映画『マイナス21℃』

映画『マイナス21℃』 厳寒の雪山で起きたサバイバル史に残る衝撃の実話!

2022/03/10 更新

極寒のシエラネバダ山脈で起きたサバイバル史に残る衝撃の実話が映画化! 気になるストーリーを主人公を演じるジョシュ・ハートネットの新場面写真とともにご紹介します。予告編も要チェックです!

サバイバル史に残る壮絶な8日間が映画化!

マイナス21℃
厳寒のシエラネバダ山脈で遭難した元アイスホッケー選手の実体験をもとに描く、サバイバル史に残る衝撃作『マイナス21℃』が、7月21日(土)より新宿シネマカリテ他にて全国順次公開されます。

「ジェーン・ドウの解剖」や「レザーフェイス―悪魔のいけにえ」など、数々のエッジの利いた話題作をラインナップした松竹エクストリームセレクションの第7弾

本作は、「ジェーン・ドウの解剖」や「レザーフェイス―悪魔のいけにえ」など、数々のエッジの利いた話題作をラインナップした松竹エクストリームセレクションの第7弾です。

『マイナス21℃』のあらすじ

凍てつく大地にたった一人、サバイバル史に残る壮絶な8日間。それは過信した選択<立ち入り禁止区域への侵入>が始まりだった…


元プロアイスホッケー選手のエリック・ルマルク(ジョシュ・ハートネット)はシエラネバダ山脈でスノーボードの最中に道に迷い遭難する。

マイナス21℃
食べ物や水も無く、山岳装備もない中で、夜は氷点下となる極限状態。低体温症、空腹、野生のオオカミ、凍傷、脱水症状と困難が次々とエリックに襲い掛かる…。


息子と連絡が取れず異変に気付いた母・スーザン(ミラ・ソルヴィノ)が救助隊に捜索を依頼するが、体力気力ともに限界を迎えたエリックは、幻覚を見ながら生命の危機に追い込まれていく。

主演はジョシュ・ハートネット

ジョシュ・ハートネット
『パール・ハーバー』『ブラックホーク・ダウン』等、数多くのハリウッド映画で活躍するジョシュ・ハートネットが、極寒のシエラネバダ山脈で8日間の壮絶な遭難を繰り広げた主人公を演じます。

凍てつく雪山での壮絶なサバイバルシーンや生き残りをかけて雪山に立ち向かうシーン、アイスホッケー選手時代の姿など、ジョシュ・ハートネットが体当たりで挑む新たな役柄に大注目です!

映画『マイナス21℃』予告編

予告編からも、主人公がいかに過酷な状況に置かれているのかが伝わってきますね。雪山そのものの美しさにも目を奪われるはず。食糧無し、装備無し―。はたして生き残れるのか、ぜひスクリーンで!

公開日:7月21日(土)より新宿シネマカリテ他にて全国順次公開
監督:スコット・ウォー
出演:ジョシュ・ハートネット/ミラ・ソルヴィノ
配給:松竹メディア事業部  ©2016 Six Below LLC.All Rights Reserved.

オフィシャルサイトAmazon プライム・ビデオで観る