キャメルバック製品25選。ボトルやハイドレーションを総まとめ!

2019/10/29 更新

キャメルバック製品25選をご紹介!ボトルやハイドレーション、バックパックや自転車に使えるボトルケージも掲載しています。また、長くきれいに使うためにも洗浄は欠かせないので、それぞれの製品ごとにお手入れ方法を解説しています。

制作者

Ryo

旅行・写真が好きな神奈川在住のRyoです。写真を撮りながら旅行するのが好きで、1年に1度の海外旅行は欠かせません!近年はアウトドアの魅力に惹かれアウトドア初心者として勉強中。ライターとしても駆け出しですが、役立つ・使える情報を発信できるよう頑張ります!

Ryoのプロフィール

...続きを読む


キャメルバックはハイドレーション・システムの生みの親!

スポーツはもちろん、ミリタリー分野でも採用されている、ハンズフリーで水分補給ができるハイドレーション・システムは、キャメルバックによって作られました。その歴史は20年以上も前から始まっており、今ではハイドレーション・システムで世界No.1のシェアを獲得しています。高品質・高機能な秘密は、厳しい製品テストによって保たれています。


キャメルバック「厳しすぎる製品テスト」

現在では、ハイドレーション・システム関連の製品以外にも、ボトル、デイパックといった製品も世に送り出しており、ランナー・サイクリストを中心に支持を得ています。


キャメルバックのボトル10選

キャメルバック ポディウムビッグチルボトル0.75L

柔らかくて飲みやすい、大容量750mlの保冷ボトルです。 2重構造+保冷素材で2倍の保冷性をもっているとても実用的なモデルです。軽く握るだけで簡単スムーズに水分補給することができます。
ITEM
キャメルバック ポディウムチルボトル0.75L
【スペック】
■容量:750ml

めっちゃ使いやすいので
って良かったと喜んでいます。
ありがとうございます。


キャメルバック ポディウムチルジャケットボトル0.6L

ポディウムチルボトルの0.6Lモデルです。

ITEM
キャメルバック ポディウムチルジャケットボトル0.6L
【スペック】
■容量:600ml

ロードバイク用に購入。以前使用していたSHIMANO純正ボトルとは
比較にならないほどイイです。少し長いことを除いてこちらをオススメします。

先日、家族が風邪を引いて寝込んでいるとき
このボトルにスポーツドリンクを入れて
寝ながらこぼさずに飲ませることができました。

体を起こすのが辛いときに行儀が悪いなんて言ってられません。
体調不良のときにもおすすめです。


キャメルバック ポディウムアイス0.6L

軽く握るだけで水分補給、理想のサイクリングボトルです。自動で開閉するJet Valveはキャップの開け閉めのストレスと飲料の飛び散りもありません。押しても吸っても給水可能で、徹底的に柔らかさを追求しています。
ITEM
キャメルバック ポディウムアイス0.6L
【スペック】
■容量:620ml

ボトルのなかでは最強‼︎
他のボトルと一緒に使ってみれば一目同然。かなりいいよ
^_^


サイクリングで使うなら一緒に欲しい、ボトルケージ

キャメルバックのボトルは若干太めなので、ケージを選ぶ際は幅の調整ができるものや、実際に使用しているユーザーの意見をレビューや口コミでチェックしてから購入しましょう。

トピーク モジュラー ケージ II サイクルボトルケージ

底のボタンを押すだけでケージ部分が自由にスライドできますので、スムーズにボトルの取り出しをすることができます。

ITEM
トピーク モジュラー ケージ II サイクルボトルケージ

CAMEL BAK ボディウム0.6Lは中太の75mmできつめでしたが、ガイドを一寸広げて問題なく使えました。ネジで止める可変型なので、他のサイズのボトルにも使え良かったです。また、底の部分がしっかり支えてくれるので安定感もあり、落下し難い造りのように思います。この値段でこの造りはお勧めです。

