10秒ふるだけ!あらゆる汚水をきれいにする浄水タブレット『WATAB-ウォータブ』

2022/05/31 更新

過酷な環境下に遭遇することもある登山。もしもの時に備えて持っておきたい浄水タブレットをMakuakeで発見!なんとたった10秒で汚水を浄化できるとのこと。もちろんそのまま飲用するには煮沸などの処理が必要ですが、「水がないけど汚水しか手に入らない…」といった緊急時には嬉しい一粒。

今回はこの、あらゆる汚水をきれいにする浄水タブレット『WATAB-ウォータブ』を紹介します。

制作者

YAMAHACK編集部 川尻

YAMAHACK運営&記事編集担当。長野県長野市生まれ。小さい頃から休みのたびに家族でアウトドアを楽しみ、自然に触れて育ってきました。たくさんの人達に山の魅力を伝え、ワクワクするようなメディアを作っていきたいです。

YAMAHACK編集部 川尻のプロフィール

...続きを読む

マクアケ
この記事ではクラウドファンディングプラットフォーム「Makuake」のプロジェクトから、アウトドアシーンにぴったりな注目のプロダクトを編集部が厳選してお届けしています。
今回ご紹介するのは、『WATAB(ウォータブ)』です。

※クラウドファンディングとは……自分が考えたアイデアをWeb上でプレゼンすることで、資金を集める仕組み。プロジェクトが成功したら支援者にはお礼(リターン)としてサービスを先行体験したり、商品を受け取ることができます。

<以下、起案者”株式会社Reclis(HALVOホールディングスグループ)” が展開する、あらゆる汚水をきれいにする浄水タブレット『WATAB-ウォータブ』のプロジェクト内容>

「WATAB(ウォータブ)とは?」


WATABは、災害やアウトドアの時に河川水などを誰でも簡単に浄化できるタブレットです。
※浄化した水の使用については必ずQ&Aをお読みください。

●災害の備蓄に
地震や大雨など、予期できない災害。実際に被災すると、生活用水や屋内の泥を清掃するための水は供給が追いつかない場合を多く耳にします。
そういったときWATABがあれば、必要な水を確保したり、再利用することができます。

●キャンプやアウトドアに
また、登山やキャンプなどのときに河川の水をそのまま使用することは危険を伴います。WATABがあれば浄化した水を手に入れることができます。
WATABはいざというときに皆様の役に立てる『お守り』のような存在を目指しました。

たった10秒!汚水や生水を手軽に浄化。



1粒で500mlの水を浄化できる

災害備蓄からアウトドアまで、用途はさまざま

いざというときの備えに


1パックあたり、約10リットルの生活用水が確保できます。これは、1日に必要な水量の5日分に相当します。
※浄化した水の使用については必ずQ&Aをお読みください。

アウトドアやキャンプの携帯品に


登山などのアウトドアに多くのペットボトルを持っていくことは難しいです。
WATAB1つとペットボトル1つがあれば、渓谷の水をよりきれいにして使用することができます。
※浄化した水の使用については必ずQ&Aをお読みください。

絵の具や墨汁の洗浄水の浄化にも


WATABを使うことで、絵の具の洗い水を再利用することができます。
また、使用後の洗い水を浄化して排水することで、環境に配慮できます。

「WATABが誕生した背景」南九州の火山灰シラスから誕生した水の浄化剤


WATABのベースとなった粉末浄化剤『きよまる君』の誕生
わたしたちは、1986年鹿児島県南さつま市で最初は塗装業として創業しました。

ある日、近隣の田んぼに塗料の洗い水が流出してしまい、クレームに発展しました。
「このままでは農家のみなさんに迷惑をかけてしまう。塗料の廃水をどうにかきれいにできないだろうか。」
という反省から、自分たちで浄化剤を作ることを決心します。

目をつけたのは、地元鹿児島の錦江湾(きんこうわん)。錦江湾は清澄度が非常に高い海として知られています。
「なぜ錦江湾はこんなにも水がきれいなのか?」
調べてみると、毎日のように降り注ぐ桜島の火山灰でできたシラス台地が水を浄化していたことが分かりました。


この火山灰シラスの浄化作用で塗装廃水もきれいにすることが出来るのではないかという仮説のもと、長年に渡り研究した結果、WATABのベースとなった浄化剤『きよまる君』が完成しました。



また、シラス台地は地盤が軟弱で、土砂災害が頻発しています。地元では、降り注ぐ火山灰とあわせて厄介モノとして扱われています。この厄介モノを地球環境への貢献として使用することで、地場産業の活性化へと繋げていきたいといった想いもあります。

