高級コンデジが気になる!比較のポイントとおすすめモデル10選

2019/07/23 更新

高級コンデジについてまとめました。おすすめや比較ポイントについて、キヤノンやソニーなどの人気メーカーモデルを紹介。ミラーレスや一眼レフに迫る高画質のコンデジが今人気!各メーカー特色がありますので、比較して検討してみましょう!


アイキャッチ画像出典:Facebook/FUJIFILM Xseries Japan

高級コンデジはミラーレス・一眼レフに迫る高画質!

コンデジ 「高級コンデジ」という1つのジャンルが世間ではブーム!「一眼レフやミラーレスカメラの様にレンズ交換ができない、レンズ固定式のコンパクトなカメラ」のことを指します。要は一般的な「デジカメ」です。しかしなぜ“高級”なのか?それはコンパクト・レンズ交換不可でありながら、一眼レフ・ミラーレスに迫る高画質だからなんです!

秘密は大型センサーにあり

だいたい高画質スマホや比較的安価なデジカメのセンサーサイズが1/2.3サイズ。しかし高級コンデジといわれる機種は1サイズ以上、なかにはミラーレス・一眼レフに搭載されているAPS-Cサイズにせまる1.5型センサーを搭載している機種もあります。4倍大きいセンサーでは高画質写真が撮れるのも納得ですよね。レンズの交換がなく高画質写真が撮れるので、初心者の方にもおすすめです。

高級コンデジの比較ポイント

コンデジ 以上をふまえて、高級コンデジを選ぶときは
・本体重量(持ち出しやすいか)
・センサーサイズ(大きいほど光量を多く取りこむので暗所にも強い)
・ファインダーが付いているかどうか(撮像素子をそのまま見られるので撮影にこだわりたい人は要チェック)
・レンズが広角か、望遠か
これらの要件をチェックしてみることをおすすめします。特に、レンズ交換せずにボケ味やマクロを楽しみたい、逆にズーム写真を多く撮りたいなど、個々の撮りたいものの性質によってもスペックを照らし合わせてみるとよいでしょう。

ニコンはこの市場から撤退?

コンデジ 2016年夏に、ニコンも1型コンデジを発売しました。しかし2017年2月に発売中止を決定。ニコンレンズの描写力を手軽に体感できるとっただけに残念!次は、ニコンを除いたメーカー別人気機種をご紹介します。


【キャノン】おすすめ高級コンデジと比較ポイント

キャノン パワーショットG9 X Mark II シルバー

スリムなボディながら高解像力、高感度に優れた多機能なカメラ。優れた描写力となめらかなボケ感を演出します。高感度なので、美しく、鮮明に撮影することができます。

ITEM
キャノン パワーショットG9 X Mark II シルバー
重量:約206g、有効画素数:約2,010万画素、センサーサイズ:1.0型大型CMOSセンサー、ファインダー:無、レンズF値:2.0、焦点距離:10.2(W)-30.6mm(T)[28(W)-84mm(T)]マクロ:5cm~50cm(W)、液晶タイプ:固定

普段は一眼を使用しているのですが、コンデジが一つ欲しいと思い、購入しました。
G7X2と迷いましたが、コンデジは小型軽量を最優先と思いG9X2に決定しました。
AFも早くて迷わないし、画像にも大満足です。
いい買い物をしました。


キャノン パワーショット G5 X

ファインダーがあるので、光が強い日中でも正確に撮影ができます。1.0型センサー×大口径レンズで、抜群の描写力、ボケ味など優れた表現力を発揮します。焦点距離24-100mm なのでズームの撮影も美しくおさめることができます。

ITEM
キャノン パワーショット G5 X
重量:約377g、有効画素数:約2,020万画素、センサーサイズ:1.0型大型CMOSセンサー、ファインダー:有、レンズF値:F1.8(W)-F2.8(T)、焦点距離:8.8(W)-36.8mm(T)[24(W)-100mm(T)]、液晶タイプ:バリアングル液晶

過酷なパラグライダーで飛びながらの撮影にも 十二分に耐える!画質も悪くない


キャノン パワーショット G3 X

24-600mm[光学25倍]高倍率ズームレンズで、望遠ズーム撮影が得意なカメラ。高画質で高感度なため生き生きとした画像が写し出されます。さらに、防塵・防滴構造なので過酷な環境下でも活躍します。

