ワークマンのカッパ(雨具・レインウェア)

<ワークマン>人気のカッパ大集合!用途別おすすめモデル【2022】

圧倒的な安さと、作業服で培った高い機能性が評判のワークマンのカッパ。いまや「雨合羽」と一言では表せないほど、好天の日常でも着られるデザインに進化しています。バイクや自転車での通勤通学にぴったりのリュックを背負ったまま着られるモデルや、釣り、ゴルフ、ハイキングなどに対応するモデル、お得な上下セット、ズボンのみなど、その種類の豊富さも魅力。そんなワークマンの人気レインウェア(カッパ・雨具)を一挙紹介します。

目次

アイキャッチ画像出典:ワークマン

【手頃な価格で機能的】ワークマンなら用途に合ったカッパが見つかる!

ワークマン店舗

撮影:YAMA HACK編集部

もともと現場作業の作業ウェア・用品専門店の<ワークマン>。最近は、カジュアルからスポーツ、アウトドアウェアにも使える機能性ウェアも人気上昇中です。

その中でも、“登山にも使える!”と定評があるのが「カッパ・レインウェア」。過酷な現場作業で、風雨にさらされ仕事をする方々を守ってきたノウハウを生かしているので、信頼性が高いのは当然。しかも格安なのです!

さまざまなシーンに向けたオリジナルブランドを展開

ワークマンオリジナルブランド

出典:ワークマン(表はオリジナルブランドの一部)
一言で「カッパ」と言っても、ワークマンでは、ターゲットユーザーに応じて、オリジナルブランドを展開しています。

 

■AGIS(イージス)

ターゲット:ライダー、釣り人、マリンスポーツ全般
強力防水をウリにしており、過酷な環境での使用を前提にした、耐久性重視のレインウェア。秋冬には防寒性能もプラスされ、防水防寒着として活躍します。

 

■Find-Out(ファインドアウト)
ターゲット:ランナーなど、スポーツ全般
動きやすさを重視しているため、軽量性やストレッチ性や腕回りを動かしやすいなど、運動性能が高いレインウェアになっています。

 

■FieldCore(フィールドコア )
ターゲット:登山者、アウトドア全般
登山など、アウトドア活動で必要な防水や運動性能とともに、高品質な防水透湿素材を使用しているレインウェアもあります。タウンユースとしても違和感ないデザインも特徴。

 

■wmb(ワークマンベスト)
ターゲット:現場作業者、ワーカー
ワークマンの本来の購買層である「現場作業者」向け。レインウェアは、耐久性が高く、基本的な性能はしっかり維持しながら低価格です。

カッパの耐水圧・透湿度ってなに? どのくらいの数値を選べばいいの?

防水透湿性

作成:筆者
快適に雨の中を過ごしたいなら、防水しながら汗などの水分を外へ放出する“防水透湿生地”を使用したカッパがおすすめ。同じ防水透湿生地でも様々な性能があり、基準として、「耐水圧」と「透湿度」があります。用途に合わせて耐水圧と透湿度を適切に選ぶことがポイントです。

 

■耐水圧~どれくらい雨に強いか?

生地の表面がどれくらいの水圧に耐えられるかを示す数値。数値が大きいほど、防水性が高い、つまり、雨に強いことになります。単位はmmで表します。

 

選ぶ基準としては、以下のようになります。
1.短時間や、小雨~中雨をしのぐ程度…..2,000mm以上
2.登山など、長くアウトドア活動をする場合…..10,000mm以上
3.バイクやサイクリングなど強く生地に雨が当たる場合…..20,000mm以上

 

■透湿度~カッパ内部の蒸れ防止

人間の体からは、絶えず水蒸気が出ています。カッパがまったく水蒸気を通さない場合、カッパ内部で水蒸気が水分になり、中から濡れるという本末転倒な事が起こります。これを防ぐのが透湿性。数値で表したのが透湿度です。単位はg/㎡/24h、数値が大きいほど、透湿度が高くなります。

 

水蒸気や汗の出方は個人差がありますが、選ぶ基準としては、以下のようになります。
1.安静時…..2,000g/㎡/24h
2.軽い運動…..5,000g/㎡/24h
3.激しい運動…..10,000g/㎡/24h

 

登山やサイクリングの場合は、最低でも5,000g/㎡/24hは欲しいところ。自転車のヒルクライムや、急登登山の場合は、10,000g/㎡/24h以上は必要です。

撥水だけじゃだめ? 防水との違いは?

シームシール

出典:PIXTA(シームシール)

撥水加工は、一定時間、生地が水分を弾く加工をしているだけ。一方で防水加工は、撥水加工した防水生地を使用し、縫い目をシームシールでふさぐなど、水を通さない加工が施されています。防水していない場合、いくら撥水性が高くても、いずれ水分が生地の裏側に浸透していきます。使用目的に応じて、撥水だけでなく、防水加工しているかを確認しましょう。
今回紹介する製品は、すべて防水加工されています。

リュックを背負ったまま着られる!自転車通勤にぴったりの「BAG in」シリーズ

BAG in(バッグ イン)レインジャケット

雨で濡れるのは、体だけではありません。例えば、自転車通勤通学の場合、背負ったリュックサックも濡れてしまいます。リュックサックにレインカバーを付けるのも濡らさない方法ですが、どうせなら、カッパで一緒に防水してしまえば簡単便利。そんな、リュックサックも一緒に防水できるカッパをご紹介します。

