後悔しないレジャーシート選び|おしゃれで機能的なおすすめ13選

2019/12/05 更新

キャンプやハイキングを快適に楽しむために欠かせないレジャーシート。せっかくなのでアウトドアシーンでもおしゃれなアイテムを使いたいですよね。そこで今回は、ロゴスやコールマンなど人気のブランドより、おしゃれで機能的なおすすめのレジャーマットをご紹介。コンパクトに持ち運びできるデザインや厚手の素材など、バリエーション豊富に揃っています。お気に入りのピクニックシートを見つけて、気分を上げましょう!


アイキャッチ画像出典:楽天市場

“おしゃれ”な空間を作ってくれるレジャーシートがほしい!

レジャーシートおしゃれ
キャンプやハイキング、ピクニックなど様々なアウトドアシーンで活躍するレジャーシート。せっかくならおしゃれなアイテムで気分を上げたいですよね。

おしゃれだけじゃダメ! レジャーシートのサイズや素材もチェックしよう

おしゃれなレジャーシート 「コンパクトな1人用」「大勢座れる大型シート」などサイズも様々。目的や用途に合ったものを選びましょう。また、一般的にビニール1枚のものをイメージしがちですが、アウトドア用のものは裏が厚手で丈夫な素材で出来ていたり、ハトメが付いていたりと素材や機能面もしっかりチェックすることが大切です!

ファミリーにぴったり! 大きめサイズのレジャーシート

レジャーシートおすすめ
出典:PIXTA
機能性とデザイン性を両立したアウトドアブランドのレジャーシートより、まずはファミリーに最適な大きめサイズをピックアップ!

<コールマン> インディゴレーベル IL ピクニックレジャーシート

コールマンとMonro(モンロ)がタッグを組んだ”INDIGO LABEL”のシートは、スカイブルーのオリジナル柄がなんとも爽やか! 家族でのピクニックにおすすめです。

ITEM
コールマン IL ピクニックレジャーシート
使用時サイズ: 170×200cm
収納時サイズ: 450×20cm
重量: 1,000g
材質: アクリル100%

<コールマン> レジャーシート サンセット

元気をもらえる鮮やかな配色がGOOD!フォーム入りで、座り心地の快適さも人気です。思わずゴロゴロ寝転びたくなるはず。

ITEM
コールマン レジャーシート サンセット
使用時サイズ:約200×170cm
収納時サイズ: 約18×45cm
重量: 約1,000g
材質: ポリエステル インナー/PUフォーム 裏地/PEVA

四人家族ばっちり。今まで安っぽい薄っぺらいシートを使っていたので大きめでクッション性のあるシートが欲しくてこちらに行き着きました!海で使いましたが砂があるとこには向かなかったです。
子供が飲みのもをこぼしたのですが染み込み失敗...やっぱり表面は防水のシートがいいかな~


<コールマン> レジャーシート (ネイビー×ホワイト)

幅の広いボーダー柄がシックな大人顔。派手な柄や色味が苦手な方にも取り入れやすいデザインです。やや起毛感のある肌触りも魅力。

ITEM
コールマン レジャーシート (ネイビー×ホワイト)
使用時サイズ: 約200×170cm
収納時サイズ: 約18×45cm 
重量: 約650g-
材質: 表地/ポリエステル、インナー/PUフォーム、裏地/PEVA

5年間使っていたコールマンのレジャーシートがいよいよ汚れてきたので買い替えです。派手な色使いのレジャーシートが多い中、このシンプルな色に惚れてしまいこれ以外は買う気が起きませんでした。笑
素材はしっかり厚みがあり、ラグのような質感です。初めては砂浜で使ったので後片付けが半端なく大変でした。。本当はダメなんでしょうがガンガン水洗いして叩いて砂を出しました。海で使う際は覚悟が必要です。
芝生あたりで使う分には最高に素敵です!ゴロゴロしてもいい気持ち♪この柄でもっといろんなサイズで出ると嬉しいです~。


<コールマン> レジャーシート フォレスト

ファミリーにちょうど良いサイズです。ペグで固定できるコーナーループ付きなので風の強い日でも安心して使用可能。表地は柔らかく手触りの良い起毛素材で、寝転んでも心地よく過ごせます。

ITEM
コールマン レジャーシート フォレスト
使用時サイズ:約200×170cm
収納時サイズ:約ø15×45cm
重量:約980g
材質:ポリエステル インナー/PUフォーム 裏地/PEVA

大きめのシートです。家族4人が悠々座れます。シート裏地が防湿素材なようで、湿気にも強いです。
風合いも緑を基調とした色で おしゃれです。芝がシート表面に着くと、取りにくいです。買ってよかったと思う商品です。


