小さくて温かいテントシューズ!登山向けの最強選手はどれ?

2019/02/07 更新

登山でテントや山小屋に泊まる時に、冷えから足元を守るテントシューズ(ダウンシューズ)。靴下の重ね履きやカイロを使うよりも、テントシューズを履くと快適に過ごせるんです!ぽかぽかアイテムのダウンシューズは種類が豊富。そこで、ダウンシューズの種類や性能から代用可能のアイテムまで、選りすぐりの11モデルを一気にご紹介します!


アイキャッチ画像出典:楽天市場/アウトドア天国

小さくて温かいテントシューズ!登山向けの最強選手はどれ?

ダウンシューズ 想像しているより寒い、山での宿泊。テントで過ごす際はもちろん、山小屋も意外と寒いんです。特に足の先は冷えやすく、体は暖かいのに指先だけ冷えている…そんな経験はありませんか?そんな時に活躍するのが、”テントシューズ”!絶対に持ってないと山に登れないワケではないため、試したことがない人も多いのではないでしょうか。

山での睡眠は重要

山登り
出典:PIXTA
「足が冷たくて眠れなかった!」なんて経験したことはありませんか?登山中の寝不足は疲労度が増すため、とても危険!夜はもちろん、特に冷えの強い朝方でも心地よく寝るための防寒対策が重要となります。足の冷えには、テントシューズで「足首」を温めるのがポイント!

▼登山中の冷えに関してはこちらの記事も参照

温かさUP!テントシューズの実力とは

テントシューズには様々な素材・サイズのものが。その中でも”ダウンシューズ”は山小屋やテントなど屋外に持参して使用することを想定しているため、キャンプやアウトドア…、特に登山におすすめ!底の滑り止め・表地の撥水加工などが施されており屋内だけでなく外を歩けるモデルもあり、使用シーンや気温に合わせて選ぶ事が可能です。

ダウンシューズを登山におすすめする4つの理由

①携帯性
登山道具で大事なのが、道具の重さ・コンパクト。ダウンシューズは1足あたり150~250g。また、付属のスタッフバッグにコンパクトに収納できるため、隙間に一つ忍ばせておける、携帯性に優れた防寒具です。

②温かさ
なんといっても保温性に優れたダウン。足元を包んでくれる暖かさは格別です!温かさの基準は、ダウン自体の膨らむ度合い(FP=フィルパワー)の数値が大きさ。より保温性の高いシューズが欲しい方は、このフィルパワーに注目するのもポイントです。

③性能
山の天気は変わりやすく、雪や雨の中で作業する事も。屋内外用は撥水加工や底には滑り止め加工がされており、水に弱いダウンなのに外で使用することが可能。さらに、防風効果や脱げないよう履き口や足首にひと工夫されているため、暖かさをキープしてくれます。

④価格
一般的に市販されている室内用シューズよりも、正直値段が張るダウンシューズ。登山必須アイテムではないため、なかなか手が出しにくいアイテムの一つでもあります。しかしその暖かさを一度体験したら手放せなくなる、という人も!まずはお手頃価格のダウンシューズから試してみるのもおすすめ。また、プレゼントにもぴったりです!

 

メンズ・レディースなどのサイズはあるの?

大人向けのほとんどの商品が男女兼用(ユニセックス)のようです。商品によっては底の長さでサイズ展開がある事もあるので注意。

 

では実際に登山向けのテントシューズを紹介していきます。今回は、室内向け・外でも使える、など使用シーンに合わせて紹介。自分のスタイルに合わせて選びましょう!

【室内向け】テントの中でぬくぬく…

山小屋やテントの中でゆっくり過ごしたい時には、保温性を重視したダウンシューズを。手頃な価格でこの温かさは、やみつきになる可能性「大」です!

モンベル ベーシック ダウン フットウォーマー《5,800円》

足首のドローコードと伸縮性のある履き口でずれにくく、ふかふかの良質なダウンが足元を温めます。冷え込む山小屋の朝晩や就寝時に最適。カラーは3色、登山用と自宅用で色違いで使うのもいいですね!
モンベルのベーシックダウンフットウォーマーの画像
モンベル/ベーシック ダウン フットウォーマー

ノースフェイス ヌプシダウンテントブーティー《5,896円》

RDSと呼ばれる「非情な飼育環境で羽毛採取されていない農場の認証制度」をパスした農場の、信頼性のある700フィルパワーの良質ダウンを使用。テント内など室内での使用で、格段の温かさが得られます!
ITEM
ヌプシダウンテントブーティ
【素材】(アッパー)40D撥水加工ナイロンアッパー、700フィルパワーダウン、(ボトムユニット)50D撥水加工ナイロン
【サイズ】 XS~L
【カラー】(RK)TNFレッド×TNFブラック
【重量】70g(Mサイズ/片足)
【収納サイズ】-

【屋内外兼用】外を歩いても染みない!

