目指せメスティンマニア!@mestinmaniaの絶品レシピ#46【魚の旨味たっぷり!のどぐろの炊き込みご飯】

2022/09/21 更新

登山者に人気の山ごはんギア『メスティン』。そんなメスティンでありとあらゆる料理を作る、インスタグラムで人気の@mestinmaniaさんに、とっておきレシピを教えてもらいました! 今回はあの魚を丸ごと使った贅沢レシピ。

制作者

メスティンマニア

@mestin_mania キャンプやアウトドア、登山などする方にはお馴染みのトランギア製のメスティンを使った料理を紹介! 旬の食材を使った絶品レシピを数多く提案しています。

メスティンマニアのプロフィール

...続きを読む

アイキャッチ画像提供:@mestinmania

登山者に人気の山ごはんギア、トランギアの『メスティン』。インスタグラムで、そんなメスティンを使用したとっても美味しそうな料理の写真が大人気の@mestinmaniaさんに、とっておきのレシピを教えてもらいました。今回は、なんとアレを丸ごと使った贅沢レシピ!




材料(すべて適量)

炊き込みご飯の材料
提供:@mestinmania

お米1合
のどぐろ小2匹

醤油大さじ1/2
酒大さじ1
塩少々
昆布適量
三つ葉お好み

作り方

①ご飯1合を研ぐ。研いだお米は30分浸水する。(冬場など寒い時期は1時間浸水をおすすめします)
②のどぐろをバーナーや炭などを使って焼く。

材料をメスティンに詰める
提供:@mestinmania
③研いで浸水したお米に醤油、酒、塩、昆布を加え、リベット(メスティン側面の2つの丸部分)の丸ポチ半分くらいまでに液量を合わせた後、のどぐろを加え軽くかき混ぜ蓋をする。

ポイント!
先に液量を合わせてから具材を入れましょう。一番失敗しないやり方です!

 

炊き上がり

提供:@mestinmania
④固形燃料1個(25g)で炊飯する。25gの固形燃料で1合が丁度美味しく炊けます。
※寒い時期や外で炊飯する場合は必ずウインドスクリーンを使いましょう!寒い日や強風時はOD缶での炊飯がおすすめです

⑤固形燃料が消えたらタオルやメスティンケースなどで10~15分保温したら出来上がり!
出来上がったご飯
提供:@mestinmania
最後にお好みで三つ葉をかけてお召し上がりください。




「のどぐろ以外の魚でも作れます。いろいろ挑戦してみてください!」と@mestinmaniaさん。魚のうまみがたっぷり染みたゴハンは格別!魚によって変わる味の変化を試してみるのもいいですね。旬の魚を使って、ぜひ作ってみてください!

メスティン 関連商品

トランギア メスティン

重量:150g 
サイズ:17×9.5×6.2cm
容量:750mℓ
アルミ製(無垢)
□ 炊はんの目安:約1.8合まで

メスティン メッシュトレイ

重量:約35g
サイズ:15.8×8.8×1.2㎝
□ステンレス製

メスティンラージ 関連商品

トランギア メスティンラージ

重量:270g 
サイズ:20.7×13.5×7cm
容量:1350mℓ
アルミ製(無垢)
□ 炊はんの目安:約3.5合まで

トランギア メスティンラージ メッシュトレイ

重量:約55g
サイズ:19.5×12.3×1.2㎝
□ステンレス製

困ったときはセット

トランギア メスティン セット

□セット内容
トランギア トランギア 210メスティン [TR-210]
トランギア メスティン用SSメッシュトレイ(底網)[TR-SS210]
トランギア メスティン用ケース [TR-CS210]


【その他のメスティンレシピはこちら!】

      紹介されたアイテム

      関連する記事

      関連する山行記録 byヤマレコ

      メスティンでのどぐろの炊き込みご飯
      この記事が気に入ったら
      「いいね!」をしよう
      登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」