どれが人気? <オスプレー>のザックおすすめ8モデル

2020/04/21 更新

種類が豊富な<OSPREY(オスプレー)>のバックパックの中から、おすすめリュックをピックアップ! 定番の『ケストレル』はもちろん、女性用ザックまで、背負い心地の良さが評判のモデルを紹介します。それぞれの特徴をしっかりと理解し、自分の身体に合った背負いやすいものを選ぶことが、長く大切に使えることに繋がります。それぞれ適した用途も異なりますので、しっかり吟味しましょう!


アイキャッチ画像出典: Facebook/Osprey Packs

評価の高いモデルがそろい踏み! <オスプレー>のザック

オスプレーのザックとテントと座る男性
1974年、カリフォルニアで誕生したバックパックメーカー<OSPREY(オスプレー)>が大切にしてきたことは、創業者のパッションである「ものづくりへのこだわり」。当時の特注生産から量産型の生産へ切り替えた際も、細かい作業が得意なナバホ族を採用し、試行錯誤しながらザックの品質を追求してきました。

機能性のみならず、ザックのもつユニークかつ秀逸なシルエットも絶賛されています。今回は、オスプレーのザックをシリーズごとに紹介します。

【1】ケストレル|オスプレーの代表作

日帰りハイキングはもちろん、ウルトラマラソンやクライミングなどのテクニカルなシチュエーションにも対応可能。軽量にもかかわらず、2~3日におよぶ山行を楽しむための機能までを満載しています。

オスプレーが独自開発したトレッキングポールを左側に脇差する取り付け方は着脱時にザックを下す必要もなく、取り付けたポールが歩行の邪魔になりにくいのが◎。背負ってみて、歩いてみて、しみじみとその良さを納得できます。

ケストレル28|日帰り登山やハイキングに

ITEM
オスプレー ケストレル28
容量:S/M=26L M/L=28L
重量:S/M=1.18kg M/L=1.24kg
カラー:全3色

使いやすいです
サイズ的に、日帰りのハイキングにピッタリ。雪山で使ってみましたが防水性能も高く、長時間歩いても疲れにくくて気に入りました。


ケストレル38|1泊の小屋泊や荷物が多い日帰り登山に

ITEM
オスプレー ケストレル38
容量:S/M=36L、M/L=38L
重量:S/M=1.46kg、M/L=1.54kg
カラー:全3色

旧モデルの悪いところが改善されている。横ポケットも深く荷物が落ちません。フロントのカバーがしっかりして使いやすいです。


ケストレル48|2~3泊の小屋泊登山に

ITEM
オスプレー ケストレル48
容量:S/M=46リットル、M/L=48リットル
重量 :S/M=1.56kg、M/L=1.63kg
カラー:全3色

使いやすくモデルチェンジされていたので購入しました。
各所のポケット部が補強されているのはもちろん、生地の質感も良くなっております。
サイドポケットが横からもボトルなどを入れ込むことができるような仕様になり、少し慣れは必要ですが背負ったままでボトルを出し入れ可能になったことも便利でうれしい改良点です。




【2】カイト|ケストレルの女性用モデル

女性の体に快適フィットするように設計されているのが特徴です。

首や胸を圧迫しにくい形ため、荷重を確実に安定して受け止めることが可能。アクセスしやすい雨蓋が大きく、小物やサングラス、タオルや行動食まで入れることができます。また、内部のフラップを開閉することで1から2気室に切り替えることが可能なことも特徴。

カイト36|1泊の小屋泊や荷物が多い日帰り登山に

ITEM
オスプレー カイト36
容量:XS/S=34L、S/M=36L
重量 :XS/S=1.38kg、S/M=1.47kg
カラー:全3色

体にすごくフィットします。全然疲れず購入してよかったです。小柄な女性にオススメします。


カイト46|2~3泊の小屋泊登山に

ITEM
オスプレー カイト46
容量:XS/S=44L、S/M=46L
重量:XS/S=1.47kg、S/M=1.54kg
カラー:全3色

リニューアルされたカイトが欲しくて購入しました。荷物が沢山入るので活躍しそうです。46Lなのにコンパクトに見えるのが良いです。




【3】ストラトス|軽快さを約束するマルチユースパック

登山をしている人が一度はげんなりしたことがあることといえば、背中の汗! 夏のみならず1年中、ザックと密接している背中に汗をかかないのは至難の業ですが、オスプレーはエアスピードサスペンションによってパック本体と背中が完全に分離しているので、汗対策はほぼ完璧です!

