パワーみなぎる自然派クラフトコーラ。「休日COLA」×山の組み合わせが楽しいよ!

2021/12/10 更新

いつもの登山をもっと楽しくしてくれそうな、山好きにぴったりのドリンクを発見!その名も「休日COLA」。持ち運びやすいパウチタイプで、アレンジ自在。好きなときに好きな飲み方でコーラを味わえるのです。早速さまざまな飲み方で試してみました。はたして気になるお味は!?


クラフトコーラ meets 山登り!

グラスに注がれるコーラ
出典:PIXTA
最近、巷で目にすることが増えたクラフトコーラ。一つひとつスパイスや柑橘類など種類も違えば配合も違う。作り手のこだわりがぎゅぎゅっと詰まったオリジナルのクラフトコーラシロップが人気を博しています。

そんな中、編集部が発見したのは……!

\野生のクラフトコーラ!/

休日コーラ
撮影:筆者
ではなくて、アウトドアが大好きな作り手たちが作った『休日COLA』というクラフトコーラシロップ

一体どんな味なの? おすすめの飲み方は? いつもの登山をもっと楽しくしてくれそうな休日COLAを試してみました。

ホリデーに飲みたいクラフトコーラ

休日コーラ2種類
撮影:筆者
休日COLAは「休日をもっと豊かに」をテーマに作られたクラフトコーラシロップです。いったいどんなコーラなのかというと……

 

国産のおいしいフレッシュフルーツたちをふんだんに使用。中でも爽やかな酸味とジューシーさが特徴の日向夏と、優しい甘さと香りを引き出すりんごの相性はバツグン!コーラナッツをはじめ、カカオコーヒーでコクをプラス、オールスパイス、シナモン、クローブ、カルダモンなどのスパイスたちが華やかさを演出。フレッシュ感あふれるたいようのめぐみたっぷりのクラフトコーラをぜひお楽しみください。

引用:休日COLA

 

と、こだわりの食材をふんだんに使用したコーラなのだとか。すべて無添加素材なのもこだわりポイントなのだそうです。

冷えた炭酸で割るのはもちろんお湯やお酒と合わせたり、いろんな楽しみ方もできそう。飲む前から妄想が膨らみますね〜。

山にも嬉しいパウチタイプ

木の上の休日コーラ
撮影:筆者
さっそく休日COLAの現物を観察してみましょう。

パウチタイプなので携行性もグッド。飲み終えたら小さくたたんでゴミ袋に入れて持ち運べるので便利ですね。

休日コーラのパッケージ裏面
撮影:筆者
開栓後は要冷蔵ですが、開封前は常温保存が可能。

原料には日向夏(宮崎県産)、ザラメ(鹿児島県・種子島産)と国産食材がふんだんに使用されています。

輪切りの日向夏
撮影:筆者
パウチの中には、日向夏の輪切りがまるまる入っていました。うわぁ、贅沢ですね〜。

飲み終えたらパウチを切って、シロップ漬けの日向夏をそのまま食べてもおいしそうです。

携行食としてペロリと原液を舐めてもいいかも

それではお楽しみのテイスティングを。いただきます!

休日コーラをテイスティング
撮影:筆者
「うお〜、これは! 原液もありかも」

はじめに飛び込んでくるのは、日向夏とレモンでしょうか、柑橘類のさわやかな酸味です。そして追いかけるように口いっぱいにスパイスの香りがふわりと広がります。

そして最後に残るのが、濃厚でやさしいハチミツのような甘味でした。味が消えても、喉の奥がカ〜ッと熱くなるようなパワーも感じます。

山中での小休憩に、飴代わりとして休日COLAシロップをペロリと舐めるのも良さそう。酸味・甘味・スパイスが速攻で元気を届けてくれましたよ!

