憧れの頂からは感動の大絶景!『今』の自分に挑戦し続けるために登る剱岳

2020/06/24 更新

登山女性向け情報ページ「POLE POLE」。そこで、山の魅力や楽しさを発信してくれる存在がアンバサダー。今回は、絶景写真を紹介してくれている<yumika0121>さんの登場です。思い入れのある山や、チャレンジしたい山など、ひとりの女性登山者として山について、胸に思い描いていることをインタビューしました!


アイキャッチ提供:yumikaさん

山に登る理由は人それぞれ

山の絶景 穂高岳山荘のテント場からの絶景
撮影:YAMAHACK編集部
山に登る人は、初心者からベテラン、スタイルもきっかけも様々で、いろいろな人がいますよね。そして、その数だけ山へ登る理由や想い、楽しみ方も存在します。コロナウイルスでの自粛期間もあり、より山について考える時間も多かったのではないでしょうか。

YAMA HACKでは、これまでアウトドアに関わる多くの人達に、山への想いを聞いてきました。様々な人の話を聞くと、自分とは違う価値観や共感できるポイントだったり、新しい山の魅力を発見することができるかもしれません。

今回は、よりYAMA HACK読者に近い登山者「POLEPOLEアンバサダー」の方に、山への想いを聞いてみたいと思います。

「POLE POLE」アンバサダーってどんな人?

女性のための登山情報ページPOLE POLE
『POLE POLE』とは女性のための登山情報ページ。登山が好きなすべての女性に、レベルや年齢にとらわれることなく自分らしく山を楽しんでほしい、そんな想いをカタチにする場所として2020年3月にOPENしました。

そのPOLE POLEで、女性ならではの視点で山の楽しさや魅力を発信してくれる存在がアンバサダーさん。自分らしく山を楽しみ、その思い出の詰まった写真などを投稿してくれています。

いつも見ているだけでワクワクする写真を投稿してくれるアンバサダーさんって、どんな人なんだろう?
普段なかなか聞くことのできない山への想いを聞いてみたい!

そんな訳で、「思い出の山」や「挑戦してみたい山」など山にまつわるお話を伺ってきました。

初めまして!POLE POLEアンバサダー<yumika0121>さん

提供:yumikaさん(Instagram/yumika0121)
プロフィール|yumika0121さん
名前:yumika 登山歴:4年 元々は、シーズンパスを買うほどスノーボードに熱中。夏の間、スノボのオフトレとして低山に登り始め、山の素晴らしい景色に出会い登山へ完全シフト。ミラーレスカメラを片手に山の絶景を探し始め、現在に至る。平日は働きながら、天気がよければ毎週末どこかの山へ出かけている。
 

yumikaさんyumikaさん絶景 多くの絶景写真を紹介し、「山々にはこんなに美しい景色があるんだ!」という感動を写真で届けてくれるyumikaさん。早速、大好きな山の話を聞いてみましょう!

私の大好きな山、それは「剱岳」

提供:yumikaさん

剱岳
標高:2,999m
所在地:富山県中新川郡上市町、立山町
北アルプス北部の立山連峰にある岩峰・剱岳。日本百名山の中でも屈指の難易度として知られ、登山好きなら一度は挑戦してみたい憧れの山。日本三大雪渓のひとつ、剱沢雪渓を擁し「岩と雪の殿堂」とも呼ばれている。一般登山道では国内最難関と言われている「別山尾根ルート」を利用するのが一般的。

── 剱岳がとにかく好きだと伺っていますが、初めて登ったのはいつですか?

yumikaさん
登山を始めて2年目ぐらいの夏でした。別山尾根ルートを1泊2日の小屋泊で行きました。


── 登るきっかけは何でしたか?

yumikaさん
遠くから眺めていて、かっこいいな、と思ったのが最初でした。
ただ剱岳は下から登っていくのにすごく大変なイメージがあったので、その時点での自分には無理かなと。実は、高所恐怖症なんですよ。


