行えるのもフィールドで有用だと思います。フィールドコンポジットバンドの調整方法ネットで見つかり難いですが100均の調整工具セット2という300円商品の0.8ミリの押し出しピンがあれば比較的簡単に自分で調整可能なのもポイント高ですね。prw6000シリーズが竜頭が勝手に飛び出す等のデメリットもあり次期フルモデルチェンジを待って大正解でした。


カシオ プロトレック PRW-3510Y-1JF

ITEM
カシオ プロ トレック PRW-3510Y-1JF
サイズ(H×W×D):56.9×53.4×14.5mm
重量:94g
ムーブメント:タフソーラー(ソーラー充電システム)
バンド:デュラソフト(シリコーン樹脂)

良い時計です。10年ほど前のプロトレックを持っていたのですが、バンドをつなぐピンが抜けてしまったので、これを機に新しく買ったのがこれで、センサーがver1からver3のものになって、気圧測定なども、ボタンを押してから5秒ぐらいかかったのが、1秒で表示できるようになり、キビキビと動くので良いですね。またソーラー発電と電波時計仕様なので、数年おきに電池交換のために、カシオへ修理に出す必要も無いので、楽で良いです。


カシオ プロ トレック PRW-3510-1JF

ITEM
カシオ プロ トレック PRW-3510-1JF
サイズ(H×W×D):56.9×53.4×14.5mm
重量:94g
ムーブメント:タフソーラー(ソーラー充電システム)
バンド:デュラソフト(シリコーン樹脂)

デザイン、質感ともに満足の一品です。
以前、登山用に数千円程度のチープなものを購入していましたが、電池切れのため光ソーラーのものを考えていました。
カシオの公式ページで検討し、登山だけでなく様々なアクティブスポーツに対応できることもあり、ちょっと勇気を出して購入。
それぞれのボタンの説明は、マニュアルで理解しやすくなっています。
時計合わせrも不要で、到着したそのひから使えたのはグッドでした。
仕事柄、スーツが多いのですが、黒が基調のため、不格好にならず、時計との相性もとくに問題ありません。
スーツでは、上着の袖と干渉する部分がありますが、気にならない小さな問題です。まだ登山にはつかってませんが楽しみです。


カシオ プロ トレック PRW-2500-1JF

ITEM
カシオ プロ トレック PRW-2500-1JF
サイズ(H×W×D):56.3×50.6×15mm
重量:80.6g
ムーブメント:タフソーラー(ソーラー充電システム)
バンド:樹脂バンド

重厚でごつく見えますがメタルでないモデルですので想像以上に軽く使いやすいです。
温度、気圧、高度、電波アジャスト、タイドグラフ、ワールドクロック、方位磁石、月齢、ほぼ全てのアウトドア情報がこの時計に入ってます
欲を言えば日の出、日の入り、水深、あと以前使っていた時計のタイドがビーチごとのデータで複雑な満ち引きも表示していたので、これらが加われば海から山全てがこの時計でおさまりますね


「マルチフィールドライン」代表的な機能
・トリプルセンサー Ver.3搭載で高度、気圧・温度、方位を精密に計測
・マルチバンド6がネパール・カトマンズを含む世界主要都市の時刻を正確に表示
・タフソーラー
・気圧の急変動などをアラームで知らせる気圧傾向インフォメーションアラーム
・多彩なフィールドで使える20気圧防水
・任意の日付の潮汐情報、月齢、月齢と月の位置関係からの釣りに適した時刻、日の出・日の入り時刻を表示
・蓄光処理、LEDライトで暗所での視認性向上
・耐低温仕様(-10℃)
 

続いて、実用性重視のシリーズと気軽に使えるシリーズをご紹介!


【4】登山に最適! 「クライマーライン」

登山で活躍の実力派!PRW-6100シリーズ

PRW-6100
PRW-6100はプロトレック本来の機能はそのままに、直感的なアナログと機能的なデジタルを融合したデザインで、より実用性を追及した高機能モデルとなっています。多彩な機能を簡単に操作するためのスマートアクセスを搭載しています。

カシオ プロ トレック PRW-6100YT-1BJF

ITEM
カシオ プロ トレック PRW-6100YT-1BJF
サイズ(H×W×D):58×51.6×12.8mm
重量:112g
ムーブメント:タフソーラー(ソーラー充電システム)
バンド:チタンバンド

使った見たら、結構いい感じです。ブルーが気になったので、落ち着いた感じです。機能が多いので、時間をかけて、上手に使おうと思っています。
チタンバントが重さあるので、本体と一体感があります。今ところ不満がありません。使い道としては、登山、海外旅行などときに使おうと思っています。


