尾瀬ヶ原

尾瀬ハイキングのおすすめコースをご紹介!

尾瀬ハイキングの初心者も楽しめるコースレポートです。尾瀬戸倉からのバス情報から天気・地図の情報を交えながらご紹介!人気で有名な山ですが、様々なコースがあるためだれもが楽しめる場所となっています。子供も無理なく登れるので家族でもおすすめ!

目次

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、山小屋営業ならびに交通状況などに変更が生じている可能性があります。
山小屋や行政・関連機関が発信する最新情報を入手したうえで登山計画を立て、安全登山をしましょう。
アイキャッチ画像出典:flickr by houroumono

まずは尾瀬の位置を確認してみよう

尾瀬は、群馬県,福島県,新潟県にまたがる日本最大の高層湿原です。尾瀬の中心となる尾瀬ヶ原や尾瀬沼は、百名山である燧ケ岳や至仏山に囲まれています。2007年(平成19年)8月30日には、それまで日光国立公園の一部だったのを分離独立し尾瀬国立公園(栃木県の一部も含む)として指定されました。

尾瀬のエリアアップ

歩きやすい木道、春から秋にかけて見られる美しい自然、関東エリアからのアクセスの良さは、人々を魅了し続け、年間30万~40万人が訪れています。

YAMA HACK編集部のおすすめハイキングコース

尾瀬ヶ原から見る燧ケ岳
撮影:YAMAHACK編集部

尾瀬ヶ原から見る燧ケ岳
尾瀬のハイキングは、清々しく快適。今回は、尾瀬の中でも最もポピュラーな日帰りで行ける鳩街峠から尾瀬ヶ原のハイキングルートをご紹介します。

【鳩街峠から尾瀬ヶ原周遊 コース概要
●歩行距離:16.8km

●参考コースタイム 所要時間計約8時間(休憩含む)
尾瀬戸倉発6:30(バス)→鳩待峠着7:05→鳩待峠発7:15→山の鼻着8:15→山の鼻発8:30→牛首分岐着9:15→牛首分岐発9:30→ヨッピ橋着10:20→ヨッピ橋発10:30→竜宮十字路着11:00→(お弁当休憩)竜宮十字路発12:00→牛首分岐着12:40→牛首分岐発13:00→山の鼻着13:40→山の鼻発14:00→鳩待峠着15:30

※コースタイムは登山経験や体力、天候などによって変わります。ご自身の体力にあわせた無理ない計画をたて、登山を楽しみましょう。
●参考服装:帽子、長袖シャツ、サポートタイツ、短パン、ハイキング用靴下、トレッキングシューズ(足首まであるもの)、薄手ダウン、雨具上下、リュック(30ℓ)

●マップ

1 / 4ページ