オスプレーのバックパックの気になる評価とおすすめ9選まとめ

オスプレーのバックパックの気になる評価と、おすすめの5選をご紹介します。レディースモデルも含めて掲載しています。容量以外にも、背面長のサイズも選ぶことができるので、自分にぴったり合ったバックパックを見つけましょう!


オスプレーのバックパック、気になる評価は?

オスプレーのバックパックは、比較的安価ながらしっかりとしたつくりで、多くのユーザーに支持されています。実際に使用している方の評価を確認してみましょう!

【評価その①】
レッドを購入。身長170で胴長なのでMLにしましたがジャストでした。機能がいろいろありすぎて把握しきれませんが完璧なザックだと思います。オスプレー⇨ミレー⇨パタゴニア⇨と買い替えましたが、結局オスプレーに戻っちゃいました。それだけ完成されてると思います。出典:amazon

【評価その②】
テント泊用に新調しました。身長180cm、体重72kg、ウェスト85cm程度、背面長52-54cm程度でサイズMかLか迷ったのですが、ショップではMしか置いてなくて背負った感じも悪くなかったのでMにしました。ショップの人もLは欧米人のマッチョな人向けで細身の日本人にはMで十分だと。
実際14kgほどの荷物を詰めて背負った感じですが、なんだか後ろに引っ張られる感が強い。色々調整してみるがMなので背面長は目一杯の53cmでそれ以上は調整できない(ちなみに背面長バーの調整は裏に手を入れてバネを押しながら移動させます)。うーん、Lサイズも試すべきだったかなと思いました。
とはいえ、包み込むような背負いここちは悪くなく、腰でしっかりしょえるので肩に負担はかかりません。また背面、腰全体のベンチレーションのおかげでほとんど汗の不快を感じません。背負ったままストックを脇差風に収納できるのも岩場などで実際便利でした。2泊3日のテント泊で収納量は十分余裕でした。出典:amazon


オスプレーのバックパック9選

オスプレーのバックパックを、レディースモデルも含めてご紹介していきます。容量以外にも、背面長によってサイズが変わるのでご自身にあったものを選びましょう。背面長の測り方は下記のリンクからどうぞ。不安な方は登山用品店などで確認してもらいましょう。
オスプレー公式サイト

オスプレー ケストレル48

小屋泊まりの2、3日の登山やハイキング、旅行などに最適なトップロード式バックパック。背中から腰にかけて全体的なフィット感が高いため、背負っていても疲労感は少ないです。トレッキングポールを左側に取り付けることが可能で、着脱時のストレスを軽減します。背負ってみると驚くほどストレスが少ないのがわかります。

ITEM
オスプレー ケストレル48
容量:S/M=46リットル、M/L=48リットル
重量:S/M=1.59kg、M/L=1.67kg
サイズ:S/M、M/L
カラー:全4色

東南アジアに行くために購入しました。
一般的にバックパッカーが求める性能は全て満たしていると思います。
具体的には軽量、レインカバー付き、腰ベルト付き(小物入れ有)、背中の通気性、小物入れの多さ(外側からアクセスできる部分で6箇所)等です。
また、2室構造になっていて荷物整理がしやすいです。
身長165cm、男、中肉ですが、ちょうど良いサイズです。
ただ長距離バス乗車時にはトランクに預けるのが必須なサイズです。
行きは少し余裕を残して行って、帰りにちょっとしたおみやげをつめて帰ってくるのにちょうど良いサイズでした。
全体的に満足度の高いバックパックです。


オスプレー カイト46(ケストレル女性用)

オスプレーのベストセラー、ケストレルの女性用モデルです。女性の体型に合わせたハーネスやヒップベルトを採用し、フィット感も柔らかめです。サイドジッパーで荷室へのアクセスも良く、使い勝手を考え抜いたバックパックになっています。ティールブルー、ローズレッドと、女性向けのカラーを揃えています。

ITEM
オスプレー カイト46
容量:XS/S=44リットル、S/M=46リットル
重量:XS/S=1.55kg、S/M=1.61kg
サイズ:XS/S、S/M
カラー:全3色

店頭で実物を見てから購入しました。色とデザインが美しいので気に入っています。サイドポケットの容量が結構あるので、何となく気分的に余裕があっていいと思います。荷物を入れて背負ってみましたが、腰ベルトがとてもフィットするので、あまり重さを感じないような気がしました。まだ実際に登山で使っていませんので、とりあえず、☆4にしておきます。


オスプレー エクソス58

オスプレーの中でも軽量化されたバックパックがエクソスです。このサイズのバックパックは通常2kgは当たり前ですが、このサイズで1kgは秀逸です。本体重量が軽い分、扱いはデリケートながら体への負担が抑えられるので、テントや食料を詰め込んで長期縦走もありかも。

ITEM
オスプレー エクソス58
容量:S=55リットル、M=58リットル、L=61リットル
重量:S=1.05kg、M=1.09kg、L=1.13kg
サイズ:S、M、L
カラー:全2色