カシオ プロトレック PRW-S6100Y-1JF

ITEM
カシオ プロトレック PRW-S6100Y-1JF
サイズ(H×W×D):58×51.6×12.8mm
重量:74g
ムーブメント:タフソーラー(ソーラー充電システム)
バンド:カーボンファイバーインサート

私はPROTREKの初期型を使用して北アルプスで道に迷わず下山したことがあります。コンパス機能と高度計は絶対の機能ですね。新型は文字盤も大きく指針も白で認識性が高くとても便利ですね。最近は年で見えなくくなりましたが助かります。今後も健康維持にOUTDOORで楽しみます。絶対におカシオが勧めです。


カシオ プロトレック PRW-6100Y-1JF

ITEM
カシオ プロトレック PRW-6100Y-1JF
サイズ(H×W×D):58×51.6×12.8mm
重量:74g
ムーブメント:タフソーラー(ソーラー充電システム)
バンド:カーボンファイバーインサート

購入してしばらく使用した感想です
まずデザインは申し分なく、登山はもちろん普段使いにもおしゃれです。
機能においても登山で使用するのに必要な機能をそろえています。
正直、購入するときPRO TREK SMARTと比較して悩みましたがSMARTが頻繁に充電を必要とするのに対して非充電(つまり日光にあてずに)最長25か月駆動することが山時計として必要ではないか?と思い購入を決断しました。 もちろん遭難せずに登山を楽しめることが最高なのですが、人生にはなにが起こるかわかりませんから備えは必要だと思います。
そういう意味でも今回の購入は正解だと思っています


カシオ プロトレック PRW-6100Y-1AJF

ITEM
カシオ プロ トレック PRW-6100Y-1AJF
サイズ(H×W×D):58×51.6×12.8mm
重量:74g
ムーブメント:タフソーラー(ソーラー充電システム)
バンド:カーボンファイバーインサート

登山と釣りを趣味としています。今迄、コスパを重視しリーズナブルなラドウェザーを使用していました。
しかし、電池切れと老眼進行のためデジタル表示は見え難く、アナログのものを探していました。今回、デザイン、タフソーラー、7年保証が気に入り、この商品を購入しました。今後、普段用としても使用したいと思っています。


カシオ プロ トレック PRW-6100FC-1JF

ITEM
カシオ プロ トレック PRW-6100FC-1JF
サイズ(H×W×D):58×51.6×12.8mm
重量:102g
ムーブメント:タフソーラー(ソーラー充電システム)
バンド:樹脂バンド

今回は登山用ということで、プロトレック6100シリーズの購入を考え、ブレスタイプと樹脂タイプのバンドで悩みましたが、重さで30g位、値段は少し高いのですが、耐久性と装着性で、こちらを購入しました。
届いてすぐに使用しましたが、思っていたほど重く感じず、この商品で自分には
正解でした。無料のバンド調整もお願いしてよかったです。サイズもばっちりでした。日常使いにも問題なく使えそうで、永く大切に使いたいと思います。


「PRW-6100シリーズ」代表的な機能
・トリプルセンサー Ver.3搭載で高度、気圧・温度、方位を精密に計測
・マルチバンド6がネパール・カトマンズを含む世界主要都市の時刻を正確に表示
・タフソーラー
・気圧の急変動などをアラームで知らせる気圧傾向インフォメーションアラーム
・多くの情報を把握するためのすばやいモード切り替えや多機能表示が可能
・多機能をスムーズに使えるスマートアクセス
・文字位置と液晶部を独立して照らすダブルLEDライト
・多彩なフィールドで使える10気圧防水

気軽に使えるPRW-3100シリーズ

PRW-3100シリーズ
PRW-3100シリーズはプロトレックならではの充実した機能を搭載しながらも薄型化を実現しており、デザインと実用性を両立したスリムでコンパクトなモデルです。アウトドアを気軽に楽しむために役立つでしょう。

カシオ プロ トレック PRW-3100YB-1JF

ITEM
カシオ プロ トレック PRW-3100YB-1JF
サイズ(H×W×D):56×47.1×12mm
重量:68g
ムーブメント:タフソーラー(ソーラー充電システム)
バンド:樹脂バンド

トリプルセンサー搭載でありながら小型・軽量化されており使い易く、
さらに電波ソーラーなので使い勝手が良い。
外観は、ベゼルのブルーが落ち着いた色できれいな時計です。


カシオ プロトレックPRW-3100Y-1JF

ITEM
カシオ プロトレック PRW-3100Y-1JF
サイズ(H×W×D):56×47.1×12mm
重量:68g
ムーブメント:タフソーラー(ソーラー充電システム)
バンド:樹脂