ストラトス26|日帰り登山やハイキングに

ITEM
オスプレー ストラトス26
容量:26リットル
重量:1.27kg
カラー:全4色

気軽に登山で持っていけるザック
2000m程度の日帰り登山にバッチリ合うザックです。収納も十分ですし、レインカバーも付属してて、基本はしっかりしてます。背中がメッシュ構造なので蒸れもありません。デザインもオシャレで気に入ってますよ!


ストラトス34|1泊の小屋泊や荷物が多い日帰り登山に

ITEM
オスプレー ストラトス34
容量:S/M=32リットル、M/L=34リットル
重量:S/M=1.34kg、M/L=1.40kg
カラー:全4色

オスプレーのファンで、永く 20Lから50L まで3つのザックを使ってきたが、この夏は「34L」を新調。結局、モデルはすべて「ストラトス」に落ち着いてしまった。
選択のポイントは「背面長の調整機能」とヒップベルトまで「フルメッシュの通気性能」。機能をあげれば、そのぶん重くなる。それがあたりまえだろうが、うれしいことに重量も増えていない。フルメッシュの効果だろう、背負った感じもシックリ、バランスもいいようだ。試しに1日だけ歩いてみたが、期待どおり。夏本番が楽しみである。


ストラトス50|2~3泊の小屋泊に

ITEM
容量:S/M=47リットル、M/L=50リットル
重量:S/M=1.61kg、M/L=1.67kg
カラー:全2色

注文してから3日後の夜に届きました。
ビートレッドは明るすぎない赤でなかなか渋くていい色です。色あせもしなそうです。
デザイン、機能性、背負い心地、フィット感ともとても良く満足です。触ってみて防水性もとても良さそうです。
ずっと欲しくて気になっていたザックなので待ち遠しかったです!




【4】シラス|ストラトスの女性用モデル

女性の体形に合わせて作られているので、長時間背負っていても肩や腰への負担が軽いことが特徴です。

長時間背負い続けるものだからこそ、背負い心地はこだわるべきポイント。普段重いものを持たない人ほど、その恩恵を享受できるはずです。

シラス24|日帰り登山やハイキングに

ITEM
オスプレー シラス24
容量:24リットル
重量 :1.16kg
カラー:全4色

コスパが良い
価格優先で初めて購入するメーカーなので少し不安はありましたが、商品はかなり良い仕上がりに感心しました。
正直お薦めです!!


シラス26|日帰り登山やハイキングに

ITEM
オスプレー シラス26
容量:26リットル
重量:1.21kg
カラー:全4色

やっぱりオスプレー
憧れのオスプレーをやっと購入しました。
日帰り登山ですが、容量は十分、背負ってても疲れにくく購入して本当によかったです。


シラス50|2~3泊の小屋泊に

ITEM
オスプレー シラス50
容量:XS/S=47リットル、S/M=50リットル
重量:XS/S=1.59kg、S/M=1.63kg
カラー:全2色

【5】エクソス|軽量パックの定番

アクティブに動く1日でも、両サイドにある開口部が高い通気性を約束。テント泊をはじめたくて大きな容量のパックを探したことのある人なら、その軽さに驚かされます。ウルトラライトの山行に挑戦したい人にもおすすめです。

エクソス38|1泊の小屋泊や荷物が多い日帰り登山に

ITEM
オスプレー エクソス38
容量:S=35L、M=38L、L=41L
重量:S=1.15kg、M=1.16kg、L=1.17kg
カラー:全2色

日帰り登山、ハイキング用に購入しました。狙い通りの容量で重宝しています。
背面が立体的な作りになっていて背負ったときの重さの軽減に一役買ってくれています。ポケットや紐などの備品?も使い勝手が良く使い手のことをよく考えてくれている作りだと思いました。


