動きやすいフリースがほしいなら!高ストレッチの「トレールアクションジャケット」で決まり

2022/01/20 更新

モンベルのフリースウェアの中で最も運動性が高いモデル「トレールアクションジャケット」。2WAYストレッチや適度な通気性など、激しい運動の保温着として最適な特徴を持っています。今回は実際に着用し、着心地や使い勝手、適した利用シーン、他のモデルとの違いをチェックしてみました。

制作者

ライター

黒田猫太郎

近所の山から遠くの山まで、春夏秋冬、毎週のように山で遊んでいたら、いつの間にか25年、山歴だけは長くなってしまいました。山遊び経験を活かした様々なウェアやギアのレビュー、身近な山や自然の魅力を発信していきます。特に「くじゅう連山」や「脊振山地」あたりに出没中。

黒田猫太郎のプロフィール

...続きを読む


アイキャッチ画像撮影:筆者

アクティブなシーンに最適!モンベルの「トレールアクションジャケット」

トレールアクションジャケット
撮影:筆者
寒い季節の登山に欠かせないのが、フリースやダウンといった保温性が高い中間着。登山はもちろん、スピードハイクやクライミングでは、動きやすさも見逃せません。そんなアクティブなシーンに最適なのが、モンベルのフリースウェア「トレールアクションジャケット」です。

抜群のストレッチ性が特長!その着心地は?

運動性能の高さが人気の「トレールアクションジャケット」。実際に着用しながら特徴をチェックしてみました。

とにかくよく伸びて動きやすい

ストレッチ
撮影:筆者
モンベル独自のフリース素材「クリマプラス」に縦横2方向のストレッチ性を加えた「ストレッチクリマプラス」を採用しています。クライミングでよく使う腕や肩を動かすシーンでも、身体の動きを妨げることがなく快適です。

背中
撮影:筆者
実際に背中を捻じっても引っ張られる感じはなく、スムーズな動作ができました。

スランテックカフ
撮影:筆者
袖口は、締め付け感がないのに適度にフィットする「スランテックカフ(※)」を採用。腕を折り曲げてもツッパリ感がない仕上がりになっています。ハシゴや鎖場などで腕を大きく動かしても、袖口がずり上がるようなことはなさそうです。
※縫い目を斜めに施すことで心地よいフィット感を実現した、モンベルが特許を取得している機能

なめらかな表地×起毛裏地の絶妙コンビで、運動性と保温性を両立

トレールアクションジャケット生地
撮影:筆者
表面は縫い目が平らなサラっとした生地。滑りがいいためアウターと干渉しにくく、雪がつきにくいという特徴も持っています。裏面は保温性の高い起毛生地であたたか。ちょっと厚めの「ジャージ」のような着心地です。

適度な通気性もあり、激しい運動にぴったり

蒸れにくい
撮影:筆者
ほどよい通気性も「ストレッチクリマプラス」素材の特徴のひとつ。ポケット部はメッシュになっているので、ベンチレーションの代わりにもなりそうです。体を動かし続けても蒸れにくく、無駄に熱がこもる不快感はなし。ずっと着ていたくなる心地よさでした。

アウター必須
撮影:筆者
一方で、通気性確保のため裏地などは配置されておらず、あまり防風性はありません。風がある時はアウターが必須。運動量が少ないときや寒い時期は、基本的に中間着として考えておいたほうが無難です。


ジップやポケットにも快適性UPの工夫あり

ファスナー
撮影:筆者
首元はフロントファスナーのスライダーを上げ切ってもアゴに当たらないフラップ付き。寒い時のスライダーは冷たくて当たると不快ですよね。こういう細かいところへの配慮も行き届いています。

ポケット
撮影:筆者
ポケットは、左右のハンドポケットと胸ポケットの計3か所。胸ポケットはスマートフォンが入るほどのサイズです。すべてファスナー付きなので、大切なものを落とす心配がありません。

携帯性は良好!バックパックに入れても邪魔にならない

携行性
撮影:筆者
たたむとペットボトルと同じくらいの厚さ。春秋の登山で暑くて脱いでも、バックパックの中でかさばらない程度の大きさです。

同じく薄手の「シャミースジャケット」とはどこが違う?

