カシオプロトレック

大切なのは“登山の行程管理”ーーカシオ開発担当者に聞く『プロトレック』のベストな選び方

アウトドアウォッチの代表格、<CASIO(カシオ)>の“PRO TREK(プロトレック)”。登山をはじめ、釣りやゴルフなど、様々なアウトドアシーンで愛用されている人気の腕時計です。一言で“プロトレック”といっても、その種類は豊富。自分にぴったりのモデルがどれなのか悩んでしまう人も多いようです。そこで今回はプロトレック開発担当者を直撃! 自分の登山スタイルに合った1本の選び方を教えてもらいました。

目次

アイキャッチ画像撮影:YAMA HACK編集部

登山用に『プロトレック』がほしい! どれがおすすめ?

登山時計を付けている男性

出典:PIXTA

みなさんは登山の時に腕時計をつけていますか? 筆者はいつもスマホで時間を確認しているのですが、出したり仕舞ったりがやはり面倒…。落とす心配もありますし、まさに今、腕時計の購入を検討しているところです。

候補は<CASIO>の“PRO TREK”

様々なメーカーがアウトドアシーンで使える腕時計を多数ラインナップ。その中で候補の1つとして考えているのが、日本の精密機器メーカー<CASIO(カシオ)>のアウトドア腕時計“PRO TREK(プロトレック)”です。

ということで、“プロトレック”のカタログを熟読。ところが…

プロトレックの違いと選び方プロトレックの違いと選び方プロトレックの違いと選び方
そんなこんなで、メカ音痴の編集部員はラインやモデルごとの違いがイマイチ分からず混乱。「やっぱりスマホで時間を見ればいっか!」とあきらめかけたときに閃きました。

プロトレックの違いと選び方

【開発担当者を直撃】プロトレックの選び方を聞いてきた!

カシオ計算機株式会社カシオ計算機株式会社 羽村技術センター

撮影:YAMA HACK編集部(カシオ計算機株式会社 羽村技術センター)

早速、東京都羽村市にある『カシオ計算機株式会社 羽村技術センター』へ。 自分にぴったりの“プロトレック”の選び方を指南していただきました。

カシオ計算機株式会社羽村技術センター時計企画統轄部商品企画部第一企画室チーフエンジニア牛山さん・チーフプランナー小島さん

撮影:YAMA HACK編集部

教えてくれたのは、プロトレックの企画開発を担当された牛山さん[右]と小島さん[左]。

 

時計企画統轄部 チーフエンジニア 牛山さん[右]
プロトレックの商品開発を長年担当。携わった当初は登山の経験はほとんどなかったが、義理の両親に誘われて行った八ヶ岳登山で、現場を知ることが商品開発に役立つと感じ、そこから登山を開始。アンバサダーの岩崎元郎氏が主宰する無名山塾に所属し、雪山からロッククライミングまで学ぶ。現在はその経験を生かして、登山ガイド・ステージⅡの資格を取得。

 

時計企画統轄部 チーフ・プランナー 小島さん[左]
カシオ独自の時計作りに魅力を感じ入社して以来、主に機能時計の商品開発を担当。特に「PRO TREK」には 立ち上げ当初より参画しており、黎明期のセンサーモデルから最新モデル「PRW-60」まで数多くのデザインを手がけた。現在のブランドロゴとなっている山マークのデザインも担当した。

編集部 荻原
登山用に腕時計がほしいのですが…多岐に渡るプロトレックのラインナップの中から、自分にぴったりの1本を選ぶコツを教えてください。

牛山さん
プロトレックを選ぶ際の最初の分かれ道は、ズバリ「地図読み」です。

すばやく現在地を確認したいなら『プロトレック スマート』

プロトレックスマート

提供:CASIO(プロトレック スマート/WSD-F30-BU)
牛山さん
初めて行く山だと、今自分が歩いている道が正しいのかどうか常に不安な状態ですよね。そこの心配を解消して山登りをしたいのであれば、時計の中に地図を入れられるスマートウォッチタイプの『プロトレックスマート』がおすすめ。

GPSが入っているので現在地が地図上に表示されますし、自分のトレース(軌跡)も表示できますよ。

編集部 荻原
紙地図と併せてスマホで登山用のGPS地図アプリを使っていますが、腕時計なら見たい時にサッと確認できるので楽ですね。
牛山さん
『プロトレックスマート』はYAMAPさんと協力していて、GPS登山地図アプリ『YAMAP』を快適に使えるように作り込まれているんです。
編集部 荻原
YAMAPのアプリをそのまま時計に入れて、YAMAPの地図を見ることもできるとは! なんだかもう『プロトレック スマート』でいいかもと思ってきました。

プロトレック スマート

撮影:YAMA HACK編集部
牛山さん
ただ、GPSやカラー表示のために電力を食うんですよ。なので、長期にわたる縦走の際は、充電が必要になる場合もあります。
編集部 荻原
そうした点も踏まえて、腕時計で「地図読み」をしたいなら『プロトレック スマート』一択。地図表示が不要であれば、スマートウォッチではないラインを選べばいいわけですね。
牛山さん
腕時計で「地図読み」ができることの先にもメリットはあって。地図やGPSを時計に任せて、スマホの電源を切ることができる。そうすると緊急連絡用に充電を取っておくことができるんです。

スマホのGPS地図アプリと同様に、道迷いの危険が軽減されるという点で、スマートウォッチタイプの腕時計はひとつの選択肢になりますよ。

“ソーラー電波腕時計”は、とにかく手間がかからない!

編集部 荻原
では、スマートウォッチではないラインの特長は何でしょうか?

1 / 4ページ