── えー!?よく行こうと思いましたね。

yumikaさん
はい。笑
なので、とにかく色々と調べました。そこから、半年くらいかけて自分の歩ける距離を延ばすようトレーニングしてから挑みました

そして憧れの頂へ。感動であふれ出す涙。

提供:yumikaさん(燃えるような朝焼けと雲海に映る剱岳の影を眺めながら憧れ続けていた頂へと向かいました。)
── しっかりと準備して挑んだ初めての剱岳はどうでした?苦労した点などありますか?

yumikaさん
稜線から朝日を見るために午前3時に出発したので、ルートを見つけるのに苦労しました。


── えっ!初めての山域でナイトハイクですか!?

yumikaさん
はい、今考えると無謀なことしたな、と。ほぼ同じ登山歴の友人との山行で、2人して苦戦しました。
後ろからいらしたベテランの方が親切に、「オレの後ろをついてこい!」みたいな感じになって、助けてもらいました。本当にすごく勉強になりましたね

それに登山道も綺麗で、その時の自分たちのレベルでもしっかり歩くことができて…、山を整備してくれている方にも感謝の気持ちでいっぱいでした。


提供:yumikaさん(剱岳山頂 2018.8月)
yumikaさん
山頂に着いた時には、広大な絶景との出会いに涙が止まりませんでした。本当に挑戦してよかったと思いました。


提供:yumikaさん(剱岳山頂からの眺め。ただただ感動し、涙が止まらなかったそう。)
提供:yumikaさん(稜線からの夕陽と富山湾)
── すごくかっこいい写真(すぐ上)ですね。

yumikaさん
この写真は、初日の夕暮れ時のものです。一日の終わりに、稜線から眺めた富山湾に沈む夕陽は、今までで一番力強く、そして美しいものでした。


憧れていた剱岳に挑戦し、その頂に立てた時の感動が伝わってきます。泣けるくらいキレイな景色に出会えた、素晴らしい山行だったんですね。

眺めるのも、登るのもよし!イケメンすぎる剱岳

提供:yumikaさん(別山からの剱岳とのツーショット)
そんな大感動の山行について語ってくれたyumikaさん、剱岳についての想いが止まりません。


── 剱岳の”山”としての魅力はどんなところですか?

yumikaさん
登るだけでなく、眺める角度によって様々な山容を見せてくれるところが魅力的です。何よりイケメンなところが大好きです!


── 確かに!ダイナミックでかっこいいですよね。

提供:yumikaさん(爺ヶ岳からの剱岳)
提供:yumikaさん(立山雄山からの剱岳。大好きな剱岳に会いたくてここまできたんだそう。)
yumikaさん
剱岳の佇まいって、本当にかっこいいですよね。厳冬期で(剱岳に)登れない時は、立山雄山など剱岳に会える山へ行っています。


溢れんばかりの剱岳への愛を語ってくれたyumikaさん。写真からもその想いがひしひしと伝わってきます。

今後チャレンジしてみたいのは「剱岳・早月尾根」

出典:PIXTA(剱岳山頂からの早月尾根)

剱岳早月尾根ルート
標高差2.200m超え、北アルプスでも屈指の長大さを誇る早月尾根を登るロングコース。水場も少なく、コースの後半は鎖場が連続します。1泊2日が一般的ですが、馬場島登山口を夜明け前に出発し、体力に自信がある健脚者であれば、日帰りでの早月尾根往復も不可能ではない。登山口には「試練と憧れ」の碑があるのも有名。

── 今後、登ってみたい山もやっぱり剱岳なんですね?

yumikaさん
はい。剱岳でも早月尾根にはまだ行ったことがないので。
思い入れのある山行とは違うルートから登ることで、もっともっと剱岳を知ることができるのではないかと思っています。そこを、日帰りピストンでチャレンジしてみたいです。


── 日帰りですか!?それは…結構ハードですよね…?