BAG in透湿レインスーツ[W7600]【上下セット】

BAG in(バッグイン) 透湿レインスーツ

強い雨でも、全身完全防水するなら上下セットがおすすめ。ジャケットの袖口とパンツの裾は2段階ボタンで、調整可能なので、体に合わせて雨の侵入を防ぐことができます。

 

価格(税込み)3,973円
素材ポリエステル100%(透湿防水コーティング)
[裏]メッシュ
重さ約500g(Lサイズ)
耐水圧10,000mm
透湿度2,000g/m2/24h
収納袋あり
特徴軽量

 

ワークマンで見る

BAG in(バッグイン))透湿レインコート[W7610]

BAG in(バッグイン) 透湿レインコート 3,973円 商品番号 W7610 選択中のカラー: ブラック ライムグリーン オレンジ ライムグリーン サイズ・数量 ※サイズによって価格が異なる場合がございます M 残り 550 L 残り 300 LL 残り 250 加工(※裾上げ・刺繍ボタンが非表示の場合、対応不可となります) なし カートに入れる お気に入りに登録 シェアする Facebook Twitter

バスや電車での通勤通学やビジネスシーン、スカートを履いている日など、レインパンツの脱着が無理なときに活躍するのがレインコート。足首上ぐらいまで隠れるので、中程度の雨でも大丈夫。

 

価格(税込み)3,973円
素材ポリエステル100%(透湿防水コーティング)
[裏]メッシュ
重さ約440g(Lサイズ)
耐水圧10,000mm
透湿度2,000g/m2/24h
収納袋あり
特徴軽量

 

ワークマンで見る

AEGIS|BAG in(バッグ イン)レインジャケット[R014A]

BAG in(バッグ イン)レインジャケッ

雨が降るか怪しい時、サッと羽織って出ていくときに使いたいのがレインジャケット。ちょっとした防寒着としても使えます。

 

価格(税込み)3,900円
素材ポリエステル100%(TPUラミネート)
重さ
耐水圧10,000mm
透湿度5,000g/m2/24h
収納袋あり
特徴反射材付き

 

ワークマンで見る

AEGIS|BAG in(バッグ イン)ジュニアレインジャケット[R014J]

BAG in(バッグ イン)ジュニアレインジャケット

お子様にはこちら。防寒着代わりに通学時に着せておけば、不意の雨でも安心です。

 

価格(税込み)3,900円
素材ポリエステル100%(TPUラミネート)
重さ
耐水圧10,000mm
透湿度5,000g/m2/24h
収納袋なし
特徴反射材付き

 

ワークマンで見る

FieldCore|SOLOTEX®(ソロテックス)使用BAG IN(バッグイン)レインコート[JKR001]

ワークマン SOLOTEX(R)(ソロテックス)使用BAG IN(バッグイン)レインコート

バッグイン&ポケッタブル仕様。ファッションアナリストの山田耕史さんと共同開発した春先のコートとしても活躍するデザイン。

 

素材には帝人フロンティア株式会社が開発した“SOLOTEX(ソロテックス)®”を採用しており、柔らかさ、高い調和性とストレッチ性、発色のよさが特長。一部に植物性原料を使用した、地球環境にもやさしい繊維です。

 

価格(税込み)3,900円
素材複合繊維(ポリエステル)100%
重さ
耐水圧10,000mm
透湿度10,000g/m2/24h
収納袋あり(ポケッタブル仕様)
特徴・ストレッチ

・WORKMAN eco

・イージーケア

 

ワークマンで見る

 

バイク乗りにぴったり!ヘルメット対応の大型フード採用モデル

雨の日のバイク

出典:PIXTA

ライダーなら、とにかく耐水圧や耐久性重視。運動量は少ないので透湿度はそれほど必要ありません。また、雨の侵入を考慮すると、ヘルメットごと被ることができるウェアが最適です。

AEGIS|3レイヤー透湿レインスーツ BIKERS (バイカーズ)[BR002]【上下セット】

3レイヤー透湿レインスーツ BIKERS (バイカーズ)

雨のロングツーリングに対応するモデルならこちら。防水性耐久性が高い、表地+防水透湿素材+裏地の「3層構造生地」を採用し、20,000mmという高い耐水圧を実現しています。フードは取り外し可能。

 

価格(税込み)5,800円
素材素材/ナイロン100%(ポリウレタンラミネート)
裏側:ポリエステル100%
重さ
耐水圧20,000mm
透湿度2,000g/m2/24h
収納袋あり
特徴・ウエストの絞りアジャスターで風圧によるバタつきを抑える
・反射材付き
・腕の上げ下げ楽々

 

ワークマンで見る

wmb|透湿レインスーツFREEDOM(フリーダム)[R012]【上下セット】

透湿レインスーツFREEDOM(フリーダム)

こちらは価格重視。この価格で耐水圧10000mm、透湿度5000g/m2/24hは魅力です。通勤や通学におすすめ。

 

価格(税込み)2,900円
素材ポリエステル100%(透湿防水コーティング)
重さ約390g(Lサイズ・上下)
耐水圧10,000mm
透湿度5,000g/m2/24h
収納袋あり
特徴反射ライン付きの背面ベンチレーションあり

 

ワークマンで見る

動きやすく蒸れにくい! 釣り、ゴルフ、ハイキングなどアクティブなシーンに

釣り・ゴルフ・ハイキング向けカッパ(レインウェア)

出典:PIXTA

適度に運動量があり、長く雨の中を活動するなら、動きやすく透湿度が高いモデルがおすすめ。登山の場合は、風がある際には、下からも雨が吹き込むのでジャケットとパンツの上下セットにしましょう。動きやすく蒸れにくいおすすめ商品を紹介します。

1 / 3ページ