イベラ ボトルケージ 超軽量アルミ合金製 サイクル ボトルホルダー 29g

高価なカーボン製と変わらない重量の、軽量で丈夫なアルミ合金製のボトルゲージです。

ITEM
イベラ ボトルケージ 超軽量アルミ合金製 サイクル ボトルホルダー 29g

安価ですが、機能性は十分です。デザインもシンプルでフレームに馴染みやすく気に入っています。camelbakを使っていますが、出し入れも問題ありません。


キャメルバック チュート 0.6L

飲み口が小さく開けやすいため、非常に飲みやすいボトルです。キャップは半回転で開けることができ、また飲み口部分はねじが内側に切られているため、口当たりも非常に滑らかです。
ITEM
キャメルバック チュート 0.6L
【スペック】
■容量:600ml

キャメルバック チュート 0.75L

キャメルバック チュート 0.75Lモデルです。
ITEM
キャメルバック チュート 0.75L
【スペック】
■容量:750ml

大きすぎず、小さすぎず、そこそこの大容量で満足です。色も気に入りました。


キャメルバック チュート 1.0L

キャメルバック チュート 1.0Lモデルです。
ITEM
キャメルバック チュート 1.0L
【スペック】
■容量:1000ml

登山やキャンプではなくスポーツでの使用がメインです。
今まではスポーツドリンク用の1リットルボトルを使用していたのですが、飲みくちのところを洗うのがチョット手間だったのと、がぶ飲みしにくかったためいろいろ試しながら探していました。

で、これを試してみることにしたのですが大満足です。
バックやリュックのドリンクホルダーにぴったりだし、スポーツドリンクボトルで使用していた断熱ホルダー?がそのまま使えたのは嬉しい誤算。
洗いやすいし材質も頑丈で乱雑に扱っても問題ないしで末永く付き合っていけそうです。


キャメルバック チュート インシュレーテッド ステンレス 0.6L

保温・保冷効果の高い真空二層構造タイプのステンレスボトルです。開け閉めのしやすいキャップが日常使いにとても便利です。
ITEM
キャメルバック チュート インシュレーテッド ステンレス 0.6L
【スペック】
■容量:600ml

キャメルバック エディボトル0.75L

普段使いからアウトドアアクティビティの利用まで、幅広く使っていただけるボトルです。ストローの径を従来の2倍にしたことで非常に飲みやすくなりました。ボトルを逆さにせずバイトバルブを噛んで吸うだけで水分の摂取ができます。
ITEM
キャメルバック エディボトル0.75L
【スペック】
■容量:750ml

こんなボトルが欲しかった・・・
もう少し軽かったら持ち歩けるんだど、ちょっと重いきがします。
でもとても気に入ってます!!!


キャメルバック エディボトル1.0L

エディボトルの1.0Lモデルです。
ITEM
キャメルバック エディボトル1.0L
【スペック】
■容量:1000ml

ホットヨガのクラスで使用するために購入しました。デザインもいいし使いやすいです。最初、中のストロー部分の取り付けを上下間違えて吸えず焦りました。それ以降間違えないようにしているので問題はありません。


キャメルバック エディボトル インシュレーティッド 0.6L

エディボトル0.6Lに保冷・保温機能を加えたボトルです。普段使いからアウトドアアクティビティの利用まで、幅広く使っていただけるボトルです。ストローの径を従来の2倍にしたことで、非常にスムーズに飲みやすくなりました。
ITEM
キャメルバック エディボトル インシュレーティッド 0.6L
【スペック】
■容量:600ml

キャメルバックのハイドレーション8選

キャメルバック アンチドートリザーバー 1.5L

給水・メンテナンスがこれまでになく簡単におこなえるリザーバーです。ハイドロロック・ビッグハイドロバルブ・ハイドロガードなど特許取得済の主要パーツをはじめ、最新テクノロジーを駆使したモデルです。
ITEM
キャメルバック アンチドートリザーバー 1.5L
【スペック】
■容量:1500ml

山登り用にと言う商品説明でしたが、バイクのツーリングに使えるのではないかなと考えて購入しました。大変便利です。夏は冷たいのみのもをキープしておきたいので、目下、冷やす方法を考慮中です。 


キャメルバック アンチドートリザーバー 2.0L

キャメルバック アンチドートリザーバーの2.0Lモデルです。
ITEM
キャメルバック アンチドートリザーバー 2.0L
【スペック】
■容量:2000ml

サイクリングでボトルの出し入れが苦手で、こちらを発見し購入しました。
手持ちのバックにいれて使用してます。他のハイドレーションも試しましたが、こちらの製品が飲みやすいです。


キャメルバック アンチドートリザーバー 3.0L

アンチド―トリザーバーの3.0Lモデルです。
ITEM
キャメルバック アンチドートリザーバー 3.0L
【スペック】
■容量:3000ml

キャメルバック アンチドートライトリザーバー2.5L

初めてリザーバーを使う方におすすめの入門モデルです。シンプルでコストパフォーマンスに優れています。ドライヤーアーム、バッフル、クイックリンクシステムは搭載されていません。
ITEM
キャメルバック アンチドートライトリザーバー2.5L
【スペック】
■容量:2500ml

キャメルバック アンボトル 2.0L FGTS

保冷カバー付きリザーバーです。どのタイプのバックパックでも収納可能な仕様です。簡単に追加で補給ができるエクスターナルフィル機能をもつ、外付け可能なモデルです。
ITEM
キャメルバック アンボトル 2.0L FGTS
【スペック】
■容量:2000ml

真夏の水分補給「いちいち水筒を取り出して、ふたを開けて、飲む」にわずらわしさを感じているなら、購入して損はないと思います。
おもに、気温38度前後、直射日光下、熱を吸収する黒のザックに入れての使用でしたが、
コンビニで購入したロックアイス400gと水1リットル(重量を増やしたくない場合は500ml)をこのボトルに放り込んでおくと、
3時間半~4時間半程度は氷が残ったまま、冷たい水を飲むことができました。
バルブ(口をつけて吸う部分)にほこりなどがつきやすいので、気になる方はカバーなどをつけたほうがよいかもしれません。


キャメルバック アンボトル 3.0L FGTS

アンボトルの3.0Lモデルです。
ITEM
キャメルバック アンボトル 3.0L FGTS
【スペック】
■容量:3000ml

登山のために購入したのだが、いざ登山で使用してみるとなかなか良いものだと思う、水筒だと取り出したりするのが面倒だし、歩いてる最中に
水分補給するにも楽だ、ただ、全部飲みきらなかったので、3リッターは大きすぎたと思う。


キャメルバック ハイドレーションパック ストアウェイ2.0L

外気温の影響を受けにくくするため、ケース、チューブカバー、バルブカバーが付いたリザーバーです。夏季の液温上昇、冬季や寒冷地での飲料の凍結を遅らせる効果があります。お手持ちのパックに収納して使用できます。[my_affiliate_shortcode image=’https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41fvCVtFgtL.jpg’ title=’キャメルバック ハイドレーションパック ストアウェイ2.0L’ description=’【スペック】—my_br—■容量:2000ml’ price=’6696′ link_a=’https://www.amazon.co.jp/CAMELBAK-%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%A1%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF-%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%AF-%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A42-0L-1821321/dp/B005Q8S3DW?SubscriptionId=AKIAJ5J74L77ATVX52HQ&tag=spacekey-yama-22&linkCode=sp1&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B005Q8S3DW’ link_r=” link_l=” link_c=” review=’CAMELBAKとしては、専用リュックとセットになっているモデルが多くラインナップされていますが、—my_br—こちらは手持ちのリュックに入れることができるリザーバーで、ランニング練習時に重宝します。—my_br—付属品が以下の通りグレードアップしている点がポイントです。—my_br——my_br—・口をつける部分にカバーが付いており、チューブが保温カバーで覆われています。—my_br—別売オプションで購入できます—my_br——my_br—・チューブと本体がワンプッシュで簡単に着脱可能。—my_br—クイックリンク。これは一部のリュック付モデルには搭載されていません)—my_br—・乾燥時に便利な、ドライヤーアームが付属しています。’ quote_source=’amazon’ quote_source_link=’https://www.amazon.co.jp/CAMELBAK-%25E3%2582%25AD%25E3%2583%25A3%25E3%2583%25A1%25E3%2583%25AB%25E3%2583%2590%25E3%2583%2583%25E3%2582%25AF-%25E3%2583%258F%25E3%2582%25A4%25E3%2583%2589%25E3%2583%25AC%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25B7%25E3%2583%25A7%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2591%25E3%2583%2583%25E3%2582%25AF-%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2588%25E3%2582%25A2%25E3%2582%25A6%25E3%2582%25A7%25E3%2582%25A42-0L-1821321/dp/B005Q8S3DW?SubscriptionId=AKIAJ5J74L77ATVX52HQ&tag=spacekey-yama-22&linkCode=sp1&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B005Q8S3DW’]

キャメルバック ハイドレーションパック ストアウェイ3.0L

ハイドレーションパック ストアウェイの3.0Lモデルです。[my_affiliate_shortcode image=’https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/31FtDNMwWQL.jpg’ title=’キャメルバック ハイドレーションパック ストアウェイ3.0L’ description=’【スペック】—my_br—■容量:3000ml’ price=’7020′ link_a=’https://www.amazon.co.jp/CAMELBAK-%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%A1%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF-%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%AF-%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A43-0L-1821322/dp/B005Q8S4CW?SubscriptionId=AKIAJ5J74L77ATVX52HQ&tag=spacekey-yama-22&linkCode=sp1&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B005Q8S4CW’ link_r=” link_l=” link_c=” review=” quote_source=” quote_source_link=”]

キャメルバッグ製品の洗浄方法について

飲み物を入れて使用する性質上、ボトルやリザーバーは清潔に保っておきたいところ。洗浄方法のチェックも忘れずにしておきましょう!


ハイドレーション(リザーバー)の洗浄方法

【リザーバー本体】
① ブラシやスポンジを使い、中性洗剤とお湯でリザーバーの内部を洗います。その後、リザーバーとチューブを水ですすぎ、リザーバーを開いて乾かします(専用のリザーバードライヤーも販売されています)。
② よりきれいにしたい場合は、クリーニングタブレット1錠(重曹か漂白剤でも可)を溶かしたお湯に15分ほど浸け置きします。その後、水でよくすすぎ、十分に乾かします。
【チューブ】
① チューブ内に水を通すか、専用のブラシを用いて洗います。

洗浄用のグッズも販売されているので、ご紹介します。

ITEM
キャメルバック リザーバードライヤー
リザーバーを乾燥させるのに便利なハンガー。
ITEM
キャメルバック バッグ クリーニングブラシキット
リザーバー用&チューブ用ブラシのセット。

CAMELBAKをしばらく使用していないと、黒いカビがパイプの中に発生していました。時々キッチンはいた―での消毒をしていましたが
それが取れることがなく、試しに購入してみました。細いパイプ清掃もこれがあればしっかり洗えて、カビもきれいに取れました。ステンレスもバネのように伸縮があり、長いホースもしっかり手入れできます。洗浄剤はキッチンはいたーでもいいですが、メインテナンス道具としては持っておいて損はないと思いました。

ITEM
キャメルバック バッグ アウトドア クリーニングタブレット 8個
リザーバーやチューブのにおいを取り除いてくれる、洗浄用の錠剤。
ITEM
キャメルバック バッグパーツ アンチドートクリーニングキット
洗浄~乾燥までに必要なものが全て揃ったセット。

キャメルバッグと同時購入すれば、新品特有の匂いが低減できます。
良くすすいでから水を溜めて洗浄タブレットを投入。軽くシェイクしながらしばし5分放置。
洗浄液の排水をチューブ経由で行えば、チューブも一緒に洗浄。
ブラシを使いながら良くすすぐと新品でもスッキリ。

黄色のフックも乾燥時に便利。
青いフック以外は必需品だと実感している。


ボトルの洗浄方法

使い終わったらキャップを外し、ブラシやスポンジでボトル内部を洗いましょう。ノズル部分も分解して洗えるようですが、分解・組立が苦手な方はやめておいた方が良さそうです。動画で詳しい手順がわかるので、黒カビが気になる方は挑戦してみてはいかがでしょうか。


キャメルバックのバックパック7選

キャメルバック CM.オクテイン16X/BK/AB

中央のファスナーを開閉することにより、荷室容量を変えることができる便利な機能を備えたモデルです。レースやスピードハイキングなどにも最適です。

ITEM
キャメルバック CM.オクテイン16X/BK/AB
【スペック】
■リザーバー容量:3000ml
■荷室容量:13L

キャメルバック CM.オクテインXCT/BK/AB

メッシュ・バックパネル、リザーバー・ハンガーループ、ポケット付きウエストベルト等のアクティブな活動に必要な機能をしっかりと備えたバックパックです。トレイルランニングやサイクリングに適した軽量モデルです。

ITEM
キャメルバック CM.オクテインXCT/BK/AB
【スペック】
■リザーバー容量:2000ml
■荷室容量:5L

キャメルバック CM.オクテイン ダート/DA/FC

容量3Lととても低用量かつ軽量なので、ジョギングやウォーキング等のトレーニングに適したフィット性の高いモデルです。

ITEM
キャメルバック CM.オクテイン ダート/DA/FC
【スペック】
■リザーバー容量:1500ml
■荷室容量:3L

キャメルバック ハイドレーションパック クラシック

リザーバーの2000ml容量を備えた超軽量のハイドレーションパックです。最小機能のハイドレーションバッグで、余計な荷物を持たずトレーニングのみに集中したい方にはぴったりのモデルです。

ITEM
キャメルバック ハイドレーションパック クラシック
【スペック】
■リザーバー容量:2000ml
■荷室容量:-

キャメルバック ハイドレーションパック ハイドロバック

ちょっとした小物ポケットを搭載した最小機能のハイドレーションバッグです。携帯等ちょっとしたものをもったままアクティブに活動することができます。

ITEM
キャメルバック ハイドレーションパック ハイドロバック
【スペック】
■リザーバー容量:1500ml
■荷室容量:小物ポケット

キャメルバック CM.ウルトラ10 ベスト/BK/AB

様々なアクティビティで活躍してくれるベスト型パックです。8Lの容量を備えていますので、広い範囲で活躍してくれます。

ITEM
キャメルバック CM.ウルトラ10 ベスト/BK/AB
【スペック】
■リザーバー容量:2000L
■荷室容量:8L

キャメルバック CM.ウルトラプロ ベスト/BK/AB/L

500mlのボトルを2つ収納できるベスト型のパックです。トレイルレース等に適したモデルとなっています。

ITEM
キャメルバック CM.ウルトラプロ ベスト/BK/AB/L
【スペック】
■フラスク容量:500ml×2
■荷室容量:3.5L

キャメルバックで快適な水分補給

アクティブな活動に欠かすことができない水分補給ですが、キャメルバックを使用すればあらゆるシーンに最適なスムーズな水分補給をすることができます。ストレスなくスムーズに水分を補給することにより活動により集中することができます。

If smooth hydration is needed Camelback

スムーズな水分補給ならキャメルバック

紹介されたアイテム

キャメルバック ポディウムチルボトル0.…
キャメルバック ポディウムチルジャケット…
キャメルバック ポディウムアイス0.6L
サイトを見る
トピーク モジュラー ケージ II サイ…
イベラ ボトルケージ 超軽量アルミ合金製…
キャメルバック チュート 0.6L
キャメルバック チュート 0.75L
キャメルバック チュート 1.0L
キャメルバック チュート インシュレーテ…
キャメルバック エディボトル0.75L
キャメルバック エディボトル1.0L
キャメルバック エディボトル インシュレ…
キャメルバック アンチドートリザーバー…
キャメルバック アンチドートリザーバー…
キャメルバック アンチドートリザーバー…
キャメルバック アンチドートライトリザー…
サイトを見る
キャメルバック アンボトル 2.0L F…
キャメルバック アンボトル 3.0L F…
サイトを見る
キャメルバック リザーバードライヤー
キャメルバック バッグ クリーニングブラ…
キャメルバック バッグ アウトドア クリ…
キャメルバック バッグパーツ アンチドー…
キャメルバック CM.オクテイン16X/…
キャメルバック CM.オクテインXCT/…
サイトを見る
キャメルバック CM.オクテイン ダート…
キャメルバック ハイドレーションパック…
キャメルバック ハイドレーションパック…
キャメルバック CM.ウルトラ10 ベス…
キャメルバック CM.ウルトラプロ ベス…

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

キャメルバックのハイドレーションを使う人
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」