価格・快適性・耐久性が好バランス!入門用にも最適なレインウェア「モンベル サンダーパス」

2019/11/13 更新

登山に必須のレインウェア。体を濡れから守るのはもちろんのこと、雨の中の登山を快適に楽しむためにも非常に大切な装備です。ところが、アウトドアショップに行くと、どの商品も高価で手が出ない…でも、少しでも快適に登山も楽しみたい!そんな方にお勧めなのが、モンベルの「サンダーパス」。リーズナブルながら快適性も意識された作りに加え、豊富なカラーバリエーションは入門者にもおすすめです。


アイキャッチ画像出典:モンベル

レインウェアとして十分な耐水性と透湿性

サンダーパスジャケット・パンツ
出典:モンベル ジャケット パンツ
モンベルと言えば、言わずと知れた日本を代表するアウトドアメーカー。そのラインナップは、登山に必要なものが全て揃うといっても過言ではありません。もちろん、レインウェアの種類も非常に豊富。

今回紹介する「サンダーパス」は、モンベル独自の防水透湿素材「ドライテック」を使用。この素材はモンベルの入門クラスのレインウェアに採用されていますが、そのラインナップ中でも、価格と快適性のバランスが抜群。高いコスパは維持しながらも、快適性も犠牲にしないその作りが特徴です。

レインウェアとしての機能は文句なし!

雨のハイキング
出典:PIXTA
防水性能を表す耐水圧は20,000mm、蒸れを防ぐのに透湿性は20,000g/m2/24h。
サンダーパスは、登山向けのレインウェアに最低限求められているといわれる基準(耐水圧:20,000mm以上、透湿性:10,000g/m2/24h)をしっかりとクリアしています。

リーズナブルだからと言って、山での使用を心配する必要は全くありません!

ハードな登山を楽しむ方にもおすすめ!

高山のハイキング
出典:PIXTA(写真のレインウェアはイメージ)
レインウェアは消耗品的な側面も持ち合わせています。登山している上で、岩場での擦れ・枝の引っかかりによって生地が傷んでいくのは避けられません。ハードな登山を愛好する方たちにとっても、気軽に買い換え可能なサンダーパスの価格設定は嬉しいところです。

快適性を高めるポイント

コスパ抜群を謳うのは、そのレインウェアとしての最低限の機能だけが理由ではありません。その安さの中に、生地のカッティングや小さなパーツへの気遣いなど、快適性や使い心地への配慮が隠されているんです。

サラリとした肌触りで濡れても快適!「ドライテック3レイヤー」

3層構造
出典:モンベル
生地にはモンベルオリジナルの「ドライテック3レイヤー」を使用。レインウェアとしての防水性・透湿性はしっかりと満たしつつも、生地の内側がサラリとした肌触りになっているため、半袖シャツの上から直接着用する際にも肌に張り付きにくく、不快感が軽減されます。

ポケットには止水ジッパー採用

ポケットに一般的なジッパーを採用したレインウェアの場合、水の侵入を防ぐためにはフラップが付いている事が普通です。
しかし、サンダーパスは止水ジッパーを採用。これにより、ジッパー部分からの水の侵入を防止し、フラップを省くことが可能に。ポケットからの小物の出し入れのストレスが軽減されました。

ショルダーハーネスが擦れにくいラグランデザイン

サンダーパス着用画像
出典:モンベル
肩回りにラグランデザインを採用したことにより、腕の上げ下ろしのストレスが軽減。また、肩口に縫い目が無いため、ザックのショルダーハーネスによる擦れや肩口の縫い目からの水の侵入、といった不快感もありません。

モンベルの他のレインウェアとの違いは?