ITEM
キャノン パワーショット G3 X
重量:約733g、有効画素数:約2,020万画素、センサーサイズ:1.0型CMOSセンサー、ファインダー:無、レンズF値:F2.8(W)-F5.6(T)、焦点距離:8.8(W)-220mm(T)[24(W)-600mm(T)]、液晶タイプ:固定

今まで、トレッキングのパートナーは2年間GRでした。ですが、G3Xの登場で変わりました。此れは、凄いカメラです。飛び物・動き物は、FZ1000の方が断然有利ですが重さ故トレッキングには向きません。そして、FZ1000を持って行くと広角用のGRが必要でした。ですが、G3Xは24-600㎜。デジタルテレコンで2400㎜まで写ります。そして画質・色合い・AF合焦率の高さが、私のツボに嵌りました。GR並みに、撮影に没頭する程です。GRは、最大16時間撮影した事が有る程嵌っています。(後略)


キャノン パワーショット G1XMarkⅡ

1.5型大型CMOSセンサー搭載で、高画質。高精度なピント合わせが可能で、シャッターチャンスを逃しません。シーンモード機能もあり、星空や夜景を簡単に撮影することができます。

ITEM
キャノン パワーショット G1XMarkⅡ
重量:約553g、有効画素数:約1,280万画素、センサーサイズ:1.5型大型CMOSセンサー、ファインダー:無、レンズF値:F2.0(W)-F3.9(T)、焦点距離:2.5(W)-62.5mm(T)[24(W)-120mm(T)]、液晶タイプ:可動式

【ソニー】おすすめ高級コンデジと比較ポイント

ソニー サイバーショットDSC-RX100M5

世界最速の高速オートフォーカスと高速連写で、一瞬を逃さず鮮明に撮影することができます。高速化だけではなく進化した画像処理システムにより高画質も実現。さらに、解像感の高い4K動画の撮影も可能に。

ITEM
ソニー サイバーショットDSC-RX100M5
重量:約299g、有効画素数:約2010万画素、センサーサイズ:1.0型13.2mm x 8.8mm Exmor RS CMOSセンサー、ファインダー:無、レンズF値:F1.8ワイド端時-2.8テレ端時、焦点距離:8.8-25.7mm、液晶タイプ:固定

カメラの大きさ、撮れる写真のきれいさは素晴らしいです。ピンボケが多かった私にはぴったりでした。


ソニー サイバーショットDSC-RX1

コンデジにフルサイズセンサーを搭載した最強デジカメ。レンズ一体型だからこそ実現できる今までにない描写力を実現。有効画素数約2430万画素の圧倒的な解像度により、大型プリントにも対応できます。
ITEM
ソニー サイバーショットDSC-RX1
重量:約482g、有効画素数:約2430万画素、センサーサイズ:35mmフルサイズ(35.8mm x 23.9mm)Exmor CMOSセンサー アスペクト比3:2、ファインダー:無、レンズF値:2.0、焦点距離:35mm、液晶タイプ:固定

【総合評価】本製品は間違いなく、現時点における史上最高画質を誇るコンデジです。画質を求める方、高感度での写りの良さを求める方は、本製品を買うべきでしょう。マニュアル操作もやりやすく、カメラに慣れた人なら誰でも直感的に操作できるのは高評価ですね。(後略)


【富士フィルム】おすすめ高級コンデジと比較ポイント

富士フイルム デジタルカメラ X70

あらゆるシーンを撮影できる18.5mm F2.8の広角レンズ。小型ながらも高性能なレンズで、豊富な光量と高解像を実現。天面のシャッタースピードダイヤルと露出補正ダイヤルに軽量なアルミニウムを採用し、なめらかな操作が可能に。

ITEM
富士フイルム デジタルカメラ X70
重量:約340g、有効画素数:1,630万画素、センサーサイズ:X-Trans™(*1)CMOS II & EXR Processor II、ファインダー:無、レンズF値:2.8~16 、焦点距離:18.5mm、液晶タイプ:3.0型 チルト式

