ワークマンのレインウェアが超使える!おすすめモデル7選

2020/02/26 更新

ワークマンのレインウェアのまとめ。ワークマンのレインウェアの評価や評判、バイク、登山や釣りに使えるおすすめをご紹介!透湿性など気になる部分もあるので、口コミをよくチェックしてから自分のアクティビティに合う1枚を手に入れましょう!


アイキャッチ画像出典:Facebook/ワークマン豊明店

ワークマンのレインウェアって実際どう?評価や評判

ワークマンは、作業服や安全靴、レインウェアを提供している会社です。働く人に便利なものを、なるべく低価格で提供することを理念として様々な商品を販売しています。

めちゃくちゃ使える!ワークマンのレインウェアが大人気

そんなワークマンのレインウェアがかなり人気を集めているんです。コストパフォーマンスに優れ、防水・透湿性能を持ち合わせたアイテムはバイクや登山、釣りで使う人も多数!シーンを問わず活用されています。
1.レインジャケットが1900円から!お財布にも優しい

ワークマンの製品は、5000円以下で購入できるものがたくさんあります。

2.耐水圧10000mm!透湿性があるものも

防水性はもちろん、モデルによっては透湿性があるものもあり、雨にも蒸れにも負けません。

3.外での作業を想定した破れにくい頑丈な作り

膝やひじ、おしり部分が特にしっかりしているため動きやすくなっています。


みんなの評価

風を通さなくて軽い、バイクに乗る時も背中が突っ張らず快適です。 暖かい地域なので今のところの最低気温は11℃くらいですが、ポロシャツとカーディガンにこれを羽織るだけで通勤にはバッチリです。 小雨の中走行しましたがコロコロと雨粒を弾き、しみることもありませんでした。 ただ、襟の正面のところが少し高くなっていて、顎や唇に当たるのが気になります。 どうしてここを高くするデザインにしたんだろ。 画像のモデルさんも顎にかかっちゃってますね。 来年のマイナーチェンジに期待してますよ!出典:楽天みんなのレビュー

雨の日の犬の散歩の時に、今まではウインドブレーカーと傘で歩いていたのですが、傘を持つ手が痺れてくるし、ウインドブレーカーは滲みるしってことで、合羽を購入しました。
身長170体重88kgのでっぷり体型なので、XLを注文したのですが、結構ぴちっと小さ目でした。中にジャージを着ているので、仕方がないかというくらいなんだけど、お尻が裂けてしまったら困るなと思い、しゃがんでみましたら、全然裂ける様子がありませんでした。合羽なのに少し伸縮するんですね。
ということで、雨の日が待ち遠しくもあり、やっぱり晴れの方が良いんですけど。出典:楽天みんなのレビュー


ワークマンのレインウェア おすすめ7選

ワークマン レインスーツSTRETCH Perfect

ワークマン製品の中でも高い防水性と透湿性と兼ね備えたモデル。4方向ストレッチで動きやすく、持ち運びやすい軽量さも魅力です。

R600 レインスーツSTRETCH Perfect


【スペック】
■耐水圧:10,000mm
■透湿度:8,000g/m2/24h
 

ワークマンで見る


ワークマン 透湿レインスーツSTRETCH

透湿レインスーツSTRETCHは、耐水圧はもちろん、透湿性・ストレッチ性も◎。よりアクティブに活用したい方はこちらがおすすめです。


【スペック】
■耐水圧:10,000mm
■透湿度:5,000g/平米24h
ワークマンで見る

ワークマン レインウェア BIKERS

バイクの風圧に強いレインウェアは、座った際に足首が出ないよう長めの股下になっています。ウエストや腕周りにはアジャスターが装備されているためばたつきません。


【スペック】
■耐水圧:20,000mm
■透湿度:2,000g/m2/24h

ワークマンで見る


ワークマン WK-1000 ファインフィールド迷彩レインスーツ

カモフラ柄がとてもおしゃれなレインスーツです。レインスーツはシンプルなデザインになりがちですが、カモフラ柄なので、タウンユースの使用はもちろんキャンプ等でもおしゃれに活躍してくれます。


【スペック】
■耐水圧:10,000mm

ワークマンで見る


ワークマン レインウェア STRONG

肩の部分に丈夫なオックスフォード生地をしようしているので、ハードな環境にもしっかり対応してくれます。また、ズボンとは別売りなのでそれぞれ自分にあったサイズを選ぶことができます。


【スペック】
■耐水圧:耐水圧:10,000mm

ワークマンで見る

R-001A レインスーツ

ワークマンのカッパの中で売上第3位の軽量レインスーツです。薄手で手軽に使えるため、サッとすぐに羽織りたいときに便利。それでいて耐水圧は10,000mを誇ります!


【スペック】
■耐水圧:10000mm
ワークマンで見る

ワークマンのレインウェアでお得に雨対策

ワークマンのレインウェアは値段がとてもリーズナブルでかつ耐水性も高いので、普段使いにおいて十分な機能性を備えています。また、上記で紹介した商品のように透湿性のあるレインウェアも販売しているので、アクティブに活動される方にもおすすめのレインウェアとなっています。

編集部おすすめ記事


      この記事の感想を教えてください
      よかった! う~ん・・

      関連する記事

      関連する山行記録 byヤマレコ

      この記事が気に入ったら
      「いいね!」をしよう
      YAMAHACK編集部 川尻
      YAMAHACK編集部 川尻

      YAMAHACK運営&記事編集担当。長野県長野市生まれ。小さい頃から休みのたびに家族でアウトドアを楽しみ、自然に触れて育ってきました。たくさんの人達に山の魅力を伝え、ワクワクするようなメディアを作っていきたいです。

      登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

      アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

      150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
      アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
      お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!