比較
撮影:筆者
トレールアクションジャケットの他に、モンベルの薄手フリースジャケットとして「シャミースジャケット」があります。スペック上の違いとしては大きく以下の3点。
 
シャミースジャケットトレールアクションジャケット
ストレッチ方向縦横
重量(メンズ平均)245g345g
保温性トレールアクションジャケットよりやや低いシャミースジャケットよりやや高い
 
実際に着てみると、たしかにストレッチ性は「トレールアクションジャケット」のほうが高かったのですが、保温性はそれほど差を感じませんでした。
 
重量に100gの差があるので、一般登山での夏の携帯防寒着としては「シャミースジャケット」の方が向いているかもしれません。

「トレールアクションジャケット」は、こんなシーンにおすすめ

トレールアクションジャケット
撮影:筆者
着用感は、フリースというより「適度に暖かく動きやすい裏起毛のジャージ」のよう。細身でフィット感が高く、身体に追随するストレッチ性は他のフリースウェアとはかなり違う印象を受けました。
 
ただし厳冬期の保温着としては、もう少し保温性の高いモデルを用意したいところ。その場合は同社の「クリマプラス100ジャケット」のような中厚手以上のフリースがおすすめです。
 
おすすめシーン
・春や秋の登山の中間着やアウターとして
・岩場がある登山やクライミング、スピードハイク、スキーなど高い運動性を要求されるシーンに
 

トレールアクションジャケット Men’s

トレールアクションジャケット Men's
提供:mont-bell
税込価格7,590円
素材ストレッチクリマプラス®[ナイロン47%+ポリエステル36%+ポリウレタン17%]
平均重量345g
カラー4色
サイズXS~XL、U/S~U/XL(海外モデル)
 
モンベル公式|トレールアクションジャケット Men’s
 

トレールアクションジャケット Women’s

トレールアクションジャケット Women's
提供:mont-bell
税込価格6,930円
素材ストレッチクリマプラス®[ナイロン47%+ポリエステル36%+ポリウレタン17%]
平均重量282g
カラー3色
サイズS~XL、U/S~U/XL(海外モデル)
 
モンベル公式|トレールアクションジャケット Women’s
 

パーカとプルオーバー、タイツも展開

トレールアクションパーカ
提供:mont-bell[左]メンズ[右]ウィメンズ
パーカメンズウィメンズ
税込価格7,920円7,260円
素材ストレッチクリマプラス®[ナイロン47%+ポリエステル36%+ポリウレタン17%]
平均重量358g313g
カラー4色
サイズS~XL、U/S~U/XL(海外モデル)
 
モンベル公式|トレールアクションパーカ Men’sモンベル公式|トレールアクションパーカ Women’s
 
トレールアクション プルオーバー
提供:mont-bell[左]メンズ[右]ウィメンズ
プルオーバーメンズウィメンズ
税込価格7,370円6,710円
素材ストレッチ クリマプラス®[ナイロン47%+ポリエステル36%+ポリウレタン17%]
平均重量302g264g
カラー3色1色
サイズS~XL、U/S~U/XL(海外モデル)
 
モンベル公式|トレールアクション プルオーバー Men’sモンベル公式|トレールアクション プルオーバー Women’s
 
提供:mont-bell[左]メンズ(ニーロング)[中央]メンズ[右]ウィメンズ
タイツメンズ(ニーロング)メンズウィメンズ
税込価格6,050円6,380円5,940円
素材ストレッチクリマプラス®[ナイロン47%+ポリエステル36%+ポリウレタン17%]
平均重量243g299g256g
カラー1色2色
サイズS~XL
 
モンベル公式|トレールアクション ニーロングタイツ Men’sモンベル公式|トレールアクションタイツ Men’sモンベル公式|トレールアクションタイツ Women’s
 

モンベルのフリースに関する記事をもっと見る


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

トレールアクションジャケット
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」