『きよまる君』からWATABへ

粉末状の『きよまる君』は、主に工場の排水処理など業務用として使用されてきました。より簡単に、誰でも、水をきれいにできるよう、研究を重ねて誕生したのが、WATABです。

JICAを通じて世界へ。ヒ素中毒に苦しむ地域へ赴き、現実を見る

完成した浄化剤は評判を呼び、2012年、JICAが主導する発展途上国浄水事業に採択されることなりました。

事業を展開する中で、ハティン省(ベトナム北部)のとある村で、他の地域とは明らかに違う村がありました。体は細いが、お腹だけパンパンに腫れあがっている人、皮膚に斑点が浮かび上がっている人、髪の毛が抜け落ちている人。彼らは慢性的なヒ素中毒を患っていたのです。
その村の水源である地下水や水道水に微量のヒ素が含まれており、長年に渡り摂取、蓄積してしまっているのが原因でした。しかし、それを知るのは政府関係者のみで、現地で暮らしている彼らはその事実を知らず生活していました。安全な水を得られない状況もさることながら、正しい情報を入手できない環境にも絶句しました。

当初、ベトナム政府は、浄水作用に疑問を持ち、必要以上に検査するよう要求してきました。しかし、飲料水試験の結果、飲料水基準の10倍以上のヒ素を含んだ水を、安全な水の基準値まで下げることに成功。わたしたちの浄化剤は、汚れを取り除くだけではなく、人体に影響のある重金属を取り除くことができることが分かりました。

※飲用可能であることを保証するものではありません。WATAB以外にも安全性を確保するための処理を実施しております。

ベトナムの小学校でのエピソード


ヴィンロン省(ベトナム南部)のとある小学校に設置した浄水設備の確認に行った際に、学校長が授業中の子供たちを集め、浄水設備の試運転を見学させる機会を設けてくれました。汚れた川の水がポンプによって浄水設備に送られ、わたしたちの浄化剤によってきれいになり蛇口から出てくる。そんな光景を食い入るように、目を輝かせながら見ていました。
蛇口をひねれば安全な水が出ることが、いかに特別なことかに気づかされました。
きれいな水をコップに注ぎ、みんなの前で飲んで見せました。「今回採取した水の水質結果が出るまでは飲んではいけない」と職員や生徒に伝えた直後、そんなことはお構いなしにみんな水を飲み始めました。それをわたしたちが制止するなか「試験結果が出てないのになぜ飲ませるのですか?」と聞いてもらうと「だって、いつも飲んでいる水よりもきれいだから。」と子供たちは答えました。
きれいになった水を夢中で飲む子供たちと職員の言葉は、安全な飲料水や生活水の必要性を再認識するとともに、この問題をわたしたちの製品で解決していきたいという使命も感じました。

安全な水を飲めない地域に希望を届けたい

世界では、約8億4,400万人が基本的な給水サービスを受けられずにいます※1。
そういった人々は、地表水や井戸水をそのまま使用し、重金属や細菌による健康被害を引き起こしています。ODA事業などで大型浄水器や淡水化設備など多額の支援がされていますが、大都市近郊に限られており、郊外で生活をしている人々にはなかなか届かないのが現状です。わたしたちの浄化技術は、大型設備を導入する必要もなく、誰でも簡単に安全な水を入手できるため、郊外で生活している人々にも安全な水を届けることができます。

わたしたちは、「SAFE WATAR FOR ALL 地球上のすべての水が、安全な水になるように。」という目標を掲げ、達成に向けた活動を行っています。

※1 出典:Progress on Drinking Water, Sanitation and Hygiene: 2017 Update and Sustainable Development Goal Baselines

「WATABがはじめる支援について」


今回ご購入いただいた売上の一部は、途上国の水質改善の支援事業に利用します。1点のご購入ごとに、約750Lの安全な水を現地に届けます。


現地NGO法人と連携し、住民の健康に対する意識向上を目的とした水に関する教育を定期的に行い、生活水準の上昇にも努めます。
※動画内ではWATABを使用した水を飲んでいますが、その他安全に飲むための処理をしております。飲む場合はQ&Aをご参照の上、自己責任でお願いいたします。

販売元紹介


WATABプロジェクトメンバー
販売元:株式会社Reclis(HALVOホールディングスグループ)

当社は、HALVOグループの技術を使った一般消費者向け商品の企画・販売を目的として2021年2月に設立されました。HALVOグループでは、工業廃水向けの凝集剤や固化材など、環境商品の開発・販売をしております。