yumikaさん
健脚な方や男性が(早月尾根を)行っているのを見て、大変なことはすごくよく分かっています。あの日から様々な山を歩き、長い距離や標高差のある山で少しずつ経験値を上げてきました。

今の自分が、どこまでやれるのか新たな気持ちでチャレンジしてみたいんですよ。

山の魅力は、まさに「試練と憧れ」

提供:yumikaさん(唐松岳からの剱岳。青と白のコントラストが絶妙で、惚れ惚れとする景観ですね。)
── 登山の仕方が男前というか、かっこいいですね!挑戦するような山が好きなんですね。

yumikaさん
そうですね。見てみたい景色のためなら、長くても遠くても行ってみたいと思います。とにかく、そのために頑張りたいんですよね。


── 昔から運動とかそういったことは得意だったんですか?

yumikaさん
いや、むしろ体育の授業とか全然ダメだったんですけど。


── そうなんですね。登山って過酷じゃないですか。辛いし、日焼けはするし・・・

yumikaさん
そうなんですよねぇ。毎週末山に行っているので真っ黒です。笑


── でも、行っちゃう。行かずにはいられない。

yumikaさん
ですね!普段見ることのない景色のために頑張っちゃいます


提供:yumikaさん
提供:yumikaさん(朝日でピンク色に染まる雲海)
── どんな景色が好きですか?

yumikaさん
特にモルゲン(※)が好きです。そのためにナイトハイクすることも多いです。


── ナイトハイクって怖くないですか?

yumikaさん
怖いですよ。そのために、下調べや準備は念入りにします
だから、日帰りなのにモルゲンも見られるし、人の少ない時間帯に行動できるので、山を静かにゆっくりと堪能できるのですごくいいです!


しっかりと自分の登山スタイルを確立しているyumikaさん。今後の登山の参考になりますね!
(※)モルゲン(モルゲンロート)とは、昇り始めた朝日によって山肌や雲が赤く染まる朝焼けのこと。夜が明けきらない早朝に見られる、山が最も美しく見られる時のひとつ。

『山から勇気をもらってます!』

提供:yumikaさん
── 毎週末、山に行ってしまうほどの登山の魅力ってなんでしょうか?

yumikaさん
やっぱり、日常と違う景色ですね。山頂から眺める風景ももちろんですが、お花が咲いていたりと足元にも素晴らしい世界が広がっていて、もう360度絶景だらけじゃないですか。

普段、ビルに囲まれた生活を送っているので、そういうところに癒しを求めちゃいます。


── インスタグラムでも、山の写真をたくさん投稿されていますよね。

yumikaさん
はい。実は、病を抱えていて大きな手術もしたことがあるんです。
だから、同じような思いをしている方に「自分のやりたいことを思いっきりできる!」と、伝えたいという気持ちもあります。

病と闘うのにも、山から元気や勇気をたくさんもらっています。


── そうだったんですね…。きっとその思いは伝わっていると思います。

yumikaさん
フォロワーさんに山で声をかけていただくこともあります。
あとは、登山をしたことがなかったフォロワーさんが山に興味を持って、「登山を始めました。」って言ってくれたり。


── それって、すごく嬉しいですね!

yumikaさん
ほんとに嬉しい!少しでも登山の良さを伝えられてるといいな、と思っています。
山に登って、目の前の素晴らしい絶景を眺めて、人と共に生きることが出来る時間を大切にしていきたいと思います。


女性らしい素敵な笑顔の裏に、色々な想いを秘めて山と向き合っていたんですね。山に行けること自体が、すごく素敵で幸せなことなのだと感じました。
今後も、yumikaさんの活動を応援していきましょう!

今回yumikaさんが紹介してくれた山



女性向け登山情報ページ polepole ポレポレ

この記事を読んでいる人にはこちらもおすすめ


\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
高橋 典子
高橋 典子

ハイクとキャンプをこよなく愛するフリーライター、高橋です。次はどこに行こうか、8歳の息子と地図を眺めるのが日課。最近は、山岳気象予報に興味津々!

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!