<キャプテンスタッグ> 起毛レジャーシート

裏地はPVC素材で湿気を防ぎ、表地は起毛でなめらかな肌触りの大判レジャーシートです。持ち手が付いているのでコンパクトに畳んで収納でき、バッグのように持ち歩けます。おしゃれな赤いチェックがコーディネートのアクセントにもなりそうです。

ITEM
キャプテンスタッグ 起毛レジャーシート
使用時サイズ: 約170×170cm
収納時サイズ: 約36×23×14cm
重量: 約650g
材質: 表地/アクリル 裏地/ポリ塩化ビニル 中面/ウレタンフォーム

夏のとてつもない暑い時期と,砂地には不向きですがそれ以外であれば大丈夫。遠足・ピクニック・キャンプ・川原でBBQ。使い勝手はいいです大人2名+子供(中学生くらいまでかな)2名で重箱のお弁当(古いかな)広げて食事ができる広さです。


<キャプテンスタッグ> アクリル起毛レジャーシート(ブラック)

広々としたレジャーシートが必要な時にオススメな一品。大人3-4人が余裕を持って使用できる大きさです。家族が集まったキャンプやバーベキュー、学生の部活動など人の集まる活動でも大活躍。冬のアウトドアを盛り上げてくれるレジャーシートです。
ITEM
キャプテンスタッグ  アクリル起毛レジャーシート(ブラック)
使用時サイズ: 約200×200cm
収納時サイズ: 約42×27×16cm
材質: 表面/アクリル 裏面/ポリ塩化ビニル 中面/ウレタンフォーム

ぽっちゃりめの女性2名、大柄な男性、のっぽでスリムな男性&子供の計5名でお弁当を囲んで使いましたがかなりゆとりがあり、広いです。厚みがありサイズの割に軽くて持ち運びやすいのもよかったです。柄も落ち着いた色あいで、汚れが目立ちにくいのもいいですね。


カップルにおすすめ! 2人でくつろぐレジャーシート

レジャーシートおすすめ
出典:PIXTA
続いて、2人でゆっくりアウトドアを楽しむのにぴったりなレジャーシートをご紹介します。


<コールマン> ピクニックレジャーシート

大人2人が寝転がれるサイズです。撥水性のあるポリエステル素材で、湿った場所でも手軽に使用でき、片付けも簡単。コンパクトに折りたためるので、持ち運びみラクなおしゃれレジャーシートの定番です。

ITEM
コールマン ピクニックレジャーシート
使用時サイズ: 約140×200cm
収納時サイズ: 約ø16×38cm
重量: 約900g
材質: ポリエステル(撥水)、PE

グリーン購入。表生地がサラサラで気持ちいい。布っぽいやつだと、芝生に敷けば草がつくし、砂地に敷けば砂が入り込むので、こういう草も砂もパラパラ払える生地はとってもありがたいです。デザインも汚れが目立たなくて良し。配送のために?ずいぶん小さくなるように丸まっていましたが自分でたたみ直して三つ折りグルグル巻きで使っています。とても軽くて持ち運びやすいです。女3人と幼児1人で十分な広さで使えました。クッションもちょうどいい感じ。本当は四角にループかペグ穴付きが欲しかったので、☆マイナス1です。悩みに悩んで、ペグ穴よりも生地優先で買いました。荷物や靴で飛ばされないようにすればいいのですが、やっぱり固定して風対策できたら嬉しいのになぁ。。


<コールマン> レジャーシートミニ グリーン

年代問わず親しみやすいクラシックなグリーンベースのチェク柄。大人2人が寝転がれるサイズながら、軽くて持ち運びがしやすいのも嬉しいポイントです。

ITEM
コールマン レジャーシートミニ(グリーン)
使用時サイズ: 約140×90cm
収納時サイズ: 約12×33cm
重量: 約430g
材質: 表地/アクリル インナー/PUフォーム 裏地/PVC

1人用と一緒に購入しました。家族4人、子供がまだ小さいので、幼稚園の行事などでお弁当を食べるのにこのサイズでも大丈夫そう。この大きさでこんなに軽いなんてオドロキ。


<コールマン> レジャーシート ミニ サンセット

2人で座るのにちょうどいいサイズです。小ぶりなので収納時もくるりと丸めて簡単に運べます。鮮やかなプリントで、遠くからでも見つけやすいと評判。野外イベントなど、人が多い時に活躍するレジャーシートです。

ITEM
コールマン レジャーシート ミニ
使用時サイズ: 約140×90cm
収納時サイズ: 約ø12×33cm
重量: 約380g
材質: 表地/ポリエステル インナー/PUフォーム 裏地/PEVA

色鮮やか。ちょっと派手ですが、色鮮やかで目立ちます。収納時のサイズはとてもコンパクトで持ち運びが便利な割に広げると意外と大きいと思いました。家族3人でちょうどよく、肌触りも柔らかくて気に入りました。来週プールに行く予定なので、ポップアップテント一緒に使うのが楽しみです。


