赤×グレーがテン場で映える!耐風性抜群の<MSR>ハバハバ NXを徹底リサーチ

2021/06/14 更新

ツートンカラー×スタイリッシュなフォルムが、山岳のキャンプ場で目を惹くMSRのテント。その中でも「ハバハバNX」は、軽量で快適、風にも強い非常によく考えられたテントです。そのカッコいいだけじゃない実力を、実際に設営して探ってみました。同じく人気の「エリクサー」や「ゾイック」など、他のモデルとのスペックの違いもチェック!


アイキャッチ画像撮影:筆者

カッコいいテントの代名詞!<MSR>ハバハバ NX

目立つ!”かっこいい”テント<MSR>ハバハバ NX
撮影:筆者
MSRのテントといえば、赤とグレーのツートンが代表的。今回紹介する「ハバハバ NX(HUBBA HUBBA NX)」も、スタイリッシュなフォルムとカラーがキャンプ場でよく映えますよね。

しかし、ただカッコいいだけじゃないんです。テントブランドとして定評があるMSR。実際に張ってみると、優れているのは見た目だけじゃないと、感心させられることがアレコレと……!

軽さ・居住性・耐久性の好バランス! ハバハバ NXの特長

ロゴ
撮影:筆者
まずは、ハバハバ NXの特長を探ってみます。

シームテープなし!軽さと居住性を両立

シームテープ無し!軽さと居住性を両立
撮影:筆者
ハバハバNXは、本格山岳用というよりバックパッキング向け。なので、軽量性と共に居住性も求められます。一般的に居住性が高いと重量が重くなるもの。

しかし、ハバハバNXは最小軽量1,600gと軽量。軽さの要因は、軽量な素材と共に、縫い目を防水するシームテープがいらない特殊な防水縫製を採用していることが挙げられます。

上の画像のようにシームテープが貼られていないので、そのぶん軽くなっているということです。

劣化しにくいフライとフロア「エクストリームシールドシステム」

軽さと居住性を両立した構造
撮影:筆者
テントを長く使っているとわかりますが、最初に劣化するのが防水コーティング。ベタベタしはじめ、そして剥がれる、ほとんどの人はこれで廃棄します。

ハバハバNXのレインフライとフロアには、新しいコーティング技術「エクストリームシールドシステム」を採用しているため、従来の防水コーティングと比較し3倍長持ちします。好きなテントは、なるべく長く使いたいので、これはうれしいですね。

強風に強い「イーストン社サイクロンポール」

強風に強い「イーストンポール」
撮影:筆者
強風時にテントが変形すると、「このまま壊れるのでは……」とテント内でかなり不安。

ハバハバNXは、航空機で使用する複合素材と同じグレードのポールを使用しており、強風に吹かれると、それに合わせてしなり、風がやむと元に戻す弾性が高いので、倒壊の危険が少なくなっています

イーストンポール 上の画像くらい曲がるポールだそうです。一般的なアルミニウム合金ポールで同じことをすると、折れるか曲がって戻りません。

実際に触ってみると、サイクロンポールは金属っぽさが少なく、プラスティックのような感触。一般的なテントポールとはちょっと違う雰囲気です。

いざ設営!ハバハバNXはちょっと特殊かも!?

ハバハバNX
撮影:筆者
ハバハバNXの特長を探ってみると、たしかに“カッコいい”だけではないことがわかりました。

ここからは実際に設営し、気になるポイントを細かくチェックしてみましょう。一般的なテントとはちょっと違う箇所がいくつかありました。

やや複雑なポール構造、その設営性は?

設営手順は、おおまかに以下の通り。


撮影:筆者
①.テントを広げステイクで固定。ポールも組み立てておく。
②.ポールを四方のグロメットに差し込み立てる。
③.リッジポールを取り付けテント天井部を掛ける。
④.テントのクリップをポールにかける。
⑤.レインフライを掛ける。
⑥.レインフライの四方をポール先端に取り付け。
⑦.前室とガイコードをステイクで固定し全体にテンションをかける。

 
ポールが一般的なXタイプではなく、「設営が難しいのでは?」と思いましたが、はじめてでも特に迷うことなく設営できました。

特殊なガイコードポイントの位置

ガイコード
撮影:筆者
筆者が設営していて、一番驚いたのがガイコードポイントの位置。

一般的なテントは、上から見て四角形の位置にありますが、ハバハバNXの場合、ひし形の位置に計4つ。ちょっと特殊です。

撮影:筆者
特に、前室の中央上部から出たガイコードが特徴的。前室前方にステイクで固定され、一見すると出入り時に邪魔になりそうですが、前室の片側は下ろしていることがほとんど、かつガイコードが前室に沿っている状態なので、意外と邪魔になりません。