モンベルのレインウェアのラインナップ非常に多様。それぞれの価格差と性能差を見極めるのは初心者には難しいですよね。そこで、サンダーパスと同じくドライテック素材を採用した、「レインハイカー」「レイントレッカー」を取り上げ、それぞれの性能の違いを比較します。

レインウェア比較
製品名※

価格

(税抜)

重量(g)収納サイズ(cm)耐水圧(mm)透湿性(g/m2/24h)素材
サンダーパス8,500340Φ9×1820,00020,000ドライテック3レイヤー[表:40デニール・ナイロン・リップストップ]
レインハイカー7,200260Φ8×1820,0008,000ドライテック2レイヤー[表:50デニール・ナイロン・リップストップ]
レイントレッカー10,800255Φ8×1520,00020,000ドライテック3レイヤー[表:20デニール・ナイロン・リップストップ]
※製品は全て男性用のジャケットでの比較
価格についてはレインハイカーが最安。一方、重量や収納サイズなどは、レイントレッカーが最も軽量かつコンパクト。耐水圧についてはいずれの製品も同等ですが、透湿性についてはサンダーパスとレイントレッカーが優れています。そして、最も厚い素材を使い、耐久性が高いのはレインハイカーという結果になりました。

他の性能との兼ね合いもあるので一概には言えませんが、

・安さや耐久性を重視するのであればレインハイカー。
・軽量・コンパクト性を重視するのであれば、レイントレッカー。
・耐水圧や透湿性、価格や耐久性のバランスを重視するのであればサンダーパス。

を選択するのが良いでしょう。

豊富なカラーとサイズ!別売りのパンツとの組み合わせを楽しもう

別売りのメリット
出典:モンベル
モンベルのレインウェアは上下別売りが基本。セット販売とは異なり、パンツやジャケット単体での買い替えが可能なため、ジャケットはサンダーパス、パンツはレインハイカーといった異なるモデルを組み合わせることができます。パンツは丈の長さが選べるので、あなたの体形にピッタリの一着が見つかるのも嬉しいポイントですね。

また、ジャケット・パンツともにカラーバリエーションが豊富なので、その組み合わせも楽しめます。

サンダーパス ジャケット Men’s

サンダーパスジャケット
出典:モンベル
素材:ドライテック3レイヤー[表:40デニール・ナイロン・リップストップ]
平均重量:340g
カラー:6色
サイズ:S~XL
価格:8,500円(税抜)
サンダーパス ジャケット Men’s

サンダーパス ジャケット Women’s

サンダーパスジャケット女性
出典:モンベル
素材:ドライテック3レイヤー[表:40デニール・ナイロン・リップストップ]
平均重量:285g
カラー:5色
サイズ:XS~XL
価格:8,500円(税抜)
サンダーパス ジャケット Women’s

サンダーパス パンツ Men’s

サンダーパスパンツ
出典:モンベル
素材:ドライテック3レイヤー[表:40デニール・ナイロン・リップストップ]
平均重量:250g
カラー:3色
サイズ:S~XL、M-S(ショート)~XL-S(ショート)、S-L(ロング)~XL-L(ロング)、U/S(海外モデル)~U/L(海外モデル)
価格:5,500円(税抜)
サンダーパス パンツ Men’s

サンダーパス パンツ Women’s

サンダーパスパンツ女性
出典:モンベル
素材:ドライテック3レイヤー[表:40デニール・ナイロン・リップストップ]
平均重量:222g
カラー:2色
サイズ:XS~XL、M-S(ショート)~XXL-S(ショート)、S-L(ロング)~L-L(ロング)、U/L(海外モデル)~U/XL(海外モデル)
価格:5,500円(税抜)
サンダーパス パンツ Women’s

価格と快適性の両立!入門者からハードユーザーまで全ての人に

雨の稜線歩き
出典:PIXTA
モンベルのレインウェアの中でも、ドライテックを採用したモデルはゴアテックス製よりもリーズナブル。それらのラインナップの中でも、サンダーパスは真ん中の価格帯のモデルです。
価格を抑えながらも、快適性への細かな配慮や耐久性も重視。とりあえずレインウェアを揃えたいという入門者から、日々レインウェアを酷使するようなハードユーザーまで、すべての人におすすめです。使ってみればわかる、そのバランスの良さは間違いありません!


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

モンベル サンダーパスジャケット
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
早太朗

千葉・九十九里出身、信州(南信)在住。大学5年間は山漬けの日々。卒業後も、そのまま山の世界へ… 山頂から渓谷、川、山麓の街まで、信州の全てに魅せられています。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!