デザイン最高
通勤でも使えるデザイン。
重さも軽くてつけていても疲れません。
これからどんどん山登りで活躍させたいです。


カシオ プロトレック PRW-3100T-7JF

ITEM
カシオ プロトレック PRW-3100T-7JF
サイズ(H×W×D):56×47.1×12mm
重量:106g
ムーブメント:タフソーラー(ソーラー充電システム)
バンド:チタン

高級感のあるシルバーとチタンの軽さ
仕事と登山に使用するため購入しました。方位計測できる時計が欲しくてPRW-3100Tを選びました。チタンバンドはとても軽量で、使用中も違和感がありません。ボタンも大きく押しやすいです


カシオ プロ トレック PRW-3100-1JF

ITEM
カシオ プロ トレック PRW-3100-1JF
サイズ(H×W×D):56×47.1×12mm
重量:68g
ムーブメント:タフソーラー(ソーラー充電システム)
バンド:樹脂バンド

スチール製のベゼルが購入ポイント
半年前ぐらいからトレッキングを始め、高度計のある時計が欲しくなり購入しました。この時計に決めたポイントは、ベセルがアルミではなくステンレスという点です。手元に届いて改めて良かったと思っています。センサー類については、温度計はけっこう誤差があります(私の場合、腕時計を外して計測しても5℃ほど高く表示)。最初は高度計も実際の高度より5m以上の誤差がありましたが、登山口などで高度調整すれば、高度変化はかなり正確に表示してくれます。おそらくプロトレックのトリプルセンサー搭載のものはすべて同じような精度だと思います。センサー関係は少し残念な感があるものの、総じては満足しています。


カシオ プロ トレック PRW-3100FC-1JF

ITEM
カシオ プロ トレック PRW-3100FC-1JF
サイズ(H×W×D):56×47.1×12mm
重量:100g
ムーブメント:タフソーラー(ソーラー充電システム)
バンド:樹脂バンド

文字盤も見やすくて テキトーにいじっても使いやすいです。
機能が多いのでマスターするまでには 少し時間がかかりそうですがアウトドアしながら覚えていこうと思います。
6000シリーズと悩みましたが こちらにして 良かったです。
理由はサイズ感が大きすぎず 薄くて邪魔にならないからです。
見た目より軽いと思います。


「PRW-3100シリーズ」代表的な機能
・トリプルセンサー Ver.3搭載で高度、気圧・温度、方位を精密に計測
・マルチバンド6がネパール・カトマンズを含む世界主要都市の時刻を正確に表示
・タフソーラー
・気圧の急変動などをアラームで知らせる気圧傾向インフォメーションアラーム
・指定した日の出・日の入り時刻表示
・フルオート高輝度LEDバックライト搭載
・悪天候でも使用可能な10気圧防水仕様

【5】日常使いにおすすめのモデル5選!

カシオプロトレック プロトレックはアウトドア向けというイメージが強いですが、デイリーユースにも適したラインナップも豊富。PRW-6600シリーズやPRG-650/600シリーズ、PRG-330シリーズなど、プロトレックの高い機能はそのままに、ファッションシーンでも映えるデザインが特徴です。

カシオ プロトレック PRW-6600Y-2JF

ITEM
カシオ プロトレック PRW-6600Y-2JF
サイズ(H×W×D):51.6×51.5×13.6mm
重量:78g
ムーブメント:タフソーラー(ソーラー充電システム)
バンド:デュラソフトバンド(シリコーン樹脂)

カシオ プロトレック PRW-6600YB-3JF

ITEM
カシオ プロトレック PRW-6600YB-3JF
サイズ(H×W×D):51.6×51.5×13.6mm
重量:66g
ムーブメント:タフソーラー(ソーラー充電システム)
バンド:クロスバンド

今まで時間の確認はスマホで十分と思っていましたが、デイキャンプで料理中の時間の確認やタイマー設定など、いちいちポケットからスマホを取り出すのが面倒になり、アウトドアで使える腕時計を探していたところ、この商品にたどり着きました。
本体、ベルトのカラーリングがかっこよく、文字盤も見やすくてたいへん気に入りました。腕が細いので大きすぎないか心配でしたが、厚みがそれほどないのでまったく違和感は感じませんでした。
これから大切にしながら、でもどんどん使っていきたいと思います。



これであなたもプロトレックマスター!最後は基本性能まとめ!