コートや上着のポケットに楽々入る大きさですので、どこにでも気軽に持っていくことができます。チルト液晶パネルを使ったウェストレベル以下での撮影ができる点も魅力です。ものすごくしんどい姿勢での撮影が楽に行えます。そして何より、小さくて、いかつくないので撮影中も目立ちにくく自然に周りに溶け込みながら撮影することができます。必要であればシャッター音を無音にできます。届いて使ってみて、まさに期待通りでした。そして、長く愛用するには機能面だけでなく外観も重要だと思うのですが、X70はこの点においても十分満足させてくれます。(後略)


富士フイルム X100F

APS-Cセンサーと同じサイズのX-Trans CMOSセンサーを独自で採用。フィルムカメラのように、シャッタースピードなどを手動のダイヤルで操作できるタイプ。素早くフォーカスエリアを調整できるレバーも搭載。

ITEM
富士フイルム X100F
重量:約469g、有効画素数:約2,430万画素、センサーサイズ:X-Trans™(*1) CMOS III & X Processor Pro、ファインダー:有、レンズF値:2.0、焦点距離:23mm、液晶タイプ:固定

初めて予約してまで欲しいと思ったカメラです。まずはこのスタイルに一目ぼれしてしまいました。何よりもデザインが抜群にいい。正直これまでのモデルは丸みを帯びすぎたデザインや、青っぽいシルバーのカラーリングなど、ちょっとチープな感じがしてあまり心が動かされませんでした。しかし、今回のモデルには完全にやられました。シャープで高品位。どこから眺めても美しいシルエット。手に取ったときの馴染み感もすごいし、各部の作り込み感も半端ないです。(一部抜粋)




【パナソニック】おすすめ高級コンデジと比較ポイント

パナソニック ルミックス DMC-TX1

大型1.0型20.1M 高感度MOSセンサー搭載で、ノイズを抑えた高感度撮影が可能に。ライカ DC VARIO-ELMARITレンズで、歪曲・収差を抑え、レンズの周りまで高解像を実現。

ITEM
パナソニック ルミックス DMC-TX1
重量:約310g、有効画素数:2010万画素、センサーサイズ:1.0型大型センサー、ファインダー:有、レンズF値: F2.8-8.0(W端)、F5.9-8.0(T端)、焦点距離:25-250mm、液晶タイプ:固定

趣味で写真を始め、ミラーレス機を持っていましたが、重くてとても気軽に持っていける物ではなく、次第にカメラを持たずに出かけることが多くなりました。ミラーレス機の望遠レンズを買おうか迷っていた折にこちらの存在を知り、1型センサー使用でボケも綺麗な点と、月まで綺麗に写せる高倍率ズームに、迷わすこちらを購入。軽量で、お出かけに連れて行くのが楽しく、ズームが効くことで表現の幅が広がりました。
結果、ミラーレス機はヤフオクで処分。どうしても画質にこだわる方は一眼レフを購入すればいいだけですし、普段持ち歩くならこちら一台で用が足りると思います。万人にお勧めしたい、ものすごく良い買物でした。


パナソニック ルミックス DMC-LX100

世界初、コンデジに4/3型(マイクロフォーサーズ)センサーを搭載したモデル。また、左手で絞りリングを回し、右手でシャッタースピードダイヤルを操作するなど直感的なマニュアル操作が可能。

ITEM
パナソニック ルミックス DMC-LX100
重量:約393g、有効画素数:1280万画素、センサーサイズ:大型4/3型 高感度MOSセンサー、ファインダー:有、レンズF値: F1.7-16.0(W端)、F2.8-16.0(T端)、焦点距離:24-75mm、液晶タイプ:固定

動画中心に使用してます。操作が使いやすくわかりやすいです。旅行用には軽くて楽です。


高級コンデジで手軽に高画質写真を撮ろう!

コンデジ 高級なコンパクトデジカメは、一眼レフよりも気軽に持つ事ができて、便利なカメラです。軽量かつ高画質な撮影をしたい人にはおすすめなので、ぜひチェックしてみよう!

Get a compact camera!

高級コンデジを手に入れよう!


    関連する記事

    関連する山行記録 byヤマレコ

    コンデジ
    この記事が気に入ったら
    「いいね!」をしよう
    Takamasa
    Takamasa

    学生時代に旅行で47都道府県を制覇し、一番気に入った北海道に移住。それから本格的にアウトドアにはまり、現在は北海道の自然を満喫中。登山、キャンプ、温泉、食べ歩き、英会話が大好きな元関西人。

    登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

    OFFICIAL SNS

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!