オスプレー アトモスAG65

抜群のフィット感と通気性でこの容量のバックパックの中ではトップクラスの背負いやすさです。背面からヒップベルまで一体化されたメッシュ面が、スリーシーズン、特に夏場の登山をより快適にしてくれること間違いなしです。
ITEM
オスプレー アトモスAG65
容量:S=62リットル、M=65リットル、L=68リットル
重量:S=1.92kg、M=1.98kg、L=2.04kg
サイズ:S、M、L
カラー:全3色

ザックは18L・38Lを購入して使用していました。春からは山小屋宿泊も予定しています。これまで使用してきたザックに足りないものをチェックして探していたら、この商品にめぐりあいました。68L・2気室・フロントパネル付近の収納量とアプローチの良さ・ウエストベルトのホールド性と収納量・上蓋の収納量と取り外し可など、ほぼ満足のザックです。ハイドレーションにするかボトルにするか迷っています。 暮に10%ポイント還元ン・20%オフでかなりお安く購入できました。カバーは別売なので、春までにはポイントで購入予定です。


オスプレー オーラAG65(アトモス女性用)

アトモスを女性用に設計したオーラ。基本機能はアトモスと同様でこのサイズにもかかわらず重量が2kgを切っていてとても軽く、縦走のベストパートナーになること間違いなしです。

ITEM
オスプレー オーラAG65
容量:S=62リットル、M=65リットル
重量:S=1.87kg、M=1.93kg
サイズ:S、M
カラー:全2色

実際14kgほどの荷物を詰めて背負った感じですが、なんだか後ろに引っ張られる感が強い。色々調整してみるがMなので背面長は目一杯の53cmでそれ以上は調整できない(ちなみに背面長バーの調整は裏に手を入れてバネを押しながら移動させます)。うーん、Lサイズも試すべきだったかなと思いました。とはいえ、包み込むような背負いここちは悪くなく、腰でしっかりしょえるので肩に負担はかかりません。また背面、腰全体のベンチレーションのおかげでほとんど汗の不快を感じません。背負ったままストックを脇差風に収納できるのも岩場などで実際便利でした。2泊3日のテント泊で収納量は十分余裕でした。


オスプレー イーサー85

1週間近くなるような長期縦走などにも対応する大型のバックパックがイーサー85です。オスプレーらしいフィット感や、機能性は損なわずパッキングの重量が最大27kgと、必要十分な容量を誇ります。

ITEM
オスプレー イーサー85
容量:S=82リットル、M=85リットル、L=88リットル
重量:S=2.25kg、M=2.28kg、L=2.30kg
サイズ:S、M、L
カラー:全3色

オスプレー エーリエル75(イーサー女性用)

イーサーの女性仕様。背面から腰回りのフィット感は変わらず、長期縦走にも対応しています。1〜2気室の切り替えが可能でパッキングの幅も広く、使い勝手がいいこと間違いなしです。

ITEM
オスプレー エーリエル75
容量:S=72リットル、M=75リットル
重量:S=2.21kg、M=2.25kg
サイズ:S、M
カラー:全3色

オスプレー ジーニス105

オスプレーの中でもハイエンドな大型バックパックです。海外遠征や、長期縦走にも対応でき荷室へのアクセスも容易になっています。基本機能も充実していて、オスプレーの集大成と言っても過言ではないかもしれません。

ITEM
オスプレー ジーニス105
容量:M=105リットル、L=109リットル
重量:M=2.58kg、L=2.70kg
サイズ:M、L
カラー:全1色

オスプレー ゼナ 85(ジーニス女性用)

ジーニスの女性仕様。ジーニスと同じく海外遠征や長期縦走に向けたモデルです。1〜2気室の切り替えが可能で荷室へのアクセスも良く、女性の体にフィットするハーネスとヒップベルトで重量負荷を軽減します。

ITEM
オスプレー ゼナ85
容量:S=81リットル、M=85リットル
重量:S=2.35kg、M=2.50kg
サイズ:S、M
カラー:全2色

オスプレーのバックパックでもっと山を楽しもう!!

使い勝手の良さと機能性で、オスプレーの9アイテムをご紹介しました。あなたの用途に合ったバックパックは見つかりましたか?あなたの山行スタイルにジャストフィットなモデルを選んで、まだ見ぬ山の向こうへ旅に出ましょう!

Go For AmazingPlace with Osprey Backpac

オスプレイのバックパックとともに、まだ見ぬ世界へ行ってみよう!

編集部おすすめ記事


紹介されたアイテム

オスプレー ケストレル48
オスプレー カイト46
オスプレー エクソス58
オスプレー アトモスAG65
オスプレー オーラAG65
オスプレー イーサー85
オスプレー エーリエル75
オスプレー ジーニス105
オスプレー ゼナ85

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

オスプレーのバックパックを背負った男性
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
tsuredure-camp
tsuredure-camp

日々、アウトドアなことを妄想している埼玉在住のサラリーマン。キャンプから派生していろんなアクティビティにチャレンジしつつ、山とカヤックにズッポリ嵌ってしまって早10年以上。皆さんに役立つ情報を発信していきます!!

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」
 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!