ガイコードポイントは、ポールに最もテンションが掛かる場所になります。ハバハバNXは、ポールの配置が上から見て十字の形になるので、このような位置になったようです。


レインフライの開閉もユニーク

前室開閉
撮影:筆者
出入口は長辺に2か所。ここも一般的なテントと違い、レインフライ(前室)の開閉位置が個性的です。

一般的なテントは前室のセンターにファスナーがあり、両開きになるのに対し、ハバハバNXのファスナーはテント側の一辺にあり、まるで片開きカーテンを開けるように開閉します。

出入口
撮影:筆者
メリットは、テント内からサッと開閉できること。センターファスナーの場合は、地面近くになるとテントから遠くなるので、テント内からの開閉は困難です。

雨でも大丈夫!レインガーター(雨どい)付き

レインガーター
撮影:筆者
この前室の開け方でふと思ったのが、「雨の開閉時に、雨水が出入り口に垂れてこないか?」という事。でも、大丈夫。上の画像の囲み部分にレインガーター(雨どい)がありました。これにより、雨水はレインガーターをつたって、下へ流れます。

かなり広い!快適な室内を支えるサイクロンポール

居住性
撮影:筆者
テント内に入ってまず感じたのは「広い!」ということ。フロアサイズ自体は、他の2人用テントと大差ありませんが、前後左右の壁が立っていることにより、非常に快適です。

これくらい壁を立てると耐風性が心配ですが、ここで活躍するのがサイクロンポール。弾力性が高いポールなので安心です。

メッシュインナーと横方向のベンチレーションで換気

ベンチレーション
撮影:筆者
頭と足元の2か所にベンチレーション。また、インナーテントの上部はメッシュなので、通気性は問題なし。その反面、寒い季節での使用は、シュラフを厚くするなどの工夫が必要かもしれません。

広めの前室が前後2か所

前室
撮影:筆者
前室は広め、しかも2か所。張り出し最大長76cmあるので、荷物を置いても余裕です。

携行時はコンプレッションするのがおすすめ

携帯性1
撮影:筆者
付属のスタッフバッグに、フライシート・インナーテント・ポール・ペグ、すべて格納したのが上の画像。バッグ自体には余裕があり、フットプリントも入れることができます。

ただ、この長さでは、横積みが基本のバックパックには収まりが悪そう。そこで、ポールを抜き、コンプレッションベルトで締めたのが下の画像。

携帯性2
撮影:筆者
これならバックパックにもきれいに収まりそうです。ポールはサイドポケットに挿すか、バックパックの隙間に差し込みましょう。

風が強い稜線上でも快適に過ごしたい!そんな人に最適

撮影:筆者
使ってみて感じたのは、とにかく広い、いや、広く感じると言った方がいいかもしれません。サイズの数字で見ると普通なのですが、余裕が必要な所をうまく広げているデザインで、ウェアでいえば立体裁断のようなテント。しかも、強風に強い。高山の稜線上や、海辺など強風が予想される場所で、快適に過ごしたい人におすすめのテントです。

【スペック比較】 他のバックパッキングモデルとの違いは?

ハバハバNXと同じ、バックパッキングモデルのスペックを比較しました。基本的に定員2人をピックアップしていますが、参考のために1人用のハバNXも掲載しています。

MSRテントスペック比較表MSRテントスペック比較
提供:モチヅキ公式サイト(作成:YAMA HACK編集部)画像クリックで拡大

「ハバハバNX」は見た目も中身も男前だった!

まとめ
撮影:筆者
居住性や耐風性、よく考えられた細部など、今回実際に設営してみて、デザイン性が高いだけではないことがよくわかりました。でも一番感じたのは、「やっぱりカッコいい!」ということ。性能が良く、スタイリッシュなハバハバNXは、テン場で目立つこと間違いなし。テント泊登山のモチベーションをあげてくれるのではないでしょうか。




紹介されたアイテム

MSR ハバハバNX
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
黒田猫太郎

IT関連の超インドア人間が、パートナーの影響で山人間に。今では、パートナーよりも山にはまってしまいました。九州を中心に山歴20年。なのに、一向に上級者になる気配が無い、猫好き酒好きのヘタレ山ヤです。パートナー&猫3匹と同居中。愛車ジムニーで山を徘徊中。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」