エクソス48|ウルトラライトな2~3日の縦走登山に

ITEM
オスプレー エクソス48
容量:S=45L、M=48L、L=51L
重量:S=1.18kg、M=1.19kg、L=1.20kg
カラー:全2色

エクソス58|ウルトラライトな5日間の縦走登山やロングハイクに

ITEM
オスプレー エクソス 58
容量:S=55L、M=58L、L=61L
重量:S=1.22kg、M=1.23kg、L=1.24kg
カラー:全2色



【6】レヴィティ|さらなる軽量性を追求

軽量ザックで定番のエクソスをベースに、軽量で丈夫なナノフライファブリック素材を使用して、更に軽量化されたモデル。メインは透けるほど薄くすることで軽量化を実現。ショルダーパッドやヒップパッドも薄めなのでさらなるウルトラライトハイクを目指す方におすすめのスーパーウルトラライトパック。

レヴィティ45|ウルトラライトな2~3日の縦走登山に

ITEM
オスプレー レヴィティ45
容量:S=42L、M=45L、L=48L
重量:S=0.78kg、M=0.82kg、L=0.86kg
カラー:全1色

軽い!
背中の部分はメッシュパネルになっていて、汗をかいてもムレませんでした。
オスプレーではめずらしいカラーでほかの人とかぶらないのはいいですね!


レヴィティ60|ウルトラライトな5日間の縦走登山やロングハイクに

ITEM
オスプレー レヴィティ60
容量 :S=57L、M=60L、L=63L
重量:S=0.82kg、M=0.86kg、L=0.9kg
カラー:全1色

軽くて、背負いやすいです。
グレーなので汚れは目立ちますが、あまりない配色なので気に入っています☆


【7】ルミナ|レヴィティの女性用モデル

女性の身体に合わせて作られたショルダーハーネスとヒップベルトにより、抜群のフィット感と快適な背負い心地を叶えます。

ルミナ45|ウルトラライトな2~3日の縦走登山に

ITEM
オスプレー ルミナ45
容量:S=41L、M=45L
重量:S=0.77kg、M=0.79kg
カラー:全1色

ルミナ60|ウルトラライトな5日間の縦走登山やロングハイクに

ITEM
オスプレー ルミナ60
容量:S=56L、M=60L
重量:S=0.81kg、M=0.85kg
カラー:全1色

【8】ミュータント|アルパインクライミングに最適

ミュータントには3つの特徴があります。素早くアイスツールにアクセスできるアイスツールアタッチメントで2本のアイスツールを確実に着脱可能であること。バックパネルの通気性の良さと1年を通して快適に使用できる魅力的な設計。そしてパッド付きとフラップのみとヒップベルトを切り替えて使用することができることです。

また、ヒップベルトは、未使用時にパック正面側に固定することができ、自由度の高い快適な登山が楽しめます。

ミュータント22|日帰り登山やハイキングに

ITEM
オスプレー ミュータント22
容量:22L
重量 0.57kg
カラー:全2色

ミュータント38|1泊の小屋泊や荷物が多い日帰り登山に

ITEM
オスプレー ミュータント38
容量:S/M =36L、M/L =38L
重量:S/M =1.21kg、M/L =1.28kg
カラー:全2色

オスプレーザックで山でもカッコよく!

オスプレーのザックを背負った男性
機能美が際立つオスプレーザックのおすすめ7シリーズをご紹介しました。お好みのシリーズは見つかりましたか?高機能なザックを使いこなして山歩きを楽しんじゃいましょう!


紹介されたアイテム

オスプレー ケストレル28
オスプレー ケストレル38
オスプレー ケストレル48
オスプレー カイト36
オスプレー カイト46
オスプレー ストラトス26
オスプレー ストラトス34
オスプレー シラス24
オスプレー シラス26
オスプレー シラス50
オスプレー エクソス38
オスプレー エクソス48
オスプレー エクソス 58
オスプレー レヴィティ45
オスプレー レヴィティ60
オスプレー ルミナ45
オスプレー ルミナ60
オスプレー ミュータント22
オスプレー ミュータント38
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

赤いオスプレーのザックと男性
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
nao
nao

両親の影響で子供の頃から山に登り、大きなザックを背負う人を見て自分には無理だなあと思っていたらいつの間にかそうなっていました。歩き続ける縦走が好き。下山後の温泉とビールも大好きです。どうぞよろしくお願いします。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!