<ロゴス> ピクニックサーモマット

厚手で裏地にアルミが施され、冷気を遮断してくれる秋冬にぴったりのレジャーシートです。テント内や野外使用はもちろん、ピクニックマットとしてテーブルでの使用も可能です。クッション材内蔵で柔らかい質感が快適なシートです。

ITEM
ロゴス ピクニックサーモマット
使用時サイズ: 約140×155cm
収納時サイズ: 約ø13×40cm
重量: 約650g-
材質: 表地/アクリル 裏地/ポリエチレン(アルミ蒸着) クッション材/ポリウレタン(2mm)

秋のお出かけ用に買って、大活躍していました。厚みも薄すぎず厚すぎずだと思います。親子三人でちょうどいいです。色も明るいので芝生に映えてかわいいです。写真うつりもいいですよー。


<ロゴス> オックス防水シート・ワイドペア

ゆったり2人サイズの防水レジャーシートです。湿っている場所や、海や川などの水辺での使用に適しています。地面との密着性が高く、風による吹き上がりも少ないのが特徴です。同生地のトートバッグ付きで、収納時もおしゃれに片付きます。

ITEM
ロゴス オックス防水シート・ワイドペア
使用時サイズ: 約145×90cm
収納時サイズ: 約23×4.5×26.5cm
材質: 表地/ポリエステル 裏地/PVCコーティング

海の道具を荷台に納めるとき、敷いて使っています。使いたいスペースに簡単に広げたり、畳んだりできるので、とても便利。完全防水なので海水が車内に垂れ流しになると強烈な錆の要因になります。それがかなり防げるので重宝しています。


<キャプテンスタッグ> プログレ クッションシート145×145cm

2~3人で使えるサイズなので、2人ならだいぶゆったりと座れます。クッション性のある柔らかな座り心地を叶えるフォームの入り。さらに、底冷えしにくいところもポイントです。

ITEM
キャプテンスタッグ プログレ クッションシート 145×145cm
使用時サイズ: 145×145cm
収納時サイズ: ー
重量:ー
材質: 表面:ポリエステル、中面:ウレタンフォーム、裏面:ポリ塩化ビニル

<キャプテンスタッグ> クッションレジャーマット 90㎝×180㎝

使用時に付属のピンで固定ができるレジャーシートです。クッションが効いた柔らかな座り心地に加え、アルミフィルムの裏地が湿気や冷気を遮断します。同素材のバッグが付属しているので持ち運び時はピンもなくさずに収納できます。登山や海水浴に使用する人も多いお役立ちアイテムです。

ITEM
キャプテンスタッグ クッション レジャーマット 90㎝×180㎝
使用時サイズ: 約90×180cm
材質: シート: ポリエステル、発泡ポリエチレン、ポリエステル(アルミ蒸着)、ピン: ポリプロピレン、バッグ: EVA

夏フェス用に購入。色が写真では緑色に見えたのですが、青色(濃い水色)でした。付属の袋は写真では透明ビニールでしたが、レジャーシートと同素材でした。普通のペラペラのとは違って寝ころんでも身体が痛くない。値段も安いし気に入りました。


おしゃれなレジャーシートで、アウトドアを楽しもう!

おしゃれなレジャーシート アウトドアでもお部屋にいるように寛いで過ごしたい…。そんなときにお役立ちなアイテムの代表格ともいえるレジャーシート。大人数で賑やかに楽しむときにはサイズを、長い時間使用するときには素材を重視して選んでみましょう。ボーダーやチェック柄など、カラフルなプリントのレジャーシートは写真映えするので、楽しいアウトドアでのひとコマの撮影を、一層盛り上げてくれそう!


紹介されたアイテム

コールマン IL ピクニックレジャーシー…
コールマン レジャーシート サンセット
コールマン レジャーシート (ネイビー×…
コールマン レジャーシート フォレスト
キャプテンスタッグ 起毛レジャーシート
キャプテンスタッグ  アクリル起毛レジャ…
コールマン ピクニックレジャーシート
コールマン レジャーシートミニ(グリーン…
コールマン レジャーシート ミニ
ロゴス ピクニックサーモマット
ロゴス オックス防水シート・ワイドペア
キャプテンスタッグ プログレ クッション…
キャプテンスタッグ クッション レジャー…
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

おしゃれなレジャーシート
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
Kamio

疲れたら山へ、落ち込んだら海へ。気付けば精神の軸はいつでも自然。「自由」であることが最高の贅沢だから、好きな遊びはサーフィンとバックカントリースキー。大学で環境学を専攻し、都会に暮らしながらも自然と寄り添う生き方を模索中。息子とフィールドで遊びまわる日々を心待ちに、育児も張り切る新米ライター。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!