オスプレーのケストレル38・48を特集! 使い方・評価も紹介

2020/02/28 更新

<OSPREY(オスプレー)>のバックパックの代表作『ケストレル』を特集! 38L、48Lの特徴や使い方、気になる評価を紹介します。モデルチェンジを重ね、以前よりもさらに使いやすく進化。耐久性も向上し、今や、快適な登山に欠かせない人気モデルになっています。


アイキャッチ画像出典:楽天市場/アウトドアーズ・コンパス

長旅にもぴったり! <オスプレー>の代表格『ケストレル』

オスプレー ザック
出典:Amazon
アメリカのバックパックメーカー<OSPREY(オスプレー)>の代表作ともいえる『ケストレル(女性モデルはカイト)』。値段も比較的抑えめながら、現在の入門向けモデルの多くが採用している機能・パーツ類がしっかりと搭載されています。

数年ごとにアップデートをしており、2016年に大きくモデルチェンジして、より使いやすくスタイリッシュに。2018年には耐久性がさらに向上しました。今後も目が離せない、長年愛されているオスプレーの定番モデルとなっています。

容量は38Lと48L、背面長は2サイズ

最新モデル『ケストレル』は、38Lと48L容量(女性モデル『カイト』は36Lと46L)の2つ。旧モデルでは28Lの展開もあり、一部のショップでは、現在も販売されています。

背面長はS/MとM/L(女性モデル『カイト』はXS/SとS/M)の2サイズです。

『ケストレル』のディテール&使い方

オスプレーザック
出典:Amazon
① ヒップベルトには、行動食や小物の収納に便利なポケットあり
② フロントパネルにデイジーチェーンが付いているので、カラビナやベルトを併用することでギアの携行可能
③ 伸縮性がある大型のフロントメッシュポケットには、行動中に脱ぎ着したウェアをサッと収納可能
④ ハイドレーションパックを入れるスリーブ付き
⑤ ピッケル・トレッキングポールループ付き
⑥ パックの底のポケットにレインカバーが付属
⑦ サイドの大きなメッシュポケットとストラップにより、テントポールなどの長いものから、ペットボトルまで様々なものを収納可能
⑧ オスプレー独自の“ストウオンザゴー”システムにより、一時的に収納したいトレッキングポールを脇に取り付け可能

※ケストレル38にはサイドジッパーからメイン荷室にアクセスできる機能が追加され、それ以上のサイズには縦型のサイドジッパーポケットも付いています

快適な背負い心地のワケ

オスプレーケストレル
出典:Amazon
通気性に優れたバックパネル“Airscape”を採用。背中にフィットしつつも、蒸れにくいのがポイントです。汗をたくさんかく長時間の歩行にもぴったりです。

オスプレー『ケストレル』の気になる評価・評判は?

オスプレー ザック
出典:Amazon
日帰りはもちろん、山小屋で1泊する際などにも使いやすい『ケストレル』。実際に使っている人の評価が高いのもポイントです。

実際に使っている人の口コミ

オスプレー ザック
出典:Amazon
 

ケストレル38
リニューアル品に、ちょっと感動!今現行のブラックを使用していましたが、好きなカーキ色が発売されて、入れ替えしました。随所に、改善箇所が三箇所あり嬉しいリニュアルでした。ポケットが、もう少しあれば完璧なんですけどね。概ね満足のいく商品でした。お気に入りの品ができました。ありがとうございます。出典:楽天みんなのレビュー

 

ケストレル38
旅行でも登山でも
今回初めて購入しましたが体にフィットし容量も十分で満足してます。
登山だけではなく旅行でも使えますね!出典:楽天みんなのレビュー

 

ケストレル38
早速八ヶ岳で使いましたが、快適です。思ったより収納力がある。出典:楽天みんなのレビュー

 

ケストレル48
大満足
初のオスプレー
初の背面長調整に少し手間取りました。
早速日帰りですが山へと出かける事に、
容量は大きいかなと思いつつもベルト類で気にせず使えました。
サイドから荷物室へアスセスやポケットも使い勝手がいい、ウェストのポケットも大きくて便利でした。出典:楽天みんなのレビュー

 

ケストレル48
使いやすくモデルチェンジされていたので購入しました。
各所のポケット部が補強されているのはもちろん、生地の質感も良くなっております。
サイドポケットが横からもボトルなどを入れ込むことができるような仕様になり、少し慣れは必要ですが背負ったままでボトルを出し入れ可能になったことも便利でうれしい改良点です。出典:楽天みんなのレビュー


もう1つの定番モデル『ストラトス』との違いって?

『ケストレル』と共に人気を誇る『ストラトス』。2モデルの違いは下記の記事をチェック!


 『ケストレル』のラインナップ

ケストレル38

ITEM
オスプレー ケストレル38
容量 :S/M=36L、M/L=38L
外寸 :縦75×横31×奥29cm
重量 :S/M=1.46kg、M/L=1.54kg
カラー:3色

ケストレル48

ITEM
オスプレー ケストレル48
容量:S/M=46リットル、M/L=48リットル
外寸 :縦75×横34×奥32cm
重量 :S/M=1.56kg、M/L=1.63kg
カラー:3色

カイト36

ITEM
オスプレー カイト36
容量 :XS/S=34L、S/M=36L
外寸 :縦70×横34×奥32cm
重量 :XS/S=1.38kg、S/M=1.47kg
カラー:3色

1泊以上のお泊り登山に!
30リットル以上のザックがなくて、こちらを購入しました。背中の大きさって、考えたことがなかったので、目から鱗でした。身体にフィットして、背負いやすいです。


カイト46

ITEM
オスプレー カイト46
容量:XS/S=44L、S/M=46L
外寸 :縦70×横33×奥30cm
重量 :XS/S=1.47kg、S/M=1.54kg
カラー:3色

身長155センチの私にもジャストフィットでした。ザックの重さが心配でしたが、背負ってみると重さは気にならず、大きさも大きすぎる印象はありません。実物を確認しないで購入しましたが想像以上のお品物で、とても満足しています。


進化を続ける『ケストレル』で快適な山旅を!

オスプレーザック_
出典:Amazon
以前のケストレルも背負い心地が良く使いやすいバックパックでしたが、新しいモデルはさらに進化しています。男性はもちろん女性用のカイトも好評です。山行スタイルに合った相棒を選び、快適に登山を楽しみましょう!


紹介されたアイテム

オスプレー ケストレル38
サイトを見る
オスプレー ケストレル48
サイトを見る
オスプレー カイト36
サイトを見る
オスプレー カイト46
サイトを見る
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

ケストレル
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
nao
nao

両親の影響で子供の頃から山に登り、大きなザックを背負う人を見て自分には無理だなあと思っていたらいつの間にかそうなっていました。歩き続ける縦走が好き。下山後の温泉とビールも大好きです。どうぞよろしくお願いします。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!