カシオ プロトレック PRG-650YL-2JF

ITEM
カシオ プロトレック PRG-650YL-2JF
サイズ(H×W×D):51.6×51.5×13.4mm
重量:76g
ムーブメント:タフソーラー(ソーラー充電システム)
バンド:合成皮革バンド

カシオ プロトレック PRG-600YB-3JF

ITEM
カシオ プロトレック PRG-600YB-3JF
サイズ(H×W×D):51.6×51.5×13.4mm
重量:67g
ムーブメント:タフソーラー(ソーラー充電システム)
バンド:クロスバンド

カシオ プロトレック PRG-330SD-2JR

ITEM
カシオ プロトレック PRG-330SD-2JR(日本自然保護協会コラボモデル)
サイズ(H×W×D):56×47.1×12.7mm
重量:58g
ムーブメント:タフソーラー(ソーラー充電システム)
バンド:樹脂バンド

可愛くつけたい
文字盤が結構大きいのですが スッキリしたデザインなので 目立つ様に付けたいです。


代表的な機能
・トリプルセンサー Ver.3搭載で高度、気圧・温度、方位を精密に計測
・マルチバンド6がネパール・カトマンズを含む世界主要都市の時刻を正確に表示
・タフソーラー
・気圧の急変動などをアラームで知らせる気圧傾向インフォメーションアラーム
・指定した日の出・日の入り時刻表示
・耐低温仕様(-10℃)

カシオ プロトレックの基本性能

プロトレックを着けている男性 プロトレックの開発には登山家のニーズが反映されており、アウトドアに役立つ4つの基本性能がほとんどの機種に搭載されています。

基本性能その① 方位、気圧・高度、温度を測定

プロトレックを着けている腕の画像 トリプルセンサーと言われる磁気センサー、圧力センサー、温度センサーが、方位、気圧・高度、温度を精密に計測してくれます。トリプルセンサー Ver.3では小型化、低消費電力、計測精度が進化しており、アウトドアギアとしての性能が飛躍的に向上しています。

基本性能その② 光を動力に変えられる

プロトレックの画像 タフソーラーと言われるソーラー充電システムが搭載されています。蛍光灯の光でも発電するソーラーパネル、内臓の二次電池との組み合わせで、強負荷のかかる各種機能を安定的に駆動できます。暗所ではパワーセービング機能も作動します。

基本性能その③ 世界のどこでも正確な時刻

プロトレックの画像 マルチバンド6と言われる電波受信機能が搭載されています。日本(2局)、中国、北米、イギリス、ドイツの世界6局の標準電波を高感度受信し、正確な時刻に自動修正してくれます。世界のどこにいても正確な時間がわかり、アクティビティの計画を遂行する手助けとなります。

基本性能その④ 悪天候でも安心

プロトレックの写真 予測しない悪天候や、水に触れるアクティビティでも使える、20気圧防水機能が搭載されています。雨天時の登山や、沢登り、カヤック、ラフティングなど様々なシーンで水にぬれても安心して使用できます。

取扱説明書は公式HPで!

公式HPで型番を検索して取扱説明書がダウンロードできます。必要な際は検索してみましょう。

取扱説明書を見る

プロトレックを使いこなそう

プロトレックの画像 プロトレックのそれぞれのシリーズにはアウトドアで役立つ沢山の機能が搭載されています。
アクティビティにあわせて機能を使いこなして、さらに充実したアウトドアライフを!

▼プロトレック開発担当者を直撃!


【アウトドア時計関連記事はこちら】

    紹介されたアイテム

    カシオ プロトレックスマートアウトドアウ…
    カシオ プロトレックスマートアウトドアウ…
    カシオ プロトレック マナスル PRX-…
    カシオ プロトレック マナスル PRX-…
    カシオ プロ トレック PRW-7000…
    カシオ プロトレック PRW-7000-…
    カシオ プロトレック PRW-7000-…
    カシオ プロトレック PRW-7000F…
    カシオ プロトレック PRW-7000F…
    カシオ プロ トレック PRW-3510…
    カシオ プロ トレック PRW-3510…
    カシオ プロ トレック PRW-2500…
    カシオ プロ トレック PRW-6100…
    カシオ プロトレック PRW-S6100…
    カシオ プロトレック PRW-6100Y…
    カシオ プロ トレック PRW-6100…
    カシオ プロ トレック PRW-6100…
    カシオ プロ トレック PRW-3100…
    カシオ プロトレック PRW-3100Y…
    カシオ プロトレック PRW-3100T…
    カシオ プロ トレック PRW-3100…
    カシオ プロ トレック PRW-3100…
    カシオ プロトレック PRW-6600Y…
    カシオ プロトレック PRW-6600Y…
    カシオ プロトレック PRG-650YL…
    カシオ プロトレック PRG-600YB…
    カシオ プロトレック PRG-330SD…
    \ この記事の感想を教えてください /
    GOOD! BAD

    関連する記事

    関連する山行記録 byヤマレコ

    カシオプロトレックを着用している手元
    この記事が気に入ったら
    「いいね!」をしよう
    hiromasa

    神奈川生まれ、神奈川育ち、神奈川在住の駆け出しライター、hiromasaです。フィッシング、アウトドア、兎に角自然が大好きなプチメタボ!今年は「山」と真剣に向き合って行きたいです。

    登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!