水や風に強い加工などされており、テントの中だけでなくそのまま外にも出られる兼用シューズ。ちょっと外に出たい時も靴を履き替えることなく、ぬくぬくの暖かさをキープできます。丈の長さは、積雪量に合わせて選びましょう。機能性の高さから、普通の室内用シューズより値段は少し高めです。

イスカ テントシューズ ショート《7200円》

アンクル丈に70gのダウンを封入したショートタイプです。水濡れや風に強く、しかも蒸れずに暖かさをキープするウェザーテックを採用。アウトドアのリラックスシーンや自宅でのルームシューズ代わりにおすすめ!
ITEM
イスカ テントシューズ ショート
【素材】ナイロン100%(ウェザ-テック)、 70g(90/10 720フィルパワ-)
【サイズ】フリ-(底長さ30cm)
【カラー】ブラック、ロイヤルブル-、レッド
【重量】190g
【収納サイズ】-

イスカ テントシューズ ロングS《9300円》

登山ウェアでも使われるゴアウィンドストッパー®を表地に採用した山岳仕様です。足元は濡れや滑りやすさからガードする耐久性のある素材を、そして動きやすい作りで積雪期や雨期でもテント外の作業をサポート。底長30cmのLサイズも展開中です。
ITEM
イスカ テントシューズ ロングS
【素材】生地ナイロン100%(ゴアウィンドストッパ-)、羽毛70g(90/10 720フィルパワ-)
【サイズ】底長さ27cm
【カラー】ネイビ-ブル-
【重量】200g
【収納サイズ】-

ノースフェイス ヌプシテントブーティー シームレス《9,504円》

XS~Lサイズと、サイズ展開が多いのも魅力のノースフェイス。国内でリサイクル加工をした天然ダウンの保温力を損なわないよう、シームレスアッパーで冷気を遮断。軽くてコンパクトに収納できるので、ザックのスペースを圧迫しません。
ITEM
ノースフェイス ヌプシテントブーティー シームレス
【素材】(アッパー)40D撥水加工ナイロン、Green Recycled CLEAN DOWN®、(ボトムユニット)40D撥水加工ナイロン
【サイズ】XS~L
【カラー】(K)TNFブラック、(RD)TNFレッド
【重量】70g(Mサイズ/片足)
【収納サイズ】-

とっても暖かくて良い!毎日履いてます!!!


ナンガ(NANGA)テントシューズ《9,800円》

見た目はフラットですが、ダウンの保温効果を最大限活かせるボックスキルト構造。表地は防水透湿性に優れたオーロラテックス®を使用。折りたたんで履き口の長さを調節できるので、テント泊はもちろん、足首をしっかり温めたい方に最適です。
ITEM
ナンガ テントシューズ
【素材】表地:オーロラテックス®、裏地:40dnナイロンタフタ、ホワイトダックダウン80-20%(60g)
【サイズ】フリーサイズ (22.0 ~29.0cm)
【カラー】GRY、BLK、RED、他3色
【重量】170g
【収納サイズ】Φ12×14cm

雪のテント泊には必需品
足がポカポカだと疲れも取れて、安眠出来ました。雪の上も歩けて、とても便利です。
注文番号 71764


モンベル ダウン フットウォーマー《10,800円》

高品質ダウンをウィンドストッパー®とクリマプラス®メッシュで包み込み、深い雪でもテントの外で作業がしやすい収納式のパウダースカート付きです。S~Lサイズから選べるほか足首のドローコードでずれにくく、フィットした履き心地が得られます!
モンベルのダウンフットウォーマーの画像

外歩いたあとそのまま室内で使って濡れないの?シュラフは平気?

あくまでも雪の上を歩く場合を過程してですが、底面はしっかり加工されているため軽く払えば雪や軽い汚れは落ちます。気になる場合は、タオルなどで軽くふく程度で大丈夫ですよ。


【5000円以下】本格的なのは少し高い…これでも代用可能?

「値段が張るものは買うのに躊躇してしまう…。お試しで使ってみたい…。」そんな人には、気軽に試せるこんなシューズがおすすめです!

AEGISMAX ダウンテントシューズ《1,800~円》

コスパを一番に優先したい人、また就寝時のみ使用したい人に最適なのが、AEGISMAXのダウンテントシューズです。履き口のドローコードや底の滑り止め加工がないので歩行には向きませんが、寝る前にスルッと手軽に履くだけで保温性を確保できます!
ITEM
AEGISMAX ダウンテントシューズ
【素材】表生地:防水ナイロン、裏生地:ソフトナイロン、中綿:90%ホワイトダックダウン
【サイズ】約29cm
【カラー】ブラック、ブルー、レッド、他3色
【重量】-
【収納サイズ】-

モンベル クリマプラス100 キャンプシューズ《2,900円》

足の全周を速乾性に優れた薄手のフリース素材クリマプラス®100で包み込み、耐久性のある人工皮革を組み合わせたシューズ。伸縮性が良くて滑りにくいので、シューズの中で靴下がずれません。サイズ・カラーともに4種類から選べます。
モンベルのクリマプラス100キャンプシューズの画像

モンベル エクセロフト フットウォーマー《4,500円》

中綿は、軽量で高い保温性・速乾性を持つエクセロフト®を採用。生地の風合いが長持ちするので、ヘビーに使ってもOK!洗濯機で洗える簡単手入れで、テント泊や山小屋泊はもちろん、日常でも毎日使いたい人におすすめです。
モンベルのエクセロフトフットウォーマーの画像

【テントシューズカバー】室内用も重ねれば外でも使える!

手持ちの室内用テントシューズをさらにパワーアップさせたい時には、テントシューズカバーが最適!1つ持っていると使いまわせるので、便利ですよ。

モンベル テントシューズカバー《4,600円》

シームテープを施した下部の縫い目にも耐水性を備えたテントシューズカバーです。折り返すとショート丈にもなり、室内外どちらでも使用可能。積雪期のテント外の作業のほか、スリーシーズンの防寒対策にもおすすめです。
モンベルのテントシューズカバーの画像

ダウンシューズで快眠&冷え知らず!

ダウンシューズを履いている画像 テント泊や山小屋泊で、足元の冷えを気にせず過ごせるのがダウンシューズ。せっかくの登山を楽しむために、カラーやデザインも豊富なダウンシューズから、お気に入りの1足を見つけてみませんか?


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
ane46
ane46

肩の怪我をリハビリしながらレベルアップを目指すイレブンクライマー。時々山女子になります。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

OFFICIAL SNS

 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!