「FAQ(よくある質問)」

<商品について>

Q.使用方法を簡単に教えて下さい。
500mlの水にWATABを投入し、錠剤が崩壊する強さで約10秒間撹拌してください。処理が不十分な場合は、更に10秒ほど撹拌してください。
処理後に残渣物が残りますので、ハンカチや不織布などで濾過してください。残渣物に吸着した物質が再溶出することはありません。

【WATAB参考投入量】
・河川水、井戸水:1錠
・海外の水道水:1~2錠
・絵の具:2錠~3錠
※処理が不十分の場合は、もう1錠添加してください。

Q.どのような水が処理できますか?
本製品は、水中に浮遊している物質を凝集するものであり、水に溶け込んだ状態の物質(海水の塩分など)を凝集することはできません。
【凝集できるもの】
泥、砂、ベントナイト、アオコ、苔、水性絵の具など水中に浮遊している物質

【凝集できないもの】
海水の塩分(除菌もできません)、砂糖、コーヒー、味、油性絵の具など水に溶け込んでいる物質

Q.除菌効果のデータはありますか?
WATABは淡水に対しての除菌効果を有しています。

Q.飲用の場合の注意事項はありますか?
本製品で凝集した水を使用される場合は、煮沸処理やその他の安全性を確保するための措置を併せてご検討ください。
凝集した水を飲用する場合は、不織布やフィルターを用いた処理を推奨します。
300メッシュ以上のフィルターや不織布フィルターなど、濾過しても凝集物が通過しないものを使用してください。

※本製品を使用して処理した水の水質等に起因して直接的、間接的に生じた損害等については保証できかねます。飲用される場合は必ず自己責任でお願いします。
※下記の水は、飲用問わず使用しないでください。

生物が生息していない河川又は湖沼の水は、人体に有害な物質(毒劇物、有機溶剤、有害重金属、シアン化物、農薬、硫酸、シンナー、有機水銀化合物、トリブチル錫化合物、ヒ素、殺虫剤、洗剤、ウイルスなど)が含まれている可能性があります。これらの水は、健康被害を引き起こすおそれがありますので、使用しないでください。

Q.水温は関係ありますか?
A.水温が常温に近いほど処理スピードが早まります。5℃以上の水で処理してください。

Q.処理した水は長時間保管できますか?
処理後、なるべく早く使用してください。

Q.処理後の残渣物はどういった処理を必要としますか?
基本的には可燃ごみとして廃棄することができます。屋外で使用する際は、ゴミはきちんと持ち帰りましょう。

Q.使用期限はどのくらいですか?
A.未開封の状態で2年です。使用期限を過ぎますと処理効果が低下する恐れがあります。

Q.最適な保管方法はありますか?
A.高温多湿な場所、直射日光の当たる場所での保管は避けてください。

<寄付について>

Q.売上の一部に含まれる寄付金の用途について教えて下さい。
A.途上国での飲料水事業費(材料、機材、現地NGO法人協力費)に使用されます。使用用途につきましては、支援者の皆様に現地レポート(写真又は動画付)及び収支報告書でご報告いたします。世界的な新型コロナウイルス感染拡大状況の影響により、プロジェクトが遅延する可能性もあります。その際は、途中経過をご報告いたします。

Q.寄付事業はどこで行いますか。
A.現在インド地域を予定しておりますが、NGO法人と協議の上、変更する可能性がございます。地域の決定については、途中報告等で随時お知らせいたします。

リスク&チャレンジ

・デザイン、仕様が一部変更になる可能性もございます。
・ご注文状況、使用部材の供給状況、製造工程上の都合等により出荷時期が遅れる場合があります。
・取扱説明書をよく読んだ上でご使用ください。
・製品不良以外での返品・返金はお受けいたしかねます。

新型コロナウイルスの感染状況により、寄付事業に遅れが生じる可能性がございます。売上の一部に含まれる寄付内容は詳細を記載したレポートを送付いたします。 本文中に記載させていただいたスケジュールは、あくまでプロジェクト公開時点の予定です。応援購入の性質上、配送遅延のおそれがございます。原則として、配送遅延に伴う応援購入のキャンセルはできませんが、リターン配送予定月から6ヶ月を超えた場合には、希望者に限りキャンセルにて対応させていただきます。

プロジェクトの性質上、以上の注意点につきましてあらかじめご理解とご了承いただいた上でご支援くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

浄水タブレット
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」