MSRテントのおすすめ10選!評価が高い3つの理由とは

2022/07/14 更新

MSRのテントより、おすすめモデルをピックアップ! 評価が高い3つのワケと共に「ハバハバ」「エリクサー」など、ソロからファミリーまで注目の人気製品をご紹介します。気になるスペックや評判は…? 各シリーズを見比べて、登山やキャンプ、釣行など、自分のアウトドアスタイルに合うMSRのテントを見つけましょう!

制作者

ライター

黒田猫太郎

近所の山から遠くの山まで、春夏秋冬、毎週のように山で遊んでいたら、いつの間にか25年、山歴だけは長くなってしまいました。山遊び経験を活かした様々なウェアやギアのレビュー、身近な山や自然の魅力を発信していきます。特に「くじゅう連山」や「脊振山地」あたりに出没中。

黒田猫太郎のプロフィール

...続きを読む


アイキャッチ画像撮影:黒田猫太郎

MSRテントが人気な3つの理由

撮影:黒田猫太郎

1. 目的に合わせたテントのチョイスが可能

一般ユーザー向けのMSRテントは、3つの登山シーン別にシリーズ展開しています。3シーズン登山に「BACKPACKING TENTS」、冬登山にも使える「ALL-SEASON TENTS」、そして最小限の荷物に抑えたい人向け「MINIMALIST SHELTERS & WINGS」です。

2. 超軽量・超コンパクト性を追及

クライマーが設立したブランドなので、安全かつ軽量・コンパクトに収まることが意識されています。

3.デザイン性にも優れている!

耐久性など機能面で優れていますが、デザイン性も高いのがMSRテント。独特のポール構造で広い居住性を確保。内部は明るい色にして荷物を探しやすくするという工夫もされています。

新作&アップデートが盛りだくさん!

MSR 新作ギア
MSRからは、新作ギアやアップデートモデルが続々と登場しています。2019年にはテントの新たなモデル「ゾイックシリーズ」やアップデートした「ハバシリーズ」「フリーライトシリーズ」。ミニマリスト注目の「スルーハイカーメッシュハウス」などなど。2020年には、キャンプなどに最適なファミリーテント「ハビチュード」と、ポールで設営するピラミッド型シェルター「フロントレンジ」を新たに展開しています。

▼詳しくはこちら!

ここからは、MSRのおすすめテントをシリーズ別にご紹介します!

3シーズン登山を楽しみたい人には【BACKPACKING TENTS】

「BACKPACKING TENT」は無雪期の登山で使用するシリーズで、サイズや重量、デザインが最も豊富です。耐久性や機能面が優れていることはもちろん、ホワイトで洗練されたデザインのZOIC(ゾイック)やHubba(ハバ)、Elixir(エリクサー)は見た目のこだわりだけではなく、内部を明るい色にして荷物を探しやすくするという工夫があります。

<MSR> ゾイック2

オーソドックスなクロスポール式の軽量設計。メッシュ生地インナーで結露を抑え、マットレス2枚を敷くことができる室内スペースがある2人用テントです。

MSR ゾイック2

・定員:2名
・最小重量:1,970g
・収納サイズ:53×13cm
・フライ耐水圧:1,500mm

<MSR> ハバNX

ハブ構造のポールシステムで設営がかんたんにできます。メッシュ部とキックスタンド式ベンチレーションがテント内をドライに保ちます。

MSR ハバNX

・定員:1名
・最小重量:1,120g
・収納サイズ:46x15cm
・フライ耐水圧:1,200mm


<MSR>ハバハバNX

ハバハバはMSRの中でも人気モデル。天井が広くて、室内空間がゆったり。

MSR ハバハバNX

・定員:2名
・最小重量:1,540g
・収納サイズ:46x15cm
・フライ耐水圧:1,200mm

<MSR> エリクサー2

出入り口が2箇所ある便利で使い勝手の良いテントです。

MSR エリクサー2

・定員:2名
・最小重量:2,120g
・収納サイズ:51×17cm
・フライ耐水圧:耐水圧1,500mm

<MSR> カーボンリフレックス1

カーボンポールを採用した最軽量のダブルウォールテント。2〜3本のポールで素早く設営できます。

MSR カーボンリフレックス1

・定員:1名
・最小重量:660g
・収納サイズ:43×13cm
・フライ耐水圧:1,200mm

MSR カーボンリフレックス1

・定員:1名
・最小重量:660g
・収納サイズ:43×13cm
・フライ耐水圧:1,200mm

<MSR> カーボンリフレックス2

タープのように軽く、前室のジッパーがないシンプルなテントで設営も簡単です。ユニークなポール位置で前室を確保しています。

MSR カーボンリフレックス2

・定員:2名
・最小重量:990g
・収納サイズ:43×13cm
・フライ耐水圧:1,200mm

冬の過酷な条件下でも登山に挑む人には【ALL-SEASON TENTS】

寒さや雪、強風にも耐える4シーズン用MSRテントが「ALL-SEASON TENTS」です。MSRテントらしい洗練された見た目はもちろん、過酷な環境で素早く設営するための工夫や、快適な居住性のための工夫が施されています。前室が広く、装備品の保管が便利なこともMSRテントらしい特徴です。

<MSR> アクセス2

強風や積雪にも耐えるシンプルなトンネル構造のテント。ハブを利用したフレーム構造を採用し、悪天候でも素早く設営できます。

MSR アクセス2

・定員:2名
・最小重量:1,640g
・収納サイズ:46×15cm
・フライ耐水圧:1,200mm

<MSR> リモート2

広い居住スペースを確保した4シーズンテント。前後に出入り口を備えているので2人使用時もストレスなく出入りできます。

MSR リモート2

・定員:2名
・最小重量:2,950g
・収納サイズ:51×17cm
・フライ耐水圧:1,500mm

MSR リモート2

・定員:2名
・最小重量:2,950g
・収納サイズ:51×17cm
・フライ耐水圧:1,500mm

とにかく荷物を抑えたいミニマリストへ【MINIMALIST SHELTERS & WINGS】

とにかくシンプルに、軽いテントがいい!そんなミニマリストに最適な、超軽量&シンプルなテントが「MINIMALIST SHELTERS & WINGS」です。専用ポールを使わず、自分のトレッキンポールで設営できるテントやタープがラインアップされていることも特徴です。

<MSR> スルーハイカー メッシュハウス2

虫よけと湿気対策だけできれば・・まさにミニマリストのための最低限の居住スペース。天候の悪化が予想されるときは、タープをフライとして使用します。

MSR スルーハイカー メッシュハウス2

・定員:2名
・最小重量:410g
・収納サイズ:25×10cm
・フロア耐水圧:1200mm

<MSR>スルーハイカー100ウィング

前出のスルーハイカー メッシュハウス 2のフライとして使用するのに最適なタープです。軽量なので、単独で日よけスペース確保用に携行することも苦になりません。

MSR スルーハイカー100ウィング

・定員:2-3名
・最小重量:490g
・収納サイズ:51×15cm
・フライ耐水圧:1,200mm

MSRのテントを持って登山に出掛けよう!

MSR テント デザイン性だけではなく機能性や軽量性にも優れたMSRテントなら、きっとあなたの登山スタイルに合ったテントを選ぶことができると思います。テントの新調や買い増しを検討している方にはもちろん、これまで日帰りでの登山を楽しんでいた方がテント泊を始めるきっかけにもオススメのテントがあるのではないでしょうか。

    紹介されたアイテム

    関連する記事

    関連する山行記録 byヤマレコ

    MSR テント
    この記事が気に入ったら
    「いいね!」をしよう
    登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」