ベーシックな飲み方は原液:炭酸=1:3

コップ、炭酸水、休日コーラ
撮影:筆者
ベーシックな基本の飲み方にも挑戦してみます。用意するのはコップと冷えた炭酸水。

コップに休日コーラ原液を注ぐ
撮影:筆者
まずはシロップをコップの1/4くらいまで入れ、

炭酸を注いでいきます
撮影:筆者
炭酸を注いでいきます。しゅわしゅわと泡立ちが激しいのでこぼさぬよう慎重に。

休日コーラの基本、完成
撮影:筆者
じゃじゃーん、完成です!

この見た目、まさしく私たちが良く知っているコーラですね。それではいただいてみましょう。

休日コーラパッケージと基本の飲み方
撮影:筆者
ほ〜、市販のコーラより柑橘の風味が強くさわやかです。さらに口溶けのよい甘さが心地良いですよ〜。山頂で良い景色を眺めながらいただけば、きっと最高の気分になりそうです!

コップに日向夏の輪切りを入れても
撮影:筆者
そしてラストにはパウチの日向夏の輪切りをドカーン。作り手の遊び心も楽しいですね。

休日COLA1袋で約3回分の基本コーラを作ることができました。2~3人で飲みきって下山するのにぴったりサイズです。

スパイスで温まる。アレンジもお好みで

スパイス各種
撮影:筆者
基本のコーラを飲みながら、スパイスの刺激にさらなる可能性を感じました。お湯やホットミルク、紅茶など“温かい飲み物”との相性もいいはず。アレンジにチャレンジしてみましたよ。


牛乳で割ってチャイ風に

牛乳と休日コーラ
撮影:筆者
ホットミルクで休日COLAを割ります。牛乳は沸騰させると分離してしまうので、チョロ火でゆっくりと温めるのがポイントです。ホットミルクが完成したら休日COLAを適量入れて完成です。

休日コーラの牛乳割り
撮影:筆者
お味はまさしく、チャイ風味。スパイシーな甘さが牛乳と相まって身体がじんわりと温まります。

そして底の方にはヨーグルトのように固まったものが……! これは牛乳に含まれるたんぱく質のカゼインが酸性に反応し固まったもの。果実酢の牛乳割りを作ったことのある人ならイメージしやすいかもしれません。底の固形物のお味は、甘酸っぱくまさにヨーグルトそのもの。デザート感覚でおいしくいただけました。

1回でチャイとヨーグルトが楽しめる、ユニークなアレンジです。

お湯とウイスキーで割ってオトナ味

ウイスキーと休日コーラ
撮影:筆者
お次は、キャンプ泊の夜にお酒をチビチビいただく人へのおすすめアレンジ。休日COLAシロップで、もっと身体を温めてみませんか? 晩酌が日々の筆者が提案するのは「ウイスキー×お湯×休日COLA」の組み合わせ。

休日コーラとウイスキーのお湯割り
撮影:筆者
言わずもがな、ぽっかぽかに全身が温まります。休日COLAの甘味と酸味がウイスキーと相まって、奥深さを演出しておりますよ。そして気付けばまた一口……と、飲みやすいことこの上ない。

飲み過ぎは注意、でもゆっくり星空を眺めながらいただきたい、そんな贅沢なオトナの飲み物でした!

「休日CORA」×山で刺激的なホリデーを

休日コーラが入ったコップの底
撮影:筆者
作り手の遊び心やこだわりが詰まった「休日コーラ」は、山遊びをもっと面白く、そしてハッピーにしてくれる飲み物でした。次の登山までに準備するのもいいし、アウトドア仲間へのプレゼントとしてもぴったりかも。アレンジ次第でさまざまな味わい方にチャレンジできるのも嬉しいポイントです。

次はどんな山で、どんな仲間と、休日コーラを飲みましょうか。スパイシーなホリデーをお過ごしくださいね。

休日COLA 公式サイト


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

休日コーラ
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
大城 実結

フリーランスライター。自転車や登山など野山にまじりて日々生きている。温泉とお酒がある場所へ行きがち。アウトドア雑誌やWebにて